女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←人の気も知らないで-67 →人の気も知らないで-69
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【人の気も知らないで-67】へ
  • 【人の気も知らないで-69】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

人の気も知らないで

人の気も知らないで-68

 ←人の気も知らないで-67 →人の気も知らないで-69
え……?

あっさりと立ち上がり風呂場へ向かった冬吾に、澪は呆然としたまま、その背中を視線で追うだけ。

逃げられた……?

あいつ。また、逃げた。

けど、逃げた冬吾に、何処かでホッとしてる自分も居るのだ。

自分だって、何か明確に答えを出した訳じゃない。
好きだって気づいたからって、やみくもに動けない。

ただ冬吾に、双葉と別れて今は一人なんだってこととか。
色々考えて、冬吾を傷つけてきたってことをちゃんと認識したって言いたかったんだ。

あんな風に上に乗っかって、処理みたいなSEXなんか……。
あの頃の冬吾の言葉や表情の意味に、今頃になって気づいた。

遊び慣れてる奴ならともかく。
冬吾は、そんなんじゃないのに。

澪は膝を抱えたまま、一人でカップに残ったコーヒーを飲んだ。

それでも、逃げる冬吾に腹が立つ気持ちは消えなかった。

*

『何も考えないで、お前に乗っかったり』

風呂場でシャワーを頭から浴びながら、澪の言葉を思い出し、冬吾は息をつめる。

最近じゃ、ちょっとした刺激で……っ。

「……っ!!」

昂ぶった自分の雄を扱き、手を早めて出すことだけに集中する。

「……はっ」

息を吐き、詰め。
小さく唸って、ブルル……と体を震えさせて、弛緩した。

シャワーを頭から浴び、顔を上げて正面から流れ出る湯を受ける。
そんなことで、この想いまで流れる訳でもなく、壁に両手をつける。

我慢してるのに。
あの日から、ずっと……。

悪戯に、俺を刺激するな。

澪の腰を掴んだ感触や、唇の感触を思い出すだけで。
少しの甘えた声を聞くだけで、俺はこうなる。

頼むから……澪。
やめてくれよ。

もうすぐなんだ。
もうすぐ。

それまでは、静かに幼馴染でいようよ。

でなきゃ、俺……お前のこと壊しそうだ。
大げさに言ってるんじゃない。
本当に壊しそうなくらいの衝動が、自分の中にあるのを俺は知ってるんだよ。

冬吾の脳裏に浮かんでくる、あの日。

幼い頃、大きく見えた澪が今、俺の腕の中にすっぽりと入り込んでた。
電車の中で気分の悪そうな澪の睫毛が、震えてるのが見えた。

バカみたいに、何度も何度も思い出す。
もう、好きなのか、ただの肉欲なのか、も、分からなくなる程に。

ちょっとした刺激を受ければ、この有様だ。

彼女と別れたという報告。
今までの澪と、違う言い方。

昨日……。
俺が触れて、顔を真っ赤にしてた澪を思い出すと、自惚れそうになる。

けど。
澪が一時こっちを向いたって、過去の恋愛をみればどうなるかくらいは分かってる。

女の元へ帰って行く姿が、いとも簡単に浮かぶ。

そうなれば、俺は澪を絶対に許せないだろうことも。

―俺達は、その時点で終わる。

冬吾はボディーシャンプーを手に取り、洗ってさっさと上がることにした。

*

風呂から上がると、澪がリビングで大人しく座ってた。
TVもつけずに、ただそこに。

テーブルの上には、自分の飲み残したコーヒーが入ったカップと、澪の方は空になったカップ。

澪が立ち上がり、冬吾を見る。

「俺も、風呂入る」
「お湯、入ってないよ」
「知ってるよ、そんなの」

澪がその場で、シャツに手かけて脱いだ。

冬吾が目を見張ると、そのままベルトも外していく。

目の前で澪が服を脱いで行く……。

やめろ……。
やめろよ。

なんで、ここで脱ぐんだよ。
俺の、目の前で。

そう思いながらも、目を逸らせない。

挑発すように服をわざわざ目の前で脱ぐ澪に、だんだん腹が立ってくる。

細い腰に、すらりと伸びた足。
