FC2ブログ
女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

「愛なんぞ、くそ喰らえ」
暗雲

暗雲-19

 ←暗雲-18 →暗雲-20
冷たい視線をぶつけ合い、彰人の目が先にスッ…っと細くなり、僅かに口元を緩ませた。

「その若さで…お前は、恐ろしい男だな」
「えぇ…あなた以上のタヌキ共に、存分に鍛えて頂きましたから」

嫌味のような亨の言葉に、彰人が視線を緩やかに外す。

「確かに…酷い目にあってきたな」

ぼそりと呟く彰人の言葉に、本来の優しい気質がチラリと見える。

「いいえ。それが私の仕事ですから」
亨のそれは本心であり、そこに自己憐憫など微塵も無かった。

クローゼットから服を出そうとした議員が、亨を見る。

「けど…俺は、なぜだろう…。お前の気持ちが、わからなくもない。…そんな自分が恐ろしいよ」

「私」ではなく「俺」…と言った言葉は、議員ではなく。
ただの一人の男、山中彰人だった。

目の前で、バサリとガウンを堂々と脱いだ姿に、亨は目を逸らすこともなく。

下着をちゃんと履いてることも見届ける。
そろそろ中年にさしかかる年だというのに、その見事に引き締まった体躯に、努力をし続けてる男なのだと思う。
女性層に人気のある外見をちゃんと自覚して、票を集めるためには努力を惜しまない。
学生時代からしている弓道では七段の腕を持ち、今でも時々道場に顔を出してるはずだ。

議員の御曹司といえど、甘い世界で育った訳ではない男。
父親は、かなり厳しく教育したと聞いてる。
日々、色んなことに努力をしてきた男が、弟に手を出したことの意味。

一瞬にして、全てを失いかねないようなことをしたというのに。
今目の前で着替えてる男は、堂々とした様へと戻っていた。

吹っ切れたのか…。諦めがついたのか。その感情まではわからない。

シャツのボタンをとめながら彰人が亨を見て、片方の口角だけを上げて小さく微笑んで見せる。

「鹿島。俺達の仕事は、人を動かすことだったな…。今の時代、どれだけ進化しようと、ここだけは変わらない。…因果だよな」

人と触れ合ってこそ、人は動く。
トップに立つということは、ある意味それが全てと言える。
いざとなれば『盾』となるための教育を受けて来た俺達が、感情のままに何をしてるのだ…と、自嘲の意味を込めて、そう言いたいのだろう。

「お前も…、わかってて愚かなことをする気か?」
同じ穴のムジナだとでも言いたいのだろう。

同じだよ。俺も、あんたも。

「あなたも、わかっててした」
亨が緩やかに微笑みながら答えれば、議員も同じように微笑んだ。

「今までも、地獄だった…。そこに一生身を潜めておくつもりでいたんだよ。…けど、俺は。更なる地獄の扉を開けて、そこに自ら入った」

言葉の内容とは裏腹な、とても穏やかな声。
眉をしかめて何も言わない亨の前で、彰人はゆっくりと腕のボタンもとめる。


「まだ明良が、幼稚園の頃だったかな…。父と一緒に家に行った時に一度だけ、明良を寝かしつける役割をしたことがあるんだ」

想い出話をするように、彰人が亨に話しかけてくる。

「つい、一緒に寝てしまって。気がつくとな…明良が、小さい手で俺に必死で抱きついて寝てたんだよ。多分、父さんと間違えたんだろう…。帰って欲しくなくて、しがみついてたんだと思う。明良は、俺に『愛しい』という気持ちを、初めて教えてくれた」

淡々と話す彰人に、亨は黙ったままで頷く。
だから、触れるだけが…精一杯だったってことか。

「なのに…その相手に、自分で大きな傷をつけた。結局…俺は、俺自身が可愛いってことだ」

ネクタイを取り出し胸ポケットに入れて、彰人がカバンを持って近づいてくる。

「お前が切っ掛けを作ったと思ってるか?」
彰人が亨に、真っ直ぐに聞いてくる。

「はい」
亨は、正直にそう答えた。

「ならば…頼まれてくれ」
そう言ってカバンから大きな手帳を出し、1枚の写真を渡された。

「今日、焼き捨てるつもりだったんだ。…けど、俺には出来そうもない。お前が処分しておいてくれ」

その写真は、高校生のような議員が、まだ幼い明良を抱いてる写真だった。
愛くるしい明良が無邪気に、兄に抱かれて甘えてる写真だ。
兄の首に両手を回して、ベッタリとくっ付いてる。
議員の表情が、とても優しく…嬉しそうだ。
きっと、大事にしてたのだろう。

