FC2ブログ
女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

「愛なんぞ、くそ喰らえ」
暗雲

暗雲-29

 ←暗雲-28 →【予告】勇次&隼のSS「やみあがり」連載開始
失恋…その言葉に、洋平はムッとする。

「酷ぇっすよっ」
ムキになる洋平に、向井は(その調子だ)と心でほくそ笑む。

「酷くない」
「何で…そんな…」
「俺もな、前に失恋した時1年ひきずった。誰見ても、何みても、何食っても。何も感じなかった。今のお前と変わりない」

向井に言われて、洋平が黙り込む。

「失恋なんてな、世の中履いて捨てる程転がってんだよ。誰だって、みんなしてることだ。珍しくも何ともない。悲しみの量なんか測れねんだ。皆、誰より自分が悲しいって思ってんだよ」
「慰めてるつもりっすか?」

勝気な男だ。その証拠に、篠原の目が生気を取り戻してきてる。
それを見て向井は床に直に座り、胡座をかいて、ゆっくりとした仕草でポケットから煙草を取り出す。

「灰皿の代わりは?」

一言そう言えば、洋平が立ち上がって、キッチンから小さな灰皿を持ってきた。

「これ…明良さんが、先輩用に買ったんです。あいつが来たら、要るからって」
コトリと、テーブルに置かれた灰皿を見て、向井は小さく頷いて煙草に火をつけた。
前に来た時に灰皿がなくて、ビールの空き缶を灰皿代わりにしたことを思い出して、煙を吐く息が震える。

「シノ。明良はお前といて幸せだったと言ったんだろ?」
「はい…」
「あいつは、そういう面では嘘はつかない」
「でもっ…時々、不安そうな顔して…」

向井は、煙草の煙を深く吸い、吐き出して洋平を見る。
明良が何故不安がるか。
それさえも、あまりわかってない姿に、大きな挫折をしたことのない奴だったと思い至る。
器用で、何でもソツなくこなし、平均点以上を大した努力もせず、軽々と取るタイプ。

「篠原。…明良は男だ。あいつといる限り、結婚も子供も無理だ。世間にも隠し通し、親兄弟にも喜んでもらえない。結婚しないで独身を通すことが、社会でどれだけ信用が無いか。そういう障害が山ほどある」
「わかってますよっ」
「いや、お前はわかってない。無邪気に明良といることを喜んで、浮かれて。よーく思い出せ」

向井に言われ、洋平はこの数年間を思い出す。
確かに…俺は、浮かれてた。
明良が、そういう部分に敏感に反応するのを、苦々しくさえ思ってた。
そんな明良に、意地になっていたようにも思う…。
喧嘩だって、その原因が一番多かったような気がする。

「好きなだけじゃ、いられない。明良は男で、お前も男。世間に出れば、ホモのカップル。好奇の目で見られる存在だ」

黙って唇を噛み締める洋平に、向井は煙草を消し、一拍置いて口を開く。

「他人には隠せるかもしれない。けどな…身内には無理だろ?お前の親だけじゃない。親戚にも、陰口を叩かれる。必ずいるんだよ、そういうこと言う人が。結果。お前の親は、息子がホモだと言われ、兄弟も同じ…恥ずかしい思いをする。ただ、男と暮らし続けるだけで」

向井は、辛辣な言葉をハッキリと告げる。

「酷いっすよ…そんな言い方」
「例えば。お前、兄貴いたろ?兄貴の結婚相手は?その相手の親、兄弟、そしてその親戚は?その中に、お前の親や兄貴を傷つける人が居ないと言い切れるか?」

向井の矢継ぎ早の言葉に、洋平が唖然とした。

「それが世間だ。明良は、それをわかってた」

その言葉で、洋平は最後に言った言葉の意味を知ったような気がした。

『俺、男で…ごめんな』

はっ…とする思いで、洋平は頭を抱えて蹲る。

「今なら、元の道に戻れる。女と普通に結婚して、可愛い子供をその腕に抱ける。親兄弟にも祝福されて。けど、明良といればその全てを諦める…ってことだ」

あ…。

『ちゃんと元に戻れ。頼むから…、お願いだから。…今ならまだ間に合う』
洋平は明良が言った言葉の意味を、今度こそちゃんと理解した。

俺のために…?

明良は最後に、長く付き合いすぎた…そう言ってた。
毎日別れることを考えてたとも。

そうか…そうか。

あの、時々不安気にしてた顔。
あれは、そういうことだった。

「シノ。あの鹿島は変わってたろ?」

向井に突然そう言われて、あの冷たい目を思い出し、洋平は黙ったまま頷く。
力の差を見せつけられ、ゾッとして体を引いた自分。

「鹿島のあだ名な…コンビニ御曹司だったんだよ」
実際に、そんなあだ名で呼んでたのは心ない極一部だ。

「え??」
「お前が、明良と仲良くしてる間。あの男は寝ずに働き、休みも取らなかった。本当に血を吐いて、体を壊しかけたことだってある。必死に働いて、血を流しながら戦ってたんだよ」

洋平が、目を瞬かせて喉がゴクリと動くのを見た。

「お前、数十人の人の前で這いつくばって、頭床に擦りつけて土下座とか…出来るか?」
「え…」
「今までの10分の1レベルの小さな仕事貰うため、だけに」

洋平は、土下座をする自分を想像して、正直に「出来ない」と首を小さく振った。

「鹿島はそれをしてきたんだよ。鹿島がしないと意味がないから、した。プライドなんか木端微塵にしてな」

洋平は、亨の目を思い出す。
あの凍ったような…感情の無い目は「自分」という人間を捨ててきたから…。

俺はあの目に、怖気づいた。正直に、勝てないと…そう思った。

「シノ…。自分のためだけになんか、そこまで出来ると思うか?」
「…思えない…。絶対に、無理だ…。明良さんのため?」
「確かに、それもあるかもしれない。けど、答えはNOだ」

