FC2ブログ
女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

「愛なんぞ、くそ喰らえ」
暗雲

暗雲-27

 ←暗雲-26 →暗雲-28
『シノか?』
「あー…はい」
『明良どうした?あいつ携帯変えたみたいで、連絡取れねんだよ。いるか?』

電話から聞こえてくる声が、呑気に聞こえる。
何も知らないんだ…と、人事のようにさえ思える。
そういえば、向井さんに電話することさえ頭から抜け落ちてた。
同じことばかり考えて、結局あの日のままで止まってるからか…。

「…いません」
『え?あー…店か?』
「店もいませんよ」

何度も店にも電話したし、行ってもみたよ。
けど、休みを取ってると言われるだけだ。
連絡くれって言ってるのに、伝わってるのかいないのか…。

『何で?』
「店にもいないし、何処にもいませんっ…向井さん…探してくれませんか?お願いしますよ…俺、もう一回、明良さんに会いたい…」

洋平の抑揚のない話し方と、その内容に、向井が電話の向こうで息を呑み込む音がした。

『シノ、マンションだな?』
返事をしない洋平に、向井が勝手にマンションにいると判断をする。

『行くから。待ってろ』

そう言って、電話を切った。

どーでもいいし…
明良さんじゃないなら、誰でもいっしょだ。

洋平は、そのままベットにごろりと寝そべったまま、天井をジッと眺める。

隣にはもう誰もいない。
そのベットの広さに、ジクジクと胸が痛みだす。

また1日が始まる。
明良のいない、長い一日が…始まる。

洋平は心底ゾッとして、大きく息を吐き出す。

いなくなって、余計に明良の存在の大きさを思い知る毎日に、もういい加減うんざりだ。

*

玄関のチャイムの音で、洋平は目をギュっと閉じる。

面倒臭い…。
もう、人と会うのも面倒だ。

チャイムの間隔がどんどん縮まってくる。
連打で鳴らされれば、さすがに放置しておけない。
諦める気配のない鳴らし方に、洋平はのろりと起き上った。

玄関を開けると、怖い顔をした向井が遠慮無しに入ってくる。

洋平を見て。それから部屋を見渡して、顔をしかめる。

「なんだ…お前…そのツラ。それに、この部屋…お前、ゴミ捨ててんのか?匂うぞ?」
そう言って、ズカズカと入り込んできてキッチンの引き出しをあちこち開け、ゴミ袋を手に取ってゴミをそこに捨てて行く。

洋平は何も言わず、ボーッとしたままゆらりとソファーまで行き、ごろりと横になる。

向井は洋平を見て溜息を吐きながら窓を開け、部屋中にあるゴミを捨てて回る。

キッチンにある洗い物の山も黙って洗い、テーブルの上も拭く。

「…やっと人間の住みからしくなった」
小さくそう言って自分でコーヒー探して淹れ、洋平の前に座り、テーブルに2つカップを並べた。

*

洋平はただ、死んだように視線を天井に向けて、ボーっとしたままだ。
生気の無いその表情は、初めて見る。

人懐こい笑顔と押しの強さで、後輩の中でも目立ってた篠原の面影はどこにも無い。
一体何があったのかなど、聞かなくても充分に伝わるその哀しみと空虚さ。

それでも、聞かずにはいられない。

「何があった?」

向井が静かに、洋平に問う。

洋平が答えなくても、向井は待った。
洋平の顔が歪んだのが見えたからだ。

ちゃんと聞こえてる…そう思って、待った。

しばらくして、洋平の目から涙が零れて流れ落ち、ソファーの生地に染み込んでいく。

「明良さんが……あの男のとこに行った」
そう言って、両手で顔を覆った。

あの男。それだけで、誰かなんか聞かなくったってわかる。

そして、向井は驚かなかった。
電話を切ってから、ここに着くまでの間に思い出したからだ。

あの男が。
鹿島亨が。

明良に接触をしていることを。

明良が電話で「飯に誘われた」と怒っていた。
コンビニの前で偶然会ったと聞いた時、胸騒ぎがしたのも覚えてる。

あの男は…明良を取り戻すために、戻ってきたのだ。
あれ以来明良からの電話にはそういう話は無かった。
…俺に怒られるとでも思ったのか?
揺れてたんだ。それを見透かされるのが嫌だったんだ。あいつ…っ。

