女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←片想いのこじらせ方 128 →片想いのこじらせ方 130
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 128】へ
  • 【片想いのこじらせ方 130】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 129

 ←片想いのこじらせ方 128 →片想いのこじらせ方 130
座席に案内されると、もう既に勝浦と青木が待っていた。

「お待たせしました」
「いやいや。コース料理でいいかな?」
「はい、お任せします」

まずビールに口をつけ、料理が運ばれて来る。

四人で食事が始まった。

営業畑が四人集まれば、会話には事欠かない。
縮んでいたはずの高梁も、すっかりと伸びている。

「今は建材も種類が多いですよね」
「えぇ、どんどん新しい技法で耐久性に優れたモノが出てきています。コスト面の追及をすれば、かなり厳しいですが」

後藤商事は建材専門業者ではなく、中間業者だ。
だから発注に関することで担当者が代わったりすると、そこでミスが発生することもある。
それをこっちが見落とせば、今回の件のようになる。

こっちは建材を扱うプロだ。
見落としは、ただの言い訳にしかならない。



前半は仕事の話で、食事が終わる頃には時々プライベートな部分まで突っ込んで聞かれた。
三十代で独身だと、必ず出て来る話題だ。

表面上は既婚者である青木にも、子供の話を振られる。

互いに目が合い、フッと逸らした。

最後に酔った勝浦が、携帯で中学生の娘の写真を皆に見せ始めた。

「課長。これ知らない人が見たら、ロリコンだって疑われますよ」
「バカ。自分の娘だぞっ」

ちょっと本気で怒ってるが、青木の言う言葉も多少は頷ける。

「電車の中で、ニマニマ眺めてると怪しまれますよ?」
「何でだよ」
「皆じゃありませんて。そういう風に見る人も居るってことです」
「嫌な世の中だよなぁ……。自分の娘の写真で、そんなこと思われるのかよ」

完全に砕けた口調になって嘆いてるのが可笑しいが、本当にそうだな……と思う。

「いや、年が微妙なんで」

勝浦は学生結婚で、まだ三十代だ。
営業マンらしく、見た目には気をつけているから同年代よりも若く見られる。

「ですよね。中高生……いや、今は小学生でも」

高梁が難しい顔をして加わる。

「えぇ?」
「変な奴がいますからね。家族写真なら別ですけど」
「ほんっと、嫌な世の中だ」

また嘆いて、最後に残ったビールを飲み干した。

「佐倉さん、もし四十代になっても結婚してなかったらうちの娘を嫁に貰って下さいよ」
「……はぁ」

何で十年も先の話を。

「あなたのような男がいい」

いや……俺は、客観的に見てもオススメじゃないけど。
仕事だけを見て言われるのは、光栄でもあるが複雑だ。

「有難う御座います」
「じゃ、課長は佐倉さんのお義父さんになるんですか?」

青木が笑いながら言えば、高梁が眉をしかめる。

「でも、娘さんから見たらオジサンですよ? いくらイケメンでも可哀想だ」と横から言うから頭を叩いた。

「あ、そうだな……。娘に怒られるか」
「勝浦さん、それわりとショックです」

皆で笑って和やかに食事会はお開きになった。

*

店を出たらまだ夜の十時だった。

北見の家に寄りたい……と頭を過ったが、週末を一緒に過ごしたいならやめた方が良いと自分に言い聞かせる。

それぞれに帰宅の途に別れると、最後には青木と二人になった。

「久しぶりだな、二人で話すのは」
「あぁ……」
「順調?」
「そうだな」

青木にはあの後、ちゃんと付き合ってる人が出来たと告げた。

相手は男が女か……。
最初にそう聞かれて、男だと答えた。

青木は電話口で何かを言いかけたようだったが、何も言わずため息だけが聞こえた。

そこからはもう口説くようなことは無くなったが、自分を見る目にまだ熱があるように感じるのは自惚れだろうか。

「そっか……残念」
「今日も本当は一緒に飯食いに行くはずだったのに、流れた」
「それはそれは、お気の毒」
「どこかの課長さんのお誘いで」

青木がはは……と笑う。

「佐倉さんのことお気に入りなんで。今日のことでもそう。顔色を変えず、言い訳もせず、やるべきことの最短を導き出す」
「買い被りだよ。たまたまだ。スーパーマンじゃないんだから」
「日頃から、ちゃんとあっちこっちに営業してるからでしょう」
「褒め殺しか」
「営業の人間の言うことは、半分に聞く……でしょ」

