女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 121

 ←片想いのこじらせ方 120 →片想いのこじらせ方 122
佐倉はキッチンに立ちながら、部屋で北見が寝ている現実を噛みしめていた。


起きてから、寝ている北見の背中にこっそり頬ずりをした……。
下着もつけずに二人で寝て、全裸であることを布団を捲って何度も確認してみたり。

昨日のアレは夢ではなく現実だっていうことは、自分の体のだるさでも分かる。

普段あまりそういうフェロモンを出さない北見が、SEXの時は雄になって……カッコよかった。

そう思ってはまた背中にくっ付いて、時々むき出しの尻にも触ってみたりと少々悪戯をしてみたが、一向に起きなかった。
さすが大家族で育っただけの図太さだと思って起き上がり、北見の尻をムニュッと揉んでベッドから降りた。

シャワーを浴びるのに一瞬迷ったのは、北見の痕跡が消えてしまうということ。
でも……また次もある。

抱き合ってる間、何度も「好きだ」って言ってくれた。

あんなSEX、生まれて初めてだ。

……なんて。
自分の過去の恋愛の不甲斐なさにも繋がって、微妙な複雑さも味わう。

でも……。
佐倉はニヤける顔をゴシゴシと擦ってシャワーを浴び、出てから部屋を覗くとまだ北見は寝ていた。

自分で起きるまで放っておこうと、早速キッチンに立つ。

正直、体はかなりダルい。
なのにまだ何処かで興奮しているからなのか、動かずにいられないのだ。

膝に力が入らず、時々テーブルに手をついて足を片方ずつブラブラさせてる自分に笑える。

体がこんな風になったのも、初めてだ。
男とのSEXは大抵ビジネスホテルで、一戦を交えてスッキリして普通に帰っていたし。
そう……俺にとってはジムでスカッシュでもやって一汗かいた後のような感覚だった。

カレーは昼飯に食えばいいか。
昨日、連休用に買ったロールパンを取り出して卵を茹でる。

レタスやキュウリ、トマト、ハムを適当に切ってサラダ。
料理とも言えないシロモノでも、トマトが綺麗に散りばめられたことに自己満足。

いそいそと誰かのために朝食の準備をすることも初めてのことだ。
これからも、時々はこういう朝を迎えることが出来るのかと想像しては口元が緩む。

付き合うってことは、そういうことだもんな。
そこは男女と変わりないんだと思うと、今まで自分がどれだけ小難しく考えていたのかと思う。

もちろん問題はたくさんあるし、リスクだって高い。
でも、北見が二人で考えようと言ってくれた。

あの言葉が、最初に固くこじれた結び目に響いたんだと今は思う。

それでもダメかもしれなくても、指を咥えて眺め続けるよりは後悔はしないと思える。



好きな相手が、好きだと言って手を差し伸べてきた。

一緒に努力をしましょうと言ってくれた。

そうだよな。
努力して、頑張って、それでもダメなら……その時はその時だ。



俺の片想いが……成就したんだ。


願ってなかった分、正直に言えばまだ少しの戸惑いも残っているけど。


やっぱり……嬉しいもんだな。

自分から好きになった相手に好きだって言ってもらえることって、こんなに幸せなんだ。


卵がゆで上がり、火を止めながらふ……と零れる笑み。
コーヒーはインスタントだから、北見が起きてからでいいか。

さすがに足がダルくてソファーで横になっていると、寝室から小さな音が耳に漏れ聞こえてくる。

北見……起きた?

