FC2ブログ
女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

「愛なんぞ、くそ喰らえ」
芽生えの時

芽生えの時-15☆R18

 ←3.model〈完〉 →芽生えの時-16☆R18
部屋に流れる、険悪な空気。
2人して睨みあって、そして明良が目を逸らす。

喧嘩…というか、俺が勝手に怒ってるだけなんだけど。

「明良さん。こっち見て」

洋平の言葉も無視して、パソコンのソフトを立ち上げた。

「ズルイよっ。いつも喧嘩になったら、そうやって仕事に逃げる!!」
洋平が怒ってる。

そう言われたらそうだと、明良はソフトが立ち上がるのをボーッと見ていた。
別に急ぎの仕事じゃないし、次に入荷する石を見てからじゃないと進まないのに。

立ち上がったソフトをキーで叩いて、マウスでクリックしてみても、集中なんか出来る訳がない。

「明良さん。何、気にしてんの?今の電話?」

そうだよ…。
最近、しょっちゅうかかってくんじゃん。
それも、部屋で2人で居る時に。

電話から女の声が漏れてきてんじゃん。

「会社の後輩なんだよ。春に、俺の仕事の事務担当になった子。専門用語とか計算法とか色々ややこしいから」

だったら何で、仕事終わってからもかかってくんだって。
お前に気があるからだろ?
それもお前、ご丁寧に仕事教えてやって。
一言「明日、会社で」って言えばいいだろ。

…なんて、口に出さずに。
俺は、何でこういう時、ちゃんと言えないんだろう。

こういう時に男である自分にジレンマを感じる瞬間だ。
公に出来ないってことは、そういうことなのに。

洋平が悪い訳じゃないのに、腹が立つ。
浮気を疑ってる訳じゃなくて、愛想よく答えてることに腹が立つんだ。

「明良さんってば!!」
名前を呼ぶその声に、本気の怒りが混じり始めたのに気付き、さすがに無視もできなくなって明良は洋平に顔を向けた。

「誤解してる?」
「されるようなことしてんの?」

明良が言い返すと、洋平がホッとしたような顔をした。

「良かった」
「何が」
「無視されなくて」

そう言って、傍に来る。
パソコンの前の椅子に座ってる明良の後ろから、両手を回して抱きしめてくる。

「さっきの電話でしょ?」
当たってるけど、明良は答えなかった。

「会社の子には、明日言うよ。仕事終わったら、緊急の時以外は、電話取れないって」
「いいよ、別に」
「よくないでしょ?」

洋平に言われて、明良は俯く。

「けど、仕事なんだろ?」
自分の言い方が拗ねてるのがわかって、嫌になる。

「まぁ…ね。でも、考えたら会社で朝一番でも答えられるし。俺が無神経だったかな」

素直にそう言ってくる洋平は、凄い。
いつだって、こうやってちゃんと言葉にして言ってくる。

「ちゃんと聞いて」
洋平がそう言うから…明良は渋々と、小さく頷く。

「事務の子は、俺より1時間早く来るんだ。そして、俺は現場に行ったりするから、会社で顔合わさない時もあんの。だから、電話かかってくるんだよ」

洋平の説明に、わかるような…わからないような。

「でも、そんなの何て言うんだよ?」
「焼きもち焼かれて喧嘩になるからって言うよ」
「やっ…きもちとかっ」

洋平の言葉に、顔がカッと熱くなった。
ただの仕事の電話に、嫉妬して…洋平にそこ指摘されて、俺馬鹿みたいじゃん。
…けど、どう見たって気があるだろ?
仕事の話の後、何か色々聞かれてんじゃん。

「可愛い、明良さん」
耳元でそう囁くから、腹が立った。
自分の女みたいな下らない嫉妬と、それを余裕ぶる洋平に。

「年下のくせに、エラそうなんだよっ」
そう言って、自分の体に巻きついた洋平の腕を引きはがす。

「年下だよ?それは一生越えられない」
洋平は、だんだんと明良の言うことに動じなくなってきていた。

そして明良は、こういう時答えられなくなるのだ。
言ってることが、最もだから。

「好きだよ、明良さん。不安がらないで」
「…そんなんじゃない」

明良がそう言っても、嘘ばっかり…という顔で見てくる。
そしてまた、それにムカつく。

「お前、マジで何かムカつくっ」

洋平が大きくため息を吐いて、明良の椅子を回転させて目の前に立つ。

「ほんっと、何処に地雷が埋まってんだろ?」
困ったような顔のまま、腰に両手をあてて言う。

明良は自然と上目遣いになり、洋平と目が合った。
どう考えても…俺の方が分が悪い?
そう思って、目を横に逸らす。

「明良さんってば」
「うるさいっ」
明良は何だかバツが悪くて、洋平を拒絶する。

「…じゃ、もう強引に行くよ」
洋平がちょっと怒ったような顔をして明良を覗きこみ、そのまま横抱きにしてベットに連れて行く。

「ちょっ…誤魔化すなよっ」

明良が怒っても、そのまま覆いかぶさってきて軽く音を立てて、キスをしてきた。

「誤魔化してないよ。俺、後ろ暗いとこないもん。けど、明良さんは、こういう時素直じゃないでしょ?下手したら明日まで続く。だから、体に聞こうと思って」
「なっ…」
「体は、すっごく素直だもん」