そりゃそうだろう。
どこをくすぐれば効果があるか。
自然とそんなことばかりを考えて、動くのが身についた。

ただ北見には……それが出来ないんだけど。



並んで歩いていた青木が足を止めた。
何かと思って振り返ると、首を傾げる。

「相手は……あの眼鏡くん?」

あの時は、聞かなかったくせに。

でも、何となくは感づいていたはずだ。

だって、他に誰がいる?

男と恋愛をする気など、さらさらなかった俺が。
折れてまでそれを受け入れた相手。

それは、ずっと好きだった……北見しかいない。



無言で青木を見つめていると、肯定と取ったようだ。

「ムカつくなぁ……」

また歩き出して、並ぶ。

「何言ってんだか」
「ノンケにまんまと、掻っ攫われるとは」
「俺がずっと好きだったんだよ」

思わずそう口に出た。
まぁ、青木は気付いてたからいいんだけど。

「片想いが成就されて、羨ましい」

それは実感がこもっていて、佐倉が横にいる青木を見る。

「佐倉さん見てたら分かるよ。イイ奴なんだな……」
「……うん」
「正直……。まだ佐倉さんに気があるんだけど、勝ち目ないな」
「無いよ」

即答すれば、青木が大袈裟にため息を吐く。

「ちょっとでも陰りが見えたらなんて思ってたけど、ダメか」
「ダメだ」
「バッサリ来るなぁ」
「切る時は、一気にしないとな」

青木が首を振りながら、くくっと笑う。

「そういうとこが好きだったんだよ。仕事してる時から……。でも恋愛になるとダメダメなのも見えて、そのギャップが可愛く見えてさ」

バレてたのか。
俺のダメダメな処も。

「多分、あの眼鏡くんも、そういうとこが堪らないんじゃ」
「やめろよ……もう、いい」
「ほら、そういうとこ」
「からかうな。それに眼鏡くんじゃない」
「ムカつくから、名前言いたくない」

二人で同時に笑って、目を合わせる。

「あなたへの好意は消えません」

青木が真面目な顔に戻って言った。

「そこはもう、諦めて下さい。けど、下手にあの眼鏡くんとの仲を掻きまわすようなこともしない」
「……うん」
「嫌われたくはないので」

佐倉が青木を見ると、微笑む。

「そうだな。邪魔されたら、腹立つわ」
「正直というか、ほんとまんまだ」

ククッと前屈みになって笑う。

「やっと最近、慣れてきたのに」

佐倉が小さな声で呟くと、え?という顔をする。

「男との恋愛……というより、自分から惚れた相手との恋愛に」


「は……なるほどね。これでもかって感じだな。……参った」

項垂れる青木に、今度は佐倉が声を出して笑った。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


昨日は、たくさんのお祝いのお言葉、有難う御座います!!
やはりリコメする時間がなく、出来なくてすいませんm(__)m 本編のみで精一杯でした(汗
一つずつ、大切に読ませて頂きました。

本当に、感謝してます(´A`*)・゚。
有難う御座いました。
関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 128】へ
  • 【片想いのこじらせ方 130】へ

~ Comment ~

すーなーおー♡

Kiriさま。

今夜は青木さんと飲みたい気分…私もあまりにサクラちゃん素直だから眼鏡くんって呼ぼうかな?なんか…ムカつく(-_-メ) 

でも高梁くんの「すっかり伸びて…」は笑ってしまいました。好きだわ。高梁くん(♡˙˘˙♡)

優様、今度は「高梁君通信」書いてくれないかしら?ふふっ。

余談ですが…先日、神奈川県海老名市の鶴指真澄市議が「同性愛者は異常動物」とTwitterで呟いて議員辞職しました。
同性婚の意識調査の賛成が過半数を上回ったと言うマスコミの報道を「倫理観を持った報道を」と避難したものの一部です。

まあね。昭和生まれの女好き(顔がね?スケベそうなの。あ、これは私の個人的見解です。)のジジイそうなので、BL読んだら泡吹いてぶっ倒れますよね。

マツコさんや愛さんのように「オカマ」な人たちが世間に受け入れられ、化粧する可愛い男子がいて、私のような中身がオッサン疑惑のおばさんがいたりして…誰かさんの詩の一部ではないですが「みんな違ってみんないい」世の中になるといいですね。

…千葉の友人がピーナツを送ってくれました。昨日、食べすぎて膨満感半端ない潤でした。どうやったら治るんやろ?

