女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←11.予想はしてた →13.潰れんじゃねぇぞ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【11.予想はしてた】へ
  • 【13.潰れんじゃねぇぞ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

溢れる想い

12.手に負えなくなる予感

 ←11.予想はしてた →13.潰れんじゃねぇぞ
最初は女子の男装から始まった。
順番に出てくる中で、やっぱり戸田が出てきた時が 一番盛り上がる。

他の子も綺麗だし、格好イイのだけど 戸田の立ち振る舞いが堂に入ってた。
女の子がキャーキャーと黄色い声を出している。

男の人はダメ…とか言ってたことを思い出す。
戸田は、男になりたかったのか…信史は戸田の姿を見て、漠然とそう思った。

これで、女の子のファンがつくだろうな…なんて思いつつ、そんな簡単なもんじゃないとも思ったり。
自分は兄と同じ、バイという部類に入るのかどうかはわからない。
たんに、初めて本当に好きになったのが、男の秋也だっただけだ。

それが、これから自分たちが大人になっていくにつれ大きな問題になることくらいは、漠然とでも信史にだってわかっている。

自分と同性の者しか愛せないということの意味は、まだ信史にはわからない。
きっと、戸田は色々苦しんで悩んでるんだろうな…と、ステージ上で男になりきっている戸田を見ながら、信史は女の子に感じたことのない、一種の友情みたいな気持ちを持った。

女子の男装部門の盛り上がりは、まるで人事で…冷静に見ていれば、それはそれで面白い。
どっちかというと、やっぱり女の子達が大喜びしてる。

「宝塚みたいなもんか?」
武田が、そんなことを言う。
「あんな綺麗な男ばっかじゃ、俺ら本モンはかなわねーよ」
今岡が腕を組んで、最もなことを言いながら「俺も女装してみたかった」と言い出す。


「やめろ、キモいから」


信史の言葉で「うっわー本気で傷つく。お前はいっつも七原見てっから、ハードル高けーもんなぁ」
と、信史の顔を見ながらニコニコと話す。
だから、俺が苦労してんだろ…と、心の中で思っている内に、女子の部門が終わった。



男子の部門が始まる。
何だか、秋也が見世物になるようで、信史は面白くない。

女装とか、そういうのがお祭りで、盛り上がるのはわかる。
どこの学校でもしてることだ。
だけど、面白くない。

「あ~、俺 マジで七原楽しみ。あいつ、こないだ間近で見たら マジで綺麗なんだもん。ビックリしたわ」
今岡の無邪気な言葉に、神経がイラつく。


「見世物じゃねぇぞ、あいつは」


知らず、言葉にトゲが出る。

目の端で、武田が今岡の袖を引っ張っているのが見えた。
やめとけ…ということを、言ってるのだろう。
今岡が、怪訝な表情をしているのがわかるが、信史はそのままに何も言わないでいた。

「俺、何か悪いこと言ったのかよ?」
と、隣の武田に小声で聞いてるのが聞こえてくる。

「いーから。お前は黙っとけ」
武田に小さく怒られて、今岡は唇を尖らせて「わかったよ」と言うなり、黙った。


最初にお笑い部門ともいうべき、ゴリラのように逞しい男が、スカートとヒールを履いた姿で登場する。
ヤンヤ、ヤンヤの喝采で 講堂内が盛り上がってくる。

「ドラァグ・クィーンての?あれ?」
武田と今岡が会話をしてるが、信史は気持ちが落ち着かない。

そして、次に出てきたのが 理系で バンビ…とあだ名されている奴だ。
女子連中が「可愛い~~」と連発してる。

小さくて、細くて、女というより”女の子”だ。
セーラー服を着ているが、全く違和感が無い。
続く後の2人も同じように、とにかく「可愛い」のだ。

フリフリのワンピースや、タイトスカートや、ウィッグ…もちろん、素材がいいのもあるのだろうが、その違和感の無さに、信史は心底驚きを覚え、卒業生がこれを見にくるというのも納得する。


そして、盛り上がりを見せる中 いきなり照明が落とされる。
講堂内が一瞬にして、ざわめきに変わる。

ほんの30秒程のことだろうか、いきなりステージ上に スポットライトが当たる。
そこにいたのは。



秋也だった。



女装…か?これが?
講堂内は、シン…と静まり返っている。

武田や今岡だけでなく、周りが息を呑む音まで聞こえる程に 静まり返っていた。

衣装というのか?
真っ白なチャイナドレスのような、体にフィットしたラインの、飾り気の無い布をまとい、肩から、大きなフワフワしたショールのような物をまとっている。
髪も、大きくフワフワとした感じでうねらせて、ウィッグをつけているようには見えない。
メイクも、さっきまでの出場者のように ゴテゴテとせずに、自然な感じがする。

なのに、これは何だ?
ハッキリ言えば、信史が思っていたのとは全く違う。

飾り気の無い分、目立つ。
秋也そのものが、そこにいた。

周りを圧倒させるような、オーラを纏っている秋也は、何の表情も見せていない。
無表情に、静かに前を見ているだけだ。

それは、信史さえ あまり見たことの無い表情。
感情がそのまま顔に出る秋也が、無機質に見える。
無機質な中に漂う色気。


信史は、圧倒されていた。


秋也の持つ魅力は、きっといつか 自分の手に負えなくなるような気がする。
そんな予感に占められて、信史は足元をすくわれるような思いで 講堂から出て行った。

【BL小説】参加中。↓最後に秋也のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【11.予想はしてた】へ
  • 【13.潰れんじゃねぇぞ】へ

~ Comment ~

全ての物語の原点37。

こんにちは。kiriさま、ファミリーのみなさま。

現在、37一気読みちう。「溢れる想い」12話。
ここら辺からなんですね。信史が少しずつ本物に変わっていくのは。

漠然と感じていた不安が、急速に現実味をおびてゆく恐怖。
信史の中で何かが壊れた音がしました。たぶん信史にも聞こえたはず。
秋也を失う可能性の確信。それに自身が耐えられるのかということ。これは・・怖いですよ~想像するだけで・・。

実は・・「信史の逃亡編」←こんな題名ないけど・・が一番好きなんですよね~
あの葛藤と苦悩。人間味をそぎ落とした信史が、ヒトとしての感情を取り戻して成長?していく過程がすばらしい。はやくたどり着きたい~

それではまたきます~
今日の一言・・・やっぱり鬼畜?だって人/間だもの。

Re: 全ての物語の原点37。

ミケリ様

は……。37の読み返し(/ω\)
有難う御座いますー!

そうですね…。信史がまだ、青い青い時期。
頭だけは物凄く動き過ぎて、そのくせに何の力もない時。
色々考え過ぎる時期でもあって、ほんと難しい思春期!
その点、秋也は「信史好き」だけなので、救われてる部分も…。
2人でグルグルしてたら、今は無かったですねー。

あ、逃亡編、好きですか?笑
この何処か人間味の少ない男が、秋也という存在によって感情が露わになってくる。
成長途中ですねぇ……今、振り返っても!

一気読み、いつも有難う御座います!ちょっと恥ずかしい(〃▽〃)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【11.予想はしてた】へ
  • 【13.潰れんじゃねぇぞ】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。