女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←片想いのこじらせ方 90 →片想いのこじらせ方 92
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 90】へ
  • 【片想いのこじらせ方 92】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 91

 ←片想いのこじらせ方 90 →片想いのこじらせ方 92
唯美が友達と電話をするのだと言って、リビングを出た。

「あれ、彼氏だよ? 絶対。院の先輩」

四男の泰士がニヤニヤと笑って告げ口。

「お前はいないのか? 彼女」

千博が聞けば、外人のように両手の平を上に向けて顔をへの字に。

「俺のこと言えないだろ」
「功兄とは違う。俺の場合は、浪人中という厳しい現実が。国立オンリーは、厳し~んです」
「条件は兄弟皆、同じだ」
「うへっ」

「部屋行って、さっさと勉強しろっ。次はないぞ」

父に言われて、また同じポーズをして部屋に戻った。

「素直だね~」
「あら、うちの子は皆素直よ」

母が自慢するように言った。

「そりゃ、拗ねてても気付いてもらえないしな。拗ね損だって、早くに気付く」

千博が言う言葉に、北見も頷いた。

「母さん、おめでとー」

そこに長男の弘武が手に花を持って現れた。

「わ……お花?」
「バースディ! だからね」
「キザ臭っ」

次男の千博が顔をしかめる。

「うるせーよ」

長男と次男は、顔を合わせるとこれ。

「おい弘武。功英、結婚話流れたってよ」
「親父!! も~~言いふらすなよ」
「家族には言わないとな」
「婚約もしてないんだから、別にいいだろ」

弘武が目を剥いてビールのグラスを当ててくる。

「お前もそんな年か~」
「何言ってんの。もうすぐ……」
「今年で二十八だ」

親父が自慢気に横から言った。
俺が言うまで忘れていたくせに。

「親父、俺の年は?」
千博が問えば、計算している。

「三十三になるな?」
「当たり」

兄弟間での年の開きだけはちゃんと覚えているらしい。

「俺よりユキ兄だろ?」
「今年中にはな……」
「いい加減に永い春も、終わらせてやれよ。ケジメつけろ」

長男に言われ、素直に頷いていた。

*

親父が潰れ、母が部屋に連れて行った。

「兄貴は、義姉さんのこと惚れ込んで一緒になった?」

少し酔った千尋が兄に問う。

「ん~……まぁな。でも、うちはホラ……先にガキが出来て、勢いもあったし」
「あ、そうだった」

すっかり忘れていた。

「まず俺の場合、嫁と子供を食べさせることが頭にあったし。感傷に浸る暇なんかあるか」

笑う弘武に、深く頷く千博。

「お前はアレだ。時間かけすぎ」
「何かさ、責任感だけで結婚するってどうなの? ……と」
「そりゃ、ただの男の狡い言い訳っつーんだよ。ここに女がいたら、大ブーイングだぞ」

兄二人の会話をフムフムと聞きながら、全く他人事のように思う自分。

「結局はさ、一緒に居て自然な相手かどうかだな」

長兄の言葉が、何となく分かるような気がした。

「自然ね……確かに、そうかもな」
「結婚前って、これでいいのかとか色々考えるもんだって言うから」

千博が煙草に火を点けて、何度か頷いた。

「お前も早く見つけろ」

長兄が今度は北見に向かって言う。

「まぁね」
「こいつは一人が好きなんだよ」

千博が笑うが、否定はしなかった。

「ま、俺……彼女と居ても、相手のペースに合わせるのは苦痛じゃなかったんだけど。でも、それがずーーっとってなると、ちょっとな……なんて思った」
「こいつも女の敵だ」
「だって、婿養子だぞ?」
「まー、それは俺も勘弁だな。でも、向こうも譲れなかったんだろ?」
「そう」
「ま、お互いに縁が無かったってことだ」

そうだな……。そう思う。


「お前、自分から追いかけたこともなさそだもんな」

弘武に言われて、頷く。

「自分から追いかけたい相手が出来たら、その人なんじゃないか?」

千博に言われて、ふと佐倉が浮かんだ。

「……それって男でも有り?」

三男坊のいきなりの言葉に、兄二人が目を剥く。

「え……お前、男が好きだったの?」
「いやいや、彼女居たんだから、この場合バイだろ」
「そうか……うん。居るぞ……いっぱい」

弘武が何度も小さく頷いて言うから、可笑しかった。

「誰も男が好きだって言ってんじゃないよ」
「だって……お前。この話の流れだとそうなるだろ」
「うーん……。振り回されてる人がいて、それが男」

どういう風に振り回されるのかと、兄二人がやたらと食いつく。

「いや……別に。俺がそう思うだけで、向こうはそんなつもりないんだよ」
「功英の、一人振り回され?」
「すぐ逃げるからさ、追いかけたくなるっつーか。構いたいっていうか……気を引きたいっていうか。恋愛感情じゃないと思うけど。……ってか、そこも微妙に分からなくて」
「何だ、それ」

