女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←片想いのこじらせ方 87 →片想いのこじらせ方 89
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 87】へ
  • 【片想いのこじらせ方 89】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 88

 ←片想いのこじらせ方 87 →片想いのこじらせ方 89
同じ方向の数人と一緒に電車に乗り、乗り換えした途中から佐倉と二人になった。

車内は、結構混んでいる。

佐倉はあれから、システムの丸山課長に随分と飲まされてしまった。

「断ればいいのに」
「だってあのオヤジ、しつこいんだよ」

やっぱり酔ってる。

「だからって、闘わなくったって。もう三十一になるんでしょ?」

呆れたように言えば、肩口を拳で叩かれた。

「痛い」
「うるせーぞ、二十代。お前、最近生意気なんだよ」

上目遣いで睨まれて、肩を竦めた。

「主任になったから? どんどん、格好良くなってきちゃって」
「有難う御座います」

確かに、自分のことだけしてられない立場になって周りを見るようにはなった。
元々兄弟の真ん中ってそういう処があるから、そこは苦にならない。

上には下手に逆らわずタイミングを見る処も、下には時に厳しく言わないといけないことも。
全部、自然と身についたモノだ。

自分でもトップに立って現場を指揮するよりも、参謀向きだと思う。

佐倉が黙っているので首を傾げて顔を覗き込むと、かなり赤い。
アルコールでこんなに赤くなるタイプじゃない。

「佐倉さん、大丈夫?」
「……俺、今変なこと言ったよな」
「……変?」
「お前のこと、格好イイとか」

自分の手で目を隠してる。

え……そこ?
そこで止まってたのか。

何、この反応。
……もしかして自分で言って、照れてる?

「……取り消せ」
「え? 酷いな。いいじゃないですか。たまには褒めて下さいよ」

電車がカーブを曲り、佐倉が目を隠しているせいか、大きくバランスを崩した。

「……っと。危ない」

北見が思わず手を伸ばして、背中を抱いた。

ほんの二秒程度、顔が近づく。

佐倉の顔が狼狽を見せ、離れた。

あ……また、やってしまったかな。

最近、意図的なのかどうか……自分でも分からないくせに、距離を縮めようとしてる自分が居る。
佐倉が本気で嫌悪してるようなら、勿論そんなことはしないんだけど。

扉をピシャリと閉めるくせに、すぐにひょっこりと出てくるし。
そんなんだから、こっちもだんだんと調子に乗ってしまう。

けど……この人が扉を閉めなかったら、俺は一体どこまで調子に乗るつもりなんだろう。

目の前で目を伏せてこっちを見ようともしない佐倉に、またちょっかいをかけたくてウズウズする。

……これは何だ?

俺って実は性格が悪いのだろうか?
そう思うくらいに、自分のすることで反応する佐倉を弄りたくなってしまう。

俺も今年二十八で、入社六年目になるっていうのに。
ガキっぽいことをしてる自分が謎だ。

「ほんと大丈夫?」
「おぅ……」

コクンと頷く姿が、風太を思い出させた。

「そういえば、風太くんは?」
「あ? あぁ……あれから、義姉さんの悪阻が治まってきてるって」
「また会いたいなぁ~」
「……変な奴」
「だって、また忘れられるの悲しい」

佐倉が吹き出したタイミングで、ドアが開いてどっと人が降りる。

すかさず北見が佐倉の腕を掴んで、空いている座席に座らせてその前に立った。

佐倉の目が自分を見上げて瞬く。

「……何ですか?」
「いや……別に」

佐倉は慌てたように下を向いてしまった。

まぁ、俺デカいから。
凄く顔上げないといけないし。
首、疲れるよな。

そっぽを向かれてしまったように思って、自嘲気味の思考へと流れて行く。

上から見えている佐倉の耳が赤い。


うわ……何か、噛りつきたい。


北見はそこで思考が止まった。


噛りつきたい……って。

そんなこと誰かに思ったのなんか、初めてだ。
俺って、そういう趣味あったのか?

片手で自分の口を覆って、浮かぶ笑みを隠す。

どこまで変なんだ、俺。

だって、赤いんだよ。
……耳が。
俯いてるせいでうなじまで見えて、そこも赤い。


じゃ、その下も全部赤いのか?


あぁ……俺、だんだん変になってくる。

頭でゴチャゴチャ考えていると、佐倉の隣に座っていた人が立ち上がった。
すかさず北見が横に座る。

ビクッとする佐倉に、何だか嗜虐めいた感情まで出てくる。
嫌がらせたい訳じゃないのに。

先輩だし、厳しいし、舐めてかかると怖い人だってことも充分に知っているつもりだ。

でも……。

「佐倉さん」
「……ん?」

こっちを見ようともしないで、顔を上げて向こうの広告を眺めたまま生返事。


こっち向けよ、この野郎。


「休み、出かけませんか?」

前から思ってたんだ。
休日に、普通に出かけたいなと。
最近、友達ともろくに出かけることもなく仕事と家の往復だし。

「……なんで」
「何でって……。理由が要る?」
「要る」

即答かよ。

「理由ねぇ……」
「理由も無いのにおかしいだろ?」
「おかしいかな」
「おかしいんだよ」

決めつけるように言われてしまった。

じゃ、青木さんの時はどうなんだよ?
……まぁ、あれは会社の帰りだったけど。

「俺はおかしいと思わないけどな」
「俺はおかしいと思うんだよ」

会話が同じ処から動かない。

くっと笑うと、横目で睨まれた。

「お前、この頃マジで生意気」
「さっきも言われた」
「先輩舐めてっと、犯すぞ」


え……俺を、犯すの?
この俺を、佐倉さんが?

