FC2ブログ
女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

「愛なんぞ、くそ喰らえ」
暗雲

暗雲-3

 ←暗雲-2 →暗雲-4
稲畑は、後部座席にいる亨を見ないようにハンドルをギュッと握り、ギアをドライブに入れ、車をゆっくりと発進させた。
それでも、思考はつい。
さっきの姿に戻ってしまう。

鹿島亨と言う男を、幼い頃からずっと見てきた。

利発で優しく、父の跡を継ぐために、一年中連れ回されても、子供らしくゴネたことさえ無い。
それが自分の使命だと、幼い頃からどこか悟っていたような感じさえ、今はする。

ただの一度。
たったの一度だけ、泣いた姿を見たことがある。
まだ小学生の低学年だった頃。
小さい頃から可愛がっていた犬を、病気で亡くした時。

車の中で泣いてる息子に、父親が「人前で泣くな」と一喝したが、歯を食いしばっても泣きやめず…。
声を殺した嗚咽だけが耳に届いた。
その声は、今も耳に残っている。

心の中で「思い切り泣かせてやってくれ」と。
そんな風に思ったのも覚えてる。

その嗚咽さえも、幼くて…胸が痛かったからだ。

それ以来、一度も泣いてる顔を見たことがない。
唯一、甘やかし、可愛がってくれた祖母が亡くなった時でさえ。
弱味を外で見せれば、それがどこにどう影響するかを悟ったのだろうか。

犬が亡くなったと、泣いた。
嗚咽を止められずに、必死で堪えながらも泣いていた。
あの少年は…もう、何処にもいない。

稲畑は、後部座席に座る亨をチラリとミラー越しに見る。

色んな人間を車に乗せて来た。
車の中では、人は本当の姿を見せたりもするものだ。
警戒を解き、力を抜く瞬間に見せる本音。
強がってみせても、時に弱音を吐く場所。

けど、この男は…およそ、怖いということを知らないのかと思うような時がある。
大胆不敵な豪胆さと、怜悧さは、後ろに続く社員たちにどれだけの影響を与えてるか。
次期トップに立つ男が強さと輝きを見せれば、そこに自分たちの仕事の「未来」を写す。
小さい頃から見てきて、会社を背負って行くにふさわしい男へと、立派に成長した。

だからこそ。
自分が今見たシーンが、信じられないのだ。
幼い頃から、ただの、一度も見たことがない。

車の中でジッと待ってたが、あまりにも遅いので心配になった。
無理が祟って、一度体を壊した過去があるから…車を降りたのだ。
そして…自分の目に飛び込んできたのは、男と抱き合う姿だった。

時々…。
この何年かの間、車の中から見ていた男だと言うのだけは、気づいたけど。

去って行く男を見つめる後ろ姿は、哀れだとさえ思う程崩れ落ちそうだった。
振り向いたその顔は、血の気を失い、能面のようでいて。
例えようのない、哀しみを宿していた。

心臓に毛が生えてるのだという噂通りの、男だったはずだ。
血を吐いてでも、戦ってきた男だったはずなのに。

それを、あんな若い男に簡単に打ちのめされるなんて。
あの男は、一体…何なのだ?

稲畑は、初めてみた姿に、まだ打ちのめされていた。

*

顔を伏せて、考え込んでいた亨が携帯を弄り始めた。

「戸沢、俺だ。明日、花崎に連絡しろ」
『花崎…』

電話の向こうで、戸沢が眉をしかめる。
顧問弁護士は何人かいるが。だが、花崎は…

「話が一行に平行線で進まない」
『時期尚早かと』
「祥子もまだ若い。別れるなら早い方がいい。お互いの利害は、もう果たされたはずだ」
『しかし…』
「…俺に指図する気か?」
『…口が過ぎました。申し訳御座いません』

