女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←23-【信史15歳/9月③】 →25-【信史15歳/9月⑤】注★R18
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【23-【信史15歳/9月③】】へ
  • 【25-【信史15歳/9月⑤】注★R18】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

視線が追う先に

24-【信史15歳/9月④】注★R18

 ←23-【信史15歳/9月③】 →25-【信史15歳/9月⑤】注★R18
※18禁※

勢いに任せて、信史は秋也をそのまま組み敷き、両手首も押さえつける。

「えぇ?なっ…何?」


不意打ちを喰らった秋也が思い切りうろたえた表情で、信史を見上げる。

「もう一回だけ。もう一回だけさせろよ」
自分の体重をかけて、秋也を身動きしにくいようにしてから、秋也の目を覗き込むように告げた。

「…っちきしょ!三村!汚ねーぞ!」
足をバタバタして抵抗するが、体重をかけているので秋也は思ったように動けない。

「あ…当たってんだよっ!お前のが!擦り付けんじゃねーって!」
秋也のそこに、わざと自分の起立したものを当てて、擦り付ける。

「秋也…」初めて、下の名前で呼んだ。
そのとたん、秋也の動きが止まり 信史を見上げる。

「俺は、お前とこういうことがしたいっていう意味の好きだ。お前は嫌か?」
信史が、真面目な顔であまりにも真剣に言うので、秋也は即答できないまま信史を見上げる。

嫌だと言われたところで、信史にはもう止める気がなかったし、止められる程大人でもない。


ほんの数秒、黙ったまま見つめ合った後、秋也が観念したように目を閉じた。


今度は、歯を食いしばっていない秋也の唇にキスをして、舌を滑り込ませる。
何度も舌を吸い上げて、蹂躙し 時々唇ごと吸い付いて…。


「ぁ…」


秋也の小さな喘ぎが、又 信史の体を熱くする。

さっきと違って、秋也もキスに夢中になっているのが 体越しに伝わってくる。
何度も小さく動きながら、信史は自分の下半身を秋也の下半身に擦り付けていく内に 秋也のモノも、硬く変化してきているのが布越しにわかってきた。

「あ…っ…み…むら…俺ヤバ…い…って…」
長いキスの合間に、秋也が訴えてくる。

「いいから…」信史が優しく言うと、目を開けた。

その潤んだ目と、上気した顔に 信史はもう堪らなくなり、秋也の首筋に吸い付いた。


「三村!…やめ…っ」
少しだけ抵抗する秋也だが、自分も気持ちが高ぶっているせいで体に力が入らない。

首筋に吸い付き、そのまま舌を這わせて又 キスを繰り返す。
秋也の両手首から手を離し、片手をシャツの裾から進入させて 秋也の肌に触れた。

「んんっ…」

秋也が体がビクリとさせて目を開く。


「触らせろ、秋也」


啄ばむようなキスを繰り返して囁くと、一瞬泣きそうな顔をしたが信史はかまわずに、シャツの裾を強引にめくっていく。

秋也の体を見たくて、一旦、唇を離す。
秋也にまたがったままの姿勢で、シャツをギリギリまで上に上げた。

あんなに触りたくて触りたくて仕方が無かった体が、自分の目の前にある。
男の肌とは思えない、白くてキメの細かな肌だ。
自分とは違う。思わず、喉がゴクリと鳴る。

秋也は、半ば 呆然とした顔のまま 信史を見上げている。


「お前…キスだけだって…」


ようやく言葉がついて出たようだ。

キスさせろと言っただけで、キスだけとは言った覚えがないと思いつつ口に出すと、秋也が我に返りそうなので止めた。


綺麗だ…素直に心から秋也を見て思う。


こんな奴を、自分だけのモノに出来るのだろうか。
いつか、誰かに奪われる。
そんなことを、既に恐れ始めている自分がいた。

白い肌が、少し上気して軽く色づいていて 見ているだけで堪らなくなる。
恐々と触れると、秋也の体が小さくピクリと動く。

桜色の秋也の乳首に、触れた。


「あっ…やめ…」


抵抗し始めた秋也の口を、キスで塞ぐ。

乱暴にしてしまいたい、めちゃくちゃにしてしまいたい。

そういう衝動とは裏腹に、優しくしてやりたくてたまらない。
矛盾した気持ちが、又こみ上げてくる。


秋也のモノが完全に硬くなっているのがわかる。
「秋也…キツいか?」
自分でも、何処からでるのかと思うほどの優しい声が出た。

首を小さく振って、信史を押しのけようとする秋也を、もう一度きつく抱き締めた。
そのまま片手で、秋也の硬くなったモノを布越しに摩る。


「…っ三村!」


いきなり秋也が我に返ったように、抵抗し出した。

「いいから、このままじゃキツいだろ?」


それだけを言って、又唇を奪った。
最初は布越しに優しくなで上げる動作を繰り返し、抵抗が弱まったところで 自分の同じように起立したモノを、当てながら腰を動かして擦つける動作をする。
これだけで、気持ちがいい。秋也も同じはずだ。


「三村…はっ…ぁ…」


秋也が唇を離したすきに、潤んだ目で訴えかけてくる。
ちくしょう…一つ々の表情だけで、クる。
秋也の潤んだ目を見ただけで、信史はイキそうになる。

「俺も、イキそう…。服、汚れっから…」

と言い訳をして 自分のズボンを腰で脱ぎ 痛いくらいに起立したモノを秋也の目の前に出した。


「うわっ…すげっ…」


秋也が、目を潤ませたまま信史のイチモツを見る。
信史は秋也のその顔が可愛くて、少しだけ息をつけたような気がした。

【BL小説】参加中。↓最後に秋也のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【23-【信史15歳/9月③】】へ
  • 【25-【信史15歳/9月⑤】注★R18】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【23-【信史15歳/9月③】】へ
  • 【25-【信史15歳/9月⑤】注★R18】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。