鹿島のことは、数回学校に明良を迎えにきて見ている。
明良から、時々愚痴を聞かされていたが…明良は全然わかってない。

あの男が、どれだけの強い想いで明良を想ってるのか。
あの頃はその視線の意味がよくわからなかった。
酷い男だと、そういう先入観で敵視さえしてたから。

明良と一緒にいる、自分を見た時のあの男の顔…。
忘れようにも、忘れられない。
気安く明良に話しかけるな、とでも言うべき視線の強さに…高校生だった自分は一瞬体を引いたくらいだ。

あの眼差しは、歪んでいた。
そして、狂気を含んだような目で、明良を見ていた。

表と裏を使い分けることを、高校生の時分から既に持っていたのだ。
あれから10年は経つ。
そして、崩れかけた会社を立て直すどころか、更に大きく成長させて行ってる。

…その手腕は、同じ業界にいれば嫌でも耳に入ってくる。
自分が就職した頃から、噂は聞いていた。
最初の噂は「落ちぶれた会社」という、あまり良く無い噂だった。

明良と別れてからだったか…。
年中無休で24時間営業…のバカにしたあだ名で呼ばれても、がむしゃらに働き続けてると聞いたのは。
叩き上げのうちの社長でさえ「俺だったら耐えられない」と酒の席で言ってたから、相当だったはずだ。

下請けのうちは、鹿島の社員連中と、ごくたまにだが一緒に仕事をすることもある。
うちのような小さな会社にとっては、鹿島との仕事はかなりの大口だ。
年齢や役職に関係なく、鹿島工務店の社員は「鹿島亨」を誇りに思ってるのが伝わる…。
だから、本当に良い仕事をするのだ。

その陰で、こんな…。
横からかっさらうようなことを、平気でする男。

自分から切った恋人を、篠原から奪って行った。
これはどう見ても「奪った」としか俺には映らない。
離婚は出来てないはず…。イコール、明良は愛人。

愛人を嫌がっていた明良が、それをすんなり受け入れる訳がない。
そもそも、それを受け入れられるなら、最初から別れてなどいない。

どんな手で…鹿島はそれを受け入れさせた?

恐ろしい男。
鹿島亨。

その男と、今目の前で涙を流す、篠原洋平。
その力の差は、歴然だ。

2人の男の間で、明良は何を思い、何故…鹿島を選んだのか。

力に、屈したか?
汚いやり方で明良を追いつめたか?

けど、確かに…。明良の中に、まだ鹿島は存在してた。

どっちにしろ。
あの男に、明良を奪われ、傷ついた男が目の前にいる。

【BL小説】参加中。↓最後に明良のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
BL小説ランキング携帯用
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ 3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ 3kaku_s_L.png 頂きモノ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【暗雲-26】へ
  • 【暗雲-28】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

辛くて…(ToT)

kiri様。

(ToT)

11時がこんなに嫌なの初めてです(ToT)


向井さん。お助けキャラになってほしいですぅ。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アニキ~~☆

『向井の兄貴!!見ての通りこいつ、こんななんですよ!一発でも二発でも兄貴から気合い入れて、目~覚ましてやておくんなせぇ』

さすが向井くん、何も語られずとも察してらっしゃる☆⌒d(*^ー゚)b !!
しかも洗い物までしてくれちやって♪
ただ、問題は洋平君ですね(-_-;)
こんな状態で聞く耳持つかどうか……
ここは向井君の腕?
言葉の聞かせ所d(@^∇゚)/ガンバッテ♪

明日も向井君♪♪楽しみにしてます(*^^*)
ありがとうございました(^〇^)

あ、kiri様♪ 
数日前のリコメで、思い出すのはこのサブキャラ位とおっしやってましたが、
空気の読める西野くんと、空気の読めない杉浦くんも、
忘れないで下さいね~~(笑)

