FC2ブログ
女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

「シリーズモノ〈番外〉集」
鹿島亨の、ある一日

2. 鹿島亨の、ある一日〈完〉

 ←1. 鹿島亨の、ある一日 →人の気も知らないで-33
一杯だけで帰るつもりだったが話相手が出来たから……と、もう一杯頼む。

「君も飲むなら」
「じゃ、俺も」

遠慮せずバーテンに頼んでる姿に、また明良を思い出す。
傅(カシズ)かれることを、当然だと思ってる気質を感じて。

美しい男が、男を惑わせて。
気ままに相手をしては、その腕の中をすり抜けるような……そんな印象まで同じだ。

「たくさん振ってたみたいだけど。私の飲み相手してていいのか?」
「あなたは、俺を色目で見ないから」

色目では見てない。

だけど……。

「けど、切ない目で見てる」
ズバリと言われて、亨が苦笑いを零した。

「だから興味もったんだ」
雪成の言葉に、亨は煙草をもみ消し酒にまた口をつける。

「好きだったの? その相手」

単刀直入に聞いてくる。

「あぁ……愛してた」
「振られた?」
「そうだな。頑張ったんだけど……ダメだったな」

もう酔ったのだろうか。
スルスルと見ず知らずの相手に、口が滑る。

「どれくらい、愛してた?」
「……地獄に堕ちてもいい、と思うくらいには」

本当に、地獄に堕ちてもいいと思った。
けど、今は違う。

自分の間違いには、もうちゃんと気づいてる。

いや……最初から、気づいてたんだ。

亨の表情を見て、雪成が首を小さく傾げる。

「Tis better to have loved and lost than never to have loved at all. 」

雪成が、そう言葉にした。

「一度も愛したことがないよりは、愛して失った方が、どれほどましなことか」

亨が頭で訳した言葉を、ボソリと呟く。

「アルフレッド・テニスン」
「確か……イギリスの作家」
「正確には詩人」


……そうだ。
俺は、愛を知っている。

愛を知らないままでいれば、あの苦しみも、哀しみも……憎しみも無かっただろう。

その言葉通り、表面上の愛は失ったかもしれないが。
心には、その愛はちゃんと大切にしまわれてる。
時々、取り出して眺める……大切なモノだ。
それだけは、誰にも侵すことも出来ない領域。

一人の男を、心の底から愛せた。
その最愛の男に、愛されたのだということが俺の宝。

そして……今の俺には、愛をちゃんと注ぐべき相手がいる。
嘘偽りの無い、純粋な愛情を。
血肉を分けた存在へ惜しみなく注げるのは、最愛の明良の手を――離したからだ。

「ありがとう」

亨はニッコリと微笑んで、雪成を見た。

「こんなにイイ男、振っちゃうなんて」
「最初から結ばれない運命だったんだ」
「でも、足掻いてみた?」
「そう……。足掻いて、足掻いて……傷つけた」
「たくさん?」
「あぁ、たくさん」