そう言って、強引に唇を塞いできた。

*

「っ…洋平…」
縋るような目をしだした明良に、洋平は心でほくそ笑む。

「どしたの?」
下着を脱がせ、足を開かせて。
その中心部にだけは触れてやらず、周りと胸の尖りを愛撫だけする。

何度もキスをして「好き」だと囁き続け、明良はもう、トロトロに溶け始めてる。

本当に、俺も我慢強くなった。
あんたのおかげだよ、明良さん。
すぐに機嫌が悪くなって、でもその原因は大抵わかるんだけどね。

体は素直なくせに、心は複雑で。
素直なとこと、頑ななとこを行ったりきたり。

明良の体の中心部は、触れてもいないのに綺麗に立ち上がり、先端から蜜を零してる。

機嫌の良い時や、発情した時は、自分からそれこそ妖艶に誘って、俺は簡単に堕ちてしまうけど。
今日は、自分から言ってこない。
さっきの険悪な空気を誤魔化そうとしてる…そう思って、意地張ってんだ。

いいけどね。
俺も、今日はあんたの色気に惑わされないよ。
そう思って、また愛撫を繰り返す。

臍の周りを舐りながら、足を上げさせて、その内側の真っ白な内股に唇を当てながら舌を這わす。
声を上げ、腰を揺らせて先をねだるけど、肝心なとこには触れてやらない。

明良の顔は、泣きそうで。
それが余計に興奮を煽る。

「ようへぃ……」
「何?」

もう達しそうになるくらいに、ガチガチになった自分の雄に目をやって、洋平を見上げてくる。

「ちゃん口に出して言って」
「イきたい…っ」

洋平の手を強引に、自分のペニスに導いてきた。

「手でいいの?」
「もっ…いいからっ。出したいっ」

はっはっと、荒い息を漏らしながら強請る明良に堪らなくなって、手で竿をゆるりと上下に何度か扱いてやれば、背中を反らして声を上げる。

【BL小説】参加中。↓最後に明良のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
BL小説ランキング携帯用
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ 3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ 3kaku_s_L.png 頂きモノ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【3.model〈完〉】へ
  • 【芽生えの時-16☆R18】へ

~ Comment ~

(*^^*)

最初はびっくりした~(;´д`)

ケンカ、大丈夫かなって思ってたけど

やっぱり大丈夫だったし!!

ホッとした(*^^*)

久し振りのR kiri様からのご褒美がwww

うふふ♪♪明日も楽しみ~(*^^*)

なっ、なんか

洋平がかっこいいんですが……
どきどきしますっ どうしましょうっ。

いつの間にこんなに余裕が…?
ああ、かっこいい!

焼きモチ #Ω#Ω# o(・ω・´o) プンプン

プク~と膨らみ コンガリ焼けて 美味しそう!
冷めない内に 食べなくちゃね、洋平♪(〃^o^)=3 フゥ フゥ~ アーン♪

亨の時なら 淋しく笑って耐えていた明良が
洋平の前では ちょっと素直に その気持ちをみせてるとは!
一途で まっしぐらな洋平の側に居るからこそ 良い意味で 明良も変わって来てるんだね~♪

しかし 拗ねる態度も 可愛いなんて 卑怯だよ~明良
私なんか 拗ねても…ρ(-ε-●)イイモンイイモン...byebye☆

37 秋也と信史

kiriさんへ

待ち遠しく、嬉しい3日間でした。
37のSSが読め、また、すばらしいタイミングで「二人の休日」を描いて下さったchobonさん、
ありがとうございました!