戸沢の言葉を聞いて、亨は電話を切った。

待ってろ…明良。

お前のおかげで、久しぶりに体も、心も、熱くなったよ。

予定では、あと数年先のはずだったが。
身辺整理をするまで、待つつもりだったけど。
話が、一行に進まないままだ。
その時間が、今はもう勿体無い。

あの日。お前を偶然見かけてしまってから、ずっと…。

毎日、毎日、毎日。

お前のことばかり考えてるよ。

いや、偶然とは言わないか。
俺は意図してお前の店の近くの現場に、必ず水曜日に行けるようにスケジュールに入れていた。
それも…時間が一番最後になるように。

でも、店には入れなかった。
外から、店の中を覗き見ることさえ、出来なかった。

怖かったんだよ…。お前のことが。

お前だけだ。
俺を臆病にさせるのは…。

けど、コンビニに向かうお前を見つけ、そこから出てきたお前を見て。
もう、自分をどうしようもなく止められなかった。
影から見るだけじゃ飽き足らず、その目に俺を映して欲しくなった。

俺を見て、驚いたお前の顔。
長い睫毛に縁どられた黒い瞳。白い肌、赤く小さな唇、細身のスーツを纏った華奢な体。
そのどれもが、俺の記憶を鮮明にして行った。

お前の言う通り。
俺はストーカーだ…な。
そんなことさえ、言われるまで気づきもしなかった。

ただ姿を見たくて。
その目に、俺を映して欲しくて。
まるで、中学生に戻ったような気分になれたよ。

亨は、そこで明良の体の感触を思い出す。

自分の両手を広げて、しみじみと見つめる。

この手で、明良を…抱きしめた。
ずっと触れたかった明良に、触れることが出来た。

そのことだけで、指先は小さくブルブルと震えている。

亨はその指先を、ジッと見つめて明良を思う。

この世で一番欲しかったモノを、なぜ諦めなければならないのだろうかと。
手放してからずっと、心にこびり付いていた思いは、歯止めなく亨を急き立てて行く。

今の状況では、時期尚早だという戸沢の声も。
その通りだという、自分の中の理性も。

そんなものは…この数年間、明良を欲してのた打ち回っていた亨の心に、勝目は無い。


明良…。

どんな手を使っても。
…俺は、お前を取り戻す。

お前が泣こうが、喚こうが。
最後に…俺の腕の中で笑う日が来ればいいだろ?


壊れればいい。


お前の中の、その強靭さは…ぶち壊すしか無いよな?


そうすれば、お前は永遠に俺の傍に居る。


さて、どんな手でお前を追い詰めようか?

どんな手で…お前を壊そうか?

壊れたお前を、この腕の中に抱く日が楽しみだ。

俺のウサギは…どんな風に俺の手に堕ちてくるのだろう…。


可愛い俺のウサギ…。

今度こそ、離さない。


亨は口元に笑みを浮かべ、目を閉じて。シートに深くもたれた。

【BL小説】参加中。↓最後に明良のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
BL小説ランキング携帯用
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ 3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ 3kaku_s_L.png 頂きモノ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【暗雲-2】へ
  • 【暗雲-4】へ

~ Comment ~

(*^^*)

やばい!やばい!ヤバイよ!!

これは明良と亨がぶつかり合うのも
遠くはないですよね?

稲畑さんと亨 でも良いかもとか思ったり♪

稲畑さん、もっと  語って~(人'∀'o)

明良も知らない 亨を 別サイドから知り 嬉しいな♪
稲畑さん以外にも もっと 亨を語って欲しいです!

明良を 再び 取り戻すべく 色々と動き出した亨に 
わたしも たくさんの読者さんも 色々な感想が寄せられてますけど
振り返ってみれば まさに 今の亨こそ『魔王』そのもの!

