女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 83

 ←片想いのこじらせ方 82 →片想いのこじらせ方 84
駅までの道を、また風太の手を引いて歩く。
ゆっくりと、風太の歩調に合わせて。

北見は居なかったが、風太は歌を歌いながらでご機嫌は損ねていない。
家の前まで行ったんだから、納得出来たのだろう。

お腹がすいたと言い出したので、途中でコンビニに寄る。

「アイシュは?」

アイスクリームかと思ってそっちに行くが「違う」のだと言う。

「ちっちゃっ」

あぁ……北見が買ってくれた、あの一口サイズのか。

「これでいいな?」

箱に入った一口サイズのを見せると、違うと首を振る。

「あれは、あのパン屋さんでしか売ってないんだよ」

あそこまで戻るのは、勘弁してくれ。

「風太、先にご飯食べてからじゃないとアイスは溶けてドロドロになるんだ。わかるな?」

コクンと頷くから、頭を撫でてやる。

「公園でご飯食べて遊んで、弓槻のお家に帰る時にアイス買おうな」
「いいよっ」

はー……誤魔化し、成功。

よしよしとまた頭を撫でて、レジに一緒に並んでお金を払って店を出た。

駅までの間にある小さい公園を指さすから、もうココでいいかと入った。

お腹もすいてるし、先にここで食べてから電車に乗ろう。

手を洗ってから、おむすびを渡す。
今日も風太は梅を選んだ。

ジッと顔を見ていると、梅が出てくるのが分かる。

「しゅっぱ……」

いちいち言わなくても、お前の顔で分かるよ。
佐倉が笑いながら、同じようにお結びを口に運んだ。

食べ終わると同時に、滑り台に一直線に走り出した。

危なっかしいので傍に行って見ていると、女の子も走って来て交代で滑ってる。

母親を探せば、ベビーカーを押して傍に来た。

「おいくつですか?」
「三歳です」
「うちも男の子欲しかったんだけど」

ベビーカーの中の赤ん坊を目線で見た。

「うわ……小さい」

風太でも小さいと思っていたが、本当に小さくて目を剥いた。

「あら。忘れちゃいましたか?」

風太を見ながら笑う。

「あ……いや、僕は叔父なんです。兄貴の子の子守」
「まぁ」

今度は母親の方が目を剥くから、簡単に事情を話した。

「いいですね……弟さんが協力してくれて」

ちょっとばかりの打算も有り……ですけど。

女の子を見れば、髪を結んで可愛いらしいスカートを履いて何とも華やかだ。
風太…お前、地味だな。

母さんが女の子の孫を欲しがるのが、何となくだが分かったような気がする。
うちは何故か親戚を含めて、ほぼ男ばかり生まれる。

風太が階段を上がっていると、女の子にお尻を軽く押された。

「サリ!! 危ないから、押しちゃ駄目よ!!」

母親に怒られて、不満顔だ。

「だって、遅いもん」
「おしょくないよっ」

風太が後ろを振り向いて言ってみるも、睨まれている。

「遅いよ。早く行って」
「おしょくないっ」

「風太、止まるな!」

佐倉が声をかけると、ブッと膨れて足を上げて滑りだした。

「おいくつですか?」

女の子がしっかりと喋ってるので、佐倉が問う。

「来月で三歳です」
「え……っ」

風太より、ちょっと下?

