女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 109

 ←片想いのこじらせ方 108 →片想いのこじらせ方 110
佐倉の顔が近づき、唇が軽く押し当てられた。

すぐに離れて、また近づいてきた。

今度はチュッと音を立てて、唇を少し吸われる。

ジン……とする熱が、体に広がる。

それを何度も繰り返す内、佐倉の目つきが変わって行く。
目を合わせて……もう一度。

きっと俺の目つきも変わってるからだ。

佐倉が口を開けるのが分かり、北見も自然と口を開いた。

舌がするりと入って来て、北見がそれを攫う。
クチュッとする水音が耳に響き……官能の波を引き起こす。

佐倉の小さな甘い息が漏れ、思わず抱き寄せると佐倉が髪を掴んで来た。

二人でどんどん夢中になって行く。

ダメだ。

これじゃ……昨日の続きだ。
ちゃんと話をしに来たのに。

そう頭で思いながらも抗えず、北見は佐倉の体を更に強くかき抱く。

「……はっ」

佐倉が先に苦しそうに唇を離した。

「お前……ガッつき過ぎ」

そう言われて、やっと我に返った。

「佐倉さんだって」
「うん……ヤバイ。勃ちそうになった」

クスッと笑って髪を掻く。

俺なんか半勃ちですよ。
心で思って、同じく髪を掻いた。


「……カレー作ろうか」
「……は?」
「約束してたろ?」
「えぇ」

何でこんな時にカレーなんだよ。
誤魔化す気か?

北見がムッとした顔をすると、佐倉が微笑んだ。

「今ので……お前の好きが本当だって、伝わってきた」
「好きですよ。今のキスで半勃起するくらいに」

北見が正直に言えば、目を伏せて口元を綻ばせる。

「そっか……嬉しい」

そう言って、肩口に額を乗せて来た。

「……佐倉さん?」
「俺……お前のこと、好きだ」
「うん」
「けど、まだ夢の中みたいなんだ。現実かどうか、キスしてみた」
「現実でしょ?」
「この間も思ったけどさ。……死ぬ程、気持ちいいな。好きな奴とのキスは」