あぁ 私って そんな魔王の亨に魅せられ惹かれていたんだわぁ~と。。。
明良と 洋平の 穏やかで幸せな時間に浸り過ぎて お脳が幸せボケしてたんだなぁ~と。。。

魔王・亨 復活 バンザ~~イ!
一生 就いて行きます(シ_ _)シ  ハハァーーΨ( ̄∇ ̄)Ψワッハッハ~♪...byebye☆


主人公は明良

kiri様

このお話、やっぱり明良が鍵なんだなって思いました。
明良人気ないけど。
秋也と全然違うけど。
秋也があってこその信史なように、明良が頑張らなきゃなんないんですね。

稲畑さんの回想も興味深かったです。
いつか、こういう関係者目線の亨のお話読みたいです。
BLじゃなくても(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

愛憎満タン パワー全開!!!!
黒い羽根ならまだしも、黒い炎を纏って更に巨大化!!!?
(でもこーゆー時って妙な色気が出てたりするんですよね)

目的決まったら即実行なお方とは想像していましたが
既に離婚話も進行させていらっしゃったとは……
それとも最初から亨君の台本には書かれてあったとか…

Kiri様がおっしゃるように照準が合ってしまったなら、
明良君には『ふんどしギュッと締め直してかまえてろ』と言う事しか出来ません…可哀想ですが(T-T)

奥様 祥子さんて言うんですね!
亨君の奥様の事は前から気になってました(笑)
利害関係や何やかやわかってて結婚した方ですよねぇ…♪
そして今は平行線状態。。。
亨君、女性も時と場合によっては恐いですよ~~(( ̄_| ヒヒッ ヒヒッ

明日も楽しみにしてます♪ありがとうございました♪♪

巻き込んでいく・・・。

亨が、初めて他人に見せた炎。その昏い色に怯え、魅入られ、引き摺られる。

稲畑さん、最初の被害者(?)ですね。そしてこれから起こる事は、お墓まで持って行かないと・・・。
でも、明良を間近で見たら、納得してしまうかも。


その明良を再び手の中に入れるため、加速し始めた亨。
離婚から手を付けるとは思いませんでしたが、覚えていたんでしょうか?
「不倫はしない」というセリフ。

明良の行動範囲でさえ調べ上げた感のある亨の次の策(て)がどこに打たれるのか。

そしてどんな刃(やいば)で洋平との間を切り裂くのか。


ただ思うのは、泥の中からハスの花が咲くように、亨の’恋’が’愛’になり昇華される日が早く来て欲しい。 ということ。


でもねー、好きですよ。自分から闇に染まっていく男。理由が恋愛ならなおさら。
行ってくださいとことん。
見せていただきます、亨の思いの深さ。









管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

U・ェ・U


kiriさま


お久しぶりです―。

おとといまで実家にいてコメントできませんでしたが、
毎日! かかさず!! 読んでましたよ!!!


春休み中は、母と2人で沖縄に旅行に行きました。

両親が銀婚式で、母は父と旅行に行きたかったみたいですが、
仕事で父の予定が合わず、とっても暇なわたしが行きました。

初沖縄、天候にも恵まれ、楽しかったです。


亨さん……いよいよキましたね。

明良さん、がんばって。洋平くんも、今後の活躍に期待です。


明日も楽しみにしています。
 
 

稲畑さん視点の亨さんを知ってしまった。
でも、知れてよかったデス
黒魔王かもしれない、でも、亨にだって、幸せになってもらいたい。。
でも、、
でも、、、

亨へ:明良を壊すなんて恐ろしい考えは捨てて、離婚する覚悟あるなら(奥様はかわいそーだけど。)!正面から洋ちゃんと戦ってほしい。
だってね亨さん?
愛を教えたのは、あなたかもしれない、でも亨さんの愛は殆どが辛い記憶、その中の、たった少しの幸せ。。
明良は、多くを望んでなかったでしょぉ!!
そんな幸せしか知らなかった明良が頑張って洋ちゃんと向き合ってる。
自分が何年も掛けて、手放すように冷たい態度をして、家業のためといえばそうだけど、明良を捨てて結婚して。
ろくなコトしてないよ?明良に対して。
それなのに、またひどいコトしようとしないで!!
明良がかわいそう。明良は、やっと安心できる相手を見つけたのに。それでも明良を自分のものにするなら、
ちゃんと明良に謝って!!
傷を償って、まっすぐ愛してあげて!
e-247兎は、壊す前に、愛して、かわいがるものなの!!もぉーー)
時間は、戻ってこないんだから。