言葉のアヤだと分かってはいても、相手が佐倉のせいかふと思考が止まる。

犯すと言われても、そんなシチュを今までの人生で考えたこともないからピンと来ない。

うーん……。

「想像すんな、バカ」
「言ったのはそっちでしょう」

小さい声で、隣同士で視線は前を向いたままブツブツと会話。

その内、北見の降りる駅のアナウンスが流れた。
明らかにホッとしているのが横に居て伝わってきて、何だかむっとしてしまう。

「佐倉さんの駅まで行こうかな」
「は? 俺は寝てないぞ」
「……ですよね。言ってみただけです。そんな怒らないで」

北見が苦笑いしても、佐倉の顔はムッとしている。
俺だって、ムッとしてますよ。

「家についたら、電話しろとかも言うなよ」

先に言われてしまった。

「冷たいな」
「俺は先輩だ」

そういう理由?

「じゃ、俺がしようかな」

北見が横目で見ると、プイッとされてしまった。

子供か……あんた。


駅のホームが見えてきて、他に降りる人も席を立って行く。

北見も立ち上がり、佐倉の前に立った。
駅がホームについて、扉が開くのを待っている人が視界に入る。

「休日に出かける理由、探しておきますんで。逃げるの無しですよ」

身を屈めて佐倉に言ってから、北見は体を起こす。

目を見開く佐倉の顔を見て「お疲れ様です」と、後輩らしく頭を深く下げて電車を降りた。




いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 87】へ
  • 【片想いのこじらせ方 89】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

押しの強くなった北見くん

kiri様
酔った佐倉氏は扉をちょっと開いてますね。開ききれてはないけれども。佐倉氏の可愛い所に北見くんもキュンキュンかな。風太に会いたいと言ってみたり、どこかに出かけようと誘ってみたり。佐倉氏はドキドキですね。いやぁなんと表現していいのか分からないんですが恋が始まる予感な北見くんですね。
「子連れ特集」BabyというBL雑誌の本の紹介ありがとうございました。Amazonで調べてみましたらコミック誌なんですね。すみません。私、コミック誌はちょっと苦手で。子連れBL小説派なんです。せっかく教えて下さったのに本当にすみません。もし小説で何かあれば教えてください。よろしくお願いします。

ほほ~

kiriさま、こんにちは。

守られている感じとか、隠せない赤くなった肌とか・・・(=v=)

一番やられたのは
“こっち向けよ、この野郎。”という心の声でした。(*^m^*)

Re: うふふっ(*´∀`)

鍵コメmu様

酔っ払い2人組。
佐倉の過敏な反応に…北見くん、キャラと違う方向に(笑
男だもんね。なんかこういう反応されちゃうと、つい弄りたくなる!

そうですねー。もう88話!早いなぁ…。
次書いてないので、妄想しないと(汗

有難う御座いました☆

NoTitle

こんにちはー

あらん~
きちゃみクンは結構Sだったのですねぇ~~
(≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦)


>え……俺を、犯すの?
この俺を、佐倉さんが?

Σ( ̄ロ ̄lll)
え?ソッチ
いや、言葉のアヤとわかっていても
こっちもびっくり

耳とかうなじまで赤くしちゃって
脳内で犯されそうなのにぃ~~(笑)

NoTitle

佐倉さん、目のやり場に困っただろうなあ。
何せ座ってる自分の目の前に、丁度立ってる北見のイチモt…,;'.・(゚ε゚(O三(>_<`)o ナンテコトヲー!

不適切な表現がありましたことをお詫びします。ペコ┏(I:)8


北見クンはイジメるタイプですか!
そうか、佐倉さんを組み敷いてひーはーひーはー言わせるんですね! (ΦωΦ) クワッ!

