女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←13.全然、足りねぇ※R18 →16.声出さなきゃいい★R18
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【13.全然、足りねぇ※R18】へ
  • 【16.声出さなきゃいい★R18】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

溢れる想い

15.諦めろ

 ←13.全然、足りねぇ※R18 →16.声出さなきゃいい★R18
学校内では、さすがに話せないので とりあえずは、電車に乗って繁華街に出る。

秋也と2人でランチを食べるはずだったのだが、とりあえずは礼菜も一緒に何か食べることにした。
秋也の口からも、ちゃんと言わないと 礼菜のことだから、確かめるとか言い出すに決まってる。


「礼菜、俺 前に言ったろ?こいつはダメだって。絶対ダメだって言ったよな?」
腹に食べ物を押し込んで、コーラーを飲みながら信史は切り出した。


「でも、好きなんだもん。好きになっちゃったんだもん…」
既に、泣きそうな顔をしてる礼菜は、確かに可愛い。


「諦めろ」
「嫌」
「諦めろって」
「やだっ!好きなんだもん」


押し問答をしてる間も、秋也は 黙ったままだ。
いつもなら、女には優しい秋也も、礼菜には 何か思うところがあるのだろう。


「彼女いるから?」
礼菜が、黙ったままの秋也に問いかけた。


秋也が「さっきも言ったけど、好きな奴がいる。だから、ごめん」と、礼菜に告げた。


「その娘誰?礼菜より可愛いの?写真ある?」
自分に絶対の自信を持っている礼菜らしい言葉だ。

礼菜の矢継ぎ早の質問攻めに、とうとう「こいつ」と、秋也が信史の方を指をさした。


「えぇ~っまたぁー。ギャグ?それ?」
当然、礼菜は信用しない。


「ホント。俺、そういう嘘とかつかないよ」
秋也の顔が真剣だったので、礼菜も茶化すのをやめて、押し黙った。


え……えぇっ…

と言ったまま、固まっている礼菜。


目を伏せてから、もう一度目を秋也にあわせる「…信史?」やっと言葉が出たとでも言うように搾り出すような言い方だ。


「そう。俺、こいつのこと好き」
秋也の言い方は、当然だとでも言うように堂々としている。


「嘘だ…。」
「だからホント」
「…ありえない…」
「ありえんの」


今度は、秋也と礼菜が押し問答口調になってる。
礼菜が何を言っても、秋也はガンとして「本当のこと」だといい続ける。

「やだ…信じられない…」
礼菜が顔を伏せて、動かなくなった。

頭の中を整理しているのだろう。
しばらくは、そのままにしておいた。



いきなり顔を上げて「信史…あんた男もいけたの??」と、小声で怒るように言い出した。

「こいつだけだっつの」
信史は礼菜の迫力に、気おされそうになる。

「そんなの…酷い。…信史、嫌い」又、顔を伏せる。

秋也と信史は顔を見合わせて、小さくため息をついて 待った。


「いつから?」
顔を伏せたままで礼菜が聞いてくる質問に「去年の夏くらいかな」と信史が答える。

「…じゃ、気の迷いじゃないよね。もう1年半くらい経つもん…」
力なく礼菜が言う姿に、少し可哀想な気持ちになる。


「何かおかしいと思ってたんだ。」
礼菜は信史の今までの言動を思い出していたのだ。


無言のままの礼菜を、秋也も信史も黙ったままで待つ。




「秘密なんでしょ?」


割り切ったのか、突然ハッキリとした言い方で聞いてきた。


「そりゃ、言える訳ねぇじゃねーか。」
信史が痛いとこをついてくるとでも言いたげに答えた。

「そっか…じゃ、礼菜にだけ言ってくれたんだ。」
少し嬉しそうな表情をしてみせる。


「言わなきゃ、お前 何回でも来んだろ」
信史が言うと、又 顔をくしゃっとして泣きそうな顔になった。

「だって…礼菜、ホントに好きになってたんだよ?一目ぼれって、初めて経験したもん。信史、メールしても返事くれないし、その内メアドまで変えちゃうし…。共通の友達いないし。探してまでとか、自分で引くじゃん?
で、又会いたいな~と思ってたら、この間やっと会えたのに、逃げちゃうし。礼菜、これでも探したんだよ?自分で引く~とか思いながら。だって、ホントにもう1回会いたかったんだもん。今日、学校で見つけた時、超嬉しかったんだから!…なのに…」


ポロポロと涙を零して、泣き出したので 秋也も信史も慌てた。

秋也が、礼菜の隣に座って 頭をなでながら「ごめんな」と、繰り返す。
礼菜はここぞとばかりに、秋也の胸元に顔を埋めて泣き出した。


あぁ…周りの視線が痛い。


信史は、早くここを出たいと思いながらも、目の前の2人に声をかけることも出来ずに腕を組んで椅子にもたれかけた。



「おぃ…いい加減、離れろ」

泣き止んだくせに、まだ秋也の胸に顔をうずめている礼菜に、信史が声をかけた。

「何よ。いいじゃない。ちょっとくらい貸してくれたって」
訳のわからないことを言い出す。


「貸すかっ」信史が即答すると「ケチ!」と、言い返す。

すっかり泣き止んで、信史と口げんかを始めた。


「秋也、こっち座れ。」
秋也の腕を引っ張って、礼菜の隣から移動させた。

「わ~、引くわ、信史。独占欲って奴?寒っ」
礼菜が大げさに、身震いをする仕草をする。



「でもさ、今ので本当なんだっていうのもわかっちゃった…」
そう言って、大きくため息をついた。


別れ際「3人の秘密ね。」にっこりと嬉しそうな顔をして笑う。
どうやら”秘密の共有”という、この部分が嬉しかったらしい。

【BL小説】参加中。↓最後に秋也のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【13.全然、足りねぇ※R18】へ
  • 【16.声出さなきゃいい★R18】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【13.全然、足りねぇ※R18】へ
  • 【16.声出さなきゃいい★R18】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。