女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←俺を見ていて 26 →俺を見ていて 28
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【俺を見ていて 26】へ
  • 【俺を見ていて 28】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「●堂本と拓篤☆番外編」
俺を見ていて

俺を見ていて 27

 ←俺を見ていて 26 →俺を見ていて 28
拓篤がホテルでの仕事を終え、会社へと向かう。
コンクールの一次結果が出たので、水埜への報告だ。

「お疲れ様です」

事務所へ顔を出してから、水埜の部屋のドアをノックした。

「Tホテル、終わりました」
「そこへかけて」

拓篤がソファーに座ると、ファイルに入った書類を持って来た。

「一次通過、おめでとう」
「有難う御座います」

その話は後で……と言って、書類をテーブルに並べる。

「次のコンベンション前に、Mデパートのディスプレイの仕事を頼むよ」

軽く言われてしまい、戸惑いを隠せない。

デパートのディスプレイ。
ショーウィンドウの目立つ場所で、水埜がやってきた中でも大きな仕事の部類だ。

「そんなに驚くこと?」
「……まだ、自信がありません」

ショーウィンドウの水埜の作品は、何度も見た。
正直に言えば、自分にはまだ荷が重い。

「今度のコンクールは、浦中先生が審査員に居る」

いきなりコンクールの方に話しが戻る。

「この間、会ったんだよ」
「浦中先生にですか?」
「君のことを、お世辞の一つも言えない、嫌味さえも通じない坊ちゃんだと言われた」

あの時の対応が気に入らなかったのか……。
でもきっと、どんな態度を取ったって同じだったように思う。

「嫌味、言われたの?」
「……はい」
「お世辞は言わなかったんだ」

お世辞?
そういうところがダメなのかと口を噤む。

「思いもしなかったって顔だね」

水埜がクスッと笑う。

「それでいい。心にもないことを言う必要はない。称賛は、自然と口に出るものだよ」

多分……水埜の言いたいことはそこじゃない。
浦中が審査員ということは、二次通過も危うい。

私的感情を審査に加えるなんて。
正論ではそうだが、こういった感性に訴える部類には私的感情が入ったところで、分かり難い。

それだけじゃない。
浦中の作品と水埜の作品は、水と油のように違う。

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚。
人間の五感というものは人それぞれで、好きか嫌いかでまず分類されていく。

例え大勢の人が絶賛しようが、否の人は必ずその中に居る。
だからこそ、世の中には色んなモノが多種多様に生まれて行くのだから。

「作品は、他の先生方の目にも止まります」

例え落ちても、また次がある。
それにコンクールが全てだとは思っていない。

「そう。じゃ、頑張って」

あっさりと言われて、拓篤は頷く。

「新芽でも簡単に摘み取れないように、根を張るしかないね」
「だから、大きな仕事を任せようと?」
「いや、僕の仕事の都合で。ちょうどパリのスクールに顔を出さないといけないんだ。これからは横の繋がりっていうのを、大事にしないとね。僕も学び中なんだよ」

水埜は言いまわしが独特で、会話をしていく内にやっと分かって来ることが多い。

「分かりました」
「まだ時間はあるから」
「はい」

そんな簡単に言ってくれるなよ。
心でそうは思っても、水埜は涼しい顔だ。

「君なら出来る」

ニッコリと微笑まれて、喜びよりもプレッシャーの方が大きい。

テーブルに広げた書類を見ながら、淡々と説明をされて必死にメモを取る。
水埜は二度同じことを聞くのを嫌がるのだ。

「あ、そうそう。君、廣岡家って知ってる?」

また話が飛ぶが、もう慣れた。

「旧華族の廣岡家ですか?」
「そうみたい」

そうみたい……って。

「はい。母方の方と繋がりがあります」

同じく没落華族で、遠縁に当たる。

「ついでにイタリアに回って、その廣岡家の血を引いた人と会うんだ」

血を引いてる……という言い方は嫡出子ではない可能性が高いが、別段珍しいことではない。
家督を継がせる男子が居ない時は、非嫡出子が継ぐことだってある。
血の流れを守るために、繰り返されてきた歴史だ。

「矢倉さんの依頼だよ」
「あぁ……エステの」
「そう。ジュエリーと花のコラボレーションの打ち合わせにね」

水埜は書類をしまいながら、どこまでも淡々と。

「あのパンフレットに載っていた方ですか?」
「うん。顔あんまり写ってなかったけど」

わ……。何だか、勝手に親近感を覚えた。

「デコレーターの佐久間さんから、連絡が来ると思うから」

次にデパートの仕事の話に戻った。

「はい」
「彼はディスプレイでは凄いよ。君もきっと学ぶことがある」

*

部屋に帰って、堂本が用意してくれていた夕食を温めて食べる。
その間も堂本は、ソファーでずっとテキストと睨めっこだ。

堂本が来週から警察学校に入るから、拓篤も自然とコンクールの方へと気持ちが向かう。

部屋でそれぞれに黙々と次のステップのために、勉強をする。

拓篤は合間に紅茶を淹れ、堂本の前にコトリと置いた。

「お、ありがとう」
「どう?」
「まぁ暗記がほとんどだから、詰め込むしかない」

堂本が手を伸ばして、拓篤を抱っこするように膝の上に乗せる。

「お前は創り出す方だもんな」

甘えたい気分になって、両手を首に回してスリスリとする。

「どうした?」
「俺、この世界で生き残らないと」
「お前には、俺は居るだろ。何がどうなったって、俺が傍に居る」
「……うん」
「失敗して落ちても、また起き上がるまで抱っこしといてやる」

また甘やかす……と、小さく笑ってギュッとしがみつく。

「花のことは何も分からん」
「一緒に居てくれるだけで、いい」

「最初からプロフェッショナルな人なんか居ない。お前は、まだまだピヨピヨのヒヨコだ」
「仔猫じゃないんだ」
「仔猫ちゃんは、俺専用」

堂本が頭にキスをしてきた。

「十年も経ったら、少しは自信ついてるかな」
「人は進化してる。十年近く前のお前なんか、喧嘩して暴れてたろ?」

あぁ、そうだった。
もう、ずっと遠い昔のような気もするし……少し前のような気もする。

「堂本さんに、オッサンって言ってたもんね」
「それは、今も言う」

拓篤が声を上げて笑う。

「年の差は埋まらないし」
「埋まらなくても、距離は近づいて行く。なんせ、先を歩く方は歩調が緩やかになって行くからな」
「うん」
「お前は今から、加速して追い上げてくる。追われる方は足音で距離が近づいて来るのを感じて振り返る。そして焦ったり、まだ負けたくないと思ったりするんだよ」

そうか……。

「焦って、無理して走って距離を開こうと思っても息切れする。そんなことを繰り返してる内に、近くまで来てるさ」
「俺もいつか、後ろから来る足音に振り返る日が来るんだ」

今は前しか見ていないし、見えない。

「必ず来る」
「堂本さんも、追う背中ある?」
「当たり前だろ。俺を、どれだけオッサンにする気だ」

二人で笑って、キスをして。
一緒に紅茶を飲んで……。

また、それぞれにやるべきことに向かった。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ 3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ 3kaku_s_L.png 頂きモノ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【俺を見ていて 26】へ
  • 【俺を見ていて 28】へ

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【俺を見ていて 26】へ
  • 【俺を見ていて 28】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。