向井の言葉に、洋平の目が瞬く。

「よく考えろっ。そのすぐ明良に何でも結びつけること事態、お前は甘いんだよ!!」

向井に怒られて、洋平は大きく息を吸った。

「今じゃ、御曹司とも言われなくなった。鹿島亨…その名前で、賞賛と恐れの両方を持つ男になって、明良を取り戻しに来た。まだ28の男がだぞ?」

洋平が、目を伏せて唇を噛み締める。

本当はそれだけじゃない。仕事だけが全てじゃない。ゲイってだけが問題なんじゃない。
明良はもっと根深い…。俺にだって、あいつの全てがわかる訳じゃない。
でも、向井はそれは言わなかった。そこで怖気づくなら、それまでのことだ。

「お前が戦おうとしてる相手は、相当な男だ。表と裏を巧妙に使い分けることが出来、プライドも自ら砕けさせた…恐ろしく頭のキレる男」

向井の言葉に、洋平が顔をゴシゴシと擦った。

「で。もう一回聞くぞ。さっきの3つの選択の中から、お前が一番しなけりゃなんないことは?」
「1番」

よし。まずは、生活態度を元に戻すこと…。

「後は、自分で考えろ。明良を好きなだけじゃダメだ。失恋くらい、誰だってしてる。よく考えて、答え出せ」
「はい」

「あの男は、ある意味狂ってる。狂気にも似たモノで、明良を愛してる」
「…それは、思い知りました」

怖いと思ったのだ。
とても適わないと…それが、一番大きな打撃だった。

「正直…取り戻せるとは思えない。けど、あいつの親友として一言だけ言わせてくれ。お前と居た時の明良は、俺には、本当に幸せそうに見えたんだよ」
「…はい」

「けど。明良のためじゃなく、お前は自分が幸せになることをまず考えろ。どっちを選択しようが、お前の人生だ」
「はい」

「…ってことで、シノ。何か作ってくれ。腹減った」

向井の言葉で、洋平の顔がポカン…として、その後で笑った。

「…わかりました。久し振りに、何か作ります。風呂入って、買い物行って…待てますか?」
「待つよ。俺は」

洋平はキリッとした顔に戻り、風呂場に向かった。

シノ…よく考えろ。
じっくりと、考えろ。

明良の人生じゃなく、お前自身の人生だ。

結婚して子供を授かり、親を喜ばせて、社会に溶け込んで生きる選択だって、今なら充分に出来る。
その方が、ずっと生き易い。
第一、明良は…お前がそうするのを、当然だと思ってる。

けど。
そこに明良が必要なら、死に物狂いで取り返しに行け。

死に物狂いで行ったところで、鹿島が相手だ…。
何年もかかるかもしれないし、全くの無駄かもしれない。

そして、最後には、明良の意思。

取り戻せる保証は、何処にも無い。



いっそ、転げまわるくらい…考えろ。

向井はそう心で呟き、ぬるくなったコーヒーに手を伸ばした。

【BL小説】参加中。↓最後に明良のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
BL小説ランキング携帯用
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ


洋平は、ココから色々考えます。
好きなだけで突っ走しれば、また同じことを繰り返すから。
今度現れる時があるとすれば、それは「答え」をしっかり出して、力をつけた時です。

今度は洋平が、しばらく潜ります…。洋平派の皆様「えーーー」ですか?(汗
あの亨と、再び対決するとなれば、すぐには無理ですので…。

洋平は亨との「力」の差に怖気づきました。

「力」なんかより「愛」よ…と言われる方もいるでしょう。
その通りです。ですが洋平は、目の前で明良をまんまと攫われた自分が情けなくて。
そこをクリアするには、やみくもに向かってはいけません。

洋平派の皆さま。
彼が戻って来るまで、しばらく待ってて下さい。
あ。でも明良の回想では出てきますし、明良も色んなことを感じ始めます。

次は、一番イラつかせる回かもしれない。
迷路に入り込み、彷徨い、そこに佇む明良です。
何やってんの!!情けない!!なんて言わないでくれたら嬉しいけど、無理かな(苦笑
長い人生。サクサク答えなんか出ない時期があってもいいんじゃないでしょうか…。
本人が、そんな自分に一番イラつくんです。
明良も答えを出して行く。それまで、イラつきながらでも見守って欲しいと願います。
関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ 3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ 3kaku_s_L.png 頂きモノ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【暗雲-28】へ
  • 【【予告】勇次&隼のSS「やみあがり」連載開始】へ

~ Comment ~

復活!

kiriさま!

おはようございますっ!

きゃーっ!向井さんっ!

励まし上手っ!

よーへーっ!

復活してぇ…(>_<)

陸朗 23

『で、そこからマイナーに落として 一拍 ダン、 タッタカ、ツーター、ン ッッ ダン! しょ?』
『いや、 あー タッタカ、ツータータッ ッ ダン! だな』
『ふんふん、 で、またココから入って… あー、OK、OK。で、最後、リフで ん。了解。』
『なんだが、ちょっとクドイか?』
『クドイ、どうかな?ん〜、健太郎が上手く唄ってくれりゃ、そうでもないかな。』
『くくく… 陸朗、何気にひでぇよな。』
『え、勇次は思わね?ココは健太郎次第っしょ。』
『まあな。じゃ、健太郎クンに腕の見せどころをプレゼントって事で。あ、どうする陸朗?後は俺一人でナントカなりそうだが。』
『あっ、そう⁈ じゃ、俺は秋也達の後を追うかな。』
『ああ、隼に飲み過ぎんな、て言っといてくれ。』
『ンなの、聞くわけないじゃん、あいつが。勇次が迎えに来るのが一番効果的だろ。じゃ、お先です〜。』

今日は隼が秋也と呑む約束してたらしい。
ちょうど上がる直樹も着いて行ったんで、俺も後追っかける形だ。
や〜、別に。他に呼ぶ女の子だって居るんだよ⁈
でも、なんての。ホラ、やっぱ気遣いが要らないって事で、仲間内のが楽しいってか、楽⁈
そう!楽なんだよな〜。
オマケに隼と呑むの久々だし。
ーーお前と約束した訳じゃない、とか云われそうだけど、平気〜。
口で云うほど邪魔とは思われてないのも知ってるし。
結構、気が合ってると思うよ。