明日も楽しみデース。

お人柄

kiri様

どのお話もそうですが、憎まれサブキャラでも、最後はかっこよかったり、自分の弱さに負けただけの普通の人だったり、完全な悪人はいませんよね。
青木も、ちょっとかっこよく見えた(笑)あ、でも、青木さん。「掻っ攫われた」んじゃないよ。元々、あなたのじゃないから(笑)

kiri様のお人柄がそうさせるんでしょうね。どんなキャラも粗末にしないで、人間として描いてる。祥子や山口や高宮さえ、好きにはなれないけど、理解はできるようになったし。
だから、途中でつらいシーンがあっても、最後まで読み進められるんだと思います。

見習いたいと思いつつ、私には、絶対に無理なんで。
だから、ここへ和みに来るんです(*´∀`*)

今日もありがとうございました♡

これからも~。

4周年おめでとうございます。私は読み始めて1年位ですかね。最初は寝るのも惜しんで読んでいました。(毎日寝不足でした。)

青木さん登場しましたね。昨日のきちゃみの『心配だから迎えに行こうかな』にギュンときました。きちゃみがやきもち焼くけど青木さんとは仕事仲間としていい関係ができそうですね。そして青木さんにも素敵なパートナーができるといいけど・・・。
会社では何も知らない高梁くんがいい仕事しますね。ドンドンして下さい。(#^^#)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私信 潤様へ~

kiri様、すみません。

潤様、私もその記事で呆れました。
中身どころか、外見もおっさんな(ガタイがよくてメンズしか着ない)私には、「こういうオッサンが上司だったら、すげぇめんどくせぇんだよな」と...
自分の価値観しか認めないバカは、公人になってはいけません。
ゲイの友人達は、鼻で笑ってましたけど。

何でもかんでも認めろとは言いませんが(ネクロフィリアとかね(-_-;))、誰と恋愛しようとエッチしようと、ほっとけよと思います。

どこが倫理観に反してるんだか、根拠を言え、根拠を。
少子化とか持ち出すなよ、それは別の次元の問題だろ。

すみません、さっきゲイの子と話してて、この話題になったので、エキサイトしてしまいました。お目汚し失礼しましたm(__)m

Re: すーなーおー♡

潤様

佐倉は元々、スッごい素直…なんです(笑
ストレートにモノを言う人で、青木の友情婚でも何でも、ハッキリと「理解出来ない」と言ってましたもんね。ただ「批判はしない」…と。

仕事の面でもそう。ま、営業なんで相手を不快にさせることはしませんけど。

青木は佐倉のそういう面にも惹かれたんだろうな~。見た目も好みだし。
あれ…どっかで聞いたわ、コレ…。佐倉も北見へそうだったww

あ。ニュースで観ました。
批判されるね~、こういうこと言うと。オジサンも「しまった」と思ってるでしょう…。
オジサン、反省してくれてるとイイんですが。……無理かな(苦笑

多いですね。SNSというツールは、ちょっとしたことで大炎上。取返しつかない…。
批判する前に、その反対派の人だって「必ず」いるってことも考えないといけない時代だもん。

>どうやったら治るんやろ?←知らんっ(爆)消化されるのを、待ちましょうwww

有難う御座いました☆

Re: お人柄

蒼生様

青木は、コメント欄でも言ってきたんですが「イイ人」なんです^^

本当の悪い人も読んでみたい。
…そういうお声も、たまに出ますが、今のところ書くつもりはありません。

なぜか?「正論攻撃」に非常に疲れるんです…ぶっちゃけると(苦笑
私も、もうえぇ年なんで、悪だって分かってて書いてるんですけどね。
色んな考え方があるので、個々にあ~だこ~だと説明するのも…。