自分と違ってスネ毛もなく、ツルツルしてそうだ。
厚みの無い、綺麗なラインを描いたような体。

胸の尖りも小さくて、俺を誘ってるのかと勘違いしそうになる。

澪がボクサーパンツ一枚になって冬吾を見る。
その顔は無表情で、何を考えてるのか分からない。

二人で見つめ合い、沈黙が流れる。

冬吾は、ただ澪を見て、体のラインにまた目を走らせた。


この細い腰を……掴んで揺すぶってやりたい。
組み伏せてやれば、こんな細い体押さえ込める。
……後は触れることが、出来る。
肌に直に触れ、指で、舌で、なぞれば、どんな声を上げるだろう……。

暴れたって、体重をかけてしまえば。

―澪は、動けない。


目線を上げて澪と目が合った時。

澪の目は、怯えへと変わってた。


「……どけよ」

澪が前にいる冬吾に向かって言葉をかけ、胸を押す。

冬吾がよけると、澪はそのまま風呂場へと入って行った。

追いかけて行きたい衝動を抑え込み、冬吾はその場に足を投げ出して座り込む。

一体……。どういうつもりなんだよ。

あの目は、自分がどういう目で見られてるのかを知ってた。

無表情の中にある、挑発。
その後に来た、怯え。
震えた声に、虚勢が伝わった。

澪が。
―俺を怖がってる。

それが、冬吾にはショックだった。
その原因を作ったのは自分でも、怯えさせたい訳じゃないのに。

澪はずっと、堂々と俺の前を歩いてたのに。
俺の、ヒーローだったのに。


今は、もう……俺に、怯えてる。


俺達は、戻れない。

もう……。絶対に、幼馴染には戻れない。


戻れるなんて、本気で思ってなかったけど。
僅かな望みが絶ち切られたような気がした。

冬吾は座り込んだまま、頭を抱えた。

*

風呂に入って、澪は蹲る。
自分の体を両腕で抱きしめて、震えを止めようとしてみる。

怖い……っ。

あの冬吾の、目。

獲物を追い詰める、獰猛な獣みたいな目。

あれは……怖い。

俺、女の気持ち分かるよ。

男にあんな目で見られたら、マジでビビる。

絶対的に力では敵わないんだって、思い知らされる。
男の俺だってそうなるんだ。
女の子なんか、動けなくなる。

挑発したのは、俺だけど……。

逃げる冬吾に、腹が立ったから。
風呂から上がった冬吾に「俺」を見せつけてやりたかった。

俺を、見ろ。

そう思ったから。

けど……、怖いだけじゃない何か。

そうだよ。
怖いだけじゃない。

ゾクゾク……する。

そんな自分の口元に、苦い笑みが零れてくる。

首を小さく何度も振っても、笑みは遠のかない。

自分の中にある、あの欲望を思い出したから。

冬吾に組み敷かれて、声を上げる自分を想像してしまって……打ち消してた頃を。

女みたいな自分。
そんなことを思う自分に笑いが零れる。

シャワーを出し、頭から湯を浴び、男として複雑な思いを抱えながら、澪は目を閉じて冬吾を想った。

ランキング参加中。↓いつも応援クリック有難う御座います↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【人の気も知らないで-67】へ
  • 【人の気も知らないで-69】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

麻痺…

kiri様。

只今、大雪のため首都壊滅状態です。

シンシンと降る雪に自然の凄さを感じます。

だってほら…この雪、誰にも止められないんだもんねぇ。

ガンもエイズも治るのに、月にだって行けちゃうのに、たかが雪…誰一人降る雪を止めることが出来ないんだもんねぇ。

人の心と自然現象だけは薬も無ければ、まして力じゃ止められない。

ほれほれ…トーゴ。積もった思いは雪のように溶けてはなくらないんだよ。

解決策はただひとつ!

ノっちゃいなさいっ。

あーーーっ!身動き取れない雪の日にkiri様に焦らされてもじもじの潤でした。

ってか?そば屋に出前断られました(┯_┯)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: あ~~~っ!!

鍵コメmu様

二人のドキドキが伝わりますか?