編集してスミマセン up直後にワタナベ君と遭遇したもので!
ふて腐れていただけかも知れませんが、
伏し目にした彼の表情が色っぽい!
あれで中二!!? この先楽しみです フフッ

Re: NoTitle

鍵コメ様

せめてお名前、何でもいいからつけて…。怖いです、名前無いと(笑

明良、弱いですか?そうです…弱いのを書いてます。。。意識して書いてます(苦笑
いい年してても、明良の過去を見れば(キャラ設定も)いつも、誰かに甘えてきた子。
亨と別れて、落ち込んで…でも、洋平に流されるようにそのまま付き合い始めた。
結局、一人では乗り越えてないんですよ。

そして。洋平でもこれだけボロボロになってます。
…ということは、明良は相当です。かなり、傷ついてますよ。
暗雲が始まってから、明良には怒涛のごとく荒波が押し寄せてきた。
亨との再会。揺れて、揺れて。洋平にも言えない。洋平兄の登場。兄とモラルを犯した。
何よりも大きいのは、洋平との決別。それも自分から、切った。

本当に心が弱ければ、下手すれば自分を傷つける程、一気に大きな波が押し寄せてきた。
でも、明良の強みは?流されることです。逆らわず、波間に乗って漂う。
これもね、一種の生きて行く「強み」なんです。そしてもう一つ。嫌いな男に攫われたんじゃない。
明良は亨もまだ好きです。ズルイかもしれないけど、まだ忘れてない男。
最大は、亨が明良の弱い部分をついて、傍に置くためにやったこと。ここで明良が簡単に一人になるなんて、亨は何があってもさせない。そして、今の明良はそれに抗う気力なんか無い。

人は急には強くなれない。ホントなら、ココで「一人で生きて行く」選択をすれば、格好イイかもしれないし、秋也ならそうしたでしょう。
でも明良はそういうキャラとして書いてないんです、私が。

色んなことがあって、たくさん乗り越えなきゃいけないことがあって。
一つ、一つを全部乗り越えるなんて、人間出来ません。
頑張りたくても、どうしても頑張れない時もある。
ウダウダして、泣いて、ボロボロになって、投げやりにもなる。

でも、自分で頑張ろう…って思える時が来た時に、立ち上がればいいと思ってます。
明良の一種の防衛本能とも言うべき、流されてしまう部分。ココにイライラするのも充分に分かってます(笑)でもね、人間そんなに強く無いし、弱くもない。強くて弱い生き物。

だから明良も強くなっていきますよ?大丈夫!心配させてごめんなさいね。
自分で強くならないと意味が無い…そう思ってお話書いてます。
格好良くは書いてないけど、明良なりに…。当分は、力に屈してウダウダします。
情けないなぁ…って思うでしょう。だから人気無いの(苦笑)

でも、そのままで終わったら、この話書いた意味自体が無くなるし。
今、明良が急に強くなるのも流れ的に無理がある。
頑張らせます…。時期がきたら。

もうちょっと待っててね!ご心配、有難う御座います♪また来て下さいね~(名前下さい 笑

有難う御座いました☆

Re: 辛くて…(ToT)

潤様

うぉ~~ すみません。

え、今日も辛かった?私が麻痺してる…汗

いや、大丈夫。
向井来たし!!

この人、部屋掃除するためだけに登場させてないですよ~笑
見ててね!向井節!!

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: アニキ~~☆

うさメリ様

タイトル(笑)
向井は、もしかしたら明良の一番の理解者?
心配して、飛んできてくれて、簡単な掃除とキッチンの洗いモノまで!!
コーヒーまで淹れてくれちゃいましたよ。
洋平、先輩に何させんの!

こんなだけで帰らせませんよ…。
ボロボロの洋平。
向井節…で、明日行きます!!