善と悪があって、成り立つお話もある。そっちの方が、わりと書き易いし!
けど、ブログでは無理ですね。コメント欄閉じるとか、交流自体を閉じないと。

でも、読者様を不快にさせてまで、書きたい訳でもないので(*^^*)
ネタは山盛りあるんですが、蔵にシマってます。また何処かで出す機会があれば…と。

人柄というより、ただの面倒臭がりってダケなんです(苦笑

今回のお話は、悪者は出しませんでした~。ホンワカと楽しんでもらいたかったので^^

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

鍵コメr様

有難う御座います~!

ハワイから帰国!楽しまれましたか~。
私、あそこに行くと、アジア人て華奢だな~と…思いますww
ホテルの日本人のコンシェルさんが「ずーっと自分が細いと思い込んでて、日本に帰ったら立派に太目でした」って(笑

旅行中も読み続けて頂いて^^
あ、さすがにコメントはフリーズしちゃいましたか( ゚Д゚)

いえいえ、お気持ちはちゃ~~んと伝わっております(´A`*)・゚。

またよろしくお願いしますね。
有難う御座いました☆

Re: これからも~。

まなちゃん様

有難う御座います~!寝不足になってまで、読んで頂いて(*^^*)

北見、今頃何してるんでしょうね……。部屋で、悶々?笑
青木氏、良い男なんですよ~。福山さん似だし←関係ない?ww
でも、佐倉はメガネのヌボーっとしたきちゃみが良いのです♥ずっと好きだったんだもんね。

高梁……わりと好感持って頂いてる方もいて、嬉しいな~♪

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

青木さん(*´ω`*)

きちゃみ、もぅきっと、ずっと「眼鏡くん」のままだね(笑)

私は当て馬キャラがどうも苦手で、良い人だって理解できても好きにはなれない、というのが常だったのですが…
青木さんは好感持てます(*^^*)こんなこと初めてで戸惑うユニコ。
ま、多分、二人の邪魔をしたり酷いことをしなかったから、だと思うのですが。
Kiri さんが最初に「悪人は出ません」と仰っていたので安心していました。ユニコは今回のように日常の淡々が好きです~♪

青木さん、前も「嫌われたくはない」と言っていましたね。本当にサクラちゃんが好きで堪らないのでしょう。
いつもは当て馬が去ったら、はぁ良かった~と喜んでいたのですが、今回ばかりは青木さんの幸せを願わずにはいられない心境になり戸惑い中です(笑)

サクラちゃんへの好意がなけりゃ、友人としていいんじゃないかと思うけど、まあダメですね。きちゃみがトラウマになっとるし(^^;

勇次にとってうっちーが鬼門なように、ね(;^_^A

あ、気付けば大好きなきちゃみより青木のことばかり語っとるΣ(-∀-;)

「無いよ」「ダメだ」←バッサリ切るサクラちゃんカッコいい!そうですよね~もう見込みはないんだから青木さんの為にもここはハッキリ言わないと。
心配で迎えに行きたくて悶々としてるであろうきちゃみにサクラちゃんの勇姿を見せてあげたいですo(^o^)o


今日、本屋でショーコ先生の表紙に惹かれて、初めてBL 漫画を買ってしまいました( 〃▽〃)ドキドキ
新連載のカプの表紙だったのですが、一人は生意気そうな顔したイケメンくんで、もう一人はなんと長身メガネくん!←どこにも長身とは書かれてないけど、そうに決まってるwww
しかもこの眼鏡くん、仕事柄パソコンを駆使してるという・・もうユニコにはサクラちゃんときちゃみにしか見えませんでした(///∇///)キャー
でも、月刊誌だといいとこで続く~になっちゃうから単行本になってから一気に読むのがいいかなって思いました。

Kiri さん更新ありがとうございました。明日も楽しみです(*^^*)

あ、青木氏、激チーン

御愁傷様でございました。チーンorz

隙あらば、佐倉をかっさらおうと言う気満々だったのに、バッサリ行かれ、ノロケられる( ;∀;)

でも、「これからも好きでいるけど、邪魔はしない」と言う宣言、カッコいい(ノ´∀`*)男らしいですね( 〃▽〃)

さて、佐倉、眼鏡君がイライラしながら待ってるぞ!

