FC2ブログ
女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←6.忘れられるかってんだ※R15 →29-【信史15歳/11月②】注★R18
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【6.忘れられるかってんだ※R15】へ
  • 【29-【信史15歳/11月②】注★R18】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

視線が追う先に

28-【信史15歳/11月】注★R18

 ←6.忘れられるかってんだ※R15 →29-【信史15歳/11月②】注★R18
※18禁※

「ぁ…それはヤダ…」

秋也の下着を脱がせ、硬く成長したものを取り出すと、又秋也が嫌がる。
前も、ここで喧嘩になった。

「俺は見たいんだって」
秋也の顔を優しく手でなぞりながら信史が言うが、秋也は首をブルブルと振るだけ。

「だから、触るのはイイけど見るのはダメって、どーいうことだよ??」
いい加減、我慢の限界になってきた信史が、体を起こす。
頭を掻き毟って、大きなため息をつく。

放り出されたままの秋也が、モゾモゾと動くが 今日は絶対に見てやる…と、決心していた信史は、見てみぬ振りを決め込んだ。

「恥ずかしいのは分かるよ。だけど、もう俺 限界だかんなっ」

怒っている信史を横目で見ながら、秋也は ジンジンと疼く自分の中心部に手を触れた。

「待て!それは俺がする」
信史が、秋也の手をどけると 秋也のモノが目に入った。

「あっ…見んなって!!」
秋也が慌てて太ももにある下着をあげようとした。

「なんで?綺麗じゃん…お前の…」

信史の喉がゴクリと鳴り、秋也の足の間を割って体を滑り込ませる。

「ヤメろって!!」
秋也が、足をバタつかせて抵抗するも、信史は既に秋也の起立したものを ギッチリと握っていた。

「こんな綺麗なのに、何でダメなんだ?」
信史は、秋也のものをわざと間近な位地にして、秋也を見上げた。

秋也は、真っ赤になったまま首を振り、腕で後ろに逃れて行こうとするが、信史に中心部を握られているのでそれ以上は動けない。

「ヤダっつってんじゃんか!!」

泣きそうな顔で、信史に訴えるが 信史は秋也の中心部を緩くしごく。

「…っ…」
押し寄せてくる快感に、秋也は思わず仰け反る。
恥ずかしいのに、見られたくないのに、体がこれ以上言うことを聞いてくれない。

途切れ途切れの息に合間に、秋也が言った言葉は。
毛が薄いから、見られたくなかったのだと言う事だった。

信史は、そんなことで??
っと、心では思ったが、当人にとっては どうしようもないコンプレックスなのだろう。


確かに、薄い。
ペニスの色も薄い。
形は大きくは無いが小さくも無い。

こいつは体の中心部まで綺麗だ。

信史は、半ば本気で感心しながら、秋也のモノを しっかりと見れたことで満足感を覚えた。

秋也の綺麗なモノを、舐めてみたくなって…そのまま口に入れた。

「うぁ!!…ちょ…っ…何すんだよ…ヤメ…」
抵抗する秋也が可愛くて、更に奥へと導く。

強烈な快感なのか、秋也が仰け反って 声にならない声を出す。

信史は、昔 女にして貰ったフェラを思い出した。
あの時は、まさか自分が男相手に同じ行為をするなど、考えたこともなかったのに。
今、こうして秋也のモノを口に入れているだけで、自分もなぜか気持ちイイ。

「はっ…ぁあ!!…ダメだ…って…しん…っじ…」
イク時だけは、名前で呼ぶように仕向けた。

「出せ、秋也」
信史が一旦、口を離して秋也に告げ、そのまま又口に含む。

「ヤダ、ヤダ…ヤダって」
必死になって首を振り、自分の足の間にある信史に訴えかける。

「口離して、お願い。…っ…口…はな…してっ…」
必死に訴えるが、信史はお構いなしに吸い上げた。

「―くっ…うぁ…っ…!!」
秋也の精液が、信史の口中に注ぎ込まれる。
信史は、青い味のする 秋也の精液を、そのまま飲み込んだ。

「出せよ!!もぅ!!」
秋也が、荒い息をしたまま 慌ててティッシュを取り、信史に渡す。
ベーっと舌を出して、口の中を見せてやると、秋也が「飲んだのか??」と目を白黒させている。
飲んだのだと分かった瞬間、秋也がベットにひれ伏した。



「…信じらんね…マジかよ…」小さく、ボソリと呟く。
頭の中で、色々なことを思い出しているのか「お前、ヤらしすぎなんだよっ」と八つ当たり気味に信史に当たる。

「秋也」声に出して、こちらを向かせると 顔が本当に真っ赤になって目が潤んでいた。
そのまま、又 キスに雪崩れ込む。

自分のまだ硬く起立したモノを、秋也の腰に擦り付けると、秋也の手が伸びてきて 信史のモノを握った。
深いキスを繰り返す。そうすれば、秋也の顔が上気してくる。
この顔が堪らない。
その顔だけで、イケそうなくらいにクる。


秋也の乳首を弄ると、小さな喘ぎが漏れ出す。
その声も、この顔も、この体も。全てが愛おしい。
放出したばかりの、秋也の中心部を指で軽くなぞると、半立ち状態になって行く。
そのまま、指を 秋也の後ろの蕾に触れた。

「あっ!!それヤダっつって…」抗議する唇を、キスで塞ぐ。
まだ硬い蕾を、指1本でなぞりながら 指を少しずつ挿入していく。

今日で何度めかの行為。最初の頃は、抵抗されて蹴られた。
ネットで随分と調べた。受験勉強よりも熱心なくらいに。

いきなり、自分のモノが入ると思っていたが、甘かった。
女と違って、濡れるように出来ていないのだから、時間をかけて解して行くしかない。

【BL小説】参加中。↓最後に秋也のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【6.忘れられるかってんだ※R15】へ
  • 【29-【信史15歳/11月②】注★R18】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【6.忘れられるかってんだ※R15】へ
  • 【29-【信史15歳/11月②】注★R18】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。