でも、佐倉さんも負けちゃいないだろうなあ。
> 「先輩舐めてっと、犯すぞ」
だもの~~~♪♪

と、色々妄想してますが、北見クンの気持ちが少ーしずつ寄って来てるなあとワクワクジレジレしております。
明日も楽しみ~+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚

では。┏○))ペコリ

Re: 押しの強くなった北見くん

美夕様

どっちも、素面ではないですからね(笑
ちょっと無礼講のお花見の流れで…。バリバリ仕事した後じゃ、またテンションは違うかと。
もーなんか、佐倉が一々北見のツボを押してるようです…。
こんなの、好意持ってる相手にされちゃうとねぇ❤
下手すりゃ、高梁くんでも「え?…なに?」って思いますよ。

あ、そうでしたね。小説をよく購入されてましたっけ!
私、BLは小説読まないヤツなんです…。勉強のためにと思って買っても、読まない←
結局、コミックオンリーです。絵で萌えるタイプかな?お話がどうでも、絵だけでも買う(爆

有難う御座いました☆

Re: ほほ~

みっぺん様

佐倉はまた感じてるんでしょうね。

北見が距離を詰めてきてるのを…。
ま、今は北見本人もそこは自覚してるんですけどもw

どうしていいか分からないーーー(>_<)←佐倉w

あはは。北見もちょっとムッとすれば、心の中で先輩を「この野郎」呼ばわり(笑

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

ういちろ様

そりゃ、佐倉さんがもう百面相だもの(笑

怒ったかと思ったら、照れてるし。
ソッポ向いて、目も合わせない…。

ちょっかいかけたくなる、男のサガ!笑

佐倉の言葉を真剣に(酔っぱらった頭で)考えておりますが…。
あなたは攻めですので、大丈夫ですよ(´艸`*)
言葉をそのまま受け取る北見は、さすがノンケだわw

ちょっと想像したけど、そこはピンと来なかったもよう…。笑

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

トーヤ様

佐倉、どこ見てんのん(笑
確かに…そういう位置になりますねw

いや、北見はこんなキャラではないですよ。
だって本人が自分で「あれ?」って思ってますもん。
新たな一面が、佐倉によって…出て来たのかもしれません←

だって。隠すと余計に見たくなるってのが人間ですもん。
佐倉、隠し方が不自然なんだよね…酔ってるせいがデカいけど。

で、言った言葉がアレですよ?墓穴…佐倉(笑
北見、真面目に考えてるし。何、このリーマン達…。

有難う御座いました☆

うほっ!?

すごい。。。
kiri様。

こんなリーマン、一緒の電車に乗ってたら、耳ダンボ☆☆
例え、残業続きでも、ムリな飲み会の帰りでも、目ェ、ばちこーーーんっ!て、覚めますよ!!
しかし、2人とも(爆)
ええ、ええ。
このクソ生意気な後輩は、1回犯★したらんと、わかりませんわ。
ヤッてまいましょ、サクラちゃん。
こんな、舐めた、舐めた態度。。。。
ホンマに耳、舐めて嚙りつきそうな北見ー。
電車やなかったら、ヤバかったかもね。
男やしー?酔ってるしーー?(笑)
でも、どうやってヤッたらええんか、も1つわからん???
とか、言いそうやね、北見くん。

はあー。
サクラちゃんの隣りの座席、譲ってあげて、良かった。 ←


さて、どこにどんな理由で出掛けましょうかね(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: うほっ!?

優様

想像してみてください…。
電車の中で、小声で前向いたままブツブツ喋ってるスーツのリーマン(笑
片方は、何か顔赤いし。片方は、何かデカい←ソコか
ちょっかいかけ~の、ソッポ向き~の。小学生?
腐女子から見たら、イチャついてるようにしか見えないわね。

北見…相手が男だってとこダケで、思考が「?」で止まります。
これ、女の子だったらとっくにラブ?って思うんですけどね。
やっぱり、ソコはほら……(何が

北見、今までにない色んな「?」がいっぱいで…でも、ニヤけてるんですけど(笑
それでいいのだよ…君わっw

>でも、どうやってヤッたらええんか、も1つわからん??? ←正解だと思います!!

>サクラちゃんの隣りの座席、譲ってあげて、良かった。 ← あんたかぃ!!(ツッコミ

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様 (ですよね?)

お名前が抜けておりました(笑
でも内容で、間違いない!とww

おぉー!終わりましたね?!やり遂げた…eさん、頑張った!!
さぞかし、ビールが美味かったろうと…(゚∀゚)

そう、何か噛り付きたい衝動ってありますよね。特にチビっ子!!
佐倉はチビっ子ではありませんがw(でも、今日は小学生並

もう酔ってるから、つい口から色んなことが滑り落ちる…2人共。
佐倉は自分で言って、頬を染めてるし。
北見、そこはもう通り過ぎてるっつーのに、自分で引き返しとる。
挙句に、あんなことまで言うし!

北見くんはもう、何か…ちょっかいかけて「生意気」と言われ。
調子に乗ってるのも自覚してるんだけど、トマラナイ。
怒らせたら、多分めっちゃ怖いのも知ってるから、酔っ払い頭で自重してるんです…これでもw

花見の流れとアルコールで緩んだリーマン2人。会話が変ですが、それもご愛嬌♪

そうなんですよ。覚えてました?
この2人…日々の忙さにかまけて、そこ抜けてますよね。あるじゃん!と思いながら、書いたんですが…。
思い出すでしょうか?笑

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 87】へ
  • 【片想いのこじらせ方 89】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。