雪成の優しい笑みに、明良が言った言葉が甦る。

『いつか、自分を許せたらいいな』と、言ってくれた言葉が。


けど明良……。
俺は、まだ許せないままだ。


「俺は……いつか、自分を許せるのだろうか」

『私』から『俺』に変わったことに、亨自身が気付いてない。
雪成の優しい笑みに、今……心が少し解れたせいで、素の自分が出たのだ。


「許さなくてもいいんじゃないですか?」

サラリと言われ、亨が雪成を見る。

「じゃ、もう一つ」

雪成が亨の手に自分の手を重ねて、亨を見つめ返す。

「何も後悔することがない、そんな人生は空虚でしかない」

あぁ……。


亨は、思わず天を仰ぐように顔を上に向けた。



「ゴッホの言葉」

激しい人生を生きた、偉大なる画家の言葉だ。

「許しても、許さなくても。それは時の流れに沿えばいいと思います」

多分、年下なのに。
思えば、こんな話は誰にもしたことが無く、自分一人で閉じ込めてきたから。

「あなたが何をしたかは知らないけど。その人は、今も泣いてるの?」

雪成の言葉に、亨はハッキリと首を振った。

「幸せに……とても幸せになっている」

今の俺が、明良を思い起こす時。
そこには、幸せに笑ってる明良が浮かぶ。

あの最初の別れの時の、泣いてる明良ではなく。
陽の光の中で、幸せな……とても幸せな姿が浮かぶのだ。

もう影ではなく、光の中で。

俺は、そのためにお前の手を離した。
犠牲ではなく、それが互いの幸せへの道だと分かっていたから、離した。

お前は、俺の鎖で縛られ。
俺は、お前に囚われ続けた。

そして。
あの呪縛の鎖が千切れる音を聞いて……俺自身もどこかで解放され、安堵の息を吐いた。
失った喪失感の中に、確かにそれもあったのだ。

「じゃ、あなたも幸せだね」

雪成が亨の手をポンポンと叩いて、離した。

そうだ。
俺は、幸せなんだろう。
少なくとも、不幸だなどと思うことなど無い。

嘆きも無い。
もう、苦しみも無い。
そこにあるのは、切ない想いだけ。

罪も、愛も。
全てを包み込み、最後まで俺を愛し抜いてくれた。

そしてきっと。
今も……俺を想ってくれてると思えるのだ。

そう……。
心から愛する人に、今も愛してもらえてると信じられる。

―― 俺は、とても幸せだ。

亨の表情が優しくなったのを見て、雪成も微笑む。

「君は……いないの?」
「愛する人?」
「そう」
「いるよ……弟たちが三人」
「四人兄弟か?」

亨が目を大きく見開く。

「そんなに驚くこと?」
「いいなぁ……。俺は兄弟が居ないから」
「小さな頃は煩かったけどね。今は、結構楽しくやってる」
「同居?」
「そう」
「長男だと、面倒みるのが大変だろ?」
「それは次男の役目」

当然のことのように言う雪成に亨が小さく声を上げて笑った。

「君は……本当に、似てる」
「何が?」
「高飛車で、世話してもらって当然で。我儘で、甘えることも平気」
「ひどっ」

その言い方に、また亨が額を片手で覆ってくくっと笑う。

「……そんなに似てるんだ」
「雰囲気がね。……凄く。だから、ジッと見てた」
「なんだ」

大げさにガッカリとしたような言い方をする雪成に、亨が眉を上げて問う表情をする。

「俺は、身代わりは嫌だから」

冗談っぽく言って、空になったグラスを持ち上げる。

「好きなだけ飲んでくれ」
「ほんと……イイ男」
「言われる」
「俺も、言われる」

変なとこで競い合い、笑い合う。

亨は、今日道に迷って良かったと思いながら、酒を頼む。

ただ隣合って座って、初対面の相手と飲んで、語り合う。
知らない相手だからこそ、自分の弱い部分を出せたのだろう。


何だか……とてもスッキリとした気分だ。

隣に座る、美しい男に、感謝の意味を込めて。

亨はグラスを合わせた。


<終>



【BL小説】参加中。↓最後に明良のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
BL小説ランキング携帯用
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ


お年玉SS、お付き合いありがとうございました!
亨は、幸せです。嘆きも、苦しみも無く、あるのは切ない想い。
彼を可哀想だとは、私は全く思ってません。それは亨にとても失礼だと思うので…。
彼は、そんな男じゃない。
足掻いた時期はあったけど…自分の宿命を真正面から受け入れた人。
彼の愛は、明良…だけど。会社も従業員も、家族も愛してます。そして、愛されてる。
これからもたくさんのモノを背負って、鹿島亨は胸を張って生きて行きます。背負える器が有る人。
私は彼の生き様を、尊敬しながら書きました(*^^*)
明日から、冬吾と澪が再開です♪
関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ 3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ 3kaku_s_L.png 頂きモノ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【1. 鹿島亨の、ある一日】へ
  • 【人の気も知らないで-33】へ

~ Comment ~

幸せ

許しは、時の流れに沿って…
亨が自分を許す許さないがとても難しいことだろうと思っていたので、雪成様と出会い、明良のことを話せて、さらに少し温もりを感じて(手の温かさも。サラッとこういうこと出来る雪成様がすごい)、幸せだと思えたことが本当によかったです…。涙。この2人は恋愛は抜きとしても、とても相性いいですね!
kiri様…亨も明良も洋平もみんなを幸せに導いてくださって本当にありがとうございます。
明良と洋平のクリスマスも今回の亨のSSも書いてくださってありがとうございました!とっても素敵なプレゼントになりました!3人が幸せで私も幸せです!バーの亨も歩く亨も家族の中でや仕事での亨も明良を思い出してる亨もすべてを心にしっかり留めました…
またいつか大好きな亨に逢えることをおねだりしつつ(笑!)明日からはまた澪と冬吾を楽しみます!
kiri様!今日もありがとうございます!


素敵なお話、嬉しく楽しく切なく読ませていただきました^^

お話相手やシチュエーション、展開、すごく気になっていましたが、すべて想像以上にとても素敵でした♪ さすがkiriさま。

思えば『愛なんぞー』本編を一気読みした昨年、亨と明良の最後の別れのシーンに息苦しくなるほど切なくなったのが甦りました…あまり痛くなることのない胃までキューっと(笑)

亨のSっぷりに正直引いてた私ですが、別れの亨の一筋の涙のくだりで一転、いとおしさが押し寄せてきたのを思い出してまたウルウルしちゃいました(^^;

もう今では、いろんなものを背負う亨、そのために最愛の人を手放したカッコいい亨を尊敬するばかりかいじらしくて仕方なくて…

疲れた亨を膝枕して赤ちゃんを寝かしつけるときの横抱きにするように抱き締めて『よしよし』と揺らしてあげたくなります←(片眉上げて)誰が頼んだ? by亨(笑)

龍介にもそんな気持ちが…おっと達也に蹴られそう(午年なだけにww)

その後の、切なさを残しつつも充実している亨の姿を、素敵な話し相手と共に知ることができて、こちらも幸せになりました。

さまざまな自分の眠れる趣向wに気付いたkiriさまのこちら、欠かせない人生のスパイスとして今後もコバンザメのように(ウザ)ついていき…振り落とさないでぇ~(/--)/

アルファ投票、とある&W愛の3つを日記より忘れることなく今月毎日します(毎日、1人3作品可、で合ってますか?)