いきつけの店のドアを開けて秋也達のボックスに近づく。
『隼!!久しぶり~~』
隼の隣に座って、さあ。今日は何から呑もうかな〜
ボトルも良いけど今日は絶対にリーダーの驕りになるだろうから、違うの呑も。ヒヒヒっ
なんてセコい事考えてたら、
『はやと…って言うんだ』
あれ⁈リュウジじゃん。げっっ
ナニしてんの、なんで隼と御対面〜なんてしてんの!
リュウジがなんか、含んだ言い方で隼を見てる。
『そうだよ?それが何?」 』
げげげっっ隼までリュウジに挑むように睨みつけてるし…ひぃ〜

『ふ~~~ん。あんたが、はやと…ね』
ヤバくね⁈と、直樹と秋也を見るが誰も打つ手ナシ。
『ちょーっと。ヤメヤメ。何も~~火花散ってんだけど??』
ヤバいヤバい、隼 学コの先生なのに飲み屋で喧嘩なんかしたら、大変でしょ。
それに隼に喧嘩なんかさせたら、俺らリーダーにどんだけ怒られんの⁈
ダメダメダメ〜
『リュウジ、こっち来い』
秋也がリュウジの腕引っ張って強制退去。
そう、それは秋也の仕事だわ。
俺らじゃ、梃子でも動かねぇよ、リュウジは。

『あれ、何?』
隼が聞いてくる。そりゃそうだ。
イキナリ、知らねぇ奴にあんな挑発的な目で見られて、この隼が黙って睨み返すだけなんてっっ、ちょっとオトナになったんだね。
けど、なんかリュウジは隼を知ってる風だったような…

『秋也のモデル仲間』
『事務所一緒だったっけ?』
『違う』
『ふ~~ん』
ぜってぇヤベぇよ〜〜〜っ
思わず直樹と見つめ合っちゃった。

『七原。あいつ、勇次と関係でもあんの?』
『え…知らない』
戻ってきた秋也にストレートに聞くもんだから秋也の目が泳いだ。
ちっ、こーゆーとこ隼ってアタマ良いよな。
ま〜た、秋也がカマかけに弱いんだから… はぁ。
『隼。俺ら、ほんと知らねぇの。確かにあいつ、リーダー追いかけてたけど。そんくらいしか知らない』

『…ま、いっけど』
3人の顔を順番に流したあと、隼が肩をすくめて、目の前の酒をグィっと飲み干した。
『勇次は?』
『スタジオ』
しまった、声揃っちまった。
必死になってんのバレバレじゃんか。
あゝ、何だってこんなコトになってんだか…。
『こっち来る?』
『え…さぁ…』
まあ、ある程度カタチにはなってたが、 来ないで て、気分⁈
『勇次に電話とかすんなよ?』
指差し確認すんなよなぁ〜
ほんと、こいつは頭の回転早いな。ま、あの音楽以外はおバカな勇次の嫁やるには、これぐらい賢しくないと務まらないってか。

『秋也、難しいのはわかる。けど、もうちょっと巧くしらばっくれることは出来ない?』
『うん。頑張ってみる』
隼がいない間に兎に角、秋也にお願いしてみる。
真っ直ぐ秋也には難しいの解ってても、お願いせずにはいられない。
リュウジが勇次を追い掛けてた時期があるのは周知の事実だ。
別にリュウジとナニかが有ったとは思わないが、…ちょっと引っかかる気もするしなぁ
笑い飛ばせないっての?


『何だよ?』
電話から戻ってきたのをついつい見つめてしまう。
『リーダー来る?』
直樹が隼に聞いてみる。
『どーだか。忙しそうだけど』
『いいじゃん。リーダーすぐ時間忘れるし。飲もうぜっ』
もう、とりあえず酔わせて早いとこ、こいつ帰らせよ!

本編が!

哀しくて、切なくて、愛しくて…
向井さんが余りにもみんなの票を集めるもんだからっっ
陸朗 書いてみました。
本編の切な哀しい空気をブった切ってすみません(汗)
浸りたい方は読まないで〜〜〜っ!

kiriさん、こんなんで、私、良いんだろうか…。

幸せの形

Kiri様
皆様 こんにちは レオです

最初に私信ですみません~!

優様
私のコメントにいたく反応していただきありがとうございます。いやあ、凄く嬉しいものですねぇ。応えてもらえるというのは…共感であれ意見であれ、ちゃんと受けとめてもらってるというこの安心感♪ホントにありがとうございました。なぜ私が亨にひかれるのか…。これから彼が明良との関わりの中でどう変わっていくのかが凄く興味があるんですよね。亨を変えられるのは成長し自立した明良だけだと思うし。いやいや単にタイプなのかもしれない♪なんてええかげんなっ。o(`▽´)oでもこの二人の丁々はっし?が見物だわ。

向井くん、ほんとにうまいなあ。あれしろ、これしろと指示するのではなく、大切なことに気づかせて、考えるポイントを押さえたら後は自分で決めさせる。この自分で決めるってのが大事♪洋平ワンコは自分のしっぽをおっかけ、グルグルやって疲れきってハアハアやってる自分にやっと気づきましたね。自分の幸せを考えることから始める…明良にも洋平にも、まずここから始めて欲しい。自分の人生の中で譲れないものは何か…。案外シンプルなものだと思います。レオも今考え時。三人と一緒に足掻いて考えたいです。幸せの形はひとつじゃないから。

しかし、亨は…この若さで会社を守り、従業員やその家族の人生まで支えてきたとは…向井くんの話であらためて彼の心と身体に叩きこまれてきたものの大きさ、強さを感じてしまいました。男として見事です。洋平は潜伏期間に何を考える?彼の成長も気になります。
明良、何してる?何考えてる?お互いあがきまくって自分の幸せ作ろうね。

ありがとうございました。明日も更新楽しみにしてますっ!優様~私、りっくんに会いたい~ほんわかしたい~。オネダリばかりですみません。

やっと明良くんを理解出来たね

格好良い!
向井くん、 明良くんは勿論だけど洋平くんの事もとても大切に思ってくれていますね。
愛があるからこそ辛辣な事を言ってくれる。
亨くんの事も そんな甘い考えじゃ対等に闘えない位 前を走ってるって気付かせてくれた。
とても器用で順調に生きて来た洋平くんが 世の中の裏とか考える必要も無かったものね。
そうですね、時間をかけて悩んで力を付けてリングに上がれるように頑張ってね。
今度は明良くんですね?最初は可哀想で見てられない位ですか?でも過程ですよね、明良くんも強くなって 最終的に幸せになって欲しいです。

きゃあっ♪テレパシー?