いや…。いつも、これを見ながら、自分は「兄」なのだと…言い聞かせてきたのかもしれない。
激しい恋心を、この写真を見ることで、鎮め続けてきたのだろう「戒め」の写真。

愛らしい無垢だった弟を、自ら汚した罪。

「俺は…新しい地獄で、しぶとく生き続けるよ」

すれ違いざま、彰人が亨にそう囁いて部屋を出て行った。

*

彰人の背中が視界から消え、ドアが締まるまで、亨は見届けた。

なるほど…。
そういう道を、自ら選んだと。

同じ地獄ならば、自ら断ち切る方を選んだ。

好きな相手に忌み嫌われる存在であり続けたのは「兄」であるから。
その理由に、分かってはいても理不尽さも感じ続けていたのだろう。
多くを望んだ訳じゃなくても、目もまともに合わせてさえ貰えない辛さは、俺も知った。

だから。「理由」のある方を選択したという身勝手な答え。

触れたいという願望は、好きな相手の魂までも傷つけるとわかっていて。
自己満足はその瞬間だけのものだと、わかっていて。
終わったとたん襲いくる感情に…苦しむ方を選んだということか。

俺も、あんたと同じ。

汚い世界を垣間見ることに慣れ、心が麻痺していく。
人が眉をしかめることも、平気になって行く。
魑魅魍魎が蔓延る波に呑まれながらも、溺れないように必死で手足を動かして息をする。
それがいつのまにか、泳ぎをマスターし、息継ぎも上手く出来るようになり…その中で漂うことも悪くないと思い始める。

それに…汚いばかりじゃない。
十の内、九つは真実だ。
男にとっての仕事は人生の大半を占め、そこには喜びもたくさんある。
皆それなりに、社会の為、世の中の為、それぞれの誰かのために、上を目指して日々を生きている。
そこにいる誰にだって心の奥には、例え小さくても純粋な部分を残してる。

俺達は、その部分を共有し…同時に、今。
議員は失い、俺も失おうとしてるのかもしれない。

亨は彰人の出て行ったドアから目を離し、部屋を横切り寝室に向かい、部屋の前に立ち息を整える。

明良が、どんな姿になってるのか。
暴力は振るわれてないだろう。

それでも、心が傷ついてるのだけは確実だ。


俺のウサギが…ここに居る。


亨は一旦目を閉じて、深呼吸をして…ドアに手をかけた。

【BL小説】参加中。↓最後に明良のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
BL小説ランキング携帯用
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ 3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ 3kaku_s_L.png 頂きモノ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【暗雲-18】へ
  • 【暗雲-20】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

kiri様

兄さんの胸の内、切ないです。
そして優しい。。。
なんか気持ち悪い人ってしか思ってなかったけど。
この人も、愛に気付いてから悩んで苦しんで…明良に避けられる側を生きてきた。
弟のことが愛しくて堪らないのを押し殺して。

その純粋な部分を利用した亨さん。て、解釈で良いでしょうか?
そんな亨さんにもまだ、人間の心があると信じたいです。

獲る為に 失うモノ…(-""-;)ウーン

彰人にとっても 亨にとっても 失うモノの大きさを分かっていても
明良を求め欲する 己の中を突き上げる滾情は もう止められない。
いや 止めようとはしない。

長年の歪み醜いまでの思慕を 自らの意思で断ち切った彰人 
今までの苦悶と これからの懺悔を思うと これで良かったのかと 胸に宿る切なさがあります。
もう二度と 明良の前に 姿を見せる事はないでしょうし…

さて 心が瀕死のうさぎを どうなさるのですか、魔王?
と、魔王の様子を窺がいながら 平身低頭の揉み手揉み手の 今の私って 何て卑屈なの~~(笑)
じっくり お手並み拝見させて貰いましょうか~♪(*^-')b

会長からの御達しで 略して『悪推会』と命名された 正式名悪役推進委員会は 今後も (たぶん大勢の方の)非難を浴びようと 頑張って運営出来ればと 願っております。
悪推会★会長、ジワジワ 会員が増えているようですぜ!(▼∀▼)ニヤリッ
会員.....(((((ノ^^) b (^^) o ヘ(^^ヘ)))))).....募集中ー!!...byebye☆

NoTitle

今明良が大事にしたい男が亨じゃないとわかってても
好きなのに手に入れられない気持ちを共有した男に
いくら契約とはいえ今普通じゃない明良を託すなんて・・
やっぱり、亨も兄も、自分だけが可愛んだね。

意外と兄はそれでも明良の気持ちを大事にしてあげて
亨から守ってあげるのかなとか甘いこと考えてた。

はぁ・・
明良がこのやり取りの間にしっかりしててくれるといいのに・・

ここから折り返し・・?