「……しっかりしてますね」
「上にもう一人、お姉ちゃんがいるんで」
「あ、三人姉妹ですか?」

話してると女の子が風太の手を引いて、今度は砂場に引っ張って行く。
風太はまだ滑り台がしたいのだろう、後ろ髪を引かれるように見ていたが引っ張られるがままだ。

面白いから見ていると、ママゴトセットを袋から取り出した。

どうやら風太はお父さんをやらされるらしい。
どうするのか見ていると、だんだんノリ気になってきているのが分かる。

「今日は、ハンバーグですよ」

ハンバーグの形をした玩具を皿に乗せられて、食べる真似をちゃんとしてる。

「僕もつきゅゆ!!」

その内、風太が張り切って作りだした。

「言葉が、まだ舌ったらずで」
「でもちゃんと喋ってるじゃないですか。子供を育てるのに一番やっちゃいけないことってご存知ですか?」

やってはいけないことは、たくさんあるだろうけど。
一番と言われると……首を傾げる。

「比べることだそうです。うちは同性ばかり三人なので、中々難しくて」

あぁ……そうか。成程。

その内、女の子が怒りだした。
風太が作っているのが雑すぎて、見ていられないらしい。

「そうじゃないのっ」
「いいよっ」
「ダメ。こうやって、ちゃんと……」

説明してくれるのだが、風太は聞いちゃいない。

どこまでもマイペース。
キャベツを揉んでいた時のように、グチャグチャと掻きまわしてるだけだ。

「あ~もう。雑だな、あいつ」

佐倉がボヤくと、横で母親がクスクス笑う。

「今の内です。下の子が出来たら、たくさん我慢も覚えなきゃいけないし」
「……ですね」
「お兄ちゃんだからって、周りから言われて育つんですよ」

そうだな……風太。
ギャング時代は、その内幕を閉じなきゃならなくなるんだよな。

そこから三十分程砂場で喧嘩をしながらも遊んでいたが、赤ん坊が泣きだしたので女の子は帰って行った。

「風太も帰ろうか?」
「いやっ」

首を振って、唇を尖らせる。

「赤ちゃん、可愛かったな」
「んっ」
「風太のお家にも、もうすぐ来るぞ」
「ちっちゃ?」
「そう、小さいから大事にしてやらないと」

ニヘっと笑って首を傾げる。

そこからまた遊んで、やっと帰ることになった。
手洗い場で手を洗ってやって、誘導するように公園を出る。

「アイシュ?」

覚えてんだよな、こういうの。

「電車に乗って、お家帰る途中で買おう」
「いいよっ」

手を引いて駅までの道を歩きながら、風太がご機嫌で歌を歌う。

……疲れた。
俺、何もしてないのに。

ボーッとしていると、突然風太の足が止まった。
何かと思うと、向こうからデカい男が歩いてくるのが見えた。

こっちに向かって手を振っているのは、北見だ。

「きちゃみ!!」

佐倉を見上げて、目をキラキラとさせる。

「本当だ。北見だな」
「ひゃは」

変な声を出して、手を振りほどいて北見に向かって走って行った。
北見が手を広げていたからだ。

いいなぁ……風太。
お前、北見に抱っこしてもらいに行くのか。

弓槻もしてもらったんだぞ?
荷物みたいにだけどな。

佐倉がゆっくりと歩きながら見ていると、突進してくる風太を抱きあげて肩車をしてやっている。
キャッキャと大喜びの風太の声が、楽しそうだ。

「早かったな」

こっちに歩いてきた北見に言えば、ニッコリと微笑む。

「良かった。真っ直ぐに帰ってきて。まさかこんな処で会うとは」
「風太が、お前の家に行くって聞かないんだよ。で、マンションまで行って、居ないのを確認して公園で遊んで帰るところ」


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 82】へ
  • 【片想いのこじらせ方 84】へ

~ Comment ~

いえーいっ!

Kiriさま。

風太いいなぁ。ダッコォ...(ノ*' ')ノ

いえーいっ!きちゃみに会えた!

嬉しいのは風太だけじゃないですよね?ふふふふふふふふふふふふっ(//∇//)

風太…きちゃみに遊んでもらえるのかなぁ?ゆじゅきもついでに遊んでもらえたらいいのになぁ。

明日が楽しみです。

きちゃみ~(*^ー゚)b グッジョブ!!
風太も良かったね。おっきーきちゃみに肩車してもらえて。
ゆぢゅきも風太みたいに抱き上げて欲しいみたいよ( ´∀`)荷物みたいじゃなくて。でも膝カックンだったから仕方ない(^^)
さて北見くんの登場でますます萌えが止まりません!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

感涙

kiri様
風太、きちゃみに会えた!嬉しいです。会えたらいいなぁと思っていたけれども帰り道で会えて肩車までしてもらって良かったね。読んでいて顔がにやついてしまいました。佐倉氏の「風太北見に抱っこしてもらいにいくんだ。俺も抱っこしてもらったよ。荷物みたいに」って笑けました。佐倉氏可愛い。風太がうらやましいよね。だだ、きちゃみに会えた事が嬉しくて、きちゃみに向かって走っていく。佐倉氏も北見くんに向かって走っていく日は近いかな?それまでの佐倉氏の葛藤が楽しみです。

Re: いえーいっ!