明けましておめでとうございます

Kiriさま
昨年の11月頃から仕事が忙しくなって、日課だった毎日1回秋也ポチもままならなくなり、連載中のひとの気ーも休みにまとめて読ませて頂こうかと考えてました。
お休みに入ってきてのぞかせて頂いたら、イヤーン幸せな明良くんが、、、
よかったねぇ本当にと思いながらミサのシーンでは(;_;)してしまいました。
そして享さん!
やっぱり泣けます。愛しい気持ちを心の中の宝箱にしまう気持ちを考えると。やっぱりいい男ですねぇ、明良くんも享さんも。
コメント書きながらまたグズグズしてきてるんですけど(爆)
Kiriさま
今年も素敵なお話をお待ちしております。
昨年は仕事的にしんどくてやりきれない事ばかりだったんですが、こちらに出会えてそれだけが昨年のラッキーでした。今年も宜しくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

こんにちは

二人でグラスを傾けてる姿はとても絵になりそう

亨さんも心の中を口に出せてよかった
うさちゃんは幸せです
もう心配することは何もありませんよー


亨さんも
自分の幸せをちゃんと感じられていてよかったです(^o^)

お年玉で素敵なコラボ
ありがとうございました(*゚ー゚*)

あけましておめでとうございます(*^^*)

やっとコメントに来れました(*^^*)
洋平くん&明良くんの幸せSSから亨くんのお一人様(でもメチャカッコイイ)SS…。すごーく豪華なクリスマス→お正月でした〜(*^o^*)
イタリアの地で明良くんが本当に幸せになっているのがわかって、こちらまで幸せな気分になりました♪
明良くんがちょっと健気な感じになってるのもツボで…(#^.^#)

kiriさまお疲れ様&ありがとうございます(≧∇≦)

明日からの澪くん&冬吾くんもとても楽しみですが、その前に…大好きなはやちゃんを読み返して♪♪
今日はまったりと幸せ気分に浸ります(*^^*)

今年もkiriさまにとって、素晴らしい一年になりますように!

NoTitle

kiri様

迷い込んだ亨のお話相手が雪成さんでよかった。。
ステキな言葉がたくさんありましたね。
大人の男の会話が素敵でした!
亨と。雪成さんと。
みんなに幸あれと思いました。
ステキなお話ありがとうございました。

よかった

自分との幸せの為に、卑屈にもならずちゃんと前を向いて歩いてるんですね。
明良を愛し抜いた事も、別々の道を選択した事にも後悔していない亨にグッときましたよ〜。
あの亨が人に自分の想いを吐露できたってことは、ある意味スゴイことだ〜!!
素敵なSSありがとうございました

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

(*^^*)

雪成とって考えちゃう
けど家庭があるから関係は深くならないね

ああやっと

kiri様、今日は最初じんわり、そしてスッキリできる程の号泣をありがとうございます。

雪成様のお陰で、亨さんは 強がっていた心の鎧をほんの少しだけ緩める事が出来たのではないでしょうか?
kiri様の書かれていた目の前に居なければ大丈夫の意味が此処にありました。
似ているだけでは意味が無い。本物の本質を見詰める事の大切さを、亨さんとウサギちゃんの時間から比べれば、すれ違う程の時間で示してくれた月夜の天使 雪成様。ウサギちゃんの気持ちは しっかりと亨さんの心の底にあっても、自分の心には強がりの鎧を纏い、どこかで後悔の大きさの中、気丈に立っていた亨さん。
少しは力が抜けたかな?そうだと嬉しいなんて、やっぱり 亨さんは生きていますねww
ウサギちゃんの深く慈悲深い愛情が自由を与え。亨さんの苦しい程に狂おしい愛情が 責任感を。そして、二人の愛が 未来への希望を教えてくれました。今、この歳で 亨さんに出逢えて良かった。若い頃なら、それこそ 亨さんと同年代位だったら、ウサギちゃんを閉じ込めろ囲えと思ったからww 今だから解る、ウサギちゃんの葛藤、亨さんの苦しみ。そして、いつか 彼等も歳を取り 重責を誰かに譲渡した時、お互いを本当の意味で 初めてその腕の中へ抱く事が出来るのではないかな?
このお年玉は、新たな年への希望と、大切なものを教えて頂きましたよ。本当に素敵なお年玉をありがとうございました。
そして、特別ゲスト月天使 雪成様、私も屍人にならない為に、本当のものを手に入れれるように頑張りますので、女王様の微笑みを絶やさずに見守ってくださいね。←kiri様の雪成様の描写とイラストに コロリとさせられましたww

さあ、明日からまた澪君達ですね。また、手足口出しできない私達PTAは、ウゴウゴさせられるwww←でもそれが 楽しく嬉しいです。だって、kiri様のところのお子達は生きているから・・・。
お仕事もそろそろと始まり お忙しい日々が戻ってきますが 無理をなさらず、鳥の雛の如くでっかい嘴を開けて待っている私達に 活きの良い生きたお話を今年も宜しくお願いいたします。