kiriさまぁ、亨があきれるほど、かわいそう。すでに亨の崩壊が始まってる。。明良、また傷ついちゃうのかなぁ、また人を愛せなくなっちゃうのかな。心配です。。

今の私の心境。
まるで、台風がくる前で、急に太陽が見えたり、厚い雲が覆ったり、でも、もっと、もっと強い雨風、雷が来る。
天気予報みて予想進路確認して、オロオロしてるトキです。
どーしましょぉ、kiriさま。。

今日は、拍手コメで文字数多くてダメでした。

文字減らすチャレンジしたんですよ、、これでも、、
減らしても、無理でした。爆
どーしても、亨に言いたいことが、ズルズルと出てきてしまって。。アセ
自分の、文章を読み直しながら、無意味に多い句読点に、びっくり。。爆
いつも、読みにくいのに、お返事ありがとございます~

ロックオンッ!?(汗)でも・・・

そっか~。なかなか強引に来なかったのは、亨も明良の拒絶が怖かったのね。
ただ一度の拒絶で、ここまで壊れてしまうくらいに・・・

でも、壊して・・・堕ちてきて・・・その明良は、
亨の惹かれた『明良』なのでしょうか?
綺麗に生きているからこその可愛いうさぎじゃないのかなぁ・・・
そこはもう、壊れた亨には、見えてないのかしら><。

明良~逃げて~耐えて~戦って~!(泣)壊すってどんなんなんっ?
なんかホラーBLめいてきたような・・・(苦笑)

あ、でも亨の小さい頃の話とか、すごく興味深かったです。
だからこそ、明良の存在が大きく感じさせられました。

明日も楽しみにしてます~

離婚するのですか?

小さい頃から甘える事も許されない亨くんを 稲畑さんはずっと見て来ているだけに亨くんの奥底に封印している人間らしさを愛しく思っているのですね。
亨くんは明良くんを怖かったと言う。
明良くんも 洋平くんとの間にナイフで切り裂くように入り込んで来ようとする亨くんを、
まだ好きで 揺れてしまう自分を 怖がっている。
でももう亨くんは怖さは捨ててしまったようですね。
壊す、壊してでも手に入れる。
稲畑さん、一番欲しかったモノを諦め走り続けて来た亨くんが理性を失っています!
どうしたらいいですか?

Re: (*^^*)

あさみ様

ヤバイね…。

亨と洋平の本当の戦いは、最後の方です。
今の洋平は、亨の相手になりません…。残念ながら。

え、亨と稲畑??年齢差、親子…。稲畑が受け?
やだーーー(笑

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: 稲畑さん、もっと  語って~(人'∀'o)

けいったん様

有難う御座います~~~(嬉
非難轟々の中、そういっていただけると、力もらえます…。

そうなの。亨をさんざ「黒魔王」と言ってきた意味は、ここからなのです。
甘々なBLを書くつもりなんて、さらさら無かったので。(それは37の領分)
洋平との甘い日々に慣れてしまうと、亨は強烈なのかしら…。

でも、ここからなんですよ。私が書きたかったのは。
間違ってることだって、おかしいことだって、書いてる私もわかってるつもりなんですが(苦笑
このままでは終わらせないです。はい。

頑張りマス!!
有難う御座いました☆

Re: 主人公は明良

志緒様

はい、その通りです。
明良が決めること。
自分で、ちゃんと決める。

攻め2人が、どれだけの「愛」を持ってしても、それを受けるのは明良くんですもの。
人気なくてもイイんです(苦笑
私は、明良が可愛いし…亨だって、愛しい。もちろん、洋平も。
3人が色々気づいて行くまでは、辛いけど、成長ってそんなものだし。
間違ったことしたことの無い人より、間違っても気づいて行く過程に惹かれます。

また出ますよ~。稲畑以外の人が、亨の仕事を語ります!

