女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←片想いのこじらせ方 88 →片想いのこじらせ方 90
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 88】へ
  • 【片想いのこじらせ方 90】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 89

 ←片想いのこじらせ方 88 →片想いのこじらせ方 90
高梁が昼休み前に、デスクに来た。

「主任。昼飯、お付き合い下さい」
「あ?」
「……あ? じゃないですよ。お願いします」

悲壮な顔をしているのを見て、佐倉が眉を上げた。
いつもの口調じゃなく、やたらと丁寧な言い方に大体の想像はつく。

「いいよ。電話二本かけるから、それ終わってからな」
「有難う御座います」

頭を下げて、自分のデスクに戻る肩が落ちている。

あ~あ、ストレス溜めてんな……。
昼までの仕事を終わらせるために、佐倉は電話を取った。

*

「主任……俺、才能無いんです」

席に着くなり、高梁が嘆き始めた。

「マスター。ナポリタンとコーヒー二つずつ」

水を持ってきたマスターに注文して、佐倉は煙草に火を点けた。

どうせこんなことだろうと思って、この店に連れてきたのだ。
あまり会社の人間が居ない場所へ。

「あの生野……今日も、病欠ですよ? 俺には、人を導くような才能が無いんだ……」

大袈裟な……とは思うが、初めての新人の教育係を受け持った高梁は張り切っていたのだ。

その相手の生野が、一か月の間に病欠を三回。
それも母親が電話をかけてくる始末だ。

「バカか、お前は」
「バカなんです」

茶化してる訳じゃなく、本気でそう思っているようだ。

正直に言えば、新人の当たり外れはある。
だからって、それを高梁に今言うべきでもないだろう。

「俺も同じだ。厳しい、細かい、怖い。毎回言われては、上司に直談判されたり。キツく叱れば、次の日来ない奴もいた」
「あ……それ、聞いたことあります」

高梁の顔が輝く。

……何でそこで輝いてんだ。

「俺だって加減が分からない時があったんだよ。お前だけじゃない。皆、頭打ちまくってる」
「でも……」

シュン……と項垂れる姿に、佐倉が大きくため息を零した。

「聞いてやるから、吐き出せ」

そこから生野への愚痴がいくつかポロポロと零れだした。



部署に戻ると、高梁の同期の田中が担当する新人の松川がデスクで熱心にカタログを広げている。
高梁がそれを目に留めて、半泣きの顔でこっちを見た。

佐倉は生野の携帯にかけてみるが、出ない。
本当に具合が悪くて携帯にも出られないという場合もあるから、自宅へとかけてみた。

*

外回りを終えて、電車に乗り込む。
今日は直帰だから、このまま自宅へと帰る。

自分の駅の沿線に乗り換えて携帯を確認すると、青木からメールが来ていた。

月に一度くらいの頻度で、軽いノリだ。
相変わらず週末の飲みの誘いだけだから、友人として……だろうとは思う。

青木なら、他に誰かいるだろう。
同じ男としても、格好イイ奴だと思うし。

自分がゲイであって男しか愛せないのなら、また考えは違う方向に行けたかもしれない。
青木の描く人生設計を、一緒に描いてみよう……なんて、少しでも思って向き合えただろう。

生憎……俺は、中途半端だ。
男との恋愛はしたくないくせに、北見を諦めることも出来ず。
北見が意味深に言う言葉を拾って、思い出しては……くすぐったい。

素直な気持ちになれとよく聞くけど。
俺は別に、強がってるつもりさえ無いんだ。


思い出すのは……あの日。
……花見の帰り。

北見は俺を座らせて、自分は俺の前に立った。
あれは、ずっと前……彼女にしていたことだ。

彼女を羨ましいなんて思って隣の車両から見ていた自分が、同じことをされた。
冷静に考えたら、別にそんな大げさなモノじゃないんだ。
北見が酔った先輩の俺を、先に座らせただけのこと。