Re: 青木さん(*´ω`*)

ユニコ様

青木さん、良い男なんです←シツコイww

でもね、良い男だからって恋するのとは違いますもんねー。
何なんでしょう…恋しちゃう起点って。。。
佐倉も青木も、最初は好みのタイプだってことで相手に目が行った処から始まってるんですけど。
有りますよね。なーんか好みの「顔」とか「雰囲気」っての(爆

はい、もう今回は悪人出さないでおこう。と決めてました。
好き嫌いがあるのは、それぞれだと思いますしね^^

良い友達になれるとは思うんですが…きちゃみが!!青木のあの目が忘れられないきちゃみww

>勇次にとってうっちーが鬼門なように、ね(;^_^A
そうそう。そして内野も勇次が鬼門(爆)
ココは体の関係があったから、余計にだね。隼がもう、奔放過ぎて。。。(;´・ω・)

そう、佐倉はいつもハッキリキッパリな人。遊んだ男達にも、そうしてきたし。
基本的に、粘着質じゃないんですね。そんな人でも恋すると、可愛いもんです…フフ

おぉー!ショーコ先生、新連載!!わーー楽しみ!!検索、検索。。。ル●ルだな…腐
個人ベスト5の中に入る先生です。お話も素敵ですが、絵だけでもう大満足……。
雑誌も一時買ってたんですが、もうとんでもない状態になって諦めました。
今は、コミックになるのを待って即買い!だから、連載中とか全然知らないんですよね。
生きてて良かった…と、好きな先生のコミックが出る度に思います←

有難う御座いました☆

Re: あ、青木氏、激チーン

ふもも 様

内野も「ダメになったら俺のとこにおいで」とか何とか、隼に言ってましたね。
そして未練タラタラして「まだ来ないのか」みたいなことまで…苦笑
男って、何かこういう勘違い的なとこある。だから男なんだわww

そもそも、佐倉は一度もなびいてないけど、青木氏…メガネに取られた気分になってます。
可愛いじゃないのー

明日も…青木から始まるんですよ。スマヌ…。上手く切れなかったの(^-^;

有難う御座いました☆

切れ味鋭い 漢前佐倉ちゃん🌸

kiriさま

本日のやり取りを北見くんが知ったら、嫉妬するのもバカらしくなっちゃうかも~🎶
それよりも、バッサリと青木さんを切った佐倉ちゃんに、益々めろめろになっちゃうね~(´▽`*)

青木氏は佐倉ちゃんが欲しいけど、佐倉ちゃんにとってはアウトオブ眼中だからね--っ!!
男との恋愛は、自分が好きになった北見くんだけだもんね--っ!!

お断りの仕方も、漢前の佐倉ちゃん!! くぅ~っ、格好いいっ💕
その返事に対して「あなたへの好意は消えません」と言い切った青木氏も、漢前だと思います!! お邪魔もしないって約束したしね!!
これで、青木氏の株急上昇➶ww

kiriさまの書かれるキャラ達は、たとえ悪役っぽい人でも(例えば高宮とか)その人の立場に立ってみれば「なるほど。そういう理屈が成り立つのね」というのが感じられるからか、正直嫌いなキャラっていないんですよね-。
もちろん、お話の途中では「アンタ、なにしくさってんねん!!」と思うことがありますが、お話が進むにつれて不思議と魅力的に感じてしまうのが、kiriさまの力量ですよね💕

潤さま、蒼生さまのお話を私も観ましたよ~。
カトリック=世界で「同性愛」が認められていなかった一番の理由は、生殖につながらない行為であり、自然界には同性愛はない(人間だけ)とされてきたからですよね。
でも、近年では自然界における動物達の方が、同性愛行為が多い事がわかってきていて、その理由は当てはまらなくなってます。

キリンの世界では♂同士の方がノーマルらしいし、イルカは雌の割合が少ないために生殖行動をする前に、5~6頭の雄同士で練習するくらいで、その後も♂♂カプの方が多いみたいですし。ペンギンも、チンパンジーをはじめとする霊長類も、その他ほとんどの動物で、レズゲイは当たり前みたいです。