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: どちらも「ほしい」だけれど……

鍵コメL様

お久ぶりです♪時々お顔出して頂いては、嬉しいコメントを!!(嬉

亨と、洋平は、明良を愛してる気持ちは同じ。
でも、その愛し方が全然違うんですよね。
本当は亨だって、明良を自分の手で「幸せ」に微笑むようにしたいはずです。

そして、Lさんの言う通り。明良が、それをどう受け止めるかなんですよね。
洋平がどれだけ温めようが、亨がどれだけ壊そうとしようが。
明良本人の意思。最後は、これです。

どれだけ愛されてるか…が観点では無いんです。
自分自身が幸せになる道を選ぶのだって、大人としてするべきことの一つだと思います。

わー。毎年引越しされてるんですか??え、すごっ…。
はい、まとめ読みでもなんでも…。最後まで読んで頂ければ嬉しいです♪

その間に、この3人を…揉んで、揉みまくって(笑)強くします…

有難う御座いました!!
また、お顔出して下さるの、待ってます♪

Re: タイトルなし

うさメリ様

亨は、あの別れの日も、洋平にも、「戻って来る」というようなこと言ってましたね。
洋平との穏やかな日々に、いきなり水どころか刃を突き刺す存在ではありますけど。

>ふんどしギュッと締め直してかまえてろ←笑
こうなったら、明良のようにふんどしギュッって見てて下さい…。

そして、忘れてはならない亨の家族。
ここもちゃんと出てきます。
亨は、女を甘くみてる?笑
亨だって、どんだけ仕事出来たって28の青二歳。人生というメモリはまだ28しかない。
今はどうでも。30半ば過ぎからは、すっごいイイ男になってるはずです。中身もね。

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: 巻き込んでいく・・・。

ますみ様

稲畑さん…。かなりの衝撃を受けたもようです。
ただの(?)若い男に、たったの数分で打ちのめされた亨に。

明良が、モラルに拘らない子であれば、この話は無かったです。
人並み以上にモラルに拘る明良。奔放なくせに、そこだけは絶対。
あれだけ亨が好きでも、モラルが「上」だったんですね、明良には。

それに対して、亨はそんなもん、全く気にしない人。周りも愛人持ちまくり。
「愛してる人を傍に置いて、何が悪い」の世界の人。
水と油です。ここは。

だから、明良を壊しに行くんですよ。
強靭な部分を…壊しに行く。

結婚や離婚なんて、ハッキリ言ってしまえば、亨にとっては大きなことではない。
結婚=契約 ですから。
あ、また誰かに怒られそうだから・・・ここでやめとこ(笑

>亨の’恋’が’愛’になり昇華される日が早く来て欲しい
必ず、来ます。お約束します!!

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: U・ェ・U

美織様

お久ぶりです♪
え~イイですね~。母娘で沖縄!!
私も娘と行きたいな~。でも、娘はもう勝手に自分らで国内・海外行きまくり…チクショー
お~~ぃ…母を放置して、冷たいぞーー
ま、貧乏暇無し…ですので、地味に頑張りマス!