明良&洋平を読みながら、37シリーズを繰り返し読んでいました。
kiriさんの書かれるキャラはみんな好きですが、
やっぱり、秋也の真っ直ぐで素直な心に何よりも惹かれます。
心がパッと晴れてじんわり温かくなり、嬉しくなるんですよね〜。

読み始めたころは「へ〜、秋也っていい子だな〜。」とぐらいにしか思っていなかったのですが、
今、自分がこんなにも秋也ファンになるとは予想外です。

また37メインのお話が読める日を楽しみにしています。
それまではハラハラしながら明良&洋平&亨を見守ります。

この「ハラハラ」は亨の存在です!
出てくる日がコワイ・・・。
洋平は明良が幸せならばと自ら引いて、引いた後も幸せを願っている。
亨は「俺は明良がいないとダメなんだ」っと言って明良の為ではなく自分の為に縛る。
で、明良はそんな心の弱い亨の気持がよく分かるから亨を選ぶ。
で、また亨を選んでしまうが、洋平から沢山の愛を注ぎ込まれた明良は昔とは変わり悩み抜いた上で、
最後は洋平に!!!
っと自分にいいように妄想して一人でハラハラしています。

私的には明良&洋平でおさまってほしいです。
明良には陰のある寂しそうな笑顔ではなく、心から幸せであふれそうな笑顔でいてほしいので。

そして、隼が伝えた洋平の伝言って・・・・・・。
あの隼の心情って・・・・・。
気になる。

日々、自分勝手な妄想をしながら、目が離せません。
洋平の成長にもドキドキしますね!
今回はまた、ますますいい男になってる。
これからも毎日、楽しみに読ませて頂きます!!!


追伸
最近、登場人物が多くなってきてこの人はどういう繋がりだったかな〜と思いだせない事があります。
ただの記憶力低下かもしれません・・・。
年をとると年々・・・・・・・。
ドラマのHPなどを見ると人物相関図が分かりやすく図になっているので
kiriワールドでもこういうのがあればいいな〜と思いました。

NoTitle

ヤキモチがわかりすぎです明良君(笑)
洋平君が転がし方にも長けて来たから
可愛いヤキモチの範囲内で収まってますけど
ここからエスカレートしていく事も多いですもんね!

あ、洋平君ならヤキモチ妬かれるのは
自分の事が大好きだからって解釈しますね!

エチの時のイヂワル度も増してるような洋平君
ゴールデンレトリーバーが、ドーベルマンになってます(あくまでイメージです)
ただ、今日はいつになく洋平君の背後に信史君の影がチラつくうさメリでした。

明日も楽しみにしてます(*´∇`*)
ありがとうございました♪

ほくそ笑んでいるのは。。

控室がそろそろ黒くなりはじめそう。とは、昨日のkiri様リコメで発見。
・・・・そろそろカウントダウン出来る頃かしら♪

それは、明良と言う名前のジェットコースタ―が本人知らないうちに動き始めた・・、と言う事。
最初はゆうっくり坂を上がり、そして・・・。 私は先頭でも最後尾でもオッケーですけど、洋平はどこに乗る気かな?


今日は喧嘩から始まった二人。
明良もずい分感情表現が豊かになって、言いたい事を1/4ほど言えるようになってきているみたい。
そして洋平もだんだん素のオオカミが出始めて。でも、

”「俺も、今日はあんたの色気に惑わされないよ。」”

なんて思ってるのは、負けた事があるんだな―(腐腐腐。ま、判るけど)?
ほんと我慢強くなったよ、アナタ。
そしておしみない愛情が明良も強くしている。  いいことだ。。
ウサギの焼きもちはベッドまでのいいスパイス?



ようへぃ

kiri様

あぁ、なんということでしょう。
あの明良が、洋平にこんなにされちゃって。
「体に聞こうと思って」って。
なんか今日の洋平は信史とダブるとこがチラチラ。
好きな相手には変☆態になる…という類のプレイでしょうか。
洋平、素晴らしい成長です。

あ、明日も続くのですね。ワクワク♪


Re: (*^^*)

あさみ様

結構ね、喧嘩はしてるようです。
まぁ、そこは37も、特攻も(笑

でも、大丈夫でした♪

はい、久々の☆Rです。
明良くん、Mなので…ふふ

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: なっ、なんか

チロル様

ワンコで、尻尾振って明良の周りグルグルしてた洋平。
最近、やっと明良の前でも本来の姿に…(?)

まぁ、基本はワンコなんですけどね(笑

ちょっと、仕事も覚えてきて、頑張って追いつこうとしてるから。
精神的には、とっくに抜いてると思うんですが…

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: 焼きモチ #Ω#Ω# o(・ω・´o) プンプン

けいったん様

不器用な感情表現ですが、それを出せるようになってきてますね。
前は、もっと冷めた感じだったのに。

洋平の言葉に、一々反応しちゃって。
そんで、洋平の直球さに「凄い」と感心してるし…笑
こういう関係が、明良には初めてで、でもそれを受け入れて行く段階。
遅い…ですが、ゆっくりと。

拗ねる姿が可愛いのは…一体、いつの頃までなんでしょ?
BLだったら、永遠??笑 現実からは目を逸らしましょう…(ぇ

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: 37 秋也と信史

ひろ様

お久ぶりです♪
勇次に焼きもち焼かせたい…ひろさんでしたっけ?(違ってたらゴメンナサイ

37シリーズを繰り返し…あ、有難う御座います!!
秋也って、やっぱりこの「素直」さが真っ直ぐさにつながってますね。
簡単なようで、難しいことをサラリとやってくれちゃうから、羨ましい(笑