変な緊迫感。
いつ破裂するかが…分からない。

待ってて下さい。
爆発する時は…そろそろ見えてきてますよー!

有難う御座いました☆

Re: 麻痺…

潤様

あ、東の方は大雪ですか?!
大阪は、雨降ってるだけです…。
雪、ほんと滅多に振りません。
良いんですけどね、うん。ちょっと寂しいと思う私は、雪国の人に殴られそうです。スイマセン

自然の力の前には、人間なんてチッポケなモノだと思い知らされますね。

>解決策はただひとつ!
>ノっちゃいなさいっ。

あははー。冬吾、必死で耐えてるのに、背中ガンガン押してる!!笑

>そば屋に出前断られました←雪で出前もお断り…なんですね('Д')

有難う御座いました☆

Re: 大雪なう(T-T)

鍵コメk様

おぉ…。やはり大雪ですが?
どの程度が大雪になるのかさえ、ワカラナイ関西人。
でも、強烈に寒いです(:_;)

滑ったりしないように、気をつけてねー!

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

鍵コメy様

>挑発してみたけれど、その後はノープランだったのかな←こっちですww

逃げた冬吾に沸々とした怒りがあって。
冬吾が風呂上がってきた瞬間に、ポン!と怒りが、こういう行動に。

澪は、感情で動いちゃうんですよね。
特に冬吾のことになると。普段は、結構クールなんですが…。

澪の動きに一々、反応してしまう冬吾。でも、表面には出ない(笑
その分、目で訴える力は強いと思います。

澪、ビビってしまいました。知ってるもんね、冬吾の力の強さ。
侮れないってこと、身を持って知ったもん。

そしてゾクゾクするとこが澪なんですけど。それは、好きだからだよね。
好きでも無い相手に、そんな目で見られたら鳥肌立つだけだものー。

そろそろ…春の兆しはソコに来てますよ。

アホ受けBEST3の中に、澪も充分仲間入りですね(笑)私がツボなもんで…(*‘∀‘)
>みんなクソ可愛い(,,> <,,)♡←嬉しい~

有難う御座いました☆

ビースト冬吾の片鱗がちらほら・・・?

ちょっとしたことで、野獣化(笑)しちゃうので、とにかく逃げまくる冬吾。
それがショックで、『また逃げられた!』とか思って、対抗して目の前で
服脱いじゃう浅はか澪たん。
挑戦的に脱いではみたものの、冬吾の野獣視線に恐れをなして、こっちも
思わず逃げてお風呂に・・・(^^;

でも、怖いのと同時に、ゾクゾクしちゃってるという・・・こっちも男だから、
冬吾を欲しいって気持ちある。

冬吾は我慢の子だけど、澪はじっとしてくれそうにないですなー。
明日はどっちだ!楽しみにしております。

PS:このお話って鍵コメ率妙に高くないですか?なんでだろ??

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

君たちの逃げ場はお風呂しかないのかね!?

以上。

Re: ビースト冬吾の片鱗がちらほら・・・?

む~様

冬吾、澪から襲われてばっかりでしたからね(苦笑
触りたくても、ダメだと言われ…。
気持ちを自覚してからは、拒絶しましたけど。

冬吾は、気持ちの通い合ったエチしたこと無いんですよね~。
気持ちはチェリーのまんまですもん。
暴走気味になってもし、しょーがない。全部、澪のせいです(爆

怖いと思いますよ?冬吾の視線。積年の想いが詰まってますから…。
澪よ…罰だと思いなさい(ぇ

その澪ですか?ジッとしてるハズないと思います…(´艸`*)

有難う御座いました☆
あ、鍵コメ様はずーっと鍵付きの方なんですよ、皆さま。
たまたまかもしれません(*‘∀‘)