バッと立ち上がって寝室を覗くと枕に顔を埋めて、足をバタバタさせていた。

*

北見がシャワーを浴びている間に、テーブルに一応はそれらしい朝食を並べる。

二人分の皿が並んでいるだけで嬉しいのは、相手が北見だからだ。
いつも休日は目覚ましを合わさずに適当に起きて、あるモノを腹につめるだけだった。

サラダにパンと、コーヒー。
たったそれだけで、達成感という自己満足。

北見がバスルームから出てくる音がして、慌ててテーブルに座る。

「わ……良い匂い」
「昨日買ったパンと、野菜の残りな」

下着一枚の格好でテーブルの前に立ってるから、早く何かを着ろと言った。

「佐倉さん」
「ん?」

名前を呼ばれて斜め上を見上げれば、チュッとキスをされた……。

え……っ。

驚いて目を瞬かせていると、北見はニッコリと笑ってソファーにかけてあった服に着替えて行く。


佐倉はその後ろ姿を見ながら、テーブルに両肘をついて顔を覆った。


「……何してんですか?」
「お前、恥ずかしいよ」

顔を覆ったままで言えば、今度は頭のてっぺんにキスをされる感触が。
バッと手を離すと、北見の方が驚いた顔をする。

「……からかうなっ」

思わず口調がキツくなるが、北見は目を剥いただけでニッコリと笑った。

何だ……何で、こんな余裕なんだ?

「からかう訳ないでしょう。したいからしたんです」

向かいのテーブルに座って真面目な顔で言う。

「……お前、いつも彼女にこんなことしてたのか」

それはちょっと妬ける。

「いえ。佐倉さんが、あんまりにもあっさりしてるからムカっとして」
「……?」

あっさりの意味が分からず眉根を寄せれば、クスッと笑う。

「反対に聞くけど、いつもそういうあっさりとした感じで?」
「……彼女との付き合いがか?」

北見が頷くから、思い返してみる。

「……まぁ、俺から何かをするってのは無かったな」

佐倉が答えれば、納得とばかりにうんうんと頷く。

「何だよ?」
「いえ。これからは、俺がくっ付いていけばいいかって」

そう言われて、何かを言おうと口を開けたが……何も言えずに閉じた。

「ドンと来い、って言って下さいよ」

……何か、マジで腹立つ。
これが惚れられた方の強みってやつ?

「食えよ」

言われた通りにするのが嫌で目線で朝食を指せば、北見は手を合わせて食べ始めた。

それをボーっとみていた自分に気付いたのは、北見と目が合ったから。
慌てて逸らして、自分も食べ始める。

「佐倉さん」
「何?」
「いくらでも遠慮せず」
「……は?」
「好きなだけ見て下さい。もう、隠すことなんかない」

その言葉に何故か、急に泣きそうになった。
自分でも分からないけど、鼻の奥がツンとなる。

何が好きなだけ見て下さい……だよ。

ムカつくのに。

隠すことなんかないと言われたことが、過去に引きずっていた傷を撫でたような気がして……。
それでいて、嬉しかった。

「バカ」

そう言い返すのが精いっぱいで、パンに噛り付く。

「だから、もう俺以外は見つめたりしないで下さいね」

真剣な顔で言われて、ムセそうになった。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 120】へ
  • 【片想いのこじらせ方 122】へ

~ Comment ~

ばかって?

Kiriさまーっ!

「バカ・・・」・・・バカ、バカ、バカ、バカ、バカッ!かばっ!( ̄・・ ̄)

ひぇーーーっ。朝からなんだよっ。ばかって言葉が最後にハートマークが付いてるように見えましたよ。

北見が「あまーいっ。」

はあ。大切・・・この時間(♡˙˘˙♡)

永遠に続けばいいのになぁ。GW・・・ふふっ。

明日からの会社でのあまーい視線に苦慮しそうなサクラちゃんが楽しみデース。

しゃ、な、い、れ、ん、あ、い・・・難しそうですぅ。でも、展開、楽しみにしてます。


トーヤ様・・・バラード、つけ麺が鼻に入りそうでした。イヤホンしてて良かったです。その方の「埼玉・・・@」ツィッター・・・面白いですね。フォローしようかと思いましたが、娘が気付くとやばいのでやめてしまいました。(´>∀<`)ゝ))エヘヘ

甘~~い(笑)

kiri様
もうラブラブのイチャイチャだわ。大好物です。読んでいて恥ずかしくなるくらいです。
佐倉氏のツンデレ具合も萌えます。
北見くんが段々と大胆になっていくし、あぁ佐倉氏の事が本当に好きなんだなと文面からも溢れているし。佐倉氏を甘えさせたいのがよくわかります。
今日も幸せでした。

ああん、もうっ

kiriさん、こんにちは。

いやん、佐倉も1人でデレてたんですね♪
背中にこっそり頬ずりとか、お尻をムニュッとか、1人で思い出してニヤけたりとか
シャワーで痕跡が消えてしまう心配再びとか、いそいそと朝ごはんの支度とか…
佐倉の1人デレ。1人だからこそ、かな。

北見が足をバタバタさせてるところで、思わずぶほっと噴き出してしまいました。
同じ場面を違う視点で読むのって、大好き!

