女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←13-【信史15歳/8月③】 →4.残念ながら、一人身ですが?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【13-【信史15歳/8月③】】へ
  • 【4.残念ながら、一人身ですが?】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

視線が追う先に

14-【信史15歳/8月④】

 ←13-【信史15歳/8月③】 →4.残念ながら、一人身ですが?
恐る恐る秋也を見ると、目がコンドームの箱に釘付けのまま動かない。
あぁ…やっぱ、秋也には刺激がデカい。硬直している信史に
「これ使ったの?」秋也が、低い声で聞いてくる。

「あ…いや、2個じゃなくて1個だけ…」
焦って、馬鹿正直に答えてしまった。

「ふぅ~ん…」
秋也は、無表情で箱を見つめ 信史の方に放り投げた。

「あいつ…」
箱を見て、信史が持っていたのとは違うことに気付く。
礼菜の嫌がらせだということは、わかっているが 何でこんな時に。

レジで2人別々で会計を済ませ、無言のまま電車に乗る。

秋也は…怒ってるのか?
どう見ても、怒ってる。
これは、嫉妬か?
いや、それは自分的な願望だろう。
それか呆れられてるのか?
そもそも嫉妬だとしても、俺にか?礼菜にか?

あんな可愛い子と、Hなことをした…と、羨んでの嫉妬なのか?
電車の中で、信史の頭の中がグルグルと思考する。

秋也の考えていることが、全くもってわからないので対応に困る。
無言なのは、絶対におかしいということだけは ハッキリしている。

このまま帰ってしまうかもしれない…と思っていると、秋也の家の近くを過ぎても帰ろうとはせず、そのまま信史の家にきたことに胸をなでおろす。

部屋に入ると、すぐに買ってきた問題集を取り出す秋也。
あらら…このままお勉強…と、言葉をかけることも出来ないまま 信史も問題集を開いた。

30分もしたことだろうか?さっきから、秋也のことが気になって集中できるはずもなく
「はーっ」と、思わず声に出してため息をついてしまった。


「なぁ…」
部屋に入ってから、初めて秋也が声を出した。

「あの子、可愛かったな」秋也の言葉に、予想外に動揺が走る。
気に入ったってことか?紹介しろってことか?あぁ、どうしたらいい?

「あー、でもヤメとけっ。見た目可愛いけど、性格 最悪だから」
何とか、冷静を保つようにして答えた。

「彼女なんだろ?」秋也が、また真っ直ぐに信史を見て聞いてくる。
「ちっ…違うって!!」必要以上に否定してしまう。

「だって…エッチとかしてんだろ?」
「昔だって。昔の話。ってか、付き合ってた訳じゃないし…」

「付き合ってないのに、エッチするんだ…」

小さな声でつぶやく秋也に、もう どうしていいのかわからないくらい動揺をしている自分に、余計に戸惑う。


「三村、やらしー」


顎を上げて、拗ねたような顔で信史の方を見る。

あぁ…なんて可愛い顔をするんだ、この男は。
無意識だから、たちが悪い。

「怒ってんのか?」あんまり可愛くて、つい聞いてしまった。
「何を?」と、即答してくる。

「俺が、あいつとエッチしたことだよ」
「…別に~…ってか、ムカつくだけ」
信史の心臓が、ドクンと跳ねた。


「何で?…なんでムカつくんだ?」
「わかんねー。ムカつくから、ムカつく」
ここからが肝心だ。どっちに、何の理由でムカつくのか?


「どっちに?俺と礼菜のどっちにムカついてんだ?」
秋也の目の前に座って、真っ直ぐに聞いてみた。

こんなにドキドキすることは初めてで、心臓の音が絶対に秋也にも届いているに違いない。
どっちって…と、呟いて秋也は目を逸らす。

「どっちなんだよ?」
「お前、しつこい!どっちだっていいじゃんか!」信史の胸を片手で押してくる。
「どっちでもいいこと無いんだよ」押された手を掴んで、秋也に向き直った。

勝負だ。
いや…もしかして、まだ早いか?心の中で迷いが走るが こんなチャンスはもう来ないかもしれない。
「何だよ。離せよっ」秋也が、手を振りほどこうとする。

「俺か、礼菜のどっちにムカつくかだけ教えてくれてら 離す」
「テメー。…しつこいんだよ…」言葉は乱暴だが、声が小さくなる。


「どっち?」
「ホント、しつこいってっ」
この問答を、数回繰り返す。


「あーーーもぅ!!お前、マジでウザいって!」
秋也が、信史の捕まえていない方の手で髪の毛をかきむしる。

「じゃ、手離すから。ゆっくり考えてみ」
このまま、部屋を飛び出すんじゃないかと思い、手を離した。
俺は、七原には 弱い。
情けないけど、弱い。

秋也は、1分程首を斜めにして視線を下に向けていただろうか。
何でムカついたのか、どっちになのかを、考えているのだろう。

おもむろに、顔を上げて信史に目を合わせる。
そして、すぐに目を逸らした。

「俺に?礼菜に?」
しつこい、しつこいと言われても、ここであやふやには出来ない。


「…たぶん、あの礼菜って子に」


信史は、思わず 「おっしゃ!!」こ小さく声に出してガッツポーズをしてしまった。
ガッツポーズをしている信史を見て、秋也が不審そうな顔をしている。


「お前…何やってんだよ」

【BL小説】参加中。↓最後に秋也のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【13-【信史15歳/8月③】】へ
  • 【4.残念ながら、一人身ですが?】へ

~ Comment ~

NoTitle

アカン笑いが止まらへん…。チョーマジ可愛すぎるやろ。信史も秋也も((´∀`*))ヶラヶラ

信史が「七原」って秋也を呼んでるところもツボやわ。2人にもこんな時があって…。初々しすぎやんか(*´д`*)ハァハァ萌えるわ。

この頃から信史は秋也を調教してるよねー。上からってわけじゃないけど「手離すから。ゆっくり考えてみ」ってさあ。そんで秋也も素直に考えてるし。もうこれはプレイ以外のナニモノでもないやん(笑)

信史のガッツポーズも今では考えられん((´∀`*))ヶラヶラ若いわー。読み直すって前読んだ時と感想が違ってくるから新鮮。今の2人を知ってるから余計やね。うん。いいわ。

Re: NoTitle

Rin様

あー可愛い!!
何この時の2人…

はーこんな初々しい時があったのよねー
当たり前ですが…

若い。幼い。ガキんちょ。
でも、信史…この時から魔王の片鱗がちょこっとだけ?笑
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【13-【信史15歳/8月③】】へ
  • 【4.残念ながら、一人身ですが?】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。