女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←俺を見ていて 30 →俺を見ていて 32
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【俺を見ていて 30】へ
  • 【俺を見ていて 32】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「●堂本と拓篤☆番外編」
俺を見ていて

俺を見ていて 31

 ←俺を見ていて 30 →俺を見ていて 32
夕食の用意をすると言って梅川が慌てて帰ってから、拓篤は教室で一人。
自分の作品を色んな角度から見て、写真を取っていると扉が開き、水埜が顔を出した。

「まだいたの?」
「あ、すいません。もう、帰ります」

頷いて花の傍に来て、作品を眺める。

「うん。僕は好きだな」

水埜は個人の作品については、細かいアドバイスなどしない。

最初も見よう見真似で、花束だって自己流で作り始めたのから始まった。

花の特性についての勉強だけはしっかりとさせられていたおかげで、花束にする時の組み合わせには傷みの速さなど頭に入っていた。
そこに実践が入り、少しは実になって行ったのだと思う。

水埜が花を真剣に見ている間、拓篤は散った花や葉を片付けて行く。

そこへ水埜の携帯が鳴り、目の前で短く会話をして切った。

「酒井さんが帰国してきたよ」
「え? あの酒井さんですか」
「そう」
「じゃ、日本でお寿司屋さん……」

そこまで言うと、水埜が小さく微笑む。

「まだ先だよ。一時帰国だからね」
「あ……そうですか」

「彼が気になるの?」

彼、とは恭二のことだろうと、素直に頷く。

「異国の地で、同世代で頑張っていた時期があったんで」
「なるほど」

水埜が拓篤の花をまた見て、触れる。

「パリに居た頃の君は、この僕でさえとても痛々しく見えた。一切を遮断してるっていうのかな……。でも、自分を取り戻そうとしてるんだなと思って、見てたんだけどね」
「はい」

その通りだと振り返って思う。
水埜がマイペースな人で、その分どれだけ助けられたかと口元が綻びる。

年上の人は、訳知り顔で何かを言いたくなるものだ。
でもあの頃の俺は、それさえも嫌だったから。

そっとしておいてくれるのが、有難かった。

「心を遊ばせるっていう言葉、覚えてます」
「うん。この花には、それがある」

そう言って拓篤を見る。

「土の上でどれだけ踏まれても、種は土中で芽吹き、少しずつ根を張り、時期が来れば土中から顔を出し、いずれ花を咲かせる」
「はい」
「でも、水と太陽の陽がなければどれだけ根をはっても、乾涸びて枯れる」
「はい」

拓篤が姿勢を但して水埜を見ると、クスッと笑う。

「僕も、たまにはまともなこと言うでしょ?」

自分で言う、こういうところが憎めない人だ。

「じゃ、酒井さんが待ってるから。あ、そうだ。何だったら、君も来る?」
「いえ。次の機会に」
「そうだね。当分は居るみたいだし」

そう言って、あっさりと帰って行った。

水と太陽……か。

そうだと思う。
あの日々を思い起こせば。

恭二との語らい、屈託のない笑い声、ランチで食べたお弁当の美味しさ。
熱のある視線……。

あれが水だったのなら。

堂本を一人で想う時は、日光浴……だったのかもしれない。

別れたからこそ、ポカポカと陽だまりのように感じらるのだと思ったっけ。



―― さて、俺の太陽さんが居る家へ帰ろう。

*

部屋に帰ると、堂本がキッチンに居た。

「ただいま」
「お帰り。今日はトマト鍋だ」
「当分、居なくなるから?」
「そうだな」

拓篤は堂本の背中から抱きついて、背中に頬を当てる。

「行かないでー、とか言うなよ」
「言うかよ。帰ってくるのに」

当分は、一人暮らしに戻る。
そして帰ってきたらきっと、堂本はまた忙しくなり、顔を見ない日が増えるだろう。

「風呂、先に入って来るか?」
「うん」

後ろから首を伸ばして、堂本のコメカミにキスをしてバスルームへ向かった。

*

ビールを飲みながら、一緒に鍋を食べる。

「さすがに、熱いな」
「お風呂に入ったのに、汗出る」

ふーふー言いながら他愛ない話をして、肉や野菜を入れてはまた食べる。

「拓篤くんサイズが出て来た」

ソーセージを箸で掴み、パクリと食べる。

「それ、この間のより小さいじゃんっ。自分がちょっとデカいからって、ムカつく」
「たっくんは、普通サイズだよ」
「微妙……」
「美チンには間違いない。お、今度は拓篤くんのタマタマに似たのが……」

丸いツミレを箸で取って、見せる。

「もー食事中に、下ネタ連発ヤメロ」
「弁当に、チンコとタマを二つ並べてたお前に言われても」
「あれは、ちょっとした出来心です……」

お前は被疑者か、と堂本に頭を軽くはたかれる。

「自分だって、久坂さんに写真送ったじゃん」
「久坂の嫁も、アレはさすがに作らんだろうと思ってな」

「嫁って、一色さんだよね」

拓篤が何気に聞けば。顔をジッと見る。

「気付いたか」
「うん」

ニコニコしている拓篤の頬を、堂本が軽く抓る。

「そんな可愛い顔をするな」
「堂本さん、俺にメロメロ?」
「自分で言うな」

*

食事を片づけた後も、堂本はテキストを読み込んでいる。

「なー、また遅くまですんの?」

もうすぐ長期の留守にするのに……と思うと、さすがに寂しくなって声をかける。

「今日、上位取って来いって言われたんだよ」

堂本の言い方に何かを感じて、拓篤が顔を覗き込む。

「……誰に?」
「本部長と、管理官」

管理官?

「あのインテリ眼鏡のすっごいイケメン?」
「そう」

ふーん。

「堂本さんの、元カレ」
「そうだ」
「ふーん」

顎を上げて堂本を見ると、ニヤニヤと笑う。

「ヤキモチでちゅか?」
「何で、幼児語なんだよっ」
「可愛いから」
「俺は、あの人みたいに大人じゃないしなっ」

過去に嫉妬してるつもりはない。
ただ職場が同じで、上司で、今も堂本が特別に思ってるのを感じる。

それが、ムカつくのだ。

「怒るな」

堂本が横に座る拓篤を抱き寄せる。

「お前を子供扱いしてる訳じゃない」
「それは……分かってる」
「可愛いんだよ。年離れてるとな、これだけはしょうがない」
「前も聞いた」

拓篤の後頭部に手をやり、額と額をくっ付ける。

「俺は、お前を愛してるんだよ。言っただろ? 胸の中に、カタマリがあるって」
「うん」
「お前が帰って来て、こうして一緒に居て、今はカタマリも溶けてプヨプヨだ」
「プヨプヨって」

拓篤が小さく笑うと、チュッとキスをする。

「向こうに行ってる間、また固まるだろうな~。寂しくて」
「寂しい?」
「あぁ、こういうことも出来ないしな」

そう言いながら、尻を揉む。

「オッサンッ」

ムニュムニュと揉みしだくと、拓篤がくすぐったがって笑う。

「こっち来い」

堂本の言葉に、仔猫がじゃれるように両腕を回して、膝の上に乗った。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ 3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ 3kaku_s_L.png 頂きモノ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【俺を見ていて 30】へ
  • 【俺を見ていて 32】へ

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【俺を見ていて 30】へ
  • 【俺を見ていて 32】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。