北見は結局すんごい自然にチューしちゃってるし… やるなあ。うふふ。
2人のやり取りにも、顔がニマニマしてしまうのを止められません~~


私信です。

みゃおさま
ですよねですよねっ。会社での2人を色々妄想してむふふ… です。^^
佐倉のことは全く心配しておりませんが、やっぱり北見は~。大丈夫かな~~。
システムの女性陣に変に思われちゃダメよ~。(笑)


ふももさま
はじめまして♪
「美しいこと」、文庫版で読まれたんですね。
ええと、どこかで、文庫版には最後の「愛しいこと」が入ってないと
聞いたような気がしておりまして、それが気になってますーー
「愛しいこと」は最終章ともいうべきものなので、それがないとかなり悲しいのです…
いえ、入っていればいいのですが。
ちゃんと入ってたら、余計なお世話でごめんなさいですー!

Re: ばかって?

潤様

ツンデレ佐倉が、顔を赤らめる…。
北見、あまりの佐倉の態度に頭を切り替えたもよう。
こーいうとこ、北見の良いとこですね。
臨機応変に対応できるww

甘くないのを、北見のおかげで甘くも出来て助かります……(〃艸〃)

社内恋愛。同じ部署で無いだけに、廊下でバッタリ!とか…
色んなシチュを妄想して下さい❤

有難う御座いました☆

Re: 甘~~い(笑)

美夕様

佐倉にはハッキリと言葉や態度で示した方が良いことを学習……北見。
年下攻めは、年上の扱いを心得るところから始まる?w

佐倉も全然悪気ないからねー。この悪気無いってのが、クセモノ。
そこをちゃんと理解してこそ!よね…北見くん❤
不安も取り除きつつ、好きな気持ちをアピりまくろう!

有難う御座いました☆

Re: ああん、もうっ

天音様

はい、一人デレ❤

だって、嬉しいもんねー。
やっぱり、嬉しくて…でもまだ不安も残ってて。
気持ちは疑ってないけど、未知の世界の不安ってあるもん。そこはやはり大人w

佐倉も北見と同じく、オチリをムニュッとしておりました(笑

自分からアクション起こさない人なので、北見のチュー攻撃にキョドる…。
彼女とかなら、さり気なく応えることが出来てたんだろうけど。
相手が北見だと、ほんと色々乱され…それにムッともするw

でも、嬉しい。何だそりゃー な、佐倉さんでしたw

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

とうとう♪

とうとう佐倉のカタマリが溶け始めましたね~(*^^*)

北見の男らしさに感動!イケイケで押しまくり☆
これでは佐倉の溶け始めたカタマリが固まる暇も有りません。脱帽です。

もう終わりが近づきつつ有るんでしょうが、もう暫く北見×佐倉のloveぷりを見ていたいなぁ~(苦笑)

更新ありがとーございました☆

Re: ふふふ(*≧∀≦*)

鍵コメmu様

恋ってイイですよねー。
そう簡単に出来ないもんですし。

ドキドキ、たくさんして貰いましょう…二人に(〃艸〃)

有難う御座いました☆

NoTitle

こんばんは。なんかニヤニヤがとまりません。サクラちゃんの背中にギュっと抱き着いてるシーンとかきちゃみの枕に顔を埋めて足をバタバタさせているシーンとか初々しくて可愛くて・・・。 好きな人のために朝ごはん作ったり、乙女じゃないけどすっごく可愛いですね。(#^^#)