すっすみません!興奮してっ♪今自分のコメント見てみようと開けたらりっくん通信がぁぁ(≧∇≦)
もうもう嬉しすぎっ!最後の3行で大笑いです!優様、ほんとにありがとうございました~♪何度も楽しませていただきます!

特製パスタを作ってね♪

覇気が戻ったぁ/( =^ェ^=)ヽ♪
約2カ月のグダグダが、短時間で目からウロコ!になって!!

確かにあの激落ち状態では思考回路を上昇させるのは
難しかったと思うから。。
このタイミングで上昇出来て来たのは早い方だったのかもしれないですね~~~~( v= ̄▽ ̄=)~~~~~ ♪

本来のポジ男洋平に変わってくれば、あとは未来へ向かって行動あるのみ
どんな決断を下して行くのか!?
亨君と同等以上の男になって明良君を取り戻す←こーなって欲しい
/(=*・人・*=) \願


先日のコメで今日で『暗雲』は終了と読みました。
kiri様も辛いと書かれていた時もあったので、
精神的にキツイ状態もあったのかとお察しします。
本当にありがとうございます。

これから明良君の回になってもkiri様大変そうですが、
「情けない」とは言わないように極力抑えます。ハイ。(笑)

追伸 気になりますが、
明日からも楽しみでーす♪。o☆ありがとうございました☆o。

優様
陸通23 ありがとうございます♥⌒/(*^-°)v\
絶対驕りなんですね(笑)
ちょっとSSの画面並べて、陸朗君の心情とともに読みまーす♪

洋平 復活の兆し!○・ω・pガンバq

向井が 男として 人として 素晴らしく素敵です!(=⌒ー⌒)//"パチパチ♪
どんな相手であろうと 賞賛すべき所は褒め 改めなければならない所は 正す
彼の生き方を 垣間見せる場面ですね!
明良は 良い友達が居て 本当に幸せ者だよ~(←今は ちょっと アレだけど(苦笑))

洋平、明良を諦めないと 決めたなら 正々堂々と 魔王に亘り合える様になって 帰って来てよ♪
『悪推会❤』会員の私ですが、魔王の唯一のライバルには このまま倒れて貰っては 非情&非業な魔王を見られなくなったら ツマラナイ!
あぁ~ その時が 今から 楽しみだわぁ~ワクワク♪p(*▼▼*)q 。o 0 0

私事ですが、
ダンナが風邪を引き 熱も高くないし 食欲もあるのに 大袈裟なほど ウンウン呻いて ダウンしております。
いつも以上の我が儘を言いたい放題の し放題の状況!!(ーωー♯)オイッ!
それに 私も 移ったみたいで 少し体が怠くて…

なので 「洋平編」になったから コメを書かなかったって言うんじゃないからね!
『敵前逃亡』じゃないからね~~~!
でも ほんと 疲れる。疲れております。(。´_`。)=3ハァ...byebye☆

私信 うさメリ様

絶対に驕りです
同じメンバーといえど、ソコは 勇次は上 なんで(笑)

外に出すって大事。

亨も陸橋の下で叫んでいた事あったものねえ。

自分の為だけ、ならそこまでしなくてもいい。後は野となれ山となれ!って放り出す事が出来る。
でも亨には生まれた時からそれは出来なかった。する気も無い・・よね。

私たちにしたって、「これだけは」があるし。


洋平は?
・・・例えば、明良との約束を反故にするほどの選択は、ゼロだったんじゃない?
だったらこれは必然の展開。悩んでもがいて、しばらく心を揉んできなさい。
只の土くれでは器は出来ない。
雑物を出して、捏ねて、亨に負けない容れ物になってきなさい。

でないと亨がかわいそうだから。


向井さんから語られた亨はやっぱり・・、すごかった。
傍にいたら絶対引き摺られ、横でも後ろからでも追いかけて走り続けるだろうカリスマ。
当然とたくさんの物を背負って行く後ろ姿。


明良が気付いてくれるといいな・・・。
そして少しでも二人とも光のある方を見てくれるといいなあ。。


向井さん、お疲れさま。
白濁、箱で届けたいです(うふ)。
「三人とも、どーしよーもないぜ・・・ぶつぶつ」
とか言いながら飲んで。

向井ぃ~~~

kiri様

向井の出番になると、全部向井に持ってかれそうな勢いですね。
ホント、ピンチの時の向井です!
この人って俯瞰で物事を見られる人なのかな。
それって、誰にでもできることじゃなくて、才能によるところが大きいような気がするんですが。
どんなにポジティブシンキングな人でも、立ち直れない時ってあると思うんですよね。
そういう時に向井みたいな友達がいると心強い。
でもね、これは洋平がラッキーな人間だったってことじゃないと思うんですよ。
洋平だって明良だって向井にとっては十分魅力的な人間だったと思います。
決して向井が支えるだけの一方的な関係ではなかったと思うんです。
そして向井だっていつか一人ではどうしようもないピンチに陥るかもしれない。
その時は、明良、あんたが助けてやるんだよ!
だから、強くなれ、明良。

わ、陸通信が!?

優さま。
いきなり黒雲が切れて五月晴れ? やっぱ陸朗もお陽さま体質かあ(納得)。

そして、あのシーンの陸朗サイド(きゃあ)。
そーだよそーだよ、隼はあったまいいんだよ。 とか、
あー、リュウジ、この後隼にポワンとなったんだっけ、とかまで思い出しちゃいました。
ああ、楽しい。

また、読みたくなってしまいました。


清涼剤のような通信・23、ありがとうございましたー。


・・・この頃には3人とも笑っているのかしら・・・(遠い目)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

kiri様こんにちは。勇気を出して公開コメ(笑)

ここからですね~
洋平くん、しっかりと答えを出して
大きくなって帰って来てください。
大丈夫!待ちますよ~♪(笑)

しかし向井くん、大人だな~!
洋平くん、こんな友達が傍にいてくれて救われましたね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 復活!