沖縄は、数年前に行ったけど…5月辺りで、もう溶けるかと思いました。暑くて…。
でも、また行きたいな♪

はい、役者が揃いました。
洋平と明良のラブで、平穏続きでしたが。
とうとう…後半戦、一回目のクライマックスです☆

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

you様

今日はこっち。書きたいことがいっぱいあったのね!

youさん、亨は普通の家庭に育った男とは違うのね…。
そして、嫁も同じような環境で育った人なの。
ここに、一般常識は通用しない。
もちろん、結婚というのは、愛し愛されて、生涯を貫く誓いではあるんだけど。

亨にとって、愛人を持つことは、悪いことではない。
でも、明良が「絶対に受け入れない」これも、明良の生い立ちから来てる。
この2人は、そこの部分が絶対に相容れないの。
明良の考えが普通なんでしょうけど。中には、それを受け入れてる人もいるのです。

恋愛に、傷はつきもの…と思って、書いてます(酷い?
傷をつけた方が謝るのは自分がそれにちゃんと気づいて、心から「悪かった」と思った時に。

「賽は投げられた」んです…。
ここで、亨が「やっぱり明良のこと諦める」となれば…話は終わる。
そして、明良はまたずっとビクビクしながら、洋平との毎日を送る。
そんな明良を見て、洋平は不安になる…。

私は、そんな明良が嫌なんです。
ビクビクすんな!!堂々と愛されろ!!…と、思ってしまう。
男同士で生きるなら、明良ももっと強くならないと。
明良を愛するなら、洋平も、亨も、もっと大きくならないと。

可哀想かもしれないけど、ちゃんと強くさせます。大丈夫!!
私を信じて、youさん。最終回の時、この頃を思い出して欲しい。

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: ロックオンッ!?(汗)でも・・・

む~様

亨は、明良のことには弱いし、怖い(笑
たった一つのアキレスです。

そして。
亨は、明良に壊れて欲しい…と思ってます。
なぜなら、傍に居てくれるから。
屍でも何でもいいの。傍に居てくれれば。
自分が仕事から帰って、そこに明良が居てくれれば、いいの。
もう明良の存在が「愛」なのです。どう?怖いでしょ?爆

それくらい、亨は明良を手放してから地獄を彷徨ってたのでした。

>なんかホラーBLめいてきたような←ひどい~~~~笑
でも、自分でもそんな気がしてきた…コメ欄読んでて。

あ、そうだ。む~さんが前に描いてくれた、亨の絵(血の涙)
あれが、こないだの明良の後ろ姿を見る亨の表情です。予知絵ですね・・・

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: 離婚するのですか?

ぷりん様

離婚は、そう簡単には行かないかな?
亨も「平行線」だって言ってるしね。
この奥さんも、亨と同じような環境で生まれ、育ってきた方です。

愛人を持つことは、亨には「悪」ではない。
明良がそれをしてくれたらイイと、何万回も願ったことでしょう…。
だから壊す…という思考に行った。
そこまでしてでも「欲しい」んです。やめてーーーという声が方々から…汗

>どうしたらいいですか?←爆、爆
ぷりんさん、稲畑さんに聞いても…笑

では、明日。
有難う御座いました☆

ついに…

kiriさんお久しぶりです!
読み逃げばかりですみません(^_^;)
でもいつも読んでますよ~。

ついに黒魔王が復活しちゃいましたね(>_<)
これからの明良&洋平を思うとまた切なくなりますが、見守りたいと思います(^-^)

それにしても心理描写が更に細かくなっててどんどんお話に引き込まれています。

これからも楽しみにしていますo(^-^)o

Re: ついに…

ローズ様

きゃ~~♪ローズさん、お久ぶりです!!(嬉
以前この話UPしてた時も、毎日のように応援くださってて…(涙
あの頃書き続けられたのは、ほんと応援のおかげ。
ブログの改稿と同時進行で、息も絶え絶えでした。
だから、今、随分と書き直してます。気づいてくれてます?笑
一度読んだ方も、結構また読みに来て下さってるんですよ。
話知ってても、読んでもらえるって、めちゃ嬉しいです。

