女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←5.勝手にバカっぷるやっとけ →11.酒のせいだ※R18
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【5.勝手にバカっぷるやっとけ】へ
  • 【11.酒のせいだ※R18】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

溢れる想い

6.お前しか見てねーぞ

 ←5.勝手にバカっぷるやっとけ →11.酒のせいだ※R18
慶時が来ると、秋也は 自分に対する接し方とは微妙に変化する。
幼馴染とは、こういうものなのだろうか。

テーブルの上にあるメニューを、慶時と一緒に見ている秋也だが、信史にはやたらと体が密着しているようにしか見えない。
しばらくは、我慢していたが どうにもこうにもイライラしてくるし、一向に離れない。

「秋也、そこ引っ付きすぎっ」
いきなり立って、秋也と慶時を引き離す。

「もー、お前うるさいっ。メニュー見てるだけじゃんか」
秋也が怒り出す。

「ふつーに見ろ。…ってか、お前もう食ったろ」
「普通に見てんだろ!」と、秋也が又怒る。
信史の言ってる意味がわからないのだろう。

「お前ら、家隣りじゃねーか。」
信史が、又機嫌の悪い顔で 慶時を睨みつける。

「えー、毎日顔合わす訳じゃねーし、2人でこんなとこ来ねーし」
秋也が な? っと慶時に同意を求める。

信史がポケットに手を突っ込んで、顎を上げた。
これは、かなり機嫌が悪い証拠だ。

「じゃ、家の前で会ってもそうやって、イチイチ引っ付くのか?」
「は?バッカじゃねーの。意味わかんね」
秋也が信史を睨みつける。

「だから、何でお前は すぐにそうやって誰かれかまわずひっつくんだよ!」
「引っ付いてねーよ!誰彼って何だよ?!人聞きの悪いこと言うな!」
「さっき、杉村にも抱きついてたろうが!大体、テメーは普段からスキンシップが多いんだよ!」

秋也と信史の喧嘩が始まったが、杉村と慶時は 目を合わせて小さく首を振りながら苦笑いをする。
中学の頃を思い出して、懐かしいと思いながらも 相変わらずな2人の会話に 笑いがこみ上げてくる。

周りの視線が気になりだしたので
「まーまー、喧嘩すんなよ。久しぶりに会ったのに、俺は悲しいよ」
と、しばらくして杉村が止めに入った。

とりあえず、喧嘩も収まり それぞれの学校生活を話す。

そこでも又信史が「秋也のスキンシップが激しい」と言い出す。
よほど、腹に据えかねているのだろう。

「お前、しつこい!ってか、監視してんじゃねーよっ!」
と、秋也が怒り出す。

このままだと、また喧嘩が始まるので 慶時と目で合図をし、とりあえずは一旦2人を引き離すことにした。
これも、中学時代によくしたことで、慶時も杉村も心得ている。

信史は秋也に甘いが、こういう部分だけは どうしても許せないらしいし、秋也は自覚していない分、言いがかりだと思ってる。
いつまでも平行線で、ラチがあかないので 一旦引き離すのが得策だ。

慶時は、秋也を引っ張って ボクシングの本を買うから付き合ってくれと 連れ出した。


「ちょっと…三村、お前ウザいよ?普通なら、とっくに嫉妬男とか、束縛男とか言われて嫌われてんぞ。女だったら、すぐに広まってエライことになってんぞ」

本来、杉村はどっちかというと寡黙な部類に入る。
中学時代も、女子からは 取っ付き難い存在のように思われていた。
その杉村が、信史に色々と 説明しているのが 信史には有難いと思いつつ。

「なげーよ。説明が」
と、ついふてぶてしい対応を取ってしまう。

「病気だな。病気」
杉村が呆れたように椅子に深く座りなおした。

「うるせーよ」
小さな声で呟く信史に、すかさず杉村が「自己嫌悪か…ってね」と、答えた。


杉村の顔を見て、目を逸らし 信史は大きくため息をついた。

「…自分でもわかってんだよ。」目を逸らしたままの信史に
「言いたいことあんなら言えよ。」
続く杉村の言葉で、顔を上げて杉村を見た。


周りに隠さなければいけないから、吐き出す場所が無いから、こうして自分は延々と同じことを繰り返すのかもしれない。
戸田が言ってた「相手がいるから」という言葉を思い出す。

自分勝手な感情を外に出すわけにはいかないのだから。

杉村は、秋也と気持ちを確かめ合う頃から 2人のことを理解してくれている奴だ。
只の愚痴であろうと、聞いてくれる人間がいるのといないのとでは、大きな差がある。

「あいつが女だったら…って、最近思う。そしたら、誰に遠慮することなく 絶対に触らせたりしねーのに」
思わず、そんな言葉が口をついて出た。

「そんなに心配か?七原は、お前しか見てねーぞ」
「あぁ、心配だよ。あいつが浮気するとかは、ありえね。そん時は、俺から離れて行く時だ。」
信史は、色々なことを 思いつくままに杉村に話し、杉村は、黙って聞いてくれていた。

高校生になって最初に思ったのは、上級生の大人びた人の多いこと。
15歳と18歳のたった3つの違いが、今の自分にはとてつもなく大きいこと。
その上、ライバルは女だけじゃなく 男までだ。

秋也がもし、他の誰かを好きになるようなことがあったら…。
それは、確実に自分から離れて行くことを意味する。

「そういった傾向でもあるのか?」
杉村の問いに、信史は首を振って「今のとこは全く無し」と言ったので、椅子から落ちそうになった。

【BL小説】参加中。↓最後に秋也のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【5.勝手にバカっぷるやっとけ】へ
  • 【11.酒のせいだ※R18】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【5.勝手にバカっぷるやっとけ】へ
  • 【11.酒のせいだ※R18】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。