でも……嬉しくて、胸が高鳴ったんだよ。

こうやって電車に乗る度に思い出しては、顔がニヤけるのを覆って隠す。
部屋で一人でいても……。
そんな自分が居たたまれなくて誰も居ないのに隠す。

佐倉はまた思い出して、片手で口を覆った。

あいつ……天然過ぎる。
いや、違うか。
俺が、意識してるだけか。



「佐倉さん」

ニヤけそうな口を隠して北見のことを思い出していると、本人が目の前に立った。

「あ……なんで?」

ビックリしすぎて、北見を見上げる。

「そんな驚かなくても、仕事の帰りですよ。直帰ですか?」
「あ、うん」

同じ沿線だもんな。
今までだって何度か会った。

佐倉の隣は塞がっているから、北見は目の前に立って吊革につかまっている。
さっきまで思い出していたのと同じポーズに、つい見惚れてしまう。

「どうですか、そちらの新人は」
「あ~……一人、駄目っぽい」

佐倉が答えると、北見がいきなり腕を取る。
何かと思うと、向かいの空いた席に一緒に座らされた。

こういう強引な処に、ドキッとするんだよな。

「決定ですか?」

あ、新人のことね。

「高梁が教育係してる奴なんだけど、今日で三回目の病欠。まぁ、一応は親が電話してくるから無断欠勤じゃないにしろ」
「その度に診断書取ってくる?」
「そうなんだよ。精神的なモノからくる、的な」

管理職についた者同士になると、春の話題はコレが多い。

「今、厳しいですからね」

下手にこっちが切れて辞めさせるようなことになると、後で訴えられる事態に発展することもある。
様子を見ながらでないと下手なことも言えない時代だ。

「母親と今日、直接話した。残業や飲み会とか、色々文句言われたよ。最後には、部署替えしてくれって」
「入社して一カ月で、部署替え希望ですか」
「クラブ活動じゃねぇっつーの」
「いや、クラブ活動でもそんな簡単には」

例え部署替えしたって、続くかどうか。
百歩譲って部署替えしたら、他の社員からの苦情が殺到する。
自分も替えてくれと言う社員も出てくる。

日本も少しずつ社員の希望というモノを取り入れて行く方向には行っているが、まだまだグローバルとは言えない。
ましてや、まだ一か月だ。

「毎年、色んな奴が出てくるからな。まぁ、メールで遅刻や欠勤を言ってくるヤツは今のとこ居ない」
「あ、それはウチだ」

皆、厳しい就活を経て入社してくる。
例え希望した会社ではなくても、内定を受けて自分で決めて入ってくるのだ。

「うちはイントラで、ネット用語使うんですよ。今日それ注意したら、泣かれました」

北見が眉を上げて口をへの字にする。

「泣かすなよ」
「佐倉さんに言われるとは」
「なんだと?」

佐倉が肘で北見の腕を突く。

あぁ、こういう感じ。
これがいいんだ。

「そうだ。ゴールデンウィーク、買い物付き合って下さい」

いつの間にか駅についたのだろう、北見が席を立ってから言った。

「……え?」

いきなりの誘いに、佐倉が目を剥く。

「前に言ってたでしょ? 一日くらい空けて下さい」
「あ……うん」
「じゃ、連絡します」

そのまま手を上げて慌てて降りて行った。

……狡いな、あいつ。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 88】へ
  • 【片想いのこじらせ方 90】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

高梁くんファイト[e:734]

kiri様
新人教育って大変ですよね。思い出すわ。どんな職種でも合う人は合うし、合わない人は合わない。この頃は親がうるさい。私が指導していた頃はありがたいことにモンスター新人はいなかったけれども、他の部署ではいきなり「辞めます」のメールが教育係にきて次の日から音信不通。モンスター新人はなに考えているか分かりません。高梁くんの方が潰れないでね。高梁くんのキャラは憎めなくて好きです。そして、すっと現れる北見くん。佐倉氏がニタニタしてた所を見てました?さりげなく席の移動をしたり、駅の降りがけに約束を取り付けたりして佐倉氏じゃないけれどもずるいよ北見くん(笑)

Re: はじめまして

鍵コメS様

初めまして^^ようこそです♪はい、鍵はその方法でOKです(*゚ー゚*)

わ~、片恋が一番好き…❤と言ってもらえて。秋也スキーさんでも♪( *´艸`)
公開前にチミチミ書いてる時は、こんなの……どうなんだろ?
地味過ぎて、読む人いるかな…とか思いながら書いてました。
でも、こういうのでも一番好きだって言って下さるかたもチラホラと出てきて…。
諦めず、放り投げず(笑)書き続けて良かったです。

そう、佐倉…中坊のようです。恋に関しては。片恋で結構満足してる辺り、ほんと大人になりきれてないw
そういう面をちゃんと理解してもらえて、嬉しいなぁ…。

さ、佐倉!!頑張って大人になろうね…恋も。ぐ腐

風太よりちょっと大きい怪獣さん2人!大変だと思いますが、その合間に少しでも萌えを補給出来たら♪
コメント欄も楽しんで下さってるようで(゚▽゚*)