お義兄ちゃん、最後は静かに退場でした。部屋のドアを開け、新しいジゴクのドアを開け・・・。

それでも彰人さん、あなたは優しいから、誰かを使って・・ということはせず、自分の手を汚したんですね。。


明良を挟んでよく似たスタンスの、二人の会話。
重なりの部分は小さいですが濃いいなあ、と思いました。他の誰にも言えない部分だからでしょうか。
そしてちょっとだけ亨に仕返し(?)。
家族としての思い出や、小さかった頃の明良の写真は、亨が絶対持ってないものだし、知らないから。


ある意味、明良を託された亨。
傷ついているのは確実なウサギさんを、どんな目で見るんでしょうか。そして・・?
何パターンも想像できて選べません。


さすがにこの部屋には忍びこめない(だってー、VIPじゃないしー)ので、明日までその辺を徘徊してきます。
あ、私、猫体質なのでなかなか’待て’が出来ないんですよ~~。笑。

Re: NoTitle

cally様

悪には成りきれない彰人さん。明良には大打撃を与えましたけど。
生まれもった気質に、優しさがあったからこそ、父は相当厳しくしたのかもしれませんね。

弟を愛しさえしなければ、明良だって甘えること出来たのにね。
頼りになるお兄ちゃんで居ることができた。

亨はそこまで深い部分はわかってない(苦笑
兄弟の居ない亨には、この部分は想像しか出来ない。
ただ明良を取り戻すために、何でもする…という必死さだけ。バカー

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: 獲る為に 失うモノ…(-""-;)ウーン

けいったん様

こういう激情って、人生でそうそうあるもんじゃないですよね。相当、疲れる…。
亨はもう、悪魔に魂売ってやるくらいの気持ちできてますから。
迷いも無いでしょう。

ただ、明良本人の前ではどうなるかは…ここからですね。
それでもいきなり人間らしくは成りませんけど(苦笑

明良兄は、もう決別の気持ちで疲れきってますね…。
でも、最後に「酷い目には合わさないでくれ」という願いを込めた言動でした。

瀕死のウサギ。震えるウサギを見て、亨は何処かで悦ぶのかしら…(ドS

はい、悪推会の皆さま。亨票は完全にストップするかと思いきや、普通に入ってます…笑
有難う御座います。酷い奴ですが、人らしく成って行く様も見ていて下さい!

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: NoTitle

隼好きー様

昨日の時点(記事)で、亨との契約を完了し、兄としての自分も捨てた彰人には…
わざわざする、仕事の話、明良との思い出話、わざと写真を見せることで、何処かで「気付いてくれ」という気持ちを持ってたと思います。
酷いことをしないで欲しい…と思いながら、確かに共有したあの時間。
泣いた亨の中に、明良を本気で愛してるのも気づいてる。
それが精一杯なんでしょう。何かもう疲れきってるし(爆

兄に庇わせる言動のパターンも考えて書きましたが…あえてやめました。スミマセン
明良があまりにもヒロインっぽくなりすぎるので、消した…。

結局は、明良次第なんですけどね。弱ってても、ずっとじゃないよー

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: ここから折り返し・・?

ますみ様

最後に着替えながら言った言葉の数々は、全部明良のため…なんですが。
遠まわし過ぎたかしら?笑

兄弟の居ない亨に、わかれ…って方がちょいと難しいかもね。
兄弟の思い出なんか、無いもん。

まぁしかし。兄も「お前の気持ちがわからなくもない」と来た。
どこの馬の骨がわからん奴より、まだ亨の方が良いとさえ思ってるかもしれない。
捩れすぎ?でも、亨が明良を本気で愛してるのは知ってるもんね。
おそらく…結婚も出来ない弟に、甘え気質な弟には、これくらいの強い男がいい…
とくらい考えを転換させて納得させても、おかしくない世界で生きてる方ですから。
私たちは、首捻りますけどね…

明良によって、亨は魔王化増強させたり、人間らしさをチラっと見せたり。
まぁ、明良にだけだよなコレ…って目で見てて下さい(苦笑

では、明日。
有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【壁】*6ω6)彡☆ キャッ「激情」!!

