FC2ブログ
女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←30-【信史15歳/1月】 →32-【信史15歳/1月③】注★R18
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【30-【信史15歳/1月】】へ
  • 【32-【信史15歳/1月③】注★R18】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

視線が追う先に

31-【信史15歳/1月②】

 ←30-【信史15歳/1月】 →32-【信史15歳/1月③】注★R18
家についてから、とりあえずは やっぱり勉強をしないと秋也が納得しないだろう。
一応、ボーダーライン内には入ってはいても、これからが追い込みになるし、英単語やら年号やら…
とにかく暗記しなければいけないことが多すぎる。

机に向かうと、秋也の顔つきまで変わる。

秋也自身、信史に苦手分野をマンツーマンで教えて貰って、理解するということが 面白くなってきたのだ。

面白いと思ったら、自然に成績が上がる。
数学は、やっぱり苦手だけど 英語が俄然面白くなってきた。


信史と同じ学校に行けるという可能性が、どんどん高くなったし、A判定まで貰った。
でも、油断出来ない。
それにもし合格できても、勉強についていけなくなっても困る。
出来る限り頑張って、信史に追いつきたい。

昼に秋也が持ってきた祖母手製のご飯を食べ、そのまま また勉強に入る。
夕方近くになるまで休憩無しだったので、さすがに集中力が途切れたのか、秋也がため息を一つついた。


「休憩入れるか?」
すかさず信史が声をかける。
コクンと頷き、そのまま バタン…と、後ろに寝転がり、大の字になる。

目を閉じて、静かにしているが さすがにこのタイミングでは 信史もちょっかいはかけない。
信史も、そのままバタン…と後ろに倒れ、秋也のように大の字になった。


「秋也、後で一緒に風呂入ろ」


信史がそのままの姿勢で問いかけると「んー」と生返事が返ってきた。
こりゃ、かなり疲れていると思い、散歩に誘った。


気分転換は大事だ。


外に出たとたんに、秋也が「あ~~~っ」っと両手を大きく上にあげて、伸びをして声を出す。
寒いから、外に出ただけで目が覚めるような感覚がする。


たわいのない話をしながら、20分程度で戻ってきた。

「寒かったけど、やっぱ気分転換したら違うな」
秋也が靴を脱ぎながら言う。
「だいぶ疲れてたろ」
と言うと、コクンと頷いた。


「♪だって~俺は~信史と一緒の~学校行きたいから~♪」


と、変な節をつけて秋也が歌いながら階段を上がる。
「変な歌」信史が後ろから言っても、「だって、ホントだもーん」とご機嫌だ。

そこから、もう一ふんばり…と1時間程度勉強をしてから、下のリビングに降りた。


「痛みやすいのから食べろって」
秋也が持ってきた中から、色々と選んでいる。
お皿に移し、レンジで暖めてテーブルに並べた。

初めて食べる、2人だけの夕食だ。


ふと、いつか将来に こうして2人で暮らしていける日が来ればいいのにと思う。
今はまだ2人とも子供で、親がかりだけど、こうして自分達の力で暮らせる未来だってある。


信史がそう思ってると「大人になったらさ、こーいうのいいよな。お前と俺で」と、嬉しそうに肉じゃがをほおばる秋也がいた。

「俺、こう見えて結構 料理できんだぜ。たまにだけど、手伝ったりしてるから」
得意気な顔が可愛い。
あー、でも最近は全然かなー…と一人でブツブツと呟いている。


秋也の祖母の肉じゃがは美味い。
「これと同じの作れんの??」
信史が聞くと「うん、多分」と自信たっぷりに答える。
多分…で自信たっぷりなところが、秋也らしくて おかしくなって 声に出して笑う。


秋也と一緒にいると、楽しい。


秋也が、まだ何処か幼い部分を残しているのは 生まれ持った気質だけでなく、祖母の影響が大きいのかもしれない。
この年特有の反抗期めいたものさえ、秋也からは感じ取れない。
親だと近すぎるから、何処か感情的になってしまう部分がある。
秋也の祖母には、何度か会ったことがあるが いつもニコニコしてる印象が強い。


一つ々の料理を、秋也が説明してくれる。
あまり食べたことが無いのもあって、食事自体が楽しかった。
こんな愛情いっぱいの料理を毎日食べて秋也は育ったのかと思うと、残すのが勿体なくて いつも以上に食べた。


「うへ~、見ろよ、秋也」
信史が、服を捲って 膨らんだお腹を見せる。

「気持ちわる。それ、腹より胃の方が出てんじゃん」
秋也が顔を顰めて笑う。

「お前のおばーちゃん、料理うめーよな。毎日こんなん喰ってたら、俺デブる」
「デブの信史とか、ありえねー。」

秋也がウケたらしく、ゲラゲラと笑う。
エッチな妄想でいっぱいだった脳が、ほぐれる。
たわいのない時間を過ごす、満足感。


2人でキッチンを片付けて、リビングのソファーに座ってTVをつける。
お正月番組ばかりでお笑いタレントが出ているのが多いから、途中から見るにはちょっとテンションがついていけずにTVを消した。


「秋也、今日は一緒に風呂入ろ」


さっき、何気に言ったことを言ってみる。


「えー。ヤダね。お前、ヤらしーから」


秋也が近くにあった雑誌をパラパラと捲りながら答える。


「さっき、うんって言ったくせ」
「は?言ってねーし」


ま、いっか。先に入らせて、乱入してやる。

【BL小説】参加中。↓最後に秋也のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【30-【信史15歳/1月】】へ
  • 【32-【信史15歳/1月③】注★R18】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【30-【信史15歳/1月】】へ
  • 【32-【信史15歳/1月③】注★R18】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。