北見の『好きなだけ見てください。』~『もう俺以外は見つめたりしないで下さい。』の言葉に悩殺されました。

明日の二人がどうするか楽しみで~す。(^.^)/~~~

Re: とうとう♪

san様

好きと言われて、受け入れて。体でも確かめ合って。
一夜明けたら、北見が恋愛モードで…。
たった一日やそこらで「完全」とは言えないですが、ほぼ溶けてきてます。

喧嘩もしそうですけど(笑)
色々あるだろうことも、覚悟してますし。

はい、あともう少し。彼らの日常を書いてますので、お付き合いを♪

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

まなちゃん様

片想いが、成就して。
お付き合いすることになって、一晩経ったばかり…。
初々しいですね…(* ハ)

佐倉もジッと出来ず、朝食なんか用意!!大したモノじゃなくても、二人で食べるってのがイイのよー。

北見はホント、無自覚の時から結構タラシなこと口にして、佐倉ドキドキ…。
今はちゃんと意味を持って、佐倉に「伝える」ために口にする♪余計に、ドキドキですね……♥

有難う御座いました☆

NoTitle

kiriさま

「ああん、もう、やだぁん、うひゃひゃ💖」と思いつつ(ちょっと声に出たけど💦)、読んだ・・・ww

2人の間は甘々な雰囲気ではないのでしょうが、見ているこちらでは、お部屋の中がピンク色に染まってるぅ~と感じちゃいますね💕

きちゃみ、ゆぢゅきからちゅーしてもらえそうになかったから、自分からしたのねww よくやった!!! でかしたぞ--っ💕
そうそう、待っていてもデレはこないから、どんどん仕掛けていってちょうだいね!!!
佐倉ちゃんも何だかんだで、待っている所があるからさ-、うしし( *´艸`)

これからは、社内恋愛かぁ。
佐倉ちゃんは、よっぽどの事がないと出さないだろうけど、北見くんは危ないなぁ。
天音さまのご意見に、1票でございます~(≧▽≦)
ワンコの先輩には、すぐにバレそうですね💕

それにしても、北見くんの一言一言が、天然無自覚系の口説き文句が、きゅんきゅんきちゃいますよ~🎶 違う意味での言葉攻めかな?
言葉と態度で、こじれをどろっどろに溶かしてあげてね。

kiriさま GW明けの会社で、最初に会う2人の姿が楽しみで仕方がないです。
明日もよろしくお願いします~!(^^)!

P.S メール送りました(^_-)-☆

あらら( 〃▽〃)

昨日じたばたしてた北見、チューできて良かったね( 〃▽〃) どうも不意討ちのチューに弱いです(^-^;

最後の佐倉の「バカ…」ノロケにしか聞こえません(*≧∀≦*)

「好きなだけ見ていいよ」
「俺以外は見ないで」

何たる殺し文句(///∇///)

大丈夫!佐倉はずっと前からきたみんしか見てない!

ゴールデンウィークは今日で終わりですか?青木さんはどうなるのかな?

私信です。スペースお借りします。

天音様。初めまして。確かに文庫版の方は「美しいこと」しか、収録されてなくて、上下巻の方には、「愛しい~」という話が収録されているみたいですね。確かに「美しい~」だけだとかなり切なくて、終わりがスッキリしませんでした( ノД`)…上下の方を探してみます!ありがとうございました(*^^*)

kiri様。「箱の中」も気になっていたところでした。ありがとうございます(*^^*)

NoTitle

kiri様。

ただの色ボケ君かと思いましたが、なんのなんの。
恐ろしいほどのタラシやないですかっっ!
こわいねー、怖いね。
日ごろ、パッとしないぬぼー君が、
チュッv-207とか、アタマにチュッチュv-207v-238とかっ!
はあーーー。
大丈夫か?サクラちゃん。
こんな天然タラシーといて、心臓保つか??
でも、もう隠れて見なくてもいいよっ!
好きなだけ見てもいいよっっ!!
その代わり、他は見つめたらあかんって。
倉科さんとか、高梁くんとか、見つめたらあかんて(笑)青木さんなんか、以ての外やから (怒`・ω・´)ムキッ
気を付けてくださいね。

NoTitle

今度は違う意味の片思いが始まるのかも、知れませんね(クス)。
そんな恥ずかしい事するな! とか、
ほかの人のことそんなに見つめないでくださいよ! とか心で叫んで、すれ違いざまひじ鉄やら膝蹴りやらの応酬が人知れず・・・。(笑)