あ、うさメリさん…アパート小話、アンケコメでいつも有難う♪
なんかね龍介の票が、少し伸びてる。(でも最下位だけどね 苦笑)
もしかして!!同じゴリ押し攻めでも、龍介の方がずっとマシ!!なのかしら…。
龍介、黒くないもんね。ゴリ押しなだけで(笑
え、杉浦??誰かと思って、めっちゃ必死で思い出した。
もしかして…アパートの住人の子??そうなら、覚えてることにビックリ!!うさメリさん…すげー
ってか、票入れる以前に、皆「誰??」って思うってー笑

では、明日。
有難う御座いました☆

そっか~

携帯かえたこと誰にも連絡させないのか。それか解約して持たせてないのか。

う~ん。。。そういうところなんだよね。。。

亨、必死過ぎ。亨の方が本気で明良を愛してるのかもしれないけれど、自分の愛を押し付けてれば明良が幸せになるのかって言ったらそこは違うでしょうと言いたいです。

本当に明良を幸せにしたいのかな?昔から明良の笑顔を奪うようなことばかりして。。そういうふうにしか愛を表せない不器用な奴だから理解しろって言われても、私には理解できない。

俺様と一緒なら幸せなはず?亨の思いの先には明良の気持ちはあるのかな?今、明良がどんな顔をしているのか、どんな気持ちでいるのか?それはひとまず置いておいて、一方的に自分の気持ちを押し付けて支配しているだけ。
これではまったくのマスター〇ーションですよね←例え方!

洋平の愛は確かに若いだけあってお花畑というか、おままごと的というか、次男坊だし何にも考えずに家族にもあっけらかんとカムアウトしちゃうし、背負ってる物が無い分軽く見えるかもしれない。
でも、ちゃんと明良を見ている。明良の幸せな笑顔の為ならば何でもしてあげる。そして自分の支配下に置くのではなくて、今はまだ拙い愛でも、一緒に育んで、一緒に深めて、肩を並べていたかった。
そう、それはお互いがお互いを思いやる気持ちの入ったS〇Xの様に←だから例え方!

元に戻れって言われても、女とか男とか関係なくて、洋平は明良が、明良だからこそこんなにも愛してしまったのにね。。。

向井くん~(>_<)

ありがとう向井くん、洋平くんにまで気遣い頂いて。
お陰で 人の住む部屋になったみたいですね。
洋平くんが打ちのめされている… 読んでいて辛いです。
明良くんもどんな状態なのか心配です。
向井くんがこのタイミングで来てくれたって事は 洋平くんが少し復活するって事で良いんですよね。
明日の会話を楽しみにしてます!

Re: そっか~

うみ様

亨…徹底してます。
奪った者は、今度は奪われることを恐れるのです…。

明良を腐幸せ(←変換こうなる 涙)もとい、不幸せになどしたくないですよ、当然。
幸せにしたいんです。亨…はね。

うん、うみさん。亨を理解なんか出来ないですって~。例え、亨派の方でも理解までは無理でしょう。
そのやり方が間違ってても、必死なとこが哀しい…。

亨の頭の中は、明良をどんな形でも奪って、愛したい。←どんだけ我儘
計画倒れだったので、こんな形になってしまってしまったのも、亨が悪いんだ。
洋平の愛し方が、やっぱりホッとするね。「笑っててほしい」って思うことって大事。
明良も言ってた「洋平に笑ってて欲しい」って。お互いそう思ってた。

けど、亨は「力」で行きます。それしか分からない男。
でも本当は分かってるのよ、きっと…。こんなやり方は違うって。
そして段々それを認めるしかないよね。普通に考えたって。

>元に戻れ
これって明良の精一杯の気持ちなんだけど、洋平には「なんで??」だよね。
もう皆が、愛のごり押し…。(爆) はよ、気付け。

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: 向井くん~(>_<)

ぷりん様

あは…。ほんと「人の住む部屋」にしてもらった。
打ちのめされの洋平くんですが。
この子は、素直なので、悲しい時は思い切り悲しみます。
あ、もちろん会社では必死で隠して頑張ってるだろうけど。
悲しい…って、凹むのも大事だよね。男だって、悲しかったら泣くよね。

えぇ、向井が来たということは、そういうことです。
この子まで、いつまでもウダウダさせてられない。
一番立ち直りの早い、切り替えの早いワンコから!!

では、明日。
有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

役立たず、帰還しました

ジャーキー食べすぎた……(; ̄ェ ̄)ゲップ
洋平が泣いたらヨシヨシOK…?!(慰め<下心)
にじみ出すぎたか…(ー ー;)なんの役にも立たなかった あき犬・・・
向井先生が来られたので、こっそり退散です!

