女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 118

 ←片想いのこじらせ方 117 →片想いのこじらせ方 119
佐倉が馬乗りになって半身をねじり、北見のペニスを緩々と扱く。

「佐倉さんっ」
「ビンビンだ」

太腿の位置に体をずらしてからゴムを手に取り、歯で封を破って慣れた手つきで北見のペニスに被せた。

「ローション取れ」

北見は言われるがままローションを手渡す。

「俺したいんだけど」
「今度な……今日は、俺がする」

ニヤッと笑って蓋を開け、自分で手に取って北見のペニスに塗りつけた。

「男は、解さなきゃな」

そう言って量を足し、手を後ろに回して自分で解し始める。


その慣れた仕草にまた嫉妬しながらも、動き方が分からず佐倉を見つめるしか出来ない。

「そんなに見つめるな」

顎を上げ、自分を見おろしながら悩ましい顔をして微笑む顔は完全に征服する側は俺だという表情。

男の色気……ってヤツを、知る。
女の視点から見ているような、そんな気分を味わった。

「佐倉さん……俺もしたい」

ジッとしているのが辛くて、佐倉に訴えるが首を振る。

「もうちょっとだから、いい子にしてろ」

どれくらい解せばいいのかの時間が全く分からない。
こんな風に動かないのは耐えられないとばかりに起き上がろうとしたら、胸を強くドン!と押された。

「ジッとしてろっ」

そう言って腰を上げ、北見のペニスを持って後ろに当てた。

「わ……っ」
「本当はもっと時間かかるんだよ」
「え……っ」
「風呂で準備してきたんだ。夢に見ることも出来なかった、お前とのSEXのために」

北見が目を剥けば、ふっと笑って腰を沈めて行く。

「俺にとっちゃ、一世一代のチャンスだ。こんな機会逃すか」

そう小さく呟いて眉をしかる。

一世一代って……。


うわー……。
少しずつ埋め込まれるように、挿っていく。

「あーー、キッツ……」

佐倉の中は思った以上にキツくて、ローションの滑りで何とか入って行くのが分かる。


「動くなよ……男だから、腰振りたい衝動は分かるけどさ」

佐倉もキツそうな顔をしながら苦笑いだ。


動きたい……。
佐倉の言うように、一気に下から突き上げてやりたい衝動。

けど、佐倉はゆっくりと。
時々小さく揺すりながら、沈めて行く。


あぁ……、焦れったい……っ。
北見は佐倉の腰を持ち、その薄い肉が盛り上がる程にギュッと掴む。

「待てよ……、もうちょっとだ」

俺が動きたいのを耐えているのを分かってるとばかりに、眉を上げて言う。

早く……。
北見は息を詰め、佐倉がGOサインを出すのを待つ。


中に挿って行く感触が生々しい。

……ほんとに、キツくて息を詰める。




「佐倉さん……」

息を吐き出し名前を呼べば、佐倉の尻がペタンと着地した。

「は……っ。デカいから大変だ」
「もう動いていい?」
「バカ! まだ無理だ」

え、まだ?

あぁぁぁ……もう押し倒して腰振りまくって、中をグチャグチャにしてやりたい。

「……あったかい」

佐倉の中は熱くて、強烈にキツクて……ちょっと痛い。

「そりゃ、体温あるからな。そこは男も女も一緒だろ?」

少しだけ腰を小刻みに揺らしてくるから、快感がジンジンと来る。
何をしてるのかと思えば、多分……慣らしてるのだろう。

「あー……お前の背と同じで……長さ有るから……」

痛いのとも苦しいのとも言えない顔をされてしまえば、北見も気持ち良いのに動けない。

「俺、いつまでジッとしてれば?」
「ずっとだ」
「は? 無理っ」

起き上がろうとすると、また強く押さえ込まれて覆いかぶさってきた。
両肩口を、体重をかけて強く押さえられて動けない。

「痛……っ、痛いって、佐倉さんっ」

絶対あっちこっち痣になってる。
そう思うと、ちょっと可笑しくなった。


「なぁ……北見。今日は、俺の好きにしていい?」

甘えたように顔を覗きこまれて……あぁ、もうこれは抗えないと思った。
仕方なく頷くと、お礼のようなキスをチュッとしてくる。

この人……抱いてくれなんて言って、コレって俺が抱かれてるようなもんだろ?