姿勢を崩さず、相思相愛という意味でのキスは初めてなのだと訴えて来る。

佐倉が北見のシャツをキュッと握る。

「でも、まだ無理だ。体では分かるのに、頭が……まだ。もうちょっと待ってくれ。……ごめん」
「ゆっくり進めましょう」
「だから、カレー作る」

……そんな理由でか。

もう堪らなくなって、佐倉を両手で抱きしめる。

そうだな……このまま流されてしまえば、また後になってグルグルし始めそうだ。

男同士で、何よりも職場も同じで。
何かあったら、それこそ仕事に支障をきたさないとも限らないハイリスク。

このまま何も無かったことにしようとしたって、ギクシャクした関係になる。

どっちに転んでも、保ってきたラインを崩してしまったことでの戸惑い。

好きだからって、熱に浮かされて始めてしまうような単純なことじゃない。

真面目に考えるからこそ。
もしかしたらというリスクだって考えて当然だ。

初めてのことは、誰だって怖い。
俺だって……本当は怖い。

自分の気持ちに気付いたことを伝えたいという勢いがあったから、こうしているだけで。

佐倉は、俺よりもずっとずっと長い間……想いを閉じ込めて、たくさん考えてきたのだ。

こじらせてしまう程に。


まずは、一緒にカレーを作って……。
二人で休日を過ごしながら、色んな話をしよう。

頭が付いて来ないなら、今度は俺達の恋愛について。

「買い物に行きましょう」
「うん。スジ肉の店、今の時間ならまだ売ってると思う」

***

二人で買い物に行って、早速キッチンに立ってスジ肉のアクを何度か抜く作業をする。

北見の視線が痛い。
今までも好意らしいモノは感じていたが、それを隠すどころか見せつけるかのように見られる。

恥ずかしい……。
でも嬉しいのは、そこに色が含まれているからだ。

俺にとっては凄く大事なこと。

北見が俺を好きだって言ったことは、まだ何処かでフワフワ浮いている。
信じるとか信じないとか、そういう単純なことじゃない。

でも、俺に触れたいと思ってくれてるのは分かる。

だって髪に触れたり、さっき肉を洗ってる時は髪にキスをされた。
驚いて見上げると、しまったという顔をしてから笑う。

思わず手を止めて襲ってやりたくもなったが、今度それをしたら始まる……。
もう、衝動なんかでは済まない。

嬉しいくせに躊躇する自分の複雑さ。


まさか……。


北見と恋愛。


そんなこと、思って無かったんだ。

淡い期待は何度だって、何十回だって、数えきれないくらいはした。

けどその度に「ない、ない」と首を小さく振って、振り払ってきた。
その期待することさえ、否定してきた。


ちょっと触れ合っただけで「好きだから恋人になりましょう」なんて……。

ふざけんなって、腹が立った。

でも北見の目も言葉も真剣で、それを喜ぶ自分が居た。


どうなるのだろう……受け入れたら。


男同士で恋愛というのが、実はまだ想像出来ないで居る。


結婚というゴールとスタート。
その節目が無い関係。

子供は当然出来る訳もなく……毎日仕事をして、時々一緒に過ごす?
淡々とした日々を、二人で繰り返して行くのか?

そんなことを延々と続けるなんて、出来るのだろうか?


……わからない。

恋人になって、関係が終わった時。
元彼みたいな形で友人に戻れるだろうか?

そういうカップルを何度か見たんだ。
サバサバしていて、でも互いのことをよく知っていて。
単なる友人ではないのは、見ていても感じる。

……もう、振られた時のこと想像している自分に気づき溜息が出そうになった。


だって俺、恋愛で上手く行ったことないんだよ。
こればかりは、自信の持ちようがない。

というか、恋愛になる前からこんなにたくさん考えることもしたことがない。

その上、男なんて……未知過ぎる。
今までは、他人事だったのに。

親、友人、会社……。
それを頭に描けば、やっぱり無理だっていう思いに傾いて行く。
それは俺だけの問題じゃ無く、北見も同じだ。

でも……。

佐倉は隣で野菜を切っている北見をチラリと見る。

こういうのって、やっぱりいいな……。

ただ横に北見が居て、それが凄く好きな相手で。
休日に一緒にこうやってキッチンに並ぶ。

こんなこともしたことがなかった。

北見の大きな手が持つと、玉ねぎも小ぶりに見える。
そんなことが可笑しくて、佐倉は笑みを浮かべながら肉汁でベタつくザルを洗った。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 108】へ
  • 【片想いのこじらせ方 110】へ

~ Comment ~

ぎゃーっ。

Kiri様。

叫びたくなる!!!なに?このラブラブ(〃ω〃)

仕事中なんで感情を出さずに読むのにマジで苦痛なんですけど…ガブガブコーヒーのんでごまかしてるんですけどっ!!!!!

す、じ、に、くっ!なんか日常がエローーーいっ。

か、れ、ぇっ。ひゃーーーーっ。玉ねぎまでエッチな感じっ。

はあ…だめだ。疲れた。

お昼のカレーうどんはやめとこ(好きなんです。カレーうどん♡)。明日も楽しみです。

仕事してる振りが限界な潤でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そうた!

Don't think.Feel!
考えるな!感じろ!byドラゴン←古っ

今から別れること考えてどうする!

まずは、二人で美味しいカレー食べてイッパイ話して、ちょっとずつ慣れてもらいましょう(笑)

NoTitle

佐倉さん監修、アニメ恋愛合体ロボ。

第壱段階、スイッチON, 無事作動確認~。
そして土台&足の部分、合体完了!(キスならいつでも大丈夫!的な?)

さあ、あとどれだけ結合させたら発進!? 目指せBL大空へ!

・・・なんか急に思い付いてしまいました。。  反省したらまた来ます・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ぎゃーっ。

潤様

なんか、ビミョーにラブってますよね。
アラサーリーマンの、休日……。

普段はスーツなのに、カジュアルな服で。
腕まくって、キッチンで並んでカレー作り。

妙にくすぐったいような、小っ恥ずかしいような(〃▽〃)

いいじゃん、佐倉さん。しっかりラブってるよ……❤

有難う御座いました☆

Re: あの〜

鍵コメK様

あ、やっぱり?笑
私も読み直して、紛らわしいな…と思ってはいたんですが…放置。
カタカナに変えておきましたw変なとこで笑わせてしまいました……あはーw

はい。北見はもう、ダダ漏れ……。
えぇ…。佐倉には、コレくらいがちょうど良いかと(´・` )♡

有難う御座いました☆

Re: そうた!