向井は、出来杉くんみたいなイメージ 笑。
もし、亨と向井が恋敵だったら、すごい頭脳戦繰り広げそう…。

昨日のいろんな意見、拝見していると
洋平を好きな理由は、自分も含めて 皆様近いのかなと思うんですが
亨に惹かれる理由は、案外人によって違う気がしました。
私が惹かれてるのとは、また違う視点でした。男性の感想も興味深いですね!
自分の発想にはない部分で、面白いなぁと思いました。

男女差ってことで言えば、男の人って“初めて へのロマン”みたいなのも ないですか?
エチだけじゃなくて、日常の小さいことでも。よく覚えてる。
女って、案外過ぎると冷めてたり。(→どんどん忘れていく人…(^_^;)
亨は 俺が明良を最初に汚した!って よく噛みしめて反復してるし
洋平も何かで嬉しそうにしてたし、信史は言わずもがな……(´ε` )

話がまとめられません!スミマセン〜(>_<)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

向井さん、優しい。。

私だったら、一応、「あの男の所へ行った」までは我慢します。
向井が見ても’抜け殼’なのがわかるくらいだもの。  でもね。それ以上は。

「何やってんだ!片付けるから手伝え!!」
ですよ。

少しでも気が入るようにこき使って部屋のお掃除。あ、物音には注意して(マンションだし)。
話をするのはその後。

叱って(怒るではない)、吐き出させて、気付かせて。
「馬鹿野郎、泣いてるくらいなら取り返しに行け!おまえそれでいいのか!!」
と。


はい? 洋平に叱咤激励してるのが変? 
いいえ、全力で戦って勝ってもらわなければ女王様の心は靡かないと思うからです。
亨にも少しは気付いてもらわないといけないし。明良の笑顔が見たいはずだから。
泣いてばかりだと、明良の綺麗なお目め、転がり落ちてしまう・・・(??)。


向井さん、三人を知っているあなたの言葉、心して待ちたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

長くなりそうなので、こちらにお邪魔します…

明良、携帯を変えた事を向井にも連絡せず、
お仕事も休んでるのは自らの意思かな?
亨の指示じゃないですよね?
何故なら、亨の目的はいちおう果たされたから。
明良が亨を見た、亨を選んだ、手元には取り戻せた。
これから明良に愛を与えたいと亨は思ってるんだし。
仕事に行きたいと明良が望めば、行かせますよね?
亨だって、明良の笑顔、幸せが一番でしょう。

きっと明良自身が、義兄の事や、洋平への罪悪感とか、
もう色んな想いに苛まれて疲れて、
亨と別れたあの頃みたいに、泣いてるんだ…。
あの頃の明良が、今の洋平は少し重なります…。

そしてやはり向井でしたね(^^)
本当に頼れるイイ奴だ…向井有難う、
こんなに早く気付いてくれて。
明良が誰にも言わず、携帯変えてくれて良かったて事か(笑)
明良の親友、洋平にとっては信じられる先輩!

ある程度予測しながらマンションにやってきたけど、
さすがにいつもと違う洋平には驚いたかな?
明良の中で完結した理由により、訳も分からず
一人取り残された洋平の落ち込みっぷり。
洋平には分からない別れの理由…。
考えたくてもショックが大きくて思考回路停止ですよね。
向井が少しでもヒントをくれるといいけれど…
でもゲイじゃないからそこは難しいでしょうか?
それでも亨の行動を分析までは行かずとも、想像(しかも当たってる)し、
亨と洋平の力の差がはっきり分かってる向井なら、
亨の凄さに追いつくくらい力を付けろ!
そして会いに行け!くらいの発破を洋平にかけてくれますかね!?

