FC2ブログ
女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←25-【信史15歳/9月⑤】注★R18 →27-【秋也15歳/10月】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【25-【信史15歳/9月⑤】注★R18】へ
  • 【27-【秋也15歳/10月】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

視線が追う先に

26-【信史15歳/9月⑥】

 ←25-【信史15歳/9月⑤】注★R18 →27-【秋也15歳/10月】
「あー…テメ!!何笑ってやがんだよっ!!このスケベ!変態ヤロ!!」
秋也が顔を真っ赤にして、怒っているのが また可愛くて…。

「ごめん、ごめん。」そう言うも、今度は笑いが止まらなくなってしまう。

全く…可愛いにも程がある。

「ちくしょーーー!!俺は、恥ずかしくて堪んねーってのに!」
本当に怒った顔をして、傍にきて今度は信史の首元のシャツを掴んできた。

秋也の目が少しだけ潤んでる。
あぁ、こいつは本当に恥ずかしいんだ。
信史は、そんな秋也に 又愛しさが募ってくる。

「ごめん、マジでごめん。おかしくて笑ったんじゃない。」
そう言って、目の前の秋也をもう一度、腕で引き寄せて抱きしめた。
可愛いから…と言えば、また怒るのが 分かっている。

「好きだ…秋也…好きだ」

溢れ出てくる感情を言葉にして、抱きしめた。

秋也は膝立ちのまま、信史に抱きしめられ 何度も「好きだ」と告げられて 又身動きが取れない。

力強く抱きしめられることが、気持ちがいいなんて 知らなかった。
さっきの快感とは違う、気持ちよさ。心が気持ちいいって感じだ。

上手い言葉が見つからないけど、何とも言えない安心感がある。
幼い頃に両親に抱きしめて貰ったことを、ふと 思い出したりもした。
それでも、こんなにまで強く抱きしめられたことなどは無かったように思う。

好きだという気持ちが、そうさせるのだろうか?
慈しむ気持ちと、好きな気持ちって…どう違うのだろう?

でも、好きな相手に触れたり、触れられたり…それだけで、体だけじゃなくて心も気持ちがいい。
信史が、秋也にあれだけ”触りたい”と言っていたことの意味が、本当の意味でわかった気がする。
秋也は信史に抱きしめられたまま、そんなことを考えて
自分もやっぱり信史のことが好きなんだと、実感した。


触られたけど、嫌じゃなかった。
恥ずかしくて堪らなかったけど。
死ぬほど恥ずかしかったけど。
難しいことはわからないけど、キスしてたら体が勝手に反応した。
好きじゃない奴にそんなことされたって、絶対にそうならない。
第一、好きでも無い奴と キスなんかしないし させる訳もない。


三村とキスすると、変な気持ちになる。
あんなエッチなキスするから、体が熱くて堪らなくなって。
気持ちがザワザワして、体がウズウズする…そしてボーっとなってく…そんな感じ。
好きだから、そうなるのだと言う事が 今日よくわかった。

抱きしめられまま黙っていた秋也が、自分の胸元にある信史の頭を撫でた。

「俺も、好き。…お前のこと、好き」

そう言いながら、信史の髪を優しくすく。

信史は、いつか秋也が言っていた、髪を触られるのが気持ちイイ…という言葉を思い出した。
そうだ。初めてキスした日に、秋也が言ったんだった。

「俺、お前に触られて、気持ち良かった。超、恥ずかしかったけど。死ぬかと思うくらい、恥ずかしかったけど。
…好きって凄いよな。お前がずっと言ってたこと、何となくわかった」
素直にそういう秋也に、信史は 何も言えず、又ギュっと抱きしめた。

「今度は全部見せてくれ」信史が秋也の顔を見上げて言う。
一体何のことかと思ったが、秋也はすぐに理解した。


「お前さ…ちょーしに乗んな」信史の頭を軽く小突く。


「何でダメなんだよ?」
信史が真剣な顔で聞くので、冗談で返せなくて 秋也は言葉に詰まった。
秋也は、信史の真剣な顔に弱い。


「それは…恥ずかしいからに決まってんだろ」
当たり前だろ…と思いつつ、それしか言えなかった。

「そんなんじゃ、もっと凄いことできねーだろ」
もっと凄いこと?さすがに、意味がわかるが 秋也はとぼけたふりをした。


「もっと凄いって何すんだよ」
「決まってんだろ。セックスだ」


信史が、又秋也の体を、ここぞとばかりに抱きしめてくる。

セックス…男同士で、どうやってするんだ。
その言葉が、とてもリアルすぎて現実感が湧かない。

興味が無いといえば嘘だ。
ただ、切羽詰ってまで体験しようとは思ってないだけ。
あまり深く考えたことがない。というか、あえて考えないようにしていた。
たった今したことでさえ、自分なりにはめいいっぱいのことで。

周りの奴らにガキだと言われることも、変に開き直った気持ちでいられたし、今はまだ 信史と一緒に過ごす時間が、嬉しくて満たされた気持ちになれる。

でも、信史は もっと先へと進みたがる。
別に焦らしてるつもりもない。
秋也は、さっき信史に言われた言葉を思い出してちょっと悲しくなった。


「お前さ、焦らすとか言うなよ」
秋也の言葉に、信史が顔を上げる。


秋也が、怒っているのではなく 少し悲しげな表情をしているのに信史は気付く。

「ごめん。俺、お前の言う通り 焦ってんな」

【BL小説】参加中。↓最後に秋也のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【25-【信史15歳/9月⑤】注★R18】へ
  • 【27-【秋也15歳/10月】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【25-【信史15歳/9月⑤】注★R18】へ
  • 【27-【秋也15歳/10月】】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。