またお顔出して下さいね。有難う御座いました☆

Re: 高梁くんファイト

美夕様

新人さんたちも、新たなる世界に右往左往中かな(苦笑
ほとんどの子達は、しっかり頑張ってると思うんですが。たま~に…いますね。
でも、その子達もきっといつかは教える立場になってから、分かってくることも多々。
ほんと手を焼いた子が、下の子に叱ってるのを見ると「成長」というのをBBAは感じる今日この頃(佐倉風

高梁くんも、自分の仕事だけしてりゃ済まないってのも学び中~。
後輩のために、頭下げる日も出てくるだろうし。皆、頑張るのだー!

で、北見と遭遇。ま、同じ沿線だしね。でも、あれから毎日思い出して、毎日電車でニヤニヤ。
怪しいぞ…ゆぢゅき!笑

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

当たり?

高梁クン、今は我慢。。親離れ(子離れ?)できないのか、温室育ちなのかは分からないけど、世の中こんな人もいる。
無断欠勤じゃないだけいい方だ、と切り替えないと。

横に上手く行ってる例があるから落ち込むのもしょうがないんだけど・・。
上司・佐倉さんはイイ人でしょ? 愚痴聞いてくれるんだもん♪
早く、凹まない高梁クンに戻ってね。佐倉さんのためにも!


佐倉さんの方は、「花見帰り」 を思い出すたびストレス解消??
萌えてはニヤニヤ。その口元を手で隠しっ。  その仕草がまたカワイイー!
で、気持ちが伝わったのか、本人が同じポーズで登場(きゃあああ)。

そりゃ、ビックリもします。
ワタシだって席を譲ろうとしたのに、向かい側に逃げられちゃって・・、残念っ!!(ヲイ)


でも、しっかり聞こえたので、連休手ぐすね引いてお待ちしまーす。
ひょっとして、筋カレーも、あるかもしれないし(ごくっ)。

Re: NoTitle

鍵コメe様

はい、昨日は名無しさんでした(笑
何かの拍子で名前が消えてることがあるようで、皆さん時々されますよ^^
でも、文章ですぐに分かるww

高梁くん、きっと凄く張り切ってたんだよね。それが、新人くんには響かなかったようです。
思い出します。ン十年前…。入社式が終わって、部長が最後に言った言葉。
「人間だから病気もする。でも、どんな状態でも、這ってでも、自分で電話をかけてきなさい。親がかけてくるなど、言語道断」って言われたの。
今思えばホント当然なんだけど、あー学生とはもう違うんだな…と思ったのを覚えてます。
そんな基本的な処から、スタートするんですよね。社会人としては、赤子だもん。
社会に出て、みんな多かれ少なかれ頭打って、頑張ってるんですよね…シミジミ

そう。佐倉さん、北見くん大好き♥
隠してるつもりなんだけど、チロチロ漏れてます…。酔っぱらうと漏れやすい(何が
それがきっと北見にも伝わってるからこそ、ジワジワ~と侵食されてる…ノンケ男w
ほんのりと色づいてきましたよ…腐

有難う御座いました☆

Re: 当たり?

ますみ様

高梁くんも、主任だけじゃなく、それぞれの上司の歩んで来た道に思いが行くかな?
皆、こうやって繰り返して成り立って行くんですもんね。
最初から完璧な人なんか、そうそういないし。

躓いた時に格好つけないで、上司に聞いてもらおうとするのも中々良いかもです。
私なんか仕事の帰りに、同期とただ不満言い合ってた記憶しかないわ…汗 進まないのよねーそれじゃ。
主任、普段は怖いけど。こういう風に言わせてあげる空気を持ってるのは素敵だなーと思う。
溜め込んで、上手に吐き出す。
でも、ある程度溜めてからじゃないと、ただの愚痴のばらまき…(;'∀')

佐倉さんは、何度も脳内でリフレイン…。相当嬉しかったみたいです。
ホント、何でもないことなんだけど。普通、先輩立たせて自分が先に座るとか無いしw

>ワタシだって席を譲ろうとしたのに、向かい側に逃げられちゃって←ますみさんまでかぃ!!爆

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 88】へ
  • 【片想いのこじらせ方 90】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。