潤様

まるで、絵に描いたような…パパのお迎え(爆

佐倉がおかんキャラじゃないのが玉にキズですけどw

会えました~。風太だけじゃなく、佐倉だって嬉しいはずですよねー。
会社で顔を合わせることもあるけど、仕事離れた時とはまたちょっと違うし!

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

おみち 様

北見、今日は惣菜買いにデパートも寄らず(いや、いつもしてる訳じゃないw
真っ直ぐ帰ってきました!

ちょうど良いタイミングwwで、まるでお仕事帰りの北見を迎えに行ったみたいでしたね。。。

そう、膝カックンの先輩を、後輩が抱えて電車から降ろした…だけなんですけど。
佐倉さんは、しばし何度も反芻してるやもしれません(笑

有難う御座いました☆

Re: こどもこどもこども~♪

鍵コメh様

そう。もう子供は、ちゃんとご飯食べて、遊んで、寝てくれれば…。
と思いながらも、親って色んなことを求めちゃう部分もあるんですけどね。

たまにドキュメントとかで見ます…。゚(゚´Д`゚)゚。
その現場に携わるお仕事。ほんと尊敬してます…!

子連れBLは、子供の可愛さと、無垢さにヤられますねー。
たまに、生意気でマセた子も出るんだけど、それさえも何か可愛い…。
恋愛だけじゃない、そういう側面がまた堪りません~!

あと、キャラ達の子供時代のシーンとか…。悶絶レベルですわ、アレは(爆

あ、秋也にイっちゃいましたか?それは、また嬉しいです…。
野獣とはまた違うので、どうかな~と思ってたんで…良かったです♪
カタマリのあの高宮シーン。愛なんぞ~を経た方には、有る程度免疫が出来ていたかもですが…。
野獣から(ラブコメ)そっち行くと、少々キツいかもですね…^^;
フォローwwして頂き、頑張って乗り越えて後半。耐性がついてくる…BL(?)

有難う御座いました☆

Re: 感涙

美夕様

風太、もう大満足!でしょうね。パパとママがお疲れで、幼いながら何か感じつつ…。
今日は、ゆぢゅきと電車も乗ったし、お昼ご飯もお外で食べて、公園でいっぱい遊んで!
極め付けは、きちゃみ~に会えて、肩車!!良かった、良かった。あとは、アイシュで完璧なんだけどw

抱っこで甥っ子と比べる、大人げない佐倉さん。北見に正面からぶつかる風太みたいには…中々なれないわね。
3歳と30歳の違い(苦笑

有難う御座いました☆

NoTitle

ただいま〜。仕事から帰ってきて2回読みました。
ナイスな展開。きちゃみと会えたらいいなぁと思っていたら・・*\(^o^)/*会えましたね。今凄くhappyです。仕事の疲れが取れました。
うちは5才違いの息子が3人です。なのでひとりっ子が3人いる感じかな。『ママ寝てていいよ』と夕方の三男のお世話は10才だった長男が🍼とオシメをやってくれました。その長男ももうすぐアラサーです。早く孫の顔が見た〜い。赤ちゃん可愛いよね〜。(≧∇≦)
明日は11時を待って読もうと思います。サクラちゃん頑張れ!

Re: NoTitle

まなちゃん 様

お仕事、お疲れさまです^^

きちゃみと会えましたね~。風太も、ゆぢゅきも!