洋平は明るいのが取り柄のせいか、亨の重たく深い明良への激情に比べれば、軽く見えますけど、
洋平だって、洋平としては、亨に負けないくらい明良への想いは本気ですよね?
今はどん底ですが、あっという間に立ち直ったりするのでしょうか?
個人的には、もうしばらく落込んでもらって、
明良への本気の想いを長々と吐露してもらってもいいな~(笑)

明良への涙する想いにただ佇んでる洋平が新鮮。

洋平だって、明良への想いは本気!
だからこんな珍しい姿になってるんだ!
太陽がどんより…お話の中では一週間くらいは涙雨ですか?
涙の数だけ強くなる…応援ソングのようなフレーズが思い浮かんで来た(笑)

成長した洋平が、亨と対決する日が楽しみです。
明良が勝者を選ぶかは限らないけど(苦笑)

Re: パソコンではじめまして

鍵コメn様

まぁ、可愛らしいコメント!
パソコン初めてなんですね?
さっきのコメに30分もかけて下さったとか!!
嬉しいです…。一生懸命さが伝わってきました。

何でも初めてはあるので、ボチボチとゆっくり覚えていって下さいね。
私の初期の頃は、文字の配列覚えるのに弄りまわしたなぁ…。懐かしい。
文字速く打てるようになっただけで、知識は全然ですけど(苦笑

またゆっくりで良いので、コメント挑戦してくださいね!
大好きと言ってもらえて、凄く嬉しいです♪

頑張れ~~♪

またお顔出して下さい!
有難う御座いました☆

Re: 役立たず、帰還しました

あき様

あはは。洋平と一緒にジャーキーのお付き合い、ご苦労さまでした!!
無言で、食べまくったことでしょう…時々、頭ナデナデしながら(想像したらマジで可笑しい!

向井はね、もし私が男で…明良の友人だったら、こうしたいな~…って、ただの願望。
実際、こんな風になんか中々出来る訳ないんだけど。
理想?みたいな感じで書いてます。だから、結構良い役周り(笑

そうね。洋平を「嫌い!!」って人は、あまり居ないと思います(分かんないけど
こういう人、たまに居ますよね。何か居るだけで、明るくなるの。
本人、飄々としてるんだけどね。気負ってないっていうか…。

亨はもう、毒性が強いから…。嫌いな人はもう、出てくるだけで嫌!!でしょう。
でも出すけど…。メインキャラだから(汗
でも、好きな人はこの人の、滅茶苦茶な思考を「あぁ…もぅ!!」って心配しながら見てるかな?
男性は「スカッとする」って人がいました。
実際こんな傲慢なことって、余程自信がないと出来ないものね。

そう「男は最初に拘り、女は最後に拘わる」って言いますよね~。
信史なんか、最初も最後も全部拘わるけどさ(笑
うん。女の方が冷めてるよね…。男のあの熱さ、暑苦しさ(爆)なんでしょ~~笑

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: 邪気のなかった龍介が懐かしい今日このごろです

鍵コメL様

もう拍コメで非公開されたら返信できなくて~寂しかったです(笑

そうです。向井は、私の中の理想みたいな人。
友人としての立場で、ちょっと離れたとこから見てる。でも、ちゃんと見てる。ふふ

あ、そんな夢を??なんだろー。それって、うちのキャラに言って下さってるような…
そう思わせて下さい!勝手に(笑
そうですよね。嘘の日々なんかじゃない。確実に、存在した大切な日々です…。

洋平が、実際立ち上がる姿までは、書いてないんです。
もうそこまで書いたら、凄いことになるので。
亨も割愛しましたが、他の人(明良兄や向井)がチラホラと言ってくれるので、何となく伝わったかなと思い、洋平も立ち上がった後からになります。
一気に立ち上がるなんて、無理ですしね…。徐々に…。

そう、考えたら私の小説で泣いたり、怒ったりしてもらってるのって、読者様の心が柔らかいからですよね。素直に、登場人物に入ってもらってる。有難いなぁ~。
色んな意見に右往左往すると、軸がズレるので、心して読ませて頂ながら、ブレません…苦笑
当分、亨はとことん「悪」で。洋平はとことん「明」で行きます!