とあるbarの数時間

このbarで二人の雰囲気になんびとも割り込む事は出来ないでしょうネ

雪成様と語って
亨君には思いがけず心が軽くなる時間を与えて貰った
久しぶりに楽しいお酒を味わえたかもしれませんね

何年か先、亨君の気持ちにもう少し余裕ができて
また空を見上げ月が綺麗な晩には
この時の出逢いを思いだし
今度はあえて迷子になりに… …ナンテ

雪成様、名残惜しいとは思いますが
あなたの愛する英仁君が
ご飯作って待ってますよ♪

Kiri様
お年玉SSポチ袋に詰めきらないくらい厚くて大満足でした(*≧∀≦*)
アルフレッド・テニスンとゴッホの名言も
今日聞けたこと私にはとても良かったです!!
ありがとうございました(#^.^#)

NoTitle

こんにちは!

もうないかなと思った二度目です(笑

【愛なんぞ、くそ喰らえ】以降、
番外編以外は、
残念ながら時間がなくて読めていませんが、
読めているときは、
それはもうとってもとっても、
細やかな感情に感動させていただいています!
お休み中に何とか時間を見つけて読めなかったものもよみたいと思います!

今回のお話を読んでいて、
ふとボカロの『キミトセカイ』という曲の内容が、
亨と明良の二人と重なるところがとても多い、
と思い至りました。

この曲のPVの絵自体は少女が出てくるものなので最初は思い当たりませんでしたが、
今回の、
『光』と『影』
というキーワードで、
本当にたった今、
思い当たりました。

これが曲ですhttp://www.youtube.com/watch?v=sCGYHVj4lV8

亨は僕や君とはいいませんが(笑


キミがいた世界は今も 僕の心で彷徨う

遠く離れた今も この声が聞こえますか


遠い日の空を見上げて 繋ぐ思い探してた

ひとり歩く坂道 もう二度と戻れないよ

悲しいこと 楽しいこと全て

キミに届けたいよ この歌をまだ


二人の夢を紡ぐ 今目の前に

透き通る未来 離れても居なくなっても…

どれだけの「声」 「思い」伝えれるかな

抱きしめて本当は寂しい 一人のセカイ


やがて時は流れて 僕の思いも消えてく

二人の影を見つけれないで 彷徨う

繰り返す世界また一人 坂道を行く

どこまで行けば 光が射す場所まで行けるかな

キミとの記憶を 抱きしめている


そっとそっと消えてく 存在を

ずっとずっと叶わない 夢を見る


冒頭の、

キミがいた世界は今も 僕の心で彷徨う

や、

遠い日の空を見上げて 繋ぐ思い探してた


抱きしめて本当は寂しい 一人のセカイ


ひとり歩く坂道 もう二度と戻れないよ


は、
亨の、
特に明良と別れたばかりの頃はこんな感じだったのでは?
と思いました。


二人の夢を紡ぐ 今目の前に

透き通る未来 離れても居なくなっても…


どれだけの「声」 「思い」伝えれるかな


ここはわかれる少し前を振り返る感じで、


やがて時は流れて 僕の思いも消えてく


繰り返す世界また一人 坂道を行く

キミとの記憶を 抱きしめている

そっとそっと消えてく 存在を

ずっとずっと叶わない 夢を見る


ここは別れて少したってからで、
ここに出ている「消えていくモノ」は、
明良に対する激しい情で、
ここから明良と同じようにおだやかなものに感情が変わったのではないかと思いました。

そしてきっかけの、


二人の影を見つけれないで 彷徨う


どこまで行けば 光が射す場所まで行けるかな


ここは、
もうないとはわかっていても、
二人の重なっていた『影』の部分を、
まだ心のどこかで探してしまって彷徨い、
しかし明良はもう『光』の中にいるんだと、
今回の雪成の言葉で本当の意味で至り、
どこまで行けば『光』の射すところに行って、
明良を安心させれるだろうかと考えを改めて思ったのではないかと思いました。

かなりかってで無理やり感のある解釈かもしれませんが、
私はそういう解釈をしてしまい、
そんな妄想で1人で感極まってしまいました(笑

長々とすみません、
かなり勝手な解釈を読んでいただき、
ありがとうございます!

Re: 幸せ

MOMO様

亨はね、自分を許す気なんてホントは無いんですよ。
だって、自分の罪ごと明良がそこにいるんだもの。
でも、明良が言ってくれた言葉が残ってて。許せば、明良が喜んでくれるかと思っちゃうのね。
こういうとこが、亨なんです。

でも、明良に何となく似た雪成様に「許さなくてもいいんだよ」って言ってもらえた。
時の流れに沿えばいいと言う言葉で、やっぱりそうか…って思えたんじゃないかな。

いいんです。自分を許せない部分持って生きてる人はたくさんいますもの!
三人の幸せな姿を見て頂いて、喜んでもらえて、私も書いてホント良かったです♪

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

春風様

あは。亨のSっぷり…。ありましたねー一時。
まぁ、あれも亨…。本来彼は、魔王様なので。明良という人を、ここまで深く愛せなかったら、もっと魔王のままでいたことでしょう。私は、明良に出会えたこと…こそ、亨のこの先の人生が実り多くなると思います。