潤様

洋平に「喝」入れて「活」に甦れたかな?

それは、また洋平が自分で考えて考えて、答え出すと思います。

向井はただ「ヒント」を与えてやっただけ…。
自分で分かる範疇内でね。
俺だって全部分かるわけない…って言ってた。

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: 本編が!

優様

おほほ。陸通!!
久々ですね~。

まとめてのUPもせなアカン。
近い内に…。
でもこの続きまだあるよね?

隼、もう悶々…。勇次、まだ何も知らない。
陸朗…、何か静かに必死。爆

続き…待ってるよ~

>こんなんで、私、良いんだろうか
あ。いいの、いいの♪

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: 幸せの形

レオ様

向井って、ホント辛辣なことをズバリとストレートに言いますからね。
明良にも結構言ってたし。
でも、愛情があっての言葉だから…。相手の心にも届くのかしら。

そうですよね。相手の幸せより、まず一番に「自分の幸せ」を考える。
自分が幸せじゃないのに、相手を幸せになんか出来る訳ないんです。
親子愛とかなら別ですが、これは「恋愛」なんだもの。

男女の恋愛も、男同士も同じ…。
でも私は「違う」と思って書いてるので、酷い…とかよく言われるのかしら?苦笑
好きになる気持ちの部分は男女変わりないでしょうけど。

亨の凄さは、全てのことを「当然」だと本気で思ってるとこです。
教育をされてきた…ってことはソコですよね。他の人には出来ません。
いざとなれば「盾」になるために。ふんぞり返って良い生活をしてるだけがトップでは無い。

明良はね、多分。漂ってますよ?それがこの子の強さ。今は、無駄な「足掻き」をせず…。
亨をまだ「好き」でもあるし、洋平は頑張って「切った」(明良の中で)
でも、心は壊れてません。だから、女王復活までお待ちを…。

では、明日。
有難う御座いました☆

又々失礼します~♪

コメ済みなのに 二度目失礼します。
優さま 陸くん ありがとうございました。
このシーンはハラハラドキドキしたあの時ですね?
隼くんの行動がめちゃ気になりました。メンバーも胆冷したんでしたよね。
あ~ 頭の回転も良くて格好良いなぁ隼くん❤
なんて言ってられない!?
続きを早くお願いします~♪
Kiriさま ありがとうございました。

Re: やっと明良くんを理解出来たね

ぷりん様

向井って、博愛主義では無いよね、きっと。笑
仕事でも多分、普段は優しくないけど、とりあえず放置しておいて動きを見るタイプ?

洋平の甘い部分。でもこれって普通ですよね。
たまたま明良が相手だったから、考えなきゃいけないことが増えた。
それでもイイなら、追いかけるでしょう、洋平ならね。面倒臭いのに…(苦笑

あ。明良は結構図太いですから。もちろん、心はボロボロだけど。
現状を受け入れて、流して行くことの出来る子!それも大事です。その内目覚めますので。

では、明日、
有難う御座いました☆

Re: 特製パスタを作ってね♪

うさメリ様

ポジ男、大失恋。
一緒に暮らしてて、いきなり相手が居なくなればさすがに洋平でもズタボロになるよ。

もうね、同じとこグルグルして(洋平なのに)
一歩も前に進めない。言葉の「裏」を読むのって、洋平苦手だし。
明良、一緒にいる時もなーんにも言わないんだもん。

それも…、明良なりの「愛」だったんだけど。勝手な愛ですけど、愛です。
どんな決断するんだろうね。それは…また、洋平が登場した時に!

えぇ、暗雲はしんどかったわー。
でも、次もしんどい。笑
読み手も、書き手もしんどいBLって何~~~?スミマセン…。
こんなはずでは無かったのに。

明良は「情けない」です。当分は。充分に、わかってて書いてます。笑
だから皆さんに「何やってんの!!」って言われても、書き直しません…(ぇーー
人間、いつも格好良くは生きていけないさーーって思って。

では、明日。
有難う御座いました☆

(*^^*)

マジええーえぇ!!(泣)

でもこれは洋平の為ですもんね!

待ってます(*^^*)

Re: 洋平 復活の兆し!○・ω・pガンバq

けいったん様

向井は「公平」に見ましたね。
明良を泣かせ続ける亨に、多分憎々しい思いはあるでしょう。
でも、社会人になって、厳しさを知ってるからこそ、同じ男として賞賛すべきとこも認めてる。

発破をかけるでもなく、事実をそのままに伝え「自分で考えろ」と突き放した。
でも、愛がある…それを読者様も感じてくれてると、コメント読んで嬉しかったです!

亨派の方々も、洋平が立ち上がってくるのを待ってくれてる。
洋平…頑張るんだ~~~!!

で。旦那様…爆
典型的な「男」の部分を出しておられて、もう…ゴメン。笑えて…。
こんな時は「母」にならねばいけない「妻」…お察しします!
けいったんさんも、しんどかったら寝て体休めましょうね!
でも、女はこれが中々出来ないんですよね…。

また戻って来られるの待ってます!
有難う御座いました☆

Re: 外に出すって大事。

ますみ様

亨もまだ社会に出て間もない頃は、そうやって陸橋の下で叫んでたね。

明良の顔だけ見に行って、抱きしめて玄関でバイバイした日だってあった。
別れてからでしょう。根性決めて、戦いに挑んだのは。
後ろ髪引かれるモノを振り切らなきゃ、亨は戦えなかったと思います。

私は、亨のような年齢でトップで戦ってる人を見たことあります。
まるで拷問でしたね。たまたまそこに居合わせた自分を呪いたかったです(爆
たまたまでも、女である自分がそこに居ることが、何だか心から申し訳なかった。
彼がグッ…と我慢して微笑んでる姿に「男」を感じました。何を言われても、耐えてた。
私には到底出来ないと、ひれ伏したかったですよホント。他の男性も皆言ってた。
守るモノ(社員)がたくさんあるから、出来たんだと思います。今は東京で頑張ってられるようです。

亨を書いてて、急に思い出したことで、すっかり忘れておりましたが(苦笑
それが頭のどっかに残ってたんでしょうね。

洋平も今から!明良を好きになっちゃったんだから、頑張るしか無い。

>「三人とも、どーしよーもないぜ・・・ぶつぶつ」←笑

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: 向井ぃ~~~

志緒様

向井、好印象ですね…。
あまり優しい言葉を言った訳では無いんですけど(笑
「取り戻せ!」とも言ってない。ただ「考えろ」と、突き放した。
でも、ヒントを一杯あげましたね…。自分のわかる範囲で。
うん。多分、高いところから全体を見ることが出来るのかもね~。

>どんなにポジティブシンキングな人でも、立ち直れない時ってあると思うんですよね
あると思います!なけりゃ、ただのアホですよ…(え、酷い?