そう思ってると佐倉は起き上がり、手の平で胸を撫で、筋肉の部分にも触れて来る。

「オタクのくせに、何だこの体」
「親父が体格良いんで」
「脱いだら凄いってやつだ。……ちくしょうめ」

ふふっと笑う。

「俺、お前に触ってる……」

本当に、嬉しそうに。
少し照れたような顔が堪らなく可愛いと思ってしまう。

「それもヤらしい意味でな」

次にニッと笑って、いきなり腰を少しグラインドさせた。

「ぅあっ……」

少しの動きでも、繋がっているからダイレクトに来る。

「いきなり……っ」
「お前のデカチンコが、俺の中に挿ってる」

息を吐き、目を合わせて妖艶に微笑んだ。

はー、もう……この人、本当に次々に表情を変える。
思えば、普段からそうなんだよ。

「ははっ……スゲ、腹が苦しい……現実だ」
「現実ですよ……俺だって、凄いキツい」

「俺とお前が繋がってる。凄くないか?」

そう言って今度は顔をクシャリと歪めて、また覆いかぶさって来た。
両肘を顔の両脇に付け、目を覗き込むようにして見つめられる。


「北見……好きだ」


想いのこもった声と男の色気を漂わせ、甘く囁かれる。
そして、頬に軽くキスを落とされた。



あぁ……イチコロだ。




さっきも女の気分を味わっているようだと思ったが、こんなの……どんな女だってイチコロだろ。

この、抱いてるのか、抱かれてるのか分からない不思議な感覚。

それをありのままに享受して、甘い痺れを味わう。

上から見つめる佐倉に視線をピッタリと合わせ、北見はその体に両手を回し抱き寄せた。
硬い背中を弄り、胸と胸もピタリと合わせる。

「俺も好きです」
「俺の方がずっと前からな」
「すぐに追いつくって言ったでしょ」

額を合わせ目を見て言えば、佐倉の目が潤んでいた。

「これで最後でもいいと思ってた。だから絶対思いを遂げてやろうってな」
「最後じゃない。明日も、明後日も……そのずっと先も」

今の時点で永遠になんて言葉は空々しい。
まだ気持ちを確かめあったばかりだ。

けど一緒に過ごして、こうして抱き合うことを何もおかしいとは思えない。
現実は厳しくても、今はこの気持ちに素直に酔おう。

北見は抱きしめていた手を下に這わせて行き、腰を撫で、尻の肉を両手で包むように揉んだ。

「ぁ……っ」

それだけで小さな声を上げる佐倉に、顔を上げてキスをしかけて行く。

佐倉がそれに応えながら腰を動かし始めた。

中の感触で馴染んできているのが分かり、気持ち良さで北見が呻く。

唇と唇。
舌と舌を合わせ。

自分の体の一部が、佐倉の中に有る。

こんな風に思うようなSEXは、今まで無かった。


本当に。

気持ち良い……。


北見が堪らなくなって佐倉の尻肉をギュッと強く掴むと、キスの合間に漏れる小さな喘ぎが耳をくすぐる。


「は……っ、堪んね」

佐倉が唇を離して呟き、薄く微笑む。

そのまま起き上がって腰を小さく回し……息を吸い込む音と共にリズムをつけて動き始めた。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 117】へ
  • 【片想いのこじらせ方 119】へ

~ Comment ~

たまんねぇ。

Kiri様。

はあ・・・後、二十分で会議・・・それマジで無理だわ。

ってか?資料も読んでないのに、これ読んじゃって今更資料なんか頭に入らねぇわ。

・・・私・・・終わったな。

サクラちゃんの最後でもいいと覚悟してヤる気持ちがなんだか切なくてキュンっとしました。ライオンは本当は小心者と聞いたことがあります。きっと小さな勇気をその都度、振り絞ってトラウマと戦ってるんですね。

みゃおさまの昨日の・・・パリコレだったんですね?ってか、あれじゃ、下に目がいっちゃって作品なんかよくわからないですね(*´ 艸`)

はあー。明日の朝は裸に北見のシャツのサクラちゃんに会えるといいなぁ。裸にエプロンの秋也並に萌える・・・シンジノハナジ(* ̄ii ̄)