ちぃこ様

初体験と(自ら惚れた相手)、過去の恋愛(惚れられた相手)

恋愛にはどーも自信を持てない佐倉さん。
ンなもんね、自信満々な人の方が少ないよー!むしろ、そんなヤツ可愛くない(笑

そう。ラブの投入されたカレーと、お話をいっぱいして、徐々に…w

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

ますみ様

佐倉、変身ですかww

もうしばらく……。
明日も、カレー作ってます。すいませんm(__)m 笑

Re: どうしましょう...

鍵コメs様

佐倉は今から…ジワジワ来ると思います。まだ、浮遊中…(笑
こうやって北見と、ただの休日を過ごすことでだんだん脳にも浸透していく段階。

キスで、北見の気持ちが分かった…って辺りは、ほんと体感したような感じですが。
次は、心の方へじんわ~りと。

先に保身の方に考えが行くのは、大人として確立してきたモノがあるから仕方ないですよね。

でも、北見と一緒にこうやって「好き」だと言い合った後。←ココ大事
自分がどう思うのか……。そして答えを出して行きましょう。

急いで答えなんか出さなくてもいい。
……でも、腐女子様方が待っている(爆

なので、なるべく早く…とは思うんですが。もう、しばらくよろしくお願いします(*'-'*)エヘヘ
ってことで、明日も北見とカレーです(汗

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

きゃんっ

kiriさん、こんにちは。
まだまだ発展途上中ですが、幸せな2人の様子に
読んでるだけで幸せな気持ちになります~~(はあと)
一緒にカレー作り! 思わず髪にキスしちゃう北見、いいなあ。
キスとかハグとか、そういう描写大好きです。^^

でも佐倉、「振る」じゃなくて「振られる」心配なんですね。
恋愛限定でしょうけど、どんだけ自信ないんだか。(わはは)


私信です。
みゃおさま、はじめまして! お声をかけて下さってありがとうございます。
ご家族と同じお名前だなんて~~
これをご縁に、こちらこそどうぞよろしくお願いします。

>「愛なんぞ」
ですよねですよねっ。
集中しすぎて、読み終わった頃には目がバシバシでしたが…(笑)

Re: イイッ!

鍵コメej様

あ♪そんなに、気に入って頂けましたか~。キタミン&サクラン(*´`*)嬉

>わたしに北見いただけませんか?w
おー。このウチのキャラ内でも、素朴だし地味メンなのに。
そう言って頂けると💙 まぁ、佐倉のモンになっちゃうようですケド…w

はい。キスで止まりました!佐倉が止めた。エライゾー
エロに関しては、全て自分が主導?w

>だって、北見初めてじゃん。 ←そうなのよ…。
しかし今回ホントRには力入れてないので、ご満足頂けるシロモノかどうか(滝汗
それなりに……それなりに(2回言う

有難う御座いました☆

Re: きゃんっ

天音様

今からですよー。(何が

佐倉が、ホントの意味で恋愛へと思考が流れて行きます。
まずその導入部分で、自分の過去の恋愛と照らし合わせるのも、自然なこと。

やっぱりね、いつもダメになることを繰り返してるもんで。
その上、婚約破棄まで経験してる。これって……かなり自信喪失するそうです。
決定的な事件があった訳でもなく、最後の一山で(マリッジブルー)で流れちゃったもんね。

でも!過去のことから、少しずつ「今」を見つめ始めます。
段階踏みますので、よろしくです^^

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

kiriさま

昨日は、佐倉ちゃんと隼がごっちゃになってて、ごめんなさいぃぃぃぃ(;´・ω・)

佐倉ちゃん、自分が好きになった人と想いを交し合っての初めてのちゅう♥
(前回のは、北見くんの気持ちがまだわかってなかったからね)
そりゃあ夢中になって、死ぬほどの幸せ感駄々漏れよね( *´艸`)

片思いの相手とのキスなんて、今まで想像もしていなかったんだろうなぁ、佐倉ちゃん。
想像してても、いやいやそんな事ありえないって自分の中で打ち消して。
ああ~、私もね、そんな時があったんですよ-(^_^;
ホント、今日の佐倉ちゃんと自分の体験がダブるわぁ。そうそう、私も片思い2年間だったっけ。あの頃は若かった・・・。

ゆっくりでいいから、2人でラブ注入したカレーを作りながら、しっかりと地固めしてくださいませ(*´ω`*)


私信です~m(__)m
 
ますみさま~~~っ!!!
>佐倉さん監修、アニメ恋愛合体ロボ。
あははははははははははははははははは---っ!!
サイコ-ww
反省しなくても大丈夫なので、続編希望💛(´艸`*)
合体後の姿は、はてどんな感じかな~、うしし。


kiriさま
カレーを作りながらも、いちゃいちゃ、きゃっきゃうふふがいっぱいあると、超うれしい。(もちょっと後かな?)
明日も楽しみにしてます!!