亨の悪行も、少し訂正しました。あの頃は、見切り発車で書いた分を、ここまでは必要なかったかな…って思うとこや、足りないとこも。

また、あの怒涛のごとくの泥沼恋愛が始まります。
ちょっと設定とかも変えてますが、これはこれで楽しんでもらえたら♪

また来て下さいね!!
有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

修羅の道

Kiri様
皆様 こんばんは レオです。

明良に溺れちゃってる私…溺れてアップアップしないよう、週末コメに徹してたのですが、もう亨の壊れっぷりについつい出てきてしまいました。

唯一無二の存在である明良…壊してまでも自分のものにしたい気持ち、私はよくわかります。稲畑さんの話を聞いて…亨はどんな自分をも受けいれてくれる存在が明良しかないことがあらためてわかりました。辛いね、亨。辛い…。
でも明良を壊すことは己を壊すことに他ならないのに…。傷だらけになりながら、欲しい、欲しいと執着すればするほど手に入らないものなのに。

壊れた明良を抱えながら歩く修羅の道。でも必ず亨も明良の幸せを願うように成長すると信じています。明良もきちんと成長してる。成長した明良の、亨に対する愛はきっと亨を変える。明良が亨を選ばなかったとしても。

この三人を見てると、私もまだまだ足掻いて成長したい、悩むこと、苦しむことから逃げないでいたい…と思いました。こんな気持ちにさせる小説に出会えて幸せです。ありがとうございました。

明良!亨!洋平!みんな頑張れ♪

Re: タイトルなし

鍵コメo様

あ。今日はめちゃ短い(笑

この狂気を元に戻すのは、明良です…。明良しか居ない。
けど、明良…ちょっとアホなんで、そんな悟ったようなこと出来ませんけど。

明良が色々悩みながらも成長して行けば、亨もおのずと。

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: 修羅の道

レオ様

週末じゃないのに、お顔出して頂けて♪
ほんと「修羅の道」ですね。昔、そんな映画があったような…
私が本当に書きたかったのは、ここから…かもしれない。(ぇ

決して。亨の酷さを書きたかった訳では無いのです(苦笑
最初に宣言通り、色んな「愛」を書いてみたかった。
美しい愛も、歪んだ愛も、醜い愛も、存在の愛、親子の愛…。恋愛だけじゃない部分。
誰の心にもある、色んな「愛」を、BLという限られた設定の中で、自分なりに一生懸命に書いてみました。私も大した経験もないので、そんな大それたことは書けないんですが(汗
書きたかったことの半分も、文字にすると書けない感はあり。それは私のただの実力不足(汗

>成長した明良の、亨に対する愛はきっと亨を変える←凄い!その通り!
明良が亨を諭すとかは、無いですけど。人は知らずに、影響しあってる。
もがき、足掻き、彷徨いますけどね。当然だって思って書いてる。で、またイラつかせるkiri

なんか変なBLですが…。自覚してます(笑)いつか追い出されんな…

では、明日。
有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

;_;

ずっと、ずっと、
色んな事、我慢して。
とうとう… 。
想いって、我慢ばっかりせずに小出しにしないとダメですよね。
でないと、亨みたいに マグマの噴火が、、、


それでも、母は、読み続けます

でも、あんまり辛すぎると 勇次のSSの催促に力いれちゃいます
ーーー 隼の5000と、勇次の1000
どっちが早いかな…。

あ〜 陸朗のポチがあったらな…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ちっとも。ですよ。

鍵コメm様

あは…。有難う御座います☆
変じゃないですか?良かった。
まぁ、「変」と言われても、追い出されても、書きますがっ(ぇ
読んで下さる方がいれば、書ける内はボツボツと頑張りマス♪

え、まだあるの?腐腐…♪

Re: ;_;

優様

亨もね~。明良と出会ってなかったら。
明良が♂でなければ、ここまでならなかったと思います。
だって、周りだってそういう環境多いからね。
出会ってしまったのが、男同士だったのが、運のツキ?