それに加えて、ローマ法王自身も「同性愛者を認める発言」をしたくらいですから、世の中が変化している事を政治家の方々は、もっとアンテナを張って勉強をして欲しいと思います。
世の中は、ひとつの概念だけでできている訳ではないですからね。

最近、LGBTの他にも、クィア(前4つのカテゴリに収まるとは限らないものの、いわゆるストレートと呼ばれる状態ではないこと)/クエスチョ二ング(自身のセクシュアリティが不確定なこと)、インターセックス(男女両性の性的な特徴や器官を持つこと)の「QI」と呼ばれる方々も加えて、「LGBTQI」と呼ばれる事を知りました。

「人を愛する事」自体は、とても尊い行為だと思うので、その形がどうであれ犯罪行為にならない限りにおいては、認められるべきではないかな~と思っています。
長々と失礼しました💦

kiriさま 明日はきちゃみがドキドキハラハラして待っているのを、佐倉ちゃんが癒してくれるのかな~💕 うししししし( *´艸`)
楽しみにしていますね!!

NoTitle

青木さんが振られるの確定でいたからか、
『君にも新しい出会いがあるさ♪(肩ポム☆)』
なんてちょい上から目線で生ぬるく見守ってる感じです。ww
今回は不憫だなんて思ってなくて、むしろ清々しく、振られて良かったなーなんて思いました(笑)

青木さん、ゆっくり落とすつもりでいたんでしょうねえ。
そしてまだ隙あらばと狙ってる。
でも、佐倉さんもばっさり斬ってるし!www 残念!(≧▽≦)ノ


一件ご報告。
ダルマ&マトリョーシカが話題になったあたりでみゃお様から何気にリクいただいたのでチャレンジしてみました。…が、ただの昼寝絵に。Orz
まあいっかと開き直ってUPしちゃいましたので、お時間のあるときにでも、是非ご覧くだされば…σ(´し_`〃)ゞテレ


失礼して私信を。
みゃおさーん、UPしたよー!(^^)ノシ


それでは!┏(I:)8

NoTitle

kiri様。

昨日今日の佐倉さんてば、すっごい男前でちょっとクラクラするかも。(笑)

恋人がちゃんといて、好き(恋愛感情)ではない人から言い寄られる側は、それはそれで戸惑いがあったり迷惑だったりすることもあるけど、
言い寄る側はそんなことなりふり構っていられないこともある。
『想う気持ち』というのは「ごめんなさい」と言われたからといって、「はいそうですかわかりました。」なんて、そんなに簡単に切り替えられるものではないし、想うことは誰にも止めることは出来ない。
視点を変えれば、青木さんの立場って、たまらなく切ないし胸が痛いです。
しかもノンケにさらわれるか!?とかねえ。(苦笑)

人間、よっぽど嫌悪している相手でない限り、好意を寄せられるのはいやなことではありませんよね。
佐倉さんにとっても青木さんは今ではそういう人なのかな。

偽装結婚(?)中の青木さんはこれからずっと、佐倉さんに片想いを続けていくのでしょうか。
「佐倉さんが好き」は取り敢えずこっちおいといて、それとは別に誰か、想い想われる相手が出来ればいいなあ...なんて。
青木さんにも幸せになってほしいなあ。

あ。
ちなみに、勝浦課長が佐倉さんのお義父さんになったら云々で、高梁君が眉をしかめたのはなんでですか?
単に年齢差のことを想像してですかね。

Re: 切れ味鋭い 漢前佐倉ちゃん🌸

みゃお 様

佐倉が青木によろめく…という心配はしてないと思うんですよ。
ただね…あの、青木の目がどーしても…。
男が男に好意(ラブ)を持つ目っていうのを、客観的に初めて見たもんで、衝撃がデカかったんだとw
肉欲だけなら、嫌悪感で終わるけど(あの仕事先のセクハラな人
きっと、佐倉のことを優しい目で見てたんだろうなぁ~。
だってお家に来てくれた後だったし、嬉しかったんだもんね。近づけた気がして。。。

あえなく、バッサリ!!苦笑
でも、元々佐倉はいつもこういう態度だったはず。警戒心丸出しだったし。
そこに北見へのラブを隠さなくなった…ってとこが大きな違いかな?