Re: NoTitle

鍵コメe様

キスして、北見の好きがちゃんと伝わりました。
単純だけど、分かり易い部分ですよね。

自分に対して欲望を持ってくれていることが、佐倉にはとても大事なんです(//∇//)
そういうのも、北見の自分をかき抱く腕の力なんかでも伝わる。
プラトニックで良いなら、友人でいいじゃん。……と、やっぱり思う訳ですよ。男だし。

カレー作りながら、何だか佐倉も解れて行ってます。
そのこちょっとダケ、北見からのラブも感じるし。
どんどん現実味が湧いてくるとイイですねー!

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

みゃお様

そうなの。気持ちを確かめ合ってからのチューは初♪
昨夜のは、何だか衝動で……だったからね。

片想いは手を出さなければ、ずっと続く……はずだった。
計算も何もなく、純粋に相手を「好き」だけですもんね…大抵、片想いって。
両想いになっちゃうと、そこに色んなモノが入ってきちゃうんですけど。
それも恋愛というものの、醍醐味ですよね。

ま、佐倉の場合は片想いを自分で壊しちゃった訳ですから。
それによって、北見が今こうなってる。
気づいたのは北見自身ですが、元々は佐倉さんが見つめるからよ…ねぇw

はい。もうちょっと二人の休日を、ゆっくりと……♪

>カレーを作りながらも、いちゃいちゃ、きゃっきゃうふふがいっぱいあると、超うれしい
きゃっきゃうふふ←(笑)これは佐倉には…中々難しいな…。
この人、ツンデレでもデレの%が少ないんデス(* ハ)

有難う御座いました☆

っぅ腐腐ぅきゃきゃ…そうだ!カレーにしよう‼︎

やっぱカレー良いよね〜〜(^◇^)

子供の頃…週に一度はカレーの日があった気がする〜( ´ ▽ ` )
インドカレーもタイカレーも好きだし…私的には毎日でも朝昼晩でも構わないんだけど…子供に叱られる(。-_-。)
しかも、チャレンジカレーも好きなので…色々すると…叱られる(。-_-。)
もう、普通のカレーにしてよね‼️って……(。-_-。)
Kiri様宅も、明日もカレーの様ですし…
きちゃみが横で熱い視線も💋もしてくれないけど……やっぱり、カレーにしよう‼️
さぞかし…腐女子連合会のお宅では…不気味な程、機嫌良くカレーが出されるので…家族から(・・?)不可思議に思われるかもねW( ̄+ー ̄)

このまま、スンナリとゆぢゅきが納得しちゃうと…終わっちゃうので…もっともっとジタバタワタワタと騒いで、きちゃみとイチャコラして笑わせて下さいませ〜(>人<;)

Re: っぅ腐腐ぅきゃきゃ…そうだ!カレーにしよう‼︎

ゆうキリン様

私はカレーが好きじゃない子供でした…。「珍しい」って言われたな~。
幼稚園のお泊まり会か何かで皆でカレー食べてる写真あったんだけど、カレー見て嫌そうな顔してるのが一人(私)

今も特別好きな訳じゃなく、手抜きとか……そういうので作ってます。
男の人って、もれなくカレー好きだし。訳分かんないこだわりあったり、面倒臭い←
カレーより、あのナンの方が好きだったりします(笑
あと食べられないのが、女性には人気のグリーンカレー。ココナッツが超苦手……。

>もう、普通のカレーにしてよね‼️って ←分かるわーwww

>このまま、スンナリとゆぢゅきが納得しちゃうと…終わっちゃうので
はい、そうですともー!次、何も書いてませんので……(SSさえも書いてない)
今の内、楽しんで下さい\(^o^)/

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 108】へ
  • 【片想いのこじらせ方 110】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