弘武が眉をしかめる。

「向こうは? 男もイケる人か?」
「いや、女の人と付き合ってたし。でも……」

「でも?」

兄二人が先を急ぐ。

「男に言い寄られてる……みたいで」
「みたい、って何だ。みたいって」
「あ~俺、それ覚えある」

千博が指をさして言ってくる。

「高校の時だけど」
「あぁ、崎坂さん」
「え? 崎坂が何?」

弘武が驚いて二人を見る。

「思春期の淡い想いっつーやつだよ。崎坂が男に言い寄られてて……ムカついて。俺にしとけ! みたいな?」
「おいおいおい……。お兄ちゃん、聞いてないよー」
「一々言うかよ。ま、見事に砕け散りました。向こうだって、はいそうですかってなるか」
「じゃ、功英は今が思春期か?」
「は? 違うわ」

でも、そうなのかもしれない。

う~ん……。

「でも居るよな。ダチの中でも、特別枠みたいなのは。それが女だったら、速効に恋愛になるのかもしんないだけで」

弘武の言葉に、弟二人が頷く。

「で、兄貴……業界はやっぱ、いっぱい居るんだ」

さっきの兄の言葉を、千博が興味ありとばかりに問う。

「居るな。誰とは言いませんけども」

口にチャックをする真似をして、二ッと笑う。

「あ、そう。別にそこまで具体的なことは聞きたくないけど」
「ま~そういうの見てるからか、どっちでもイイじゃん? 愛があれば……と、思ってる」
「……キザ臭」

*

男兄弟三人で適当に呑んで三人で片づけて、それぞれの家に帰って行く。

北見は電車のホームのベンチに座って、明日の約束を思う。

佐倉と休日に二人で出かけることに、浮き足立つ気持ち。
自分でも変だという自覚はあるのだが、それに関して下手に構える気持ちもない。

『じゃ、功英は今思春期か?』

そう言った長兄の言葉を思い出して、この浮かれた感情にそうなのかもしれないなんて思って……何だか可笑しかった。

だって初めてなんだよ。
俺が、追いかけてるのって……。

例え相手が男でも、理由をこじつけて誘うなんて。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 90】へ
  • 【片想いのこじらせ方 92】へ

~ Comment ~

兄弟愛

kiri様
お酒も入って兄弟とのぶっちゃけトークですね。北見くんも参考になったかな?以前言ってたお兄さんの同級生の男の子を好きになった話も。佐倉氏の事も好きという自覚より追いかけたいという自覚。追いかけたいと思った初めて人はやっぱり好きな人だと早く自覚できたらいいのにね。
全然BL小説でなくコミック本なんですけれども「しゅんにゃん」という漫画の本で、タミー(笑)というオモチャ会社が舞台なんですけれども、その中で先輩後輩関係にある2人に何故か佐倉氏と北見くんをはめてしまうのです。相関図にも「世話を焼いたり慕ったり」と書いてあり、弟みたいに思ってるからとか。後輩は背が高い。先輩は我が道を行く人とか。ネコ型ロボットが出てきますがドラえもんではありません。あぁ私はこのコメント欄に何を書いているのか毎度毎度すみません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 兄弟愛

美夕様

そう。男3人で、ぶっちゃけ。
ココに姉妹が入ったら、ものっすごくシビアなこと言われそうです(笑
男はロマン…。女は現実w ボロカスに本音を言うのは大抵女性の方ですからねー。

佐倉を追ってるという自覚はしっかりとあるようです。
そりゃ、すぐ扉閉めて逃げるんだもん。で、適当に自分でひょっこり出てくる(笑
普通に先輩後輩として成り立ってるモノを、佐倉の挙動不審で「?」が増えた結果…(〃艸〃)

え、そのコミックは知らないですー。リーマンモノ…良いですよね。同期ライバルとかも萌え❤
昨日も新刊11冊も買ってしまった…。
本屋が私を誘惑するぅぅぅ…。積本の山が減りません(汗

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメs様

そう。最初の頃の北見と比べたら…。
あのテンションの低い男が、少し暑苦しく(笑)

佐倉はもう、ずっと同じです…。北見の言動によって、右往左往はしておりますが。
ですが、自分から行く時のあの強気が…今は反対にどんどん踏み込まれて、腰退き状態ww

ね…。勇次のことかな~。そういえば、キング菊池も居るし。
そんなにたくさんは居ないけど、居る…♪

有難う御座いました☆

実家

Kiri様。

実家の様子がなんだか昔、どこかで味わった懐かしさを感じます。

酒入って、酔った勢いで血のつながりの安心感からちょっと口が滑っちゃったりして…いいなぁ。こーゆーの。

Kiri様。私はついに電子版を買ってしまいました。これでのたれ死んでも大丈夫?あっ、いやいや…このBL物のマンガ本、ついにはまん○らけ、とら○あな…同人誌にまで手を伸ばし…。・°°・(>_<)・°°・。老眼鏡をかけても読むっ。Kiri様も眼鏡をかけて書いてくれていると思いつつ、私もかけて読み続ける事を誓います!