えぇ、亨はもう、長い間潜伏されてるんですが…
どうしても影を感じる方が多いようです。
コメ欄読んでても、必ず出てくる(笑
だから、安心して読めませんよね…すみませ~~ん。
でも、悪い奴なので、心構えだてしといてもらおうと思ったのー。

あの隼の伝言は、一体何なのか?
愛をくれ…から、それをずっと気にされてる方も多いと思います。
出てきます、はい。あのシーンは。

おぉ…皆さん、それぞれに妄想逞しく、色んなパターンを描いてられることと。
くっつくのは、亨か洋平のどちかなんですが。
色んな想像で、待ってていただくしか…。当たってる人も、当たってない人も。
でも、パターン的にはそんなに種類も無いので、何処かの誰かは当たってると思います。

登場人物の相関図??
あー、それあったら助かりますよね…。
しかしどう書けばよいのだろうか?ん~~~~~…
ちょっと考えておきます。滝汗

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: NoTitle

うさメリ様

こーんなことで、焼きもち。
明良くん…恥ずかしいけど、それは立派な嫉妬です。
亨の時は、最初の頃、何回も泣いて訴えもしたけど。
全然聞いて貰えなかったからね。諦めた。

洋平の場合は、後ろ暗いとこ無いとハッキリと言ってくる。
それも、何となくはわかってるんだけど。
素直になれないウサギさんは、ドーベルマンにペロペロされてます…

えぇ…なんせ、明良くん亨と洋平にだけは「M」(それ以外の過去男はS)
亨にそう躾けられ…明良の好きな抱き方習得の洋平も…

ってか、虐めながら攻めるの、ワンパターン。スミマセン。腐腐腐

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: ほくそ笑んでいるのは。。

ますみ様

すかさず、亨情報を仕入れてますね?(私が言ったんだけど)
もうちょっとね…もうちょっと。
小出しに…はい(笑

前に拍コメのどっかでも書いたんですが。
今の明良は、ジェットコースターを上ってるとこです。
ゆっくりと、ガタンガタンと。本人、気付いてないですけど。

ね?ちょっとだけ感情を出すようになったでしょ?
前はこういう感情は、抑え込んでた。
今でも全部は出せないけど、洋平には伝わってる。

エロ方面は、明良が主導権持ってましたけど。
今は、それも逆転する日も多くなった。
イイことです…(何が

では、明日。
有難う御座いました☆

Re: ようへぃ

cally様

あの明良が。
女王様で、エチの主導権は俺!!とばかりだった、明良が。
少しずつ、ワンコに主導権譲ってきてる。
今じゃ、日によって50/50でしょうか?

焦らしエチ…これは信史の醍醐味!!(ぇ
変態っぽくなると、かならず信史が連想される…
やってること、似てるし!!(あ、私のせい?笑

はい、明日も☆R18です~
有難う御座いました☆

明良くんに1票!

それは洋平くんが悪い。
明良くんがいつも不安に思う原因知ってて、後輩の女の子の電話を鼻の下伸ばして 優く応答でしょ?何のやましいトコ無いからなのは よ~く解ってますよ、でもデリカシー無さすぎじゃないの?
なぁんて チラッと(ホントにチラッとですよ~)思ったのは 私だけですね(*´ω`)ノ
可愛いヤキモチに
素直じゃないから体に聞く
って なんか大人?格好良くなってるんですけど(〃∇〃)
まぁラブラブって事ですよね。

Re: 明良くんに1票!

ぷりん様

何の一票かと思ったら(笑

面倒臭いヤツ…明良。
でも、これが「嫉妬」なんだよね~。
洋平も、後暗いとこなくっても「女」の声が電話から漏れるだけで、ダメなんだよ。
本当に緊急なら仕方ないけど。何回かあったみたいだし。
これは、男女であってもムカつくパターンですね。

そして、明良くんマスターになってきた洋平くん。
一旦機嫌損ねると、自分からは歩み寄って来れない明良を攻略する方法はコレでした(笑
喧嘩するより、仲良くしたいもんね。

では、明日。
有難う御座いました☆

無理だぁ

やばい、今日無理時間ないです~
コメも読めてない~
記事だけ読みました~
また明日か明後日きます~

残念~・・・

Re: 無理だぁ

蝶丸様

わー。忙しそう!!
なのに、わざわざコメ残して頂いて(嬉

ゆっくり来れる時に来て下さいね~

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【3.model〈完〉】へ
  • 【芽生えの時-16☆R18】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