FC2ブログ
女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←32-【信史15歳/1月③】注★R18 →34-【信史15歳/2月】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【32-【信史15歳/1月③】注★R18】へ
  • 【34-【信史15歳/2月】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

視線が追う先に

33-【信史15歳/1月④】注★R18

 ←32-【信史15歳/1月③】注★R18 →34-【信史15歳/2月】
あれだけローションを塗ったのに、キツい。
秋也が歯を食いしばっているのに気付き、深いキスをすると、秋也の力が抜けて、思ったよりも滑らかに半分程度入る。


「…っ…は…苦し…っ…入っ…た…?」


秋也がキスの合間に聞いてくる。


「この間よりは入った。もうちょっとだ…」
「え…まだ…なのか…よ…」


文句を言いつつも、必死で信史を受け入れようとしてくれている。

締め付けがきついので、秋也が力を入れると 押し戻されてくる。
「秋也、力抜け。」
信史が言うと、首をコクコクと縦に振って わかってる…という仕草をする。

キスを繰り返しながら、少しずつ少しずつ 腰を沈めて埋め込むように挿入していく。
もう少しだ。もう少し。
内部の圧迫で、信史のモノが締め付けられる。
その締め付けに、射精感がこみ上げるが ここで我慢できなきゃ 今までの苦労が水の泡だとばかりに、歯を食いしばる。

「はっ…」
秋也が大きく息を吐き出したとたん、奥まで入った。


「入った…全部、入ったぞ」


秋也を見下ろして、軽いキスを一つする。


「…くっ…し…っ…気持ち…良くねぇ…じゃん…か」


苦笑いしながら、悪態をつく。

「バーカ。これから、だんだん気持ちよくなってくんだよ」そ
う言って、まだ動かないままで 秋也の目や鼻や口にキスを浴びせる。
秋也と繋がったという充足感に満たされる間もなく、強烈な快感が背筋を這ってきた。

「…っ…く…っ…」動きたい。でも、出来ない。
「…すげー汗」秋也が信史の額の汗を拭う。

「あー…ヤベー…俺、超 気持ちイイ…」
信史は、まだ入れただけで ろくに動いていないのにその気持ち良さに眩暈がしてくる。
半端無い締め付けに、動けば 間違いなく暴発だ。
お前だけずるい、と秋也がむくれるが 信史はもう余裕がない。

秋也は自分の体で、信史がこんなに気持ちよさそうにしているのに、満足感を得た。
痛いし、とにかく苦しいけど 信史を見てると、そんなことはどうでもいいくらい嬉しい。

「あーーー、もう無理!限界だ!!」
信史がそう言うなり、秋也の内部に埋め込まれたペニスがビクビクとなった。
「…ぁ」
秋也は信史のペニスの小さな動きで、体の芯に火がボッと点るような感覚を覚えて、小さく声が漏れた。

「…ちきしょ…撃沈だ…カッコわる…」
秋也の上に乗ったまま、うな垂れる信史。
秋也はそんな信史を、可愛いと思える。
いつもいつも、こっちが腰が引けて、信史の方がグイグイと押してくる。
自分の体で、信史がイったという事実に、不思議な征服感のようなものを感じる。

「秋也。出来たな」
信史が満足そうな顔をして、秋也の顔を両手で挟む。

「ん…出来た。」
まだ汗をにじませたままの秋也の額にキスを落とす。
信史は、まだセックス…というより、繋がることを目的とした行為だったような気がする。

「も一回しような」
信史が笑うと、秋也が首をブルブルと振る。

「お前、まだイってねーだろ?後で、いっぱいしてやるから」
信史が不敵な顔をしてニヤっと笑う。
秋也は、悔しいけど この信史の顔が好きだ。

ズル…っと信史が、ペニスを抜いた感触がする。
わっ…と、思わず声に出る。
「なんか抜く時、気持ち悪りー」と秋也が言うと、信史が又笑った。
「その内、抜いたら嫌…とか言うぜ」信史が又、ニヤっと笑う。
「言うか!スケベじじい」

本当はすぐにでも、又 したい。
スケベじじいとか、エロ魔人とか、変態とか…秋也に何を言われても、その通りだとさえ思ってる。
でも、あれだけ苦しそうな顔をして、自分を迎え入れてくれた すぐその後というのはキツいのが分かるから手は出せない。
時計を見ると、夜の9時前。
2人でまったりと過ごして…。
寝る前に、もう1回。そして、明日も…。

信史の思惑を知らない秋也は、目的は果たしたとばかりに 満足顔だ。
「あっ!電話すんの忘れてた!」と、いきなりベットから飛び起きようとして「ぅわ…」と顔をしかめた。
見ると、秋也の後ろの蕾から さっきのローションが流れてきている。

気持ち悪いと小さく騒ぐので、信史が全部後処理をしてやる。
「も、自分でするっ」
と、文句を言いながらも されるがままになっている。

祖母に電話を入れる約束をしていたらしい。
まさか、セックスをしていました…なんて言えねーわな。
大人に隠れて、子供は大人になって行くんだ。
…などと思いながら、パンツだけをはいたままで胡坐をかいて祖母と喋ってる秋也を眺めていた。
あの体を抱いた…そう思うと、今更ながらに 感動すら覚えてくる。

「何、ひたってんだよ?」

一人で感動していると、秋也がベットの横に立って、見下ろしていた。
とっくに電話を終えて、信史を見ていたらしい。

「ん~、ちょっと感動に浸ってた」
「バッカじゃねーの。それよか、俺はケツが痛ぇー」と秋也が、ベットに腰掛ける。
本当に、普段は色気のない奴だ。

【BL小説】参加中。↓最後に秋也のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【32-【信史15歳/1月③】注★R18】へ
  • 【34-【信史15歳/2月】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【32-【信史15歳/1月③】注★R18】へ
  • 【34-【信史15歳/2月】】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。