Re: NoTitle

鍵コメu様

男同士ってのもあるし。
幼馴染ってのも、ある。
例えば、庄野くんだったら…もし、その気になったら澪は案外すんなり?(ゴメン、庄野くん

冬吾だから…躊躇してるんだと思います。
失う危険性。冬吾を、失うなんて澪には考えたこと無かったもんね。

*

こっちは雪降って無かったです。
外出してないから、気付いてないだけ?(オィ)窓から見たのは、雨でした。
そちらは雪でしたか!私、まだ美容部員の時代、そちらの地域の冬が苦手でした。
もう、寒さが大阪と違うんですよ!近いのにー。
制服で、上着も着ちゃいけない中…。外でビラ配りとかさせられた(新人の頃
背筋伸ばして、美しく!!なーんて言われても「寒いっちゅーねん!!(:_;)」と心で叫びながら、澄ました顔でニッコリしてましたわー。懐かしや。笑

あ、有難う御座います!大賞はね~。無理だと思うけど(37の実名使用&長い+拙い 笑)
応援してもらって、何かで返したいな…とは思ってるんですが、何していいのか。
色々考え中です!
楽しみにしてます~♪

有難う御座いました☆

Re: 君たちの逃げ場はお風呂しかないのかね!?

優様

だね~。
逃げる場所は、自室か、風呂しかない…。部屋だと乗り込んできそう←澪が

有難う御座いました☆

目は口以上に。。

体力の差を知って、それで押し切られたらどうしようもないのを初めて経験して怖くなったのは主導権を握れないから?澪くん。

微妙に勝ち負けやってる感じ。  その辺はオトコなんだなあ。

冬吾くんはあの海賊ゲーム状態~~。樽に1本づつナイフを刺して’当たり’でポーンと飛び出すヤツ。あはは(名前忘れたー)。


今しがたフィギアスケート見ていて、二人の心境見たいだなって思いました。
くっついたり離れたりして滑るアイスダンスに。

最後は手に手をとってね。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

雪、降ってましたよ~

この2人は大学生の間にくっついちゃうんだろうな~って考えてます。
あとはバババ~っとみたいな?
でも、もうちょっと澪っちのグダグダ読んでいたいんだけど。
そういうわけにはいかないよね~

みんな「早く、くっつけ」って思ってるだろうに、私酷い?


あ~でも、澪、怯えすぎ・・・

kiriさま、りうすけさんが、ポチを伸ばしてますよ~
急上昇中!
700のキリ番取れなかったって、うさメリ様が嘆いてました~
この調子じゃ800も数日後みたいです。
澪っち、冬吾に追いつきそうですよ。すげっ!

Re: 目は口以上に。。

ますみ様

きっと、澪はあの時の冬吾の蹴りを、まだ根にもってます(笑
男って、負けた…と思っちゃうんでしょうね。もう、力づくで冬吾を…なんて無いだろうな~。
女なら、力で勝とうなんてハナっから頭に無いから、違う方法で勝とうとするし、その術だって小さい頃から培ってるもの(*‘∀‘)

そこらんの操りが巧かったのは、恒川明良くんでしたww
その内、澪も覚えるかも…。冬吾の操り方。ふふ

あぁ、そのゲーム!なんでしたっけ?海賊ゲーム??
ほんと、それみたいだ!

アイスダンスのような二人が、ベッタリとくっ付く方向へ行ってますよ~。

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメs様

OKです!
私は面白いと思う♪
よろしくですー!

Re: 雪、降ってましたよ~

蝶丸様

えぇ、大学生で一旦終わらせるつもりですので!
行く時は、一気に行きます。
…が、その一気のシーンは長いですので(毎回だから、慣れてる?ww

>もうちょっと澪っちのグダグダ読んでいたいんだけど
私も!もうちょっと書きたい…。本編にしか書けないこのグダグダ(爆

>みんな「早く、くっつけ」って思ってるだろうに
えぇ、その通りです。そろそろ…です。

いや、怯えるってー!怖いと思います。男の獣目は、背筋凍ります。原始的で(爆
澪は冬吾に蹴られて、ヒョイと抱えられ、目の前で凄まれたことあるからね。
体重も15Kの差があるし。

そうなの。龍介&亨が票伸びてるのよ。ナゼ??
あ、うさメリさんに怒られる(;'∀')
澪は、グルグルし始めて票伸びてきましたね。俺様、ジャイアンの時は全然だったけど。あは…
ほんと、皆さま。有難いですーーー!!

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【人の気も知らないで-67】へ
  • 【人の気も知らないで-69】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。