では何の準備もしないで会議・・・行ってきます。(≧▽≦)ゞ

NoTitle

・・・明日は絶対腰痛だー。

そこらのフラダンスより腰が動いてマス。
ゆっくり下降。小刻みに前後。小さく回転。。 膝立ちを忘れずに~~。

こうかなー、コンナかなー。  って。 (笑)

はぁ...

kiri様

佐倉だけじゃなく、北見だって「必死で追いかけるほど」好きな相手とは、初めてなわけですよね...。♂相手が初めてで、勝手が違うのに戸惑うのは仕方ないよ、うん。攻防も好きだけど、この際、経験値の差もあるし、佐倉にリードされて、気持ちよくなろう。
心だけでなく、体も繋がったのは、どれだけ嬉しくて気持ちいいんだろう。
イチコロって、北見君ハマっちゃってるし。

「夢に見ることもできなかった」って、佐倉の言葉が、もうね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

まるで今回が最初で最後みたいな言い方だけど、「今度」って言ったからね?!社交辞令の「今度」じゃないよね?
次もあるって、信じてるよ?!

あ、佐倉にお願い。北見君にちゃんと教えてあげて、たまには主導権握らせてあげてw北見が雄全開のエロかっこいいままのRも読みたいです。
kiri様、お願いしますm(__)m

今日もありがとうございました♡×∞

NoTitle

kiri様。

もう、オモロイんだか、甘いんだか、切ないんだか、エロいんだか(笑)
わからなくなってきた

サクラちゃん、よかったね。。。。

て、本番はこれからやーー!

Re: たまんねぇ。

潤様
会議、無事に切り抜けられましたか?ww

私はもう、今日超忙しくて…PC打つ手が震えるわ・・・
無事に、改稿できるだろうか?指もだけど、脳が働かない……ヤバ

明日、変だったら(何が)昨日、疲れてたんだな…と笑って下さい(汗

佐倉はもう、ヤる気満々!でしたもんね。何が何でもやる!!
不安もあったけど、もうどっかで開き直ってたんだろうな~。
で、蓋開けたら…北見は思った以上にガっついてるし、ホッ…としつつも、襲う(爆

>明日の朝は裸に北見のシャツのサクラちゃんに会えるといいなぁ
いや…北見のシャツがデカいから、怒ってた人です……(この人、実は乙女じゃないw

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

ますみ様

>・・・明日は絶対腰痛だー。
私は違う意味で腰痛だー。(仕事w

色々と妄想して頂いてるようで……。
腐女子脳がどんどん、発達していく私達♥

有難う御座いました☆

Re: はぁ...

蒼生様

草食北見は、追いかけたこと無かったようですね(自分でも言ってたしw
女の子とのお付き合いも、それなり~にちゃんとしてたけど…求められたら応えるような。
ソコのとこ、佐倉も似たようなもんですがw

うん、もうホント佐倉は「これはチャンス!!」
この方、基本あまりネガる人ではないんで…ドライに考えていた処もあります。
口で色々言ったって、やはり肉体的なことは重要なんで「おら!」みたいな?笑
ほんと、そういうとこあんまり乙女じゃないんですけどねー。

けど、北見が予想外にガっついてくれるし、押さえ込まないと行けないくらいで…。
嬉しくて、ちょい泣きそう(-A-。)

そりゃ、次もありますともー。書いてるかどうかは定かでないですが(忘
ちょっとまた…フォルダー開けてみないと…汗

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

優様

色々と盛りだくさん(?)笑

思えば、属性隼ですが…。
佐倉は隼ほど、繊細ではないですね( ・⊝・ )
何でか、勝手に動くんだなーww

北見、水を得た魚(例えが変)のような佐倉に圧倒されております…。

有難う御座いました☆

NoTitle

kiriさま

佐倉ちゃん、俺様モード全開気味ですなぁ~( *´艸`)
北見くんは、「佐倉さん……俺もしたい」って、今度こっちがかわいいんかい!!
きちゃみの属性は、よーへーとおんなじワンコだねっ💕