荒波を超えてこそ、男だ!!逆境を超えて、本当に強くなれる。
と思いながら、書きます…ハァハァ

明良を一番頑張らせんとね~。クラゲで当分…過ごしますけど。それも処世術!
弱ってる時に強がると、立ち直る時間が悪戯に長くなりますので。
向井の頼もしい親友に…なれるかなぁ~。明良くん!

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: (;ω;)

鍵コメy様

洋平派ですね?
今からですよ!当分は潜りますが…。

きっとイイ男になります!
泣かないで~~~。

待っててね!
有難う御座いました☆

Re: NoTitle

ままりん♪様

お顔出し、有難う御座います♪
自然に馴染んで行きます…うふふ

はい。ここからです。
洋平が戻って来る時に、本当に綺麗なトライアングルになれれば。
今は歪な三角形だけど…。

向井は、飄々としてるんだろうな~。
洋平も、今回は向井節に助けられた!

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

亨がプライドを木っ端微塵に出来たのは、そうやった教育を受けてきたからでしょう。
いざとなれば、自分の後ろのいる者達の「盾」になる。
でなきゃ、出来ませんよ…、こんなの。
でも、明良の父が「プライドを誇りは、少し別のとこにある」というのを見せてくれた。
そういうことも、ちゃんと踏まえてるから大丈夫だったんでしょうね。

でも、亨はそれと明良は別にしてます。そこはちゃんと境界線引いてる。
俺、これだけ頑張ったんだから、イイだろ?…なんて、思ってません。
明良をただ「欲しい」だけで、傲慢さの骨頂であるのは否めません。

それと恋愛は全く別です。でも、洋平はその「力」に負けた(気持ち的に
本当に明良を探すなら、亨の会社にでも行けばいいのにしなかった。出来なかった。

男同士を描けば、必ずこういう部分は出てきます…。避けられない部分。

器用な洋平が、ココから自分なりに「男」として、亨に向かって行くのは洋平自身の問題。
それが出来て初めて、明良とも向き合える。
明良も男です。ヒロインのように、ただジッとしててはダメですよね。
当分はダメダメですが…苦笑。頑張りますよ、明良も。

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: (*^^*)

あさみ様

>マジええーえぇ!!(泣)
洋平がしばらく潜るから?

ゴメンネ~。
亨も潜ってる間に、力つけた。

今度は亨と明良…の、恋愛(?)です。
2人でそこから何か気づいてってくれるかな~

では、明日。
有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

U・ェ・U


kiriさま


ちょっとおひさしぶりですー。

新学期が始まって、家に帰ったらすぐに昼寝?夕寝?する生活です。
別に授業が大変になったとかじゃないのに、むしろ講義数少ないのに眠いんですよね。


わたしがそんな生活をしている間に、明良さんと洋平くんに別れが!!!
そして亨さんの暗躍……。

明良さんと洋平くんが別れてしまったのはとっても悲しいですが、
亨さんが明良さんを取り戻そうといろんなことをして、
でも計画とちがうことをしちゃうのも人間らしくて。

洋平くんも明良さんも、もちろん亨さんも大好きです。
そして向井さん、すてきです。


明日も楽しみにしています。

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今日は久々の。

連投デス。笑。

ブログって、作ろうと思ったら意外に面倒くさい事が多くて、くたびれていました。。
URL とか、RSS とかってナニ~~!?  文系脳がパニック。
で、ついその英単語ポチして・・、見つけちゃってっ!

は・は・隼の・・SS!  嬉し~~!!
アホな話、全然オッケー。 待ってますからッ。 今日は十三夜の芋名月。
里芋の煮っ転がし食べるの忘れたけど、kiri様の予告で飛びはねてます。
待ち遠しいなあ。


あ、本編でもそろそろ出るんでしょうか?あの、スーパーの場面・・・。

Re: はじめまして!

鍵コメG様

はじめまして!ようこそです♪

毎日覗きに来て下さって、有難う御座います☆

そうですね、私のとこは(よそ様あまり知らないので 汗)荒波系多いですね(笑)
でも、それでも好きと言って下さって嬉しいです。
葛藤があって、愛もあって。これからも、頑張りマスね!

さっき、直メしましたが届いたかな?PCメールからだから、届いてなかったら言って下さいね。

では、またお顔出して下さい!
有難う御座いました☆

Re: 負けるな!洋平!

鍵コメo様

そうそう。
今、洋平がやるべきことは1番。浮浪者からの脱出(笑
いや、元に戻りましょう…。まずは。
無駄に体力使い果たしたって、またズタボロになっちゃうからね。

いっぱい考えて、悩んで…答えが出たら、動く。
今すぐじゃなくてイイ。
向井の言ったように、転げまわって考える時期かな?

明るい光を、今度は真上から照らすだけじゃなく、色んな方向から照らすことが出来るよう。
良い男になるのだーー。

あ、膝酷い?ちょっと、ホント気をつけてぇぇ。
って言っても、仕事だもんね。泣 頑張って下さい…

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: U・ェ・U

美織様

お久ぶりです。
眠り病…ですか?笑
ありますね、何でしょう?どうしようも無く、眠い時期。

3人が色々ありました。
傷つけて、傷つけられて。ボロボロになって。

でも、ずっとこんなん続かないので!