kiri様こんにちは!

kiri様「激情」に、反応してやって参りました てへ♡
疲れますか?こういう激しさ。まぁ、向けられる側としてはそうかも。
私は、自他共に認める「激情型人間」「炎なオンナ」です。(怖)
秋也のように“欲しいものは自分で…”も若い頃散々やりましたし。
享の“悪魔に魂…”解るとも!私だって!!
愛する心は、白でも黒でも「変わらない愛」ですよね?今の私には、白でも黒でも愛おしく、今、「恋愛」を皆さんにしてほしいですw。
先日、息子(18歳)に「まきちゃん、なんか顔つきが変わったね~?何だか可愛くなっちゃって。」と言われましたw。息子は、私を”まきちゃん”と呼びます。幾つになっても、恋をすると変れるようですね。
さぁさ~kiri様も。(笑)私よりお若いのに~。
大丈夫!きっとkiriさまが、きっと享の事も幸せにして下さると信じてますしね。
私、コイ♡(天の声が…いい年いて)してるのです…(///)
18~22歳まで、付き合っていたカレと、facebookで、再会しました。お互い離婚しており、あれから、30年近い年月が過ぎていますので、ただのメル友なんですよ。今も昔も1500キロ離れた遠恋です。
37のように、3年間待ち続けたヒトなんです てへ♡

 けいったんたまへ
返信有難うございます~。大幹部さま!いつでも馳せ参じますZE。
”けいったんたま”では如何でしょうか?

 優さまへ
うわ~覚えて頂いてたのですか?嬉しーですw。
ところで、Mニアさまはワタクシの中では、神格化され《神ニアさま》またの名をジジさま(オサレにですよ?)(勝手にスイマセン)とお呼びしております♡ ちなみに優さまは”ゆうせんせぇ”ですw。

大変長文で失礼しました。kiriさま、明日も楽しみにしております。 

お兄さまを想うと…

お兄さま ずっと地獄のようなモノだったのですね。
明良くんには疎まれ無視され、精一杯の虚勢で兄を演じて来たのですから。
自分では処分出来ない写真が涙を誘います。
だからと言って正当化は出来ませんが、兄弟愛も持ち合わせている優しい人でもあるんですね。
今の明良くんでは無理だけど いつか会ってあげて欲しいなとまで感じさせられます。
いよいよ明日は亨くんと明良くんの対面ですね。心静かに待たせて頂きます!

Re: 誤字報告

有難う御座います~。気付かなかった…。

彰人=あきひと です。
もう当分出ないけど(え、まだ出るの?笑

Re: 【壁】*6ω6)彡☆ キャッ「激情」!!

麻樹様

いやもう…こういうのは、若い内に…笑
情熱が要りますね。

うぉ、麻樹さん18歳の息子さんいらっしゃるの?
お仲間の年代ですね。いや、私の方が上だと思いますが、この際どっちでもいいですね。
ここは多いですよ~。管理人に近い年代の方。うふふ

激しい恋をするタイプなんですね。
激情型だからこそ、亨や信史の内にもこった熱い想いに共感して頂けるんでしょうか。
非難轟々ですが…きっと、これからも亨は非難を受けますが(笑
よろしくお願いします!

私は中学時代の、恋愛とかそういうのじゃなくてピュアな時代に好きだった人に会いたいな~とは思いますけど。もう薄汚れた自分とかけ離れた時代(爆

いつか今のこの3人も、有る程度年取ったら。
今のこの頃を思い出すかなぁ…。苦しかったし、辛かったけど、人を真剣に好きになって、色々考えた頃が懐かしく思える日が、きっと来ますね。

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: お兄さまを想うと…

ぷりん様

お兄ちゃんも、明良も、兄弟っていうので、何かややこしくなっちゃったね。
兄は、弟が甘えれば何でもしてやりたいくらい可愛くもあっただろうし。
明良だって、幼い頃のままの兄でいてくれたら、頼れたのに。
兄ちゃんが恋したばっかりに(涙
しょうがないね。理由考えて「好き」を自在に操れないもん。

兄の件は、結構また後に出ます。これで終わりじゃないです。
あ、でも。もうキモい展開は書きません(笑

では、明日。
有難う御座いました☆

NoTitle

兄ちゃん あなたが護ってやろうとした幼児のままの
明良だったら、よかったのにね。
そしたら、亨だって自分に与えられた妻という
女性と普通に家庭を持つことで落ち着いたでしょうね