人の上に立つことを使命として生まれてきた人には、気付けない部分がたくさんある。
そこを気づかせてくれた存在が、明良だと思うので。
人を愛することの悦びや痛みを、彼はちゃんと知って、受け継ぐ者やモノを護って行くはずです。

あぁ、その「いじらしい」ってとこが、この人を愛しく思う部分かもしれませんね。
男として好きだって方もいるし、何処か母性を擽るような部分とか。
あはは、横抱きしてヨシヨシ!亨の子供の頃が、私個人的に見たい!
頭撫でて、睨まれそうですけどww

春風さんも龍介スキーさんですよね。少ないんだけど、好きな方は好き!同胞がいらっしゃいますよ…ふふ

あ、アルファさんはバナーポチは1つでも4つでも(笑)
投票権取得すると、3つまで…だそうです。(これメアド登録しないとダメなんです 汗)
はい。コバンザメで、どこまでもよろしく!です。笑

有難う御座いました☆

NoTitle

やっとコメントに来られました!
あけましておめでとうございます☆☆☆

この度は雪成を出してくださってありがとうございました♥
年末から帰省していて昨日は実家でニヤニヤしながらこそっと読みました。
今日帰ってきてやっと自宅で堂々と堪能しています(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

亨さんとの共演、夢みたいです♥
改めて読んでも本当に素敵☆.。.:*・゜
少しの時間でしたが、雪成の記憶に亨さんは強烈に残ったと思います。

去年のクリスマスも含めて
三人のその後、ありがとうございます♥
明良の中にも、洋平の中にも、亨の中にも、それぞれ三人の過去が残っていて、
それを切なさをはらみながら大切に大切にしているのが、凄く嬉しかったです。

明日からの冬吾×澪もまた楽しみにしています(*´∇`*)

最後に♪
今年もどうぞよろしくお願いいたします☆

世界には、自分に似た人が3人いる。

・・って聞いたことがあります。
明良と雪成様は、魂、もしくは生き方が似ているような気がしました。

亨と明良と雪成様。
きっと’激情’の一点で重なるんじゃないかな。そこで共鳴する。でも今は。


雪成様もプライドが高いなあ。そして優しい。
亨の心にそっと寄り添うことができるのは雪成様も迷宮を走り抜けたことがあるからでしょうか?

”「俺は、身代わりは嫌だから」”

その言葉は風に飛ぶ木の葉のように軽かったのにその色は。。


亨の心という気球がひとつバラストを落として少し軽くなったのを見ることができた。気持ちのいい笑顔まで見られて・・・。
その重りの綱を切った美しい男(ひと)は、一夜の出会いと触れ合せた心とグラスの音を、覚えていてくれるでしょうか?


亨さん。
よかったね。

Re: 明けましておめでとうございます

eico様

明けましておめでとうございます。
お仕事に忙殺されてたんですね。しんどくても、こなさないといけない!わかりますよ~。
お休みに入って、読みに来て頂いて、嬉しいです。

愛なんぞ~の三人が、それぞれの地で頑張ってます!
あんなに色々あったけど、ほんと今は穏やかになりました。
反対に色々あったからこそ「今」を大事に思える部分もあると思います。

ミサのシーンでの明良の亨への回想。洋平への愛情。
亨の明良への今の想い。年末から年始にかけて、喜んで頂けて良かった(>_<)

今年もよろしくお願いしますね。
有難う御座いました☆

Re: スミマセン

鍵コメ様

あ。大丈夫でしたよ。
重複してなかったです!(*^_^*)

Re: NoTitle

ういちろ 様

ほんとですね。
二人でグラス合わせてるだけで、絵が浮かびます…。
やはり魔王キャラと女王キャラは、対等で格好イイ!え、手前みそ?

そうです。うさぎさんは、太陽洋平の光の中で輝いております。
もう、眩しいと目を逸らすこともなく。
正面から浴びてキラキラしてる。

亨も、きっとそんなイメージしてるんだろうな…。
ちょっとムカつきつつ(爆

有難う御座いました☆

Re: あけましておめでとうございます(*^^*)

マカロン様

あけましておめでとうございます。

クリスマス~お正月にかけて。
愛なんぞ…の三人のSSを書けましたー。
発作で始まったとはいえ、無事にUP出来てホッとしました(本音

あんなに長いお話のSSなのに、一緒に潜り抜けてきて下さった読者様に思ったよりたくさん来て頂いて。喜んでもらえて、ほんと嬉しかったです。

あは、隼…。彼も今年また、何か書かないとですね!
今年もよろしくお願いします♪
有難う御座いました☆

Re: NoTitle

エリ様

まるで招かれたように、迷い込んだバーに雪成様が!うふ

言葉は、チロルさんに雪成様のお仕事を聞いて、探しました…。
大人の男の会話になってたら、良かったです…涙

皆、ほんと幸せになって欲しいですよね。
そう思って、今年もガンバロー!

