女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 79

 ←片想いのこじらせ方 78
 →片想いのこじらせ方 80
目の前に立つ女は、パンツスーツ姿で同年代。

もしかして……婚約破棄した彼女?

「ね? せっかく会ったんだし!いっぱいだけ付き合ってよ」

親しげに佐倉に詰め寄る。
なんか……イメージと違う。

「結婚は……してないか」

佐倉の指を見てズケズケと言う言葉から、やっぱり違うかな?

「お前な、俺は連れがいるんだよっ」
「あ……すいません。懐かしい顔みて、つい」

こっちを見て、頭を下げる。

「相変わらずの、ごり押し女め」

佐倉が小さく笑っている。

「南野真智と申します。佐倉くんの、大学時代の友人であり……元カノでもありました」

丁寧なのか何なのか微妙で、北見も小さく笑う。

「佐倉さんと同じ会社で後輩の、北見と言います」
「結構良い男ね」

佐倉に小声で言ってるが、丸聞こえだ。

「お前、実はスゲー酔ってるだろ? 連れは?」
「今日は一人呑み。帰る前にトイレに行こ~と思って、その途中で弓槻を見つけた」

ニッと笑って、北見にも同じ顔を見せる。

「捕まえたぞ~! 弓槻!」
「ちょっ……お前な」

隣に強引に座って、尻で佐倉をグイグイと押して行く。
酔っ払ってるのだろうけど、強引で面白い。

「いいじゃん!! 何年ぶりだと思ってんのよっ」
「知らねーよ。トイレ行くんだろ?」
「あ、そうだった。帰るんじゃないよ……弓槻」

脅すように言って立ち上がり、急いでトイレに向かって行った。

「帰りたい……」

ボソッと呟く佐倉。

「俺はいいですよ。気にしないで」
「……すまん。悪いのに捕まった」
「面白いですね」
「酔ってるからな、アレ」

佐倉が呆れたように言いながらも、口元は綻んでいた。
元カノと言っていたが、嫌な別れ方はしていないんだろうという推測。

「お待たせ!!」

敬礼をしてから、また佐倉の横に強引に入り込む。

「待ってねぇし」
「男並みに、トイレ頑張ってきたのに」
「……ゲスだな、相変わらず」
「自分のお金はもう払ったからね。一杯だけ奢ってね、弓槻くん」

佐倉が頷くと、大声で店員を呼ぶ。

「タンカリー!!」

北見はその勢いに圧倒されつつも、だんだん面白くなってきていた。
それに、佐倉の大学時代の話も出てきそうで興味もある。

「すいませんね。北くん」
「北見です……」
「私は南野だから、南。あんたは北!!南北戦争勃発」

酔っているから脈略のない言葉に、佐倉が笑う。

「言ってる意味が通じねぇ」
「いいの、いいの」
「お前……ほんと、変わらないな」

酒が運ばれて来て、勝手にグラスに当てて呑む。

「旨い!!」
「北見……こっちの方が、オッサンだろ?」

佐倉が言う言葉で、堪らず吹き出した。

「女三十、独身! 彼氏居ない歴三年。故に仕事オンリーだよ?」

カバンから煙草を取り出して、佐倉のライターで火を点ける。

「お前酔っ払うと、ほんと煩い。それ呑んだら、帰れ」
「わーかってるって。チビチビ呑むからさ」

「仕事、何やってるんですか?」
「ん? 聞きたい?」

真智がカバンから名刺入れを取り出し、両手で持っておずおずと頭を下げてくるが、その仕草がやたらと丁寧だ。
吹き出しそうになったが、本人は酔っていても真面目なんだろうと北見も両手で受け取った。

「……雑誌のライターさん」
「そーですっ」
「あれ? お前、編集やってたんじゃ?」

佐倉が目を剥くと、辞めたのだと煙草の煙を勢いよく吐き出しながら言う。

「セクハラ受けて! 耐えきれず……辞めました」

また敬礼をして、佐倉と北見を交互に見る。
面白いんだけど、セクハラと言う言葉に笑えない。

「そうか……」
「ま、私も若き乙女だったんで」
「年取ったって、そんなもん嫌だろ」
「いや、今なら尻くらい差し出すわ。ひと撫でくらいで仕事くれんなら」
「まだ三十だろ。何あったんだよ」

「ゆづき~」

体ごともたれて行くが、佐倉が冷たく押し返す。

「大学出て、早八年。世間の風は厳しく。色々ありますわな……男も女も」

押し返されて元の位置に戻って、酒を呑みながらしみじみと言う。

「いやね、真面目な話。今だったら、ジジイに尻触られるくらい何てことない。それでさっさと原稿書いてくれんならさ」
「そーいうことを言うな。女だろ」
「え、自虐すぎ?」