今夜は頂き物の北九州の辛子明太子で飯です。旨いっ!明日もたのしみですっ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

kiri様。

やはり、菊ぽんとリュージは皆が知るーな仲なんでしょうね。
いえ、もちろんお口チャックされたので、これ以上は聞き出せませんが(笑)
成人男子3人、結婚観について、お話し合い。
そうだよー!けっして多数派ではないけれど、幸せに過ごすマイノリティな方もいらっしゃいますよね。
そうかー。
逃げのサクラちゃんとピンときてないノーマル北見ーの仲を進めるには、周りが揺さぶりをかけないとあかんのですね(笑)
いいよー、弘武くんの援護射撃。

さあ、明日のデート(笑)が楽しみな北見ー。
寝過ごさないようにね。

Re: 実家

潤様

核家族の多い中、じーちゃん、ばーちゃん、両親、兄弟、孫。
今は独立してるけど、何かの折には集まる…って感じは今もよくある光景ですが。
親を敬って、兄弟でちょっと酒飲みながら…ってイイですねー。

電子書籍!私も数冊買ったんですが、やっぱり紙に行っちゃうんですよねー。
電子の方が場所も取らないんだけど。
私のクローゼットの中、本棚に入りきらないBL本(と、BL以外の小説本等)の紙袋でギッチギチです。
服の裾が当たるくらいまで浸食。。。いい加減にしなきゃと思いながら、また毎月買ってます(滝汗

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

北見家は、アットホームなイメージで書きました。
そりゃ、それぞれに細かな色んなことはあるでしょうが、そんなのは当たり前のことですし。
集まった時は、ガヤガヤしてちょっとした口喧嘩などもしながら。
太陽の母がドン!と居て、父がその傍でオトボケで…。(でもちゃんと大黒柱)
私的に、理想ですねー。亭主関白より、ずっと好きです。(個人的にw

同性のきょうだいって、本音が出ますね。何か、深く言わなくても分かる部分もあって。
酒飲みながらだから、ポロッとwその内、四男の泰士くんも加わることでしょう。

弘武兄は、ちょっとお父さん似かな?長男って生真面目なタイプと、のほほんタイプが。
でもいざとなると、お兄ちゃんなんですよね。

業界人なので、まぁ世間一般よりは多い…というか、一般の人は隠しますからね。
勇次も入ってるかな?仲良しみたいだしw

さて、明日はお出かけ…。普通にお買い物…なんですけども、何だかウキウキ♪

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

優様

うん、菊ポンもりゅージも基本自由人なのでw
だからって公にはしてないんですが、知る人ぞ知る…かな。
勇次も秋也も、相手が一般人だからやはり秘密…です。

弘武兄、ちょっとキョドっておりましたが…。そりゃいきなり弟が?で、目シバシバにもなりますよ。
まだ本人の気持ちが定まってもいない状況なので、とりあえず「有り」だということだけ。
やっぱり30代も半ばになってくると、考えの幅も広がってきてますもんね。
もっともっと若い頃なら、隼兄や洋平兄のように抵抗感強かったかも…です。

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメh様

>私も姉妹欲しかった~~弟はオヤジ化orz ←同感!!
異性の兄弟と、同性は違いますよね…やっぱり。今更欲しがっても、母も産めないけど(爆

北見は浮き足立ち…。佐倉さんは、どうなんでしょうか?フフフ

あの、ショーコ先生の挿絵…ほんっとスバラシイ!!
BL小説読まない私が、あの挿絵目的で買いました。そして中身も素晴らしかった…♪
うん、この2人に合ってますね(自分キャラにド厚かましい

え、カタマリ読み過ぎて白目が出血!!ヽ(゚Д゚;)ノ!!
あぁ…あの白目充血ですか。。。他に原因あっても、大丈夫だったかなー。
でも、そこまで楽しく読んでもらったのは、素直に嬉しいです…(。v_v。)

そして37へ。もうひと方は、隼のあのR20を経て…まだ大阪。。。あぁ、もう初期作品が(/ω\)
でも楽しんでもらえる箇所があったら、もうほんと嬉しいです!

私も買いに行って、目的のは無かったんですよ(売り切れ)
でも、積んであると買ってしまうんですよね。憂鬱な~6巻は読みましたともー。はーー萌えるわ♥
ウ/ノハ/ナ先生のは、無かった…。お参り4巻は買いました!東/京/心/中、無かった…涙。
ホー/ム/レス・サラ/リーマ/ン良さ気なので1,2巻買いました。今先生はツボに入ります(まだ未読
あと、おげれつ先生とか、椀先生、蔓沢先生…はらだ先生、ハジ先生。。キリが有りません。
ユギ先生も予約で届いたし!あ、まさお先生の夜/が明け/ても~は、良かったです!
雷神/とリ/ーマ/ンもね、全く期待せず(絵が個性強くて)買ったけど、内容は良かった♪
まん●らけでも、古本まで買っちゃったよー!

はい、私も老後BL本積んだまま生活します(笑

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 90】へ
  • 【片想いのこじらせ方 92】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。