女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←3.また、食わしてくれ →13-【信史15歳/8月③】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【3.また、食わしてくれ】へ
  • 【13-【信史15歳/8月③】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

視線が追う先に

12-【信史15歳/8月②】

 ←3.また、食わしてくれ →13-【信史15歳/8月③】
「な。ここ、どーしてもわかんね」

今日は、二人きりだ。
回数を増すごとに、信史にとっては苦痛が増してきた。

傍にいると、どうしても触りたくてしょうがない。

こういう時は、国信がいてくれれば……と勝手なことを思う。

秋也は、数学の問題集に真剣に取り組んでいるのに。
そんな相手に欲望を持つ自分が、恥ずかしくもなる。

さっきから二時間近く続く、勉強タイム。

「七原、ちょっと休憩いれよ」
「あー、そうだな。あ、そうそう」

嬉しそうな顔をして、自分のカバンを開けた。

「これさ、おばーちゃんが食えって」

スーパーの袋の包みから、大事そうにタッパを取り出して蓋を開ける。
秋也の祖母は、こうしてちょくちょく差し入れのようなものを秋也に持たせる。

どうやら、今日は蒸しパンのようだ。

信史も秋也の祖母の手作りの、こうした素朴な味が好きだ。

家では母親がちゃんと家事をこなしてはいるものの、こうした素朴なものは皆無で夕食までにお腹が減ったら宅配のピザなんかを取ったりする方が多い。

「旨い」
蒸しパンを頬張る信史に「だろ?」と、又嬉しそうな顔をする。

両親がいなくても大事に育てられているのだということが、無条件に伝わってくる。

おばーちゃん、ゴメンナサイ……。
と、信史は秋也の祖母に頭を下げたい気分だ。

「でもさー、三村って俺の勉強にばっか付き合って自分は大丈夫なの?」

確かに、ほぼ毎日のように秋也の勉強に付き合ってる。

「俺? 俺は全然大丈夫」
「げー、余裕だしっ」

拗ねたように言いながら、蒸しパンにかじり付く。


正直、高校なんてそんなに問題にしていない。
極端に言えば、大検でもいいとさえ思うくらいに。

要は大学が問題だ。
一生ついてまわる、最終学歴。
でも、信史は最終的にサラリーマンで終わるつもりはない。

「でもさ。マジで俺、英語と数学だいぶ自信ついてきたんだ。これなら、あとは自分で……」
「駄目だ」

無碍も無く、信史が却下する。

目を瞬かせる秋也に、思っていたことを言おうと息をスッと吸った。


「なぁ……七原。俺と一緒の高校に行こうぜ」

信史の提案に、秋也は目をパチクリと見開く。

「えーーっ、無理、無理!ぜってー無理!」

何を言い出すのだとばかりの顔だ。

「行けるよ。俺は理数系で、お前は文系だろ? 同じ学校でも、真っ二つに分かれてる学校がある」

「あ……北野田!!」

「お前、飲み込み早いし。この分じゃ大丈夫なラインまで引き上げることも充分可能だと思う。文系受ければ、今までの内申も問題無しだ」

北野田高校は理数系で有名な学校であるが、文系に関してはそうでもない。
ハッキリ言ってしまえば、理系と文系ではちょっとした格差がある。
……が 一緒の高校と言えばこれ程願ったり適ったりの学校は他にはない。
まるで、自分達のために用意されたような学校だと感動さえする。


「うーん…、北野田かぁ……。何か、行きたくなってきた」
「行こうぜ、七原。俺は、お前と高校になっても一緒にいたい」

ちょっとした告白めいた言葉を言ったつもり。

「あ、俺も!! 俺も三村と一緒がいい」

嬉しそうな顔をして、即答する。


……全然伝わってない。
当たり前、か。

少々ズッコケそうになったが、あまりにも可愛いのでイライラさえしてきた。

「行けるかな~」

今度は想像をしているのか、遠い目をし始める。
クルクルと変化する表情を見ているだけで、こっちまで顔が綻ぶ。

「おっしゃ!! うん。俺、頑張る。絶対に行く」

決心したかのように信史にまっすぐに目を向けた。

俺は七原のこういう所が、どうしようも無く好きだ……と思った。
怖気づかない、まっすぐな気性。
目的を持つと、そこに向かって突き進む。

「俺も頑張るから、三村も頑張れよ。あそこの理数は倍率、超高いっていうじゃん」

今度は、信史の心配までしてくる。

「おぅ。絶対受かってやるよ」

三村って私立行くのかと思ってた……などと、色々とぶつぶつと言いながら蒸しパンにかぶりつく。

「なぁ、そうと決まったら明日、三省堂に行こう。過去問買いに」

駅を三つ超えれば、大型書店がある。

「行く!!」

やりー!お出かけ、お出かけ~などと、はしゃいでいる姿が……可愛すぎる。


「遊びに行くんじねーぞ」
「うん、わかってるってー」

そんな仕草も、もう……全部が可愛い。

こういう気持ちは生まれて初めてだから戸惑うのは当たり前だ。
……と理屈ではわかっていても、やっぱり慣れない。

これは持久戦かな……。
うかつに手を出す出さないの前に、自分の気持ちさえコントロールできないなんて。

自分にもどかしさを覚えながらも、今の秋也との仲を壊すことが怖い。
そんな恐れを感じることさえ、信史には初めてのことだった。


【BL小説】参加中。↓最後に秋也のバナー①クリックで励みになります!
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
こちらも↓参加してます。ポチっとしてもらえたら、嬉しいです。
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【3.また、食わしてくれ】へ
  • 【13-【信史15歳/8月③】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【3.また、食わしてくれ】へ
  • 【13-【信史15歳/8月③】】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。