指咥えて(本当は佐倉ちゃんの咥えたいのに)、きゅ~んきゅ~ん鳴きながら待てしてるのね--ww いい子だからっ!!ぶぶっ💦

きっとね-、次回までに必ず予習復習してくるな-これはっ!!
で、「前は好きにさせたでしょっ。今回はオレの番!!」って、佐倉ちゃんに復讐するのだよ~、ふっふっふ-。

それにしても、激しいとは思っていたけど、あっちこっち痣になるくらいなのね。佐倉ちゃんたら、鬼畜-、ドS(まぁ魔王レベルではないですけども)💖
まぁ「一世一代」の事だから、必死よね佐倉ちゃんも。


私信でございます┏○

潤さま、電車の中で、今日は会議の準備なしで、大変でございます~💦
大丈夫だったかな? いや、潤さまなら佐倉ちゃんばりで、大丈夫のはず!!
朝いちで、きちゃみの彼シャツ着てる佐倉ちゃん、私も思いました!!ww

にしても、昨日の画像のランウェイの最後に、衣装がほとんど全部ずり落ちているのは、何故?と思いました。

ますみさま
・・・・腰の動かし方のライブ中継、ありがとうございます!!
大爆笑でございました( *´艸`)
さすが、ますみさま💖

優さま
>もう、オモロイんだか、甘いんだか、切ないんだか、エロいんだか(笑)
同感すぎて、何も言えないっ!!
でも、コメ見ちゃうと、オモロイが一番だわっ(≧▽≦)

kiriさま、合体ロボ一応成功で、明日は色々なオプションの発動ですねっ💕
北見は佐倉ちゃんを、どんな風にあんあん言わせられるのかっ!!!?
うっふっふ-、超楽しみです。






再来でーす。

一つづつ体験して、「現実だ」って体でも感覚でも確認して。
「夢に見ることも出来なかった」 片想いから積み重ねた気持ちを解放していってるみたいだわー、佐倉さん。

それだけ想って、しまいこんでいたんだと思うとなんだか。。

北見くんも察してるよう。
プラス気持ちいいから我慢(?)してイイコで、「待て」。。腐”腐”~~。
いいよね、初めてなんだから。
次回からは予習復習きっちりして、納期に(笑)間に合わせましょう!

Re: NoTitle

みゃお様

佐倉は遊んでる時も、結構こんな感じだったかと…。
まぁ、北見程気心知れてる相手ではないので、こんなに偉そうでは無いにしてもw

この人が弱気(?)になるのは、ほんと北見に対してですね。
基本、恋愛体質じゃない男なんで、3度目の正直…的に、3度目の恋♪
恋愛は何度かしてきたけど、片想いからスタートするのはホント初です^^
なのに、襲う……ナゼダ……あ、性格です。

>(本当は佐倉ちゃんの咥えたいのに)←爆!!
いや、さすがにそれはまだハードル高し!!笑
ノンケくんにされるのって、凄い抵抗感じるか……反対に興奮するか?
佐倉は、抵抗派だろうなぁ~。ま、その内にねw

>あっちこっち痣になるくらいなのね
うん。勇次も言ってたもんね。
しかし、佐倉はもう今必死なので!このチャンスを逃す気なし!
だから余計に力入っちゃう?(´艸`*)

有難う御座いました☆

Re: 再来でーす。

ますみ 様

好きな気持ちは、疑ってないんだけど。
やっぱ「体」は大事だろ!(佐倉

シリアスはとにかく、避けてるので…(笑
あまりセンチにもならないように、心がけ…てたら、こんな仕上がりになりました(テヘ

それでも、ところどころに「片想い」の片鱗が見え隠れ…で、ちょい切なさもまぶしております‥。

有難う御座いました☆

わーーーい!!

やっと無事に合体しました(//∇//)
でもやっぱり主導権争いのバトル中なのが素敵です(*´∀`*)

私もみゃお様と同じで北見くんはきっちり予習、復習してきますね…目指せ白魔王!(笑)

早く11時にな~れ~

Re: わーーーい!!

yuki 様

はい、無事に……合体(。-_-。)ポッ

佐倉が大人しく身を委ねるタイプの受けくんではないし…。
北見も先輩とは言え、言いなりになるタイプでもなく。

そんな2人の、プチラブバトル♪

>目指せ白魔王!(笑)←目指して大丈夫なのか……(。・w・。 ) ププッ

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 117】へ
  • 【片想いのこじらせ方 119】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