また来て下さい!!そしてタイトル(笑)ほんと、ゴリ押しでも龍介は邪気無し!!
有難う御座いました☆

Re: 向井さん、優しい。。

ますみ様

ますみさん、早すぎ!!笑

まだです…。そこまでは。
取り敢えず、様子をじっくりみて、向井は考えてます。

亨の現状や、明良の性格。
洋平の性格も知ってる人。

これって、凄い得な役回りじゃないですか~?笑

3人をちゃんと知ってて、外から見れる。
当事者って感情が入るけど、向井は冷静に客観的に見れますよね。

明良の時も怒りながら…宥めながらでした。

怒る(叱る)のは当然でしょうね…この状況だと。
男として情けない…って、事情知ってても思いますね、きっと。

きっと、洋平も色々考えて、立ち上がってくれると思います。
でなきゃ、三角関係終わっちゃう~~。
もう明良なんか面倒だから、他に行けばいいのに…とか、言われてますけど(汗
読者様のほとんどは、それを望んでないはず!!…と信じて。

では、明日。
有難う御座いました☆

い、意外でした(汗)

昨日は、ちょっと自分的にもいろいろ用事やら落ち込むことやらあって、
それに洋平とシンクロしてしまい・・・最後の向井くんのところで「光が見えた!?」
って思ったのに・・・

てっきり、向井くんが何かの答えを知っているのかと思いきや、全く逆だった
んですねー!向井君にもなにも言ってないなんて・・・明良ああああ~~~
てか、魔王のとこにいっちゃった、なんて、考えてみれば、向井くんには
言えないか・・・一番反対してましたもんね・・・

向井くんが、洋平のクモの糸(?)<別に洋平が悪いことした訳じゃないけど
になってくれて、手を差し伸べてくれないかなぁ~。
それとも叱咤のほうかしら。とにかく、しゃきっとさせて、生還させてやって
ほしい!!!!!!

お願い向井く~~~ん。

そして、どん底の明良が心配です(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)<今日も多め

Re: お騒がせしました。

鍵コメm様

私、ほんと何のことか、サッパリわかんないんですが…。
ありり?何でかな?…です。

訳わかりませんが、とりあえず良かったです(何かわらないまま 笑

いえ、私は何も!
ご報告、有難う御座いました☆

Re: 長くなりそうなので、こちらにお邪魔します…

ponpon様

いや、ponponさんのコメント読んで、本当に洋平を応援してくれてるんだな~って嬉しくなりました!よもすれば、洋平って亨の暑苦しい(笑)濃さの前に薄れがちなんですが、洋平派…っていうのも超えたような感じがして、嬉しい!

いいえ。甘いです…。亨の目的は一応は果たされはしました。
でも、取り戻したことだけです。明良を「ずっと傍に置くこと」が目的。
今の明良の不安定な状態で、外部と(向井や洋平とか)簡単に連絡が取れるのは避けたい。
弱ってるだけに…。亨は、計画倒れした分、自分でもかなりヤバイとは思ってるでしょうね。
ちゃんと離婚して、洋平との愛で不安を持ってる明良に、近づいて行こうと思ってたのに。
拒絶されて、怒りで目の前が真っ赤になり、強硬手段に出て…。また駆けつけてしまった。
まぁ、案外人間臭い人でもあります。

洋平がここまで落ち込むのって初めてですよね。
落ち込ませてやってください。存分に…。情けなくて結構!!男だって、悲しい時は泣くんだ。
ウダウダ言うし、一人で部屋でグズグズするさー。仕事はちゃんと行ってんだから。←ココ大事
こんなんで1年もおられちゃ、堪りませんけどね。

向井は明良から色々愚痴聞いてるし、洋平よりはずーーーっと色々理解してます!
ゲイの気持ちはわからないけど、明良のことはある程度理解してる(個性と捉えてる?