有難う御座いました☆

Re: よかった

じゅにっこ様

これが一度目の別れのまま…だったら。
亨の心にはずっと「泣き顔」の明良がいたことでしょう。
今は、幸せに笑ってる顔が浮かぶ。それだけでも、あの三年は大きかったと思います。
これからの人生の方が、ずっとずっと長いんですから。
人生の3年間。それが、亨だけでなく、明良にも洋平にも、大きな意味があったと思いたい。

ほんと、よくぞ雪成様…居て下さったw

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメno様

あ。今日は公開コメ!と思ったら(笑
☑わすれましたか~。了解です。承認せずにそのままにしておきますね!

>亨さんの事が大好きで、大好きで、日常のフトした時に、亨さんの姿を追ってしまいます
わ~♥嬉しいです!もう亨病…ですね(信史の七原病?)うん、でもほんと嬉しい(*^^*)
お勤めしたことないから、余計に亨の仕事のシーンとか…きゃ~♥って感じになりますよねw
あ、大して仕事シーン書いてない…汗。

そう。明良は子供が大好きです♪憧れだったんですもの。普通の家庭ってのが。
兄弟も居ないし、一人っ子で隠れるように育ってきた部分あるから余計にね。
これが亨の娘を知った時に大きな決断になった部分ですもの。闘うなんて有り得ないこと。
ゲイでなければ、早々に結婚してたタイプだと思います。憧れのファミリーを諦める…ここも明良には大きなことでしたから。でも、もう洋平のとこの甥っ子達の成長を見れる。こんな幸せは無いはずです。
はい、甥っ子達の成長もまた書きますね♪
>「明良取り合戦」←笑 私も想像してた。ププッ

有難う御座いました☆

Re: (*^^*)

あさみ様

私も、一瞬だけ…一瞬だけ、思いましたとも!腐ってるからねw
しかし、よそ様の息子さんに、ご無体は出来ません。
および亨は妻帯者。壁は大きくそびえ立ち、登る気力も御座いませんでした…。爆

有難う御座いました☆

Re: ああやっと

mam3様

やっぱりね…。どこか明良を思わせる人が言うから、心に沁みてきた部分あると思います。
これが明良本人なら、心は激しく動いてしまうので、とても無理。
知らない街で、初対面で。でも、誰でもいいわけじゃない。
雪成さんの、遠慮無しのタカビーながらも(笑)思い遣りのような言葉だからこそだと思います。
>月夜の天使 雪成様←ほんとその通り

亨は幼い頃から鎧を身につけています。人前で泣かない…戸沢にさえ、下に見られることのないよう。そうやってずっと生きて来た人ですから、鎧がもう体にくっ付いてるんですよね、きっと。
それをもう苦しいとも思わず、当たり前のように過ごしてきた。
あの、明良奪回の瞬間…。地獄に堕ちてもいいと思った時に、初めて剥き身になったような気がします。
でも、落ち着かないんですよ。やはり、鎧を身にまとってる方が落ち着く方。

きっと亨の父もそうやって生きてきた方。孫と接する時…。もしかしたら、鎧を脱いでるかもしれませんね。亨も、いつかそういう日が来る。
強がりは男の勲章だと、闘ってる男の人を見ると私はいつも思います。

>ウサギちゃんを閉じ込めろ囲えと思ったから←うん、わかります!
年を重ねてみないと分からないこと…ほんとありますよね~。

はい。明日から又、冬吾と澪です。こっちは、まだまだ青い真っ盛り。
>ウゴウゴさせられる←爆笑! よろしくです♪

有難う御座いました☆

Re: とあるbarの数時間

うさメリ様

>久しぶりに楽しいお酒を味わえたかもしれませんね
うん、ほんとそうだと思います。
思えば…あの頃(人の気も~の序章)血反吐を吐いて、タヌキじじに頭下げてお酒飲んでたのよね。

亨と雪成様。
亨の隣に立って、対等にいられる人は私の中ではそう居ないんですよね。
攻め同士だったら、洋平みたく亨のオーラで圧倒されちゃう気もします。
洋平だって、仕事の部分では亨の背中を追いかけてる。生まれ落ちた時から、帝王学叩き込まれてきた人には、生半可には立ち向かえません。

雪成様…この後、英仁さんに「迎えに来い」とか言ってそうです(爆

名言は、探しました~。雪成様っぽい感じを…。そこだけ時間かかった。エヘヘ

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

A.A様

覚えてますよ~。
ボケるまで書いて欲しいと言って下さったこと!!笑
あと、ティッシュの山脈でしたっけ?(´艸`*)

曲、聴いてきました♪
うん…イメージ湧きます。

光と影。

明良は、ずっと「影」の場所で生きて来た部分、あるんですよね。
愛人の子であって、表に出てはいけないことも、小さい時から分かってた。
ゲイでなければ、ほんと学生結婚でもしてたかも…ってくらい、普通の家庭に憧れてたんですよね。