真智が問えば、佐倉が頷く。

「男には分かんないか~」
「そうかもな」
「けど、弓槻だったらお尻撫でられたりあるでしょ?」
「あるよ」

キャハッと笑ってる真智が居るが、北見が目を剥く。

「あるんですか?」
「だから、大学出たほやほやの頃だよ。撫でるって言うか、ギュッと握るんだ。ヤらしー感じじゃなくな」
「弓槻のお尻可愛いもんね。こう……小さくて、ツルツルしてんの」

酔っ払ってるから言いたい放題だ。

佐倉が真智の頭をかるく叩いた。

「やめろ」
「えー」

元カノってことは、そういう関係だった訳で……。
お尻と言われ、ちょっと生々しくて……想像してしまいそうな自分に北見は頭を小さく振った。

「愛が欲しいよー」
「俺だって欲しいわ」
「嫁行きたいよー」
「相手探せよ」

二人の会話が面白い。

「北くんは?」
「いませんよ」
「どっちも彼女無し?」
「煩いよ」

仲間だとえへへと笑って、嬉しそうな顔が可愛いと思う。

「弓槻……何だったら復縁しよう、と言いたいが。……無理だな」

佐倉に向かって、真面目な顔をする。

「望んでねぇわ」
「この人、付き合っててもドライ過ぎて」

次は北見に向かって訴えてきた。

「……真智っ」
「彼女より、男友達優先にするタイプってヤツ」

あぁ……何となく分かる気がする。

「モテてたけどね。大学でも目立ってたし……。けど、ほら……何だっけ、あの子」
「あの子?」
「と………と……あぁ、出て来ない。そのトくんがお気に入りだったんだよね」

佐倉が目を剥いて、真智の口を塞いだ。

「要らないこと言うな。酔っ払いめ」

塞がれた手を引きはがして、ケラケラと笑う。

「もー、マジで帰れよ。酔っ払い」
「まだ残ってるもん」

グラスを上げて見せる真智に、佐倉が溜息を吐いた。

「愛の薄~~い弓槻は、何で今もこんなに見た目が良いんだろうね」
「……お前、恨みでもあんのか」
「だってー。付き合ってる時、寂しかったんだよ~。それを今、突然思い出した」
「申し訳ありませんでした」

佐倉が改めるようにテーブルに両手をついて頭を下げた。

「許すよ~。優しかったし」

ニコニコと笑って、また煙草に火を点けた。

「コレ吸ったら、帰ろうかな?」
「おお、そうしてくれ」


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 78
】へ
  • 【片想いのこじらせ方 80】へ

~ Comment ~

ト?

Kiriさま。

えっ?富樫君のこと…言っちゃった?そっちもだいじょぶって北見?気付いちゃった?

真知ちゃん、いい仕事するなぁ。

ぷぷっ。この後?えええっ?この後、どうすんの?さくらちゃん?

あーっ。明日も楽しみです。

げひっ( ̄▽ ̄) トーヤ様への私信付き。

kiri様。

> 「私は南野だから、南。あんたは北!!南北戦争勃発」

当たってますやん(笑)
ト君(爆)の事も勘付いてたし、こりゃ北見ーの事も本能が嗅ぎとってる、マチさん。
今現在、サクラちゃんの気をどちらが引くか!て、競争したいじゃないですか(笑)
北見ー。面白がって呑気に聞いてるけど、かなりの真髄やで?!
酔っ払い、侮るべからず。


鍵T様。
まだ、風太のあいしゅー のお許しは出ませんでしょうか?

Re: ト?

潤様

あはは、それくらいで気づくって余程でしょう(笑

ココで問題あるとしたら…。
やっぱり佐倉さん、上手く隠せない性分だったってことでしょうね~。

ま、誰もラブだなんて思っちゃいなかったみたいですが。富樫君にのみ、バレた…。
富樫くんも、やっぱり佐倉の好きになった子。誰にも言わず、胸を痛めておりましたっけ…。

しかし、焦っただろうな…佐倉さんww

有難う御座いました☆

Re: げひっ( ̄▽ ̄) トーヤ様への私信付き。

優様

酔っ払いは、脈略のないことを言って、自分で笑います←

今も佐倉を好きなら、こんな風には寄ってこないでしょうしね。
もうドライ過ぎて、こいつは無理!!と三行半な真智ちゃんでした。
女の方が、キツいよね…元カレには(爆)男は、結構優しいんだけど。