うん、本当に腐った人を書くのは、BLにはあまり…とも思うんで。
基本的に♂♂のラブを見たい訳じゃないですか…私達♥

同性間のことでは、ホント色々な考えがありますね。
でも、思うのは自分の思考を押し付けない…ってのを出来たらイイなぁ…と。
現実は、同性云々だけじゃなく色んな差別や屈辱やらはいつの時代も何処にでもあるし、そう簡単に無くならないだろうな…。

私は腐女子なんで、同性…の処は好意的だけど。
世の中には他にもたくさん色んなことがあって、全てに偏見無し!とは言えない。

向井が言ってましたよね。人を好きになるってことは悪いことじゃない…的なこと。
好きになるのに、理由なんかないもんね。自分でコントロール出来ない部分だし。

それにしても動物にも有る…ってのは聞いてたけど、そうなんですねー!
実家の♂猫が、もう一匹の♂猫をいつも追いかけるんですよ。
アレ、♀と間違ってるんじゃないのかも…?(゚д゚)

有難う御座いました☆

追伸:あ、色の違い=新しいのと、使い過ぎた…の違いです^^(色味ではなくw)

Re: NoTitle

トーヤ様

うん、だって佐倉さん、青木と恋愛する…なんて、全然悩んでないんだよ?
ただ、可能性があるとしたら…と過っただけ。
青木云々…じゃなくて、男との恋愛が出来ない。だったんですけどね…。

相手が北見だと、さすがに堕ちた。だって、ずっと好きだったんだもん。
恋愛と好きを、はじめて一致させたのは北見のみ!

佐倉は、期待持たせるようなこと言ったことないと思う。
いつも「NO」だったし「俺は堕ちない」ってハッキリも言った。

青木はもう、ノンケのメガネが腹立つんだわ(爆
で、北見も青木が腹立つんだわwwこれはしょうがない感情だよね(´艸`*)

わーーー!!見た!!みーーーたーー!!
もう、一緒にUPしたかったよ……。追加してもイイ?(追加って何
いやーーー3人が、可愛い~~~(*°∀°)=3興奮…

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

りり様

あのGW中の佐倉の後なんで、余計でしょうか?笑
そんなに変わってないんですけどねw
本来、こういう人…だったんですが、北見と居ると挙動不審だったっけ(笑
そこの挙動不審さが、今は落ち着いてきてるのもあるでしょうねww

うん、青木は切ないねー。(ρ_;)
佐倉は富樫にも「俺を斬れ」みたいなこと言ってた…。
そこはバッサリとじゃないと、ダラダラと想いを引きずる…。
でも、だからってそう簡単に切り替え出来ないのが恋愛感情よね…。

佐倉は本当に男と恋愛するという感情は持ってなかったんですよ。
青木の好意も、困ってた…って方が合ってるかな?ご免よ、青木さん。

好きな相手を口説ける幸せ。これは、青木にとってはとても価値のある時間だったかと。
彼は過去、好きな気持ちを隠すことの方が多かったと思うので…。

え、高梁ですか?深い意味はないです。
ただ本当に「え?40歳だとオッサンになってる」と素直に思っただけで(笑
「みんな、分かってるのかな?」と口にしてしまい、主任に頭叩かれましたw

有難う御座いました☆

何どきても。

あー、いいなあ。
別れても(?)好きな人・・、みたいな。 ・・どっか昭和の歌にあったな。

嫌いになって、とかケンカして、とかじゃないから、想いはいつまでも消えないんでしょうネ。 全力で口説いた相手だし?
青木さん、生きてればきっと良いコトあるさー。

北見くん、あなた、佐倉さんにこ―んなことまで言われてるよっ!!
この~、幸せ者♡♡

Re: 何どきても。

ますみ様

そうですね。
片想いというか、恋愛まで行かなかった方が綺麗な形で残ってる…かと。

ま、男なんて。
振られてナンボ。それくらいでないと、好きな人を口説けない。…と、言った人がいたな。
カッコイイ~!
やっぱ、男ってハンターだもの。今は、草食君が多いけどw

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 128】へ
  • 【片想いのこじらせ方 130】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。