亨はそこを知ってたから、潰しにかかったのに、明良は壊れなかった。
壊れれば…ずっと愛人として、傍にいたかもしれません。

だからこそ、太陽の洋平を持ってきた。
影から、光の当たる部分へ。
明良を引っ張り上げる男として、洋平を書いた。

ここはファンタジーだったら、凄く伝わりやすいんだろうな~と思って書いてたの思い出します。
闇の王と、光の王子…みたいな?爆

書いてる内に、明良も覚醒しちゃって自分から闇を跳ね除け、光に向かって行っちゃいましたけど。

だからA.Aさんの「影が重なる部分」ってとこ、凄く嬉しいですよ。
>しかし明良はもう『光』の中にいるんだと←こことか…色々と。
深く読んで下さってるのが伝わってきます。

闇の王であったはずの亨も、今は本来の光の当たる場所で。
光と闇の間で彷徨ってた明良も、今は陽の光の中で。
光の王子の洋平は、月明りを浴びながらギラギラを押さえることも出来て包み込めるように。

三人がそれぞれの「道」をちゃんと歩いてます。

A.Aさんの解釈、嬉しく受け止めてます♥

またお顔出して下さいね!
有難う御座いました☆

Re: NoTitle

チロル様

あけましておめでとうございます。

雪成様、無事にお仕事(何の)達成して頂けました!!
亨との共演…ほんと、お借りして助けて頂きました。
正月早々、雪成さま。お疲れ様でした♥

あの。チロルさん!改稿前のSS…捨てて下さいー!爆
結構、書き直しました。いつもこうなります…えへ。
雪成様の記憶に、どうか亨を留めてて…願

皆さん、喜んで下さって。ほんと、良かったです。
思えば、クリスマスSSもチロルさん家の秋也イラストが発端でした(笑
また、いつぞや…誰かをお借りするやもしれません(ぇ
自分家に無いキャラを、人様よりお借りする不届きモノですが。
これからもよろしくお願いします♪

はい、明日から冬吾と澪です!
有難う御座いました☆感謝(>_<)

Re: 世界には、自分に似た人が3人いる。

ますみ様

亨と明良と雪成様。なんとな~く、カラーが同系っぽく見えて(勝手に
ビジュアルはね、雪成さまの方が明良より若干男っぽさは勝ってる気がします。
だって…あの上半身ヌードのイラストが!!目に焼き付いちゃって←おぃ

はい。もう女王様同士ですもの。
プライド高~~~いデスヨ。一度、二人を逢わせてみたいものですね。
同じバーで隣り合って。なぜか、英仁さんがバーテン。
明良が英仁さんにちょっと甘えてみせたりして、雪成様のコメカミがピクピク。
女王二人が冷たい光線、浴びせ合う…とか!!とか!!…いかんっ、妄想が突っ走る。

きっと雪成様にも色んな葛藤があったのかもしれませんね。大人の男ですもの。
だからこそ、あんな言葉がサラリと。

ひと時の出会いに…感謝。良かったです、亨さん。

有難う御座いました☆

あけましておめでとうございます。
今年もkiriさんの物語、楽しみにしています。
新年早々、享のそれからを覗く事が出来てしあわせでした♡
ほんと、かっこいい!それにつきます!!

Re: タイトルなし

こゆき様

明けましておめでとうございます!

亨を格好イイと言って下さる方も結構居て、ほんと嬉しいです。
自己中で、俺様な人でも、どこか愛される部分ってあるんですよね。

今年もよろしくお願いします(^^♪

ありがとうございました☆

制覇☆

明日を前にどうしても読んでおきたくて「愛なんて…」を一気読みをした後で、チラリと気になり、亨さんを見に来れば、まあチロルさんちの雪成さんじゃありませんか腐腐腐❤kiri様憎いわっ(笑)

愛クソ(←勝手につけた。済まぬ(o*。_。)oペコッなんかお上品やなくて…。)
男と女やったら昼ドラになりそうな話でしたが、ちゃんと読めました。無理しないでね読めたよ。

男と女だろうが男と男だろうが、恋愛に変わりはないような気がする。相手をどれだけ愛するかって事でしょ。

そりゃ、私は女だし、男と男の恋愛や、女と女の恋愛の弊害なんてわからないけど、人間として愛する事に男も女もないと思うのよね。
そこまで好きになれるってスゴイ事だと思うし、運命の相手でも結ばれない事はある。

お互いに愛し合ってるからって結ばれるほど世界は単純じゃないと思う。

亨は明良自身は傍にいないけど、愛してるし愛されてる。違う形での愛も手に入れた。

今は7年後を楽しみにしてて、思いがけなく明良に会えて…。同じ土地に住んでるんやもんね。

亨が幸せであることをスゴク祈るよ。

私は結局、亨を悪とは思わなかった。黒いともね。弱い人だなって思った。子供なんだって印象かなあ。やっぱ一気読みするとその人が明確に見えるような気がする。

よっぽど、信史の方が黒いよ。うん。

今の亨は綺麗だと思う。心に光りがさしてるって感じがする。闇の部分は確かにあるんだけど、洋平が明良に与えた光が、明良を通して亨にも与えられたって感じかなあ。

切ないけど、ハピエンだよね。

不思議とこれはのめり込まずに読めた。すごく考えたり、最後に洋平の甥っ子は明良の甥っ子でもあるってところで泣いた。明良も救われたね。

また、いつか亨の日常や、洋平、明良の日常が見たいな。幸せの一コマ。サブでもそれがわかったら嬉しいなと思います。

kiri様飛びコメでいろんなところに登場して律儀に御返信(人◕ω◕)ぁりヵゞ㌧㌧♬
自分でどこにコメしたかわからなくなった(笑)