北見は、普通に面白がっています…。嫉妬など、どこにも有りません。
それよか大学時代の佐倉をちょっと知れて、特した気分?←

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメn様

お話を創る時、メインキャラだけで進める…というのは、どうかな…。
そんな高度なことは、私には出来ない(汗

やはりサブ・モブ…色んな人達と関りあって、考え方も変化して行く。
特に今回のお話は2人は互いにゲイではないので、まずそこに持って行くのがネックです。

そして私は我儘で自己中なキャラが結構好き(笑
良い人もそれはそれで気持ち良いけど、少々アクの強い人を書くのが楽しい♪

例えば、青木。
好きになったのは、ハッキリ言えば青木の勝手です。でもそれを、弄ぶことをしてはダメ。
佐倉は最初からハッキリと告げてますからね。友人から…ってことで、食い下がったのも青木です。

そして真智ちゃん。
彼女の欲求を満たしてあげられなかったことに、佐倉を責めるのも変だよね。恋愛ってそんなもん。
付き合ってる時に浮気しまくる男でもないし、彼なりにちゃんと向き合ってたけど上手く行かなかった恋。涙
真智ちゃんも、大人の女。そこは分かってると思います♪

そういえば、隼の時も我儘とか自己中とか色々言われましたっけ…。懐かしい。。。
澪も言われたし、亨も…明良も…。思えば、ほぼ半数以上のキャラが(゚д゚)!

相手の気持ち、全部理解など出来なくてイイと私は思って書いてます。
ってかそこまで書いたら、一体何話になるか(笑
傷つけるのはダメですけどね。歩み寄れる時があれば、その時にちゃんと向き合えたら儲けモノ!

シビア~な書き手なので、ご了承下さいm(__)m

有難う御座いました☆

NoTitle

佐倉のおしりは小さくてツルツル・・・
北くん、今日はそればっかり気になったりして・・・(笑)

寂しかったんだよってのが女子としては残りますね。
お気に入りのト君(富樫)よりも優先順位が低いって感じてたのかな?

kiriさんところ、気の強そうな女子が多くて好きです。
ネチネチした陰険そうな女子は苦手なので、爽快です。


話変わりますが、お店する許可申請の講習会は、私が受講することになりました・・・
11月にはオープンです。

周囲の期待が大きくて、戸惑ってますが、地域密着型のお店ということで・・・

本職はあるままなので、結構大変です。


優さま、お店が起動に乗ったら、誘いますので、よかったら遊びにきてね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

蝶丸様

きっと、何かの節に「佐倉さんのお尻ツルツル」が浮かぶかもしれません(爆

女の子は構ってあげないと寂しいですからね。
マメな男性だと、それが自然に出来るんでしょうけど…。
出来ない人も居るんですよー。好きでもないのに、付き合ったりはしないだろうし。
特に若い時の恋愛って温度差がどうしてもありますから。測れるもんじゃないし。

BLにはあまりネチネチ女子は出せません(笑)
お話としては盛り上がるかもですが、どーしても嫌悪感が先に出ますもんね。同性なだけに…。
これ、男性読者様だと全く違う視点で来るんですよ。それが面白かったりもする…笑

あー講習会!友人も行ってました。なんか受けないとダメなんですよね。
そうそう、もうオープン前って友人知人が、期待モリモリ(私もその一人でした)
今は、地域密着型がイイんです!お酒飲むと車運転出来ないし。チャリや徒歩で行ける地域♪頑張って下さいね~。

有難う御座いました☆

Re: そりゃ、そうや。

鍵コメs様

ま、恋愛なんて皆心の中は我儘なもんですw 恋愛に限らず…ですけど。

佐倉は徹底してます。いい加減な人なら、適当に青木とも寝てるだろうし。
相手がその気になったって知ったことじゃない。隼なんか内野と酔った勢いでそうなってましたね(笑
やっぱりココがまだ青いガキだった隼と佐倉の違いかな?

しかし、それが自在にいかないのが恋する相手なんですよねー。
北見には、そこを徹底出来ない…。避けても、誘われたら行っちゃうし(爆

富樫のこと、真智ちゃんが言いましたけど…。
北見はあまり繊細ではないので…ソコはあまり「ふーん」くらいかもしれませんw
佐倉が動揺してますが、これも上手く誤魔化すくらいは出来るだろうし。

結局、何か大きなことがあってどうこうではなく…炙り出されて行く過程を楽しんでもらえたら♪

有難う御座いました☆

私信、失礼します。

蝶丸さまー!
やはり、お忙しそう。
はい!お店、オープンして落ち着いたら是非っ!
ほら、kiriさんも、重い腰あげて、行くよっ!!

会社近所なら、オカン友達連れて行くよー!
ご自宅近所なら、ワタクシ頑張って行きます。

私も私信で・・・

優さま~
いつも御無沙汰で不義理なワタシでごめんなさい・・・

お店は、うちの自宅から歩いて1分なんです。
会社近くじゃなくて優様には残念かも。

最近は夜な夜なオープン前の店でダンナと2人で掃除しながら飲んでます。
掃除してるのはダンナだけですが(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 78
】へ
  • 【片想いのこじらせ方 80】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