3人が好きと言ってもらえて、嬉しいです。
あ、向井も?笑

では、明日からは勇次と隼のSSをUPします。
また本編はその後で…。

有難う御座いました☆

Re: 半分だけ両手でうちました(やっぱり30分)

鍵コメno様

今日は両手打ち?そうそう、最初に癖をつけておけば、後で楽になる♪

あ、URLとかメールって、このコメ欄のことだったのね!!
URLってのは、自分でサイトとか持ってる方(ブログやホームページ)が、そのネットの住所を入れるとこ。持ってなかったり、持ってても入れなくてもいいんです。
メールは、携帯と同じで、自分のパソコンのメール入れるとこ。
でも、入れなくてもいいよ!
名前だけ入れてくれたら全然OKです♪

はい、明良も幸せな恋愛をするために頑張りますよ。
初恋同士の2人(亨と明良)が結ばれるのを願ってますか?
結末は、もうちょっと先になります…

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: 歌詞の件で

直メしました~。
届いたかな?心配…

Re: 今日は久々の。

ますみ様

あ、ブログ健闘してるんですね!

色々ややこしかったかな…。
もう忘れてしまった、私(笑
もしFCなら…ココのサイトさん、何かでみつけたけど、結局活用はしてない。
でも、一応…参考になれば。
ttp://asset-holder.xsrv.jp/fc2_blog.html (頭にhつけて飛んで下さい)

慣れてしまえば、同じことの繰り返しなので大丈夫ですよ~。
私みたいな音痴でも出来る!

はい、明日から1週間前後だけ隼と勇次のSSです。
ちょっとね、急いで書き上げたから大した内容じゃないけど…汗
息抜き程度に読んで貰えたら嬉しいです♪

スーパーの場面は、しばらくしてからかな~
でも、次のタイトル中に出ます☆ふふ

洋平がんばれ!!

向井くん、全部教えてくれなかったんですね。
男同士ってこういうところありますよね。
自分で考え答え出して乗り越えないといけないんですよね。

亨、怖い男です。
そんな人相手にできるの洋平~?
どういう風に力つけて成長して行ってくれるか楽しみです。

そっか、洋平が暫く出て来ないんですね(T-T)
悲しいけど、kiri様が他の事で癒して下さることを信じて待ってます。
明良のグルグルも、頑張って付き合ぅ~~~

と思っていたら・・・
すぐる様~ありがと~
りっくん通信更新してくださって~!!
癒される~
20日ぶりです~
りっくん忙しかった?

Re: 洋平がんばれ!!

蝶丸様

そう、全部は言ってくれなかった(苦笑
まぁ、向井も明良のこと全部理解してるか…って訳じゃないしね。
自分でよーーく考えて、答え出すの待っててください!

そうなの。亨って…怖い。
ポジ洋平も、恐れを成しビビってしまった…。
そんな自分にも凹んだんだろうな…。男って(ため息
でも、女同士でもこういう時、どっかで比べちゃうんだろうね。
どこみるんだろ?笑 容姿とかスタイルかな。男とは全然違うだろうね。

黒魔王と同じステージに立つためには、数ヶ月程度じゃ無理だろうね。
まず、敵を見定めるとこから。洋平は洋平なりでイイんだよね。
応援してやっててください!明良のグルグルも、よろしく…です♪

陸通に続き、明日から勇次と隼のSSです!
蝶丸さん、隼スキーさんだもの…読んでくださいませ~

では、明日。
有難う御座いました☆

あまりに深くて、コメもできずただ呆然と見守っていました(^^;;洋平くん、このままで終わるはずがないと信じて…。でも、明良くんの不安も揺れる気持ちも闇も、わかる気がするから…いっぱい迷って悩んで答えを出すのを一緒に待ちます(笑)亨くんも酷いところあるけど、努力も我慢もちゃんとしてきた人だから、不幸にはなってほしくないけれど…。
展開、楽しみですo(^_^)o

で、息抜き(?)のSS?!!
アホでもなんでも良いです(≧∇≦)
隼ちゃんに会えるなら、なにを置いても飛んできます(笑)
kiriさま、週明けからテンション上がります(#^.^#)ありがとう〜!!

あっ!陸朗くん通信っ!!

今、気がつきました〜(≧∇≦)
あのSS大好きで何度も読み返しているので、すごーく状況が浮かんじゃう(笑)
陸朗くんサイドからの視点、おもしろい!
陰でこんな努力を…(笑)
それにしても、いつもはやちゃんとゆーじくんに巻き込まれて振り回されてる陸朗くん…可愛い(#^.^#)

御礼

まとめてで申し訳ありませんが

陸朗23 読んだ上に一言くださった皆様、
ありがとうございました。
なんか、向井クンのイイところで終わったのに、
こんなん書いて良いのか?
でも、まあ。隼の嫉妬からズレてないので(誰ですか⁈横
に並べたらセリフまんまなんがバレるでしょうが 苦笑 )
ええっか、みんな隼好きやし♡
とか、思ってたら今日からSS!
ひゃっほ〜い

あれ、御礼どっか、行っちゃった 汗

と、とにかく、ホンマにありがとうございました。
蝶丸さま 20日て… そんなん数えんといて(泣)

kiriさま〜 ありがとうです、色々と。
まだイッパイ頑張って貰わなアカンけど(笑)
よろしくね。 ンチュ〜〜〜っ♡

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

恋愛

「暗雲」お疲れさまでした。

明良は洋平と「初めての恋愛」をして
もちろん自分の中にいる亨や幸せすぎる事への不安とかあったけど、
それも含めて相手を大切に思う気持ちや
愛されてる喜びを随分経験しましたよね。

それは口に出して数えられるような大きな出来事じゃなく
少しつづ積み上げてきた毎日の生活の中に
小さくても確実に散りばめられてた。

これから、明良が亨との生活で
それを思い出さない訳がないですよね。

亨は明良とそれができるんでしょうか。
明良の望むことが分かってあげられるのでしょうか。
明良の幸せとか望みとかそういうこと無視して
ただそばにおきたいって、連れて行かれたけれど、
ただの愛玩道具として、玩具を取られた子供みたいな我儘に
明良は付き合わされているだけなんでしょうか。