では又、寄らせて頂きます☆

†Rin†

Re: 制覇☆

†Rin†様

あ。全部読めたんですね!嬉
そうそう。「昼ドラBL」とか言われてました~。
あと、ミステリーBLとか、ホラーBLとか!!
今となっては懐かしいなぁ。。。

亨はね、「男」そのものなんですよ。
強くて、弱い…男。
一部、熱狂的に亨を好きな女性以外は、結構色々言われてる中。
男性読者様は、ほぼ、亨を支持して下さったんですよね。

男だって泣きたい時もある。女々しいことだってある。
亨を見てると凄く共感できるんだって、そう言って、鍵コメで色んな男性がコメントを下さったんですよね~。女性の前では、皆さんやはり弱いとこ見せられないようです。
「男なんて強がってナンボですよ」って、ハッキリそう言われる方も。

うん。黒いのは信史の方が黒いよ(笑
亨はね、絵を描くでしょ?それに反して、信史はコンピューター。絵も音楽も興味無し!
あるのは、秋也だけ!!爆

ありがとうございました☆

年が明けましたね

お久しぶりです、夏の虫です。すでに冬ですが名前は変わりません!

ちょうどこの作品の本編の方で出張になって、長すぎた地獄の出張から帰ってきたら明良さんと洋平が結ばれてて。
いろいろ思い出に残ってるので、遅ればせながらコメントさせていただきます。

お久し享さんかと思いきや、まさかのチロルさん家の雪成様も出てくれるなんて。嬉しすぎて禿げそうです。
雪成様、享さんの心を軽くしてありがとうございました。
この先、
享さんが明良さんに負けないくらい幸せになれますように。

今年も、萌えをよろしくお願いいたします。
kiriさま。お疲れまでした。

Re: 年が明けましたね

夏の虫様

お久しぶりです♪年が明けて、もう9日も経ってますね~。
ほんと、あっという間に月日が流れていくわ…。

そうでした、そうでした。
長い出張すぎて、びっくりしましたもん!

そうなんですー。
チロルさん家の雪成さまに、ゲスト出演をお願いしました。
亨の話相手は、やはりそれなりに…。バーという場所で、不自然でない相手。

>享さんが明良さんに負けないくらい幸せになれますように
あーほんとそうですね。お互いに幸せ合戦!で♪

こちらこそ、今年もよろしくお願いします♪
有難う御座いました☆

寒中お見舞い申し上げます

kiri様

ちょっとお久しぶりです。
新年のご挨拶もせず、あっという間にもう15日!
とーっても遅くなりましたがi-201今年もよろしくお願いします。

帰省先から帰宅してからは、ちゃんと読んでいるんですけど
コメ欄までは読んでなくて、ちょっと体力不足でコメントもできずにいました(涙)
それで今コメ欄巡りしようかと読んでいたら、思い出したんです、あの日コメントしようと思ってたことを。
この雪成さまの言葉。
>「許さなくてもいいんじゃないですか?」
なんとさらっと言ってのけることか。
タカビーな女王様が許しの天使になってました!
もう、なんだか、泣けて泣けて…………
答えがここにあった、そう思えて。
私、ネットであちこち読み漁っていた時期があって、何か見つかるんじゃないかと。
kiri様のところで沢山見つけました。
kiri様、そして雪成様、ありがとうございます。

しかし、雪成様、どんな人生くぐり抜けてきたんですか?!
魔王をここまで癒してしまうなんて。

短いけど心に深くしみるすてきなSSでした。
また4兄弟とのコラボがあるとうれしいなぁ~❤

Re: 寒中お見舞い申し上げます

志緒様

お久しぶりです~。やっと、お顔出して下さった♪今年もよろしくです!

タイトル見た時、一瞬「暑中」にみえてしまった。えぇ…老眼キてますね(爆)ショボン
大阪もこのところ寒い!けど、北海道はもっと寒いですよね。風邪など引かれませんように。

あ。雪成様のこの言葉に…。
何処か琴線に触れたのでしょうか?
そうだったら、嬉しいです(>_<)

書いてる時に、亨のネックは「自分を許せない」ことだろうなーって、ずっと思ってたので。
誰でもない、雪成様に言ってもらいました。許さなくてもいいよ…亨さん。

雪成様も、大人の男…。色々、何かあったのかもしれませんね。
それは、またチロルさん家でお目にかかれるかも…(人に振るw)

はい、またいつか、どこかで…四兄弟の誰ぞやが出る可能性も。
思いついたら、チロルさんに了承得てから妄想始めます。ウフフ

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【1. 鹿島亨の、ある一日】へ
  • 【人の気も知らないで-33】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