これが、このお話しの要 魔性の力なんですね

本人(明良)望む、望まないに関わらず、人を惑わせ。
あまつさえ、その妖力を遣いまくってしまった
為に今頃、二進も三進もいかなくなっちまった…

でも、兄ちゃんは、踏み切った。
後は、亨だ。


篠原さんは、連絡しても繋がらないので
すご〜く、すご〜く、 心配してる?
それとも、今日は兄ちゃんと食事だって
解っているから、まさか、こんな事になっていようとは、
露ほども思っていないかな。

ごめん。もう、どうしようもないです。
きっと、明良のなかでは、こんな贖罪を冒してしまっては
洋平とは一緒に居れない
それでなくても、昨日は篠原兄ィに逢ったとこやし。
今、こんな俺が行けるところは ‘ 助けてくれた亨 ’ のところ
ぐらいしか、無い・・・・

明日は、その身を呈して助けた亨氏の手腕の見せ所。
見事、此の手に愛しい彼の人を抱きしめてみせましょう。


ええ、嘘の上塗りはいつかはばれますよ。
でも、良いの。
それでも、俺の側に、あいつが居るならそれで。

kiri様、こんな時間にこの思考でゴメンナサイ

kiri様

彰人さんのやり切れない思いの場面なのに
私ときたら 今更そこ~?な思考が現われてしまって・・・...(((;´ω`)
明良君に飲ませた媚薬って、何処で手に入れたのー彰人さん!!
体を熱くして疼かせる媚薬でしょ~?? 
私は存じません ( _ _ )..........o だから余計に気になるぅ

彰人さんが購入?自ら…な訳ないし、人に頼む物じゃないし...
ネットで購入?でもあとあと厄介かもしれないし…
もー謎解きは湯船の中で状態で、考えすぎてわからなくなってしまったので、
「たまたま家にあった」という事で締めくくる事にしました( ̄▼ ̄|||)
(ケッキョクジブンデカイケツ)

扉の向こう側には、綺麗な赤い目のウサギさんではなくて、
グレーの、色も感じられなくなってしまった目のウサギさんが横たわっているはず...
私としては、ここで向井君が救出してくれたらなぁと(笑)

いよいよ明日奪還でしょうか??
楽しみにしております♪ 。o☆ありがとうございました☆o。

Re: NoTitle

優様

明良が見た目が綺麗なのは、もう当然として(設定的に)
魔性って言葉では説明しにくいよね(筆力逃げ 笑

幼い時に、自分の妖力を意味もあまりわからず使ってみたり。
自分の身を守るためと、あとは寂しがりなもんで、気を引きたいとか色々。

兄は身を切った。酷いことして、十字架背負って新たなる地獄の門を開いた。自業自得…か。
亨は…。予定外の展開に、思い描いてた未来とは違う方向に行くだろうことは予想しながらも、止められないね。もう…。自分が蒔いた種だし。

そして、明良を一番弱くするのは…自分の兄のこともですが。
洋平の「兄」の存在でしょう。洋平側の人間で、家族。これは相当キツい。
そう。亨はもう…先のことよりも、今。
こんなデキる男が、愛の前では愚かになってしまう。
明良を今度こそ、傍に置きたいという想いだけで突っ走ります。

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: kiri様、こんな時間にこの思考でゴメンナサイ

うさメリ様

何でソコ?笑
これだけの情報社会だから、何処ででも手に入るのかな?
ネットも普通にあるとか聞いたことはあります。
どうやって手に入れたかは、妄想でお願いします。
BLでは、よく出てくるけど…どこで買ってんでしょうね。

女性には効果あまりないっていうのだけは、聞いたことあるんです。
あ、種類が違うんだったかな…。よく分からない。私もグルグルしてきた(笑

>私としては、ここで向井君が救出してくれたらなぁと←何故、向井??

でも、やっぱこの場合…明良が一番安心出来るのは「親友」の向井だろうね。
洋平にも見られたくないもん。

はい。明日はウサギさん…魔王と対面。
有難う御座いました☆

お久しぶりです。。。

学生の途中で気持ち的に読めずにいましたが、また読み始めました^^*)。。。

………お兄さんは幸せになれますか……?

Re: お久しぶりです。。。

momo様

お久しぶりです。
そして、お帰りなさい~。

そろそろ本編は、終わりの兆しが見えてますよ。
ゆっくり、読み進めて下さいね。

お兄さんも、ちゃんと闇からは抜け出せます!

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【暗雲-18】へ
  • 【暗雲-20】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