佐倉さん、やっぱり先に起きた者勝ちの撫でナデ、むにむに、してたんだ!
だよねー。エチしてる時は触れなくなっちゃったもん。触りたいよ、うん。
で、キタミンの目覚めを待ちつつご飯の支度・・・。 

なんかこのままン十年続きそうで脱力しちゃった、です。
佐倉さんの顔が幸せそうで・・・、それが一番、かな。 ね? 北見~

Re: NoTitle

みゃお様

女の子とも、あまりイチャつくということをして来なかったのに…。
男同士だから、尚更しないよね…佐倉さん。
まぁ、過去も女の子からくっ付いてきたら、ちゃんと応えてはおりましたけども。
惚れられた強み…で居たからな~。

でも、今回は惚れた弱味。だもんw
くっ付くのは嫌じゃないんだよね。好きなんだから!
でもあんまりすると、マジでキレるよ……この人(。・w・。 ) ププッ
そこらへんの加減を、北見くん……学習していくんだろうなー。
北見がまたそーいうの、あんまり苦にならない人なんで。

結構、良いカプだと思います♪

会社でのシーンは、あんまり書いてないんですよ…。ちょっとダケだったような記憶(汗
また、いつかSSなんかで……(逃

あ、明日確認しますね~!
有難う御座いました☆

Re: あらら( 〃▽〃)

ふもも 様

北見は、ほんと素直くんですよね。
捻くれてない分、あまり照れずに言葉にする。

優しいしね…。
佐倉が北見と親しくなって行って、どんどんその中身にまで惹かれ…惚れちゃったのも、こういうとこ。
見た目だけに惹かれて、たまに見るとラッキー♪で楽しんでたのにw

GWは、もうちょっと続きます。青木は出てたかな……。ほんと私、忘れ過ぎ(汗

あ、箱/の/中 はとても良い作品です。…が、BLとしての萌えはどうなんだろう…。
キャ~♥的なのは、無いかもです(>_<)じんわりと、シトシト…的な感じかな?
あと、人によっては地雷が埋まってます。ご注意を…!

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

優様

北見もね、ボケてはいますが(笑
不安だってあるんですよ~。
能天気に言ってる訳じゃないんですよね。

すぐ逃げようとしたり、扉をピシャリ!って閉められてきて。
わりかしトラウマ的になってる部分もw
今までも何度も口にしたかった言葉を「また気持ち悪がられる」って我慢もしてきた。
でも、もう!!口にしてもいいんですー。
むしろ言葉にして、佐倉さんにちゃんと恋愛を自覚してほしいんだよねー。
なんせ……あまりの、あっさりにズルッ(吉/本/新/喜/劇風

佐倉の「好き」が、視線からも伝わって来る。いくらでも、見て!!←
やっぱ、恋ボケ?(´艸`*)

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

ますみ様

やっぱり佐倉もオチリをムニュムニュしておりました(笑

北見の言葉……ちゃんと意味があるんですよ。
まぁ、佐倉さん……眼力あるしww

もちろん、佐倉さんが他をそんな「見つめる」なんてこたー無いですよ、北見くん。
睨むことは、多々あれど(一番睨まれるのが多いのは高梁?w
仕事の時も、相手をジーッと見るでしょうね……。営業マンには必要なことですし。

ジッと出来ず、ダルいのに朝食の準備をする佐倉さん♪
いつか、こういう日常が当たり前になって行く…ように。
二人で努力していければ良いなぁ…と思います^^

有難う御座いました☆

もう~~~~~(*´`)

2人とも思考が乙女になってる!!(*´▽`*)
これからいろんな事が始まるんですね。でも2人なら大丈夫!

会社ではシステム課の女子が何か感じそうですね( ̄▽ ̄) 時々SSでお願いします。

Re: もう~~~~~(*´`)

yuki様

恋する男子❤
そうです…今からなんですよねー。この2人は。
喧嘩もしそうだな~ww

またそういうのはSSで書こうと思います。
相変わらず、地味~ですが…日常を^^

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 120】へ
  • 【片想いのこじらせ方 122】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