えぇ、洋平だって本気の本気ですよ。亨のような深みがなくても当然。
だって、普通に生きてきてるんだから。亨は地獄を見てきたけど、洋平はそんなの分からない。
亨にとって明良は、地獄から見えた一筋の光であったのは確かです。理屈でない部分で、とんでもなく深い。その深さに対抗は出来ないけど、深いから良いって訳でもないですから。

あ、ponponさん。亨みたいに洋平に長々と心の吐露…希望ですか?
残念ながら、洋平って何でも口に出すから…あまり無いんです!ゴメン!
でも、あと2日。洋平と向井です。それで暗雲は終わります…。
すぐに立ち直ったりはしません。いくら太陽でも…。考えます、必死で。

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: い、意外でした(汗)

む~様

明良、向井に怒られると思って細かいこと言わなかったんだよ、きっと(笑
こんなことになるとは、思ってもなかっただろうし…。
洋平兄が現れてから、怒涛のごとくの展開だったので。

もう皆さんで、向井に神頼み…。
向井、プレッシャーか?いやいや、この人マイペースだから。
でも、こんな時はやっぱりこの人よね。
隼だったら、まだ院生くらいだから、ズバズバ言いそうだし…。
同じゲイで明良の気持ちはわかるけど、洋平を包込むことは出来ないな…まだ。

では、明日。
有難う御座いました☆

(*^^*)

昨日は病棟内の人たちと歓迎会しました!

今日は仕事休み♪明日からまた仕事(笑)


あぁ、一昨日より心を刺されました
洋平がここまで落ち込んでいること
今の明良にはそうぞうできないんだろうな

明良が揺れていたのは知ってるよ
ただ、……いえ何でもありません
明良だって辛いもんね

流されてきたけど好きになった
だけどやっぱり心のそこにはいつも濁りがあったし

亨のことを忘れられなくても、洋平の方が断然良いでしょ?

明良は元に戻れって言ったけど、洋平のこの姿、この強い気持ちを知ってもそんなこと言える?

言えないでしょ?元がノンケとか関係ないんだよ

Re: (*^^*)

あさみ様

職場にも、少しずつ慣れてきたかな?
大変な仕事だけど、時々今の気持ち思いだしながら、日々頑張って下さい!

明良も今、洋平のこと思ってるよ…。
切り捨てられた方より、切り捨てた方が何倍も辛い。
想いが残ってれば尚更。
そこで、亨の気持ちにも気付いて行くの。

皆、傷つけて、傷つけられて。
でも泣いてる時間も必要だもんね。

色々考えるよ、みんな。
ジレッタイし、も~~~~!!だろうけど(笑)見ててあげてね!

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメ11111様

数字のお名前でも、何でも!!
いや、ホントね極々たま~~に、変なコメントあるんですよ。
それがたいていお名前無いの…。滅多にないんですけどね。
喘ぎ声だけとか?意味わかんない(爆
でも、内容はとても真剣で真面目だったので、安心しました♪

えぇ、もうね。色々思うとこはあると思います。
私は何処かでも書いたのですが、明良だって「男」で有る以上、誰かに幸せにしてもらうだけじゃなくて、自分で相手を幸せにする気持ちになって欲しい。
そこに男女は関係なく、人として…ってのも有りますが、やはり「男」だと言うのは有りますね。

彼が亨にしろ、洋平にしろ。
最後にどっちの手を取るのかは、関係無く。
自分の幸せの為に立ちあがって、そこから自分で一緒に生きて行く人の手を取る。
男の身勝手な取り合いに、振り回されてる場合じゃない!!

でも、当分は漂います。こういう時は、無駄なエネルギーを使わないのが明良。
幼い頃から、虐められててもそれを嘆くだけじゃなく、どうしたら回避するかを知り、迷いなく使った。
自己防衛の処世術をちゃんと身につけてる。それが恒川明良くんなのです。
秋也や隼と違う強さも持ってます。
波間に漂い、クラゲのよに過ごして…力を温存し、そして時期が来たら毅然と泳ぎだします。
それは「自分の意思」で…です。
女王明良が覚醒します。そして、亨はそれを一番恐れてる。

時期が来るまでは、停滞期です。いつもいつも、前向きに生きていければよいのですが…。
どうしようもない時はジッとすることも大事だと私は思ってます。

気持ちとても伝わりました!ストーカーもどきなど、とんでもない!!
書き手は、こうして深く読んで下さるのがとても嬉しいのです。

本当に、有難う御座います。また、本編が始まったら…イラつきながらも(笑)応援して下さい!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【暗雲-26】へ
  • 【暗雲-28】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