あ。また我儘言うてる!!SSとか陸ポチとかっ
今、kiriは鬼kiri&黒kuriだよーん。あなたの、息子(心の)のせいで。

そんな黒勇次なんか…か、か、書けない!!
あ、鬼勇次は書けるけど、SS全部鬼とか…いらんやろ?笑

ちょっとね、どっかでガス抜きはせんとね~。とは思ってますが。
いかせん…何も浮かびませんゼ?どうしましょ。
その内、浮かんだ時にダーーーっと書くわ☆

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: 今日は非コメで

鍵コメC様

いいの、いいの。同情なんかしなくても、いいんですよ~
だって、亨はそれを「普通」だと思ってたんだし。
愛が全く無かった訳でも無い。虐待受けてた訳でも無く、どっちかというと、恵まれてる人。
帝王学ってのは、そうやって刻み込まれて行くモノなのです。

皇室の方々も、大変ですよね。
大学のサークル(?)の写真で、テーブルにお酒が乗ってただけで大騒ぎ。
後ろに写ってただけだっての(苦笑)大学には成人した人もいるんだから。
写真の後ろにまで気つかわなアカンのか…と、気の毒でした。

あ。以前にメール頂きました。お知らせ下さって、有難う御座います!!
私は、ただワンコのように待つのみ…です♪

では、明日。
有難う御座いました☆

うわぁ~

kiri様
こんばんは。

怖くなってきましたね。

幼少の亨~可哀そうだったけれど・・・。
そこまで深く愛していたのに諦めなければいけなかった思いを考えると同情したくなるけれど・・・。
明良を忘れられいのはわかるけれど・・・。

でも、でも、怖い~。
愛が深いほど怖い~。
開き直っているのが怖い~。

壊しちゃう~永遠~
うわぁ~うわぁ~

でも、でも楽しみです。
kiri様、毎度お楽しみをいただきありがとうございます。
何が起こるのか想像つきませんが、心して読むと初めに決めていましたので、ど~んと来いです。

まともの感想を書けずに申し訳ないです。

Re: うわぁ~

みっぺん様

ホラーBLっぽいね…。
亨がこんなに怖がられるとは、ちょっと予想超えてしまった…←麻痺してる?

いやー。亨は別に可哀想じゃないのよ。
そういうお家に生まれたの。
亨はそれに疑問を感じてた訳でもないから。

明良に出会ってしまって、結ばれないことが余計に「愛」を深めてしまったのかな…。

>うわぁ~うわぁ~←笑
>心して読むと初めに決めていましたので、ど~んと来いです←嬉しい!!
そういう言葉が、今は一番嬉しいです♪

では、明日。
有難う御座いました☆

私トオルさん好きじゃないです〜( i _ i )もーやだあー( i _ i )
きっとあきらに選ぶ時が迫っているのですね。トオルが奥さんと別れてあきらのところにきたら、あきらの心配するところ(未来はないとかそーゆー話)においては、トオルもシノも対等もしくはシノがぶがわるくなるのかな、、一度トオルさんはあきらを切ったから、この決別の傷はあきらの中で大きい、そしてシノのバイセクってのが、この二つが両者のマイナス面というかなんというか、、、トオルに飛び込んでいってもいいってなったらあきらそっちに行くのかよ!!!( i _ i )
心の根本的な部分で求めてるのはトオルだから、もうこの先アキラがトオルのところに行っちゃうんじゃないかって苦しくて苦しくて…( ; ; )そしたらシノ死んじゃうよ…

Re: タイトルなし

ななな様

落ち着いて、落ち着いて!はい、深呼吸…笑

もうなんか、先走って色々な想像に向かってますが…
心の動揺が、コメントから溢れかえってますよ~~

大丈夫!!大丈夫だから。
誰も死なないし、そういう気持ちにもさせない。
私が基本的に、そういうの嫌なので(苦笑

傷ついて転げ回ろうが、心から血を流そうが、投げやり、諦め…色んなことを経て。
どんなことがあっても、必ず前を向かせます!!見ててね。

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【暗雲-2】へ
  • 【暗雲-4】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