私は、亨にも
明良がどうしたら幸せになれるのか、
考えてもがいて欲しいと思います。
根っこがよく似た二人がお互い幸せでいられる為に。
ただ、モノを与えるだけではもう明良は満足しないと思いますが、
洋平と感じた幸せとはまた違った幸せを明良が見つけられたら
それはそれでいいと思います。

亨と明良の恋愛。
SSのあと、楽しみにしてます。

SS、1の最後のシーン・・目に浮かびました(笑)
おバカでゆーじ大好きな隼、大好き。
この二人もいろいろあって、グルグルして
それで今幸せなんですよね。
明良にも幸せになって欲しいです。
(あ、もちろん亨も洋平もですけどね^^)

ヘタクソで訳の分からないコメントでいつもすみません、、、
言いたいことが上手く文章にできないもどかしさ・・
本当に、kiriさんの文章力が欲しいーーーぃ。
読んでいただいてありがとうございました・・ペコリ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

マカロン様

え、そない深いですか…汗

そう言われたら、そうかなー。
色んな考えが出来るかもしれないですね。
それぞれの視点で見れば。

洋平がココでリタイヤすれば、三角関係じゃなくなるし(苦笑
ココはちょっと踏ん張ってもらわないとね。

はい、息抜きのSSをば…。
少しでも楽しんでもらえればうれしいです!

有難う御座いました☆

Re: 恋愛

隼スキー様

亨と明良の過去って、一応「恋愛」のカテには入るんだろうけど…
ちょっと違うもんね。

2人とも、お互いとしかまともに付き合ったことが無くて。
明良は洋平によって、お互いの気持ちとか、思い遣る心とか。
体だけの繋がり以外の部分を、色々感じることが出来るように。

けど、亨は結婚はしたけど、恋愛じゃないし…明良と別れた日のままなんですよね。

仕事では、凄く力つけたけど。
恋愛面は中学生のような亨です(苦笑

亨はきっと、明良とちゃんと「恋愛」したいのかもしれないですね。
なんて我儘勝手なんでしょう…。
でも、まだ若い彼らにとっては、これも道の途中。

亨も学びますよ?そうしないと、このお話書いた意味が無くなる。
彼に好き勝手させたままじゃ、ハピエンでも私が嫌です(苦笑
明良も、洋平も、亨も、みんな色々と気付いて行く。
3人がちゃんと「愛」について、色々考えて欲しいんです。
皆に本当に心残りの無いように幸せに向かって欲しいので!

そうです~。隼と勇次だって、色々あった。
遠回りしたけど、今は安定してる。後はそれを「守ろう」としてる。

3人も、きっとそうなります!

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 嵐の雲の上にだって太陽はあるんですよね^^

鍵コメL様

色々とお言葉、有難う御座います。
しかし、的確ですね~。いつも…。

洋平は去って行った明良に対して、何一つ恨みごとを言ってない。
そこまでも気持ちが行かないのか、何なのか。
こんな風に切り捨てられたのに。

切り捨てる側の方が、きっとキツいんだと思います。
気持ちが残ってれば、当然ですが。

亨もそうだったからこそ、余計に忘れることが出来なかった…。
明良もきっと、それを実感するでしょう。

色んな想いが交差して、誰一人今は幸せじゃない。
奪回した亨本人だって、きっと、幸せじゃないはず。

洋平が戻って来るまで、ま~たウダウダしますけど。
長い人生の内、数年くらいそんな時があっても…と思って書いてます。
現実には数年で済まないですよね。

最後に明良がどちらかの手を取る=一人は失恋
なんですが、そこはもう…ベタに。(笑
ミステリー書いてる訳でもないので、案外ベタに話は進みますが、やっぱり彼らの胸の内が巧く書けなくて…。これは、私の問題なんですけどね。
難しいです。文章って。
でも精一杯、書いて…ちゃんと終わらせようと思います。
3人が、心から微笑んでくれるように!

夢のお話、嬉しかったです~♪創作とはいえ、ちょっと現実味あって(嬉

ほんと、有難う御座いました!!
本編まで、しばしの息抜きを…笑

私も頑張ろう…(恋愛とは違いますが><))
私も二番はない。。。

洋平くんに対して初めて…かわいい頑張れ!!と思いました^w^)

Re: タイトルなし

momo様

そうですね。
しんどい時は、時々休憩…。
でも、頑張れる時は、頑張る!!
誰でも、無理してでも、何かに向かう時が有りますよね。

有難う御座いました☆

なんでかなあ

なんででしょうね
好きだけじゃ一緒にいられないなんて
なんでそんな悲しい事が起こるんでしょう

昔、まだここに辿り着いてばっかりだった頃は私も愛しいという気持ちだけが全てだと
どんな事でも越えていけると思っていました。
洋平も明良ももどかしくて仕方なくて。
けれど私も社会に揉まれ
それなりに恋をして結婚を約束した人もいて。
そんな人が急にいなくなる辛さも経験しました。
現実ってそうそううまくいかない(笑)
私の事、好き?と聞けば
愛してるよ。と答えてくれる大切な人を
私から手放しました。
離れたくなんてなかったのに
離れなくちゃいけないと思った。
仕事、国、周りの反応、環境。
好きなだけじゃ越えられませんでした。
それから誰とも付き合えていません(苦笑

幼すぎて、分からなかった事が
今は痛いほどわかります。
周りが結婚して、子供を授かっていく中で
何故そんな当たり前の幸せが
私は掴めなかったのだろうと
今でも思います。
もう恋なんてしたくないなんて
卑屈な事は考えてないけれど
やっぱり過去を引きずってはいますね…
あの時もっと自分が大人でいられたならば…
ああしていたら、こうしていれば…
未練がましく、たらればと悔やむ事もあります。

kiri先生のお話は
時が経つと読んでいて感じる事が変わってきていつも新鮮な気持ちで読み耽ってしまいます(笑)
封をしていた思い出も気持ちも
引きづり出されていくようで
思わずセンチメンタルになって
コメントしてしまいます(笑)
この後の展開に、今の自分がどう思うのか少し楽しみです。
1日に何度もコメントしてすみません
でもまたkiri先生からのお返事が帰ってくるのを楽しみにしています。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【暗雲-28】へ
  • 【【予告】勇次&隼のSS「やみあがり」連載開始】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