わ、5歳違いで男の子3人!
長男さん、やっぱりお兄ちゃんですね。可愛い~し、カッコイイ10歳♪
私の娘の幼馴染は、妹が2人。で、すぐ下の妹には容赦なし!(笑
でも、下の妹はちょっと年が離れてるもんで、舐めるように可愛がってました…。

明日はどんな感じかな~(´艸`*)
有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメe様

そうか、今日は金曜日か。最近、曜日さえ曖昧になってきてる…。
祝日も仕事に行くの年に2回くらいします。アレ?何か変?…と、気づいた時の凹…。
そう、深酒せずに帰って来た!偉い!ww

>佐倉を見上げて、目をキラキラとさせる。
ココも悶えて頂いて♪
可愛いですよね~。子供のキラキラの目!!もう、そんな顔してくれるなら何だってするぞ!!
あー、最近小さい子と触れ合うこともなく…。
あの小さな手とか、ぷくぷくのほっぺとか…触りたい(危険)

そして北見に全身で飛びつく!怖がりもせずに、相手が絶対に受け止めてくれるって信じてる3歳児。
ほんと、今しか出来ないこといっぱい駆使するのだー風太!

はい、最後はもちろんハピエンで♪
ブログ形式で毎日1Pなもんで、じわ~じわ~っと炙り出し!予告通りで御座います…。

大好きと言ってもらえて(*´-`)あと残り…。頑張りますねー!

有難う御座いました☆

NoTitle

北見君の ’影’ だけで終わる? と思っていましたら。
仕事が終わった途端、直帰の北見君♪ 

すでにお疲れのゆぢゅき、救いの神が現れました――(きゃあ)。

これだけ短い間隔で会っていれば風太も覚えてますよっ。
しかも、今までほとんどしてもらえなかった(?)大胆な遊び方をしてくれる、巨人・きちゃみー。笑。
ゆぢゅきってば走って抱きつき、肩車までされてる甥っ子に小さな嫉妬。
ーー 俺なんかひざかっくんに荷物的抱きかかえられ~~・・・ --
ヲイヲイ、って突っ込みたくなるっ。

でも佐倉さんも、見知らぬ母子と出会って色々気付けたし。
ジッとしていてくれない小さい子、まして男の子は大変。 でも女の子もいろいろある、ってこと。
そして比べちゃいけない。。   うん、大事ですね。子供にも、大人にも。

さーて、佐倉さん。このまま帰ったりしませんよ、ね? ね!!

Re: NoTitle

ますみ様

ゆぢゅき、大したことしてないのに…既に疲れてますw
子守に関しては、やはり北見とは年季が違いますからね…。
どこか怖々としてる感が拭えません(。・w・。 ) ププッ
そりゃ、怪我させちゃダメだとか思うもんね。預かってる身としては。

グッドタイミングで帰って来た、きちゃみ~。
風太の顔も、パァァァーっと輝いた様子。
多分、次はアイスと電車に思考が行ってたと思うので、半分忘れてたとは思うんですが(爆

女の子の小さい子は、とっても華やかに見えたでしょうね~佐倉さん。
なんせ、親戚見渡しても男ばかり…。友人の家がそうなんですが、女の子がほんと一人も居ない!
で、いつも「可愛いスカート買ってみたい」ってボヤいてました。でも、元気が一番よね。

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 描いちゃいました。すみません

鍵コメi様

そうです。風太のように、思うままには出来ない30歳なのです(笑
色々考えるよね。やっぱり、この先の未来を…。
今の距離感が、遠すぎず…近すぎずで、程良くて心地良いし!
でも、北見の方がズン!と足を踏み出してきては、佐倉さん腰引いてる( `ι´;)ククク

色々と妄想して頂けて、有難いです!

そして!!見に行きました~。早速…♪
佐倉さんの寝顔が(〃▽〃)素敵ですー!嬉しい♪♪♪

ってことで、今日の追記に書いちゃいました!直にリンク貼るのは勝手に出来ないので…。
ヒントだけですけども。事後報告ですいませんm(__)m
でも、せっかくだから「見たい」って方がいたらという感じで…(*゚▽゚*)
もし、ダメだったら言って下さい。追記を消しますのでー!

素敵絵ともども、有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 82】へ
  • 【片想いのこじらせ方 84】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