女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←片想いのこじらせ方 75     
 →片想いのこじらせ方 77
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 75     
】へ
  • 【片想いのこじらせ方 77】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 76

 ←片想いのこじらせ方 75     
 →片想いのこじらせ方 77
午後一番に、佐倉がシステム課に出向いて来て打ち合わせに入る。
三十分程してから、二人で取引先へと向かった。

久しぶりに佐倉と組むことが出来て、やっぱり嬉しい。
SEになってから仕事で人と接することは増えたが、主任になってからは半分以上が管理になったから。

「先方の担当者、細かい処突っ込んでくるんで。説明よろしく」
「了解です」

押し出し式に主任になったモノだから、SEとしての実績はまだ浅い。
そういう意味での焦りはある。
経験だけは、積んでいかないと培われないものだからだ。

佐倉がハンドルを切り運転をしている姿を横目で見ながら、仕事の時は本当に隙がないと思う。
特にこうやって契約を取る商談前は、勇ましい顔つきだ。

営業マンは、毎日のように戦場へ向かっているのだと誰かが言っていたっけ。
戦場の最前線……か。

なるほどと思うのは、隣の佐倉の顔付きだ。
部署に現れる時の表情からして違う。

二コリともせずに、真っ直ぐにミーティングルームに入って来る。

分かり易い人。

でも、頑なで分かり難い人だ。

北見は真っ直ぐに前を見て運転している佐倉を見ながら、そんなことを考えていた。

*

商談が終わって車の中に戻った途端、北見が佐倉を見つめる。

「大丈夫ですか?」
「何が?」
「あれ、あからさまなセクハラでしょう」

北見が少し憤慨して言えば、眉を上げた。

「たまに居る。一々気にしてたら、仕事になるか」
「けどっ。まるで……」
「いーんだよ。青いこと言ってんじゃねぇ」

そう言って、エンジンをかけて車を発進させた。

あの担当者。
商談している最中でも、ずっと佐倉の顔を執拗に眺めていた。

終わってから一息ついている間に、佐倉に浴びせるほんの少し色を含んだ言葉。

仕事中でなく、酒を呑みながらの席なら別にどうってことはない。
けど商談が終わったとはいえ、会社のブースの中で平然とだ。

ハッキリとした言葉を使わず、仄かに匂わせるところが更に厭らしく聞こえた。

耐えられず眉をしかめると、横に座る佐倉に足を踏まれた。

何も言うな……と。
仕事中だと自分に言い聞かせ、我慢した。

けど。
席を立った後も、佐倉の後ろ姿を卑猥な目で見つめていた。

何だよ……あの目。
舐めるような視線って、あぁいうのだ。

ふぅ……と息を吐いたが、この何とも言えない不快感を拭えるはずもない。


「北見。俺は、男なんだよ」

北見の心を見透かしたかのように、赤信号で止まった時に佐倉が言った。

「わかってます」
「女はこの何倍もだ」

「…………ですね」

北見が頷けば、佐倉がニッコリと笑った。

「でも……女なら、セクハラだって言える。男は言えないじゃないですか」
「女だって何も言わず、耐えてるヤツいっぱいいるぞ」

そうか……。
営業していると、それこそたくさんの人と接する。

北見は認識の違いを見たような気がした。

「勘違いすんなよ。何でも耐えりゃいいって言ってんじゃない」

そうだよな。
そこは自分達で線引きをしてるんだろう。

「ダメですね……もっと現場に出て、経験つまないと」
「お前の場合、笹本が突然辞めたしな。その上、まだ部署も新しいから。場数踏む前に管理の方もしなきゃならない」
「仕事中に、カッとなってしまって」

佐倉に投げかける言葉や、粘っこい視線に文句を言ってやりたくなった。

「珍しいな……お前がカッとするなんて」
「佐倉さんだからですよ」
「……何言ってんだ」

走りながらこっちに顔を向けた佐倉に、また要らないことを言ってしまったと目を片手で覆う。

「すいません。仕事中に。本当に、何言ってんだろ」

顔を覆ったまま言えば、佐倉からの返事は無かった。

少ししてから手を離して佐倉を見れば、無言のままで運転している。

……だって腹が立ったんだよ。
それが、仕事中であっても。

仕事に私情絡めるなんて、佐倉が一番嫌がることだ。
こいつ駄目だ……なんて、思われたくはない。

この人に認めて欲しい。
そう思ってSEになってから、気合いを入れて頑張っていた部分だってある。
その厳しさをクリアして、どうだ……と思える優越感を味わっていた部分だって。

仕事を認めて欲しいと思うのは、誰だってそうだろう。

元々競争意識も薄い俺が、強い向上心を持ったのはこの男の影響が大きい。

尊敬してる。
一緒に組んでみれば、更に尊敬は膨れ上がった。

その男が、あんなゲスな言葉や視線に晒されてることに腹が立った。

やっぱり場数を踏んでいない分、こういう時に感情が先に立つのだろう。

こういうことがあると、実力が伴っていないのを実感する。

「北見……。お前は、SEだろ?」

北見がゴチャゴチャ考えていると、佐倉がボソリと言った。

「えぇ」
「商談は俺らの領分。お前は専門的な知識を駆使しろ。色んなモノは後で付いて来る」
「はい」

佐倉のこういう処が、好きだと思う。

自分の仕事に誇りを持ち、下らない言葉に左右されない。

何を言われても、にこやかに乗り切る。

目的はただ一つ。
契約を取ることのみ……とばかりに。


「でも、ありがとうな」
「え?」
「嬉しかったよ」

前を向いたままそう告げる佐倉の耳が赤い。

うそ……照れてる?

うわ……。

北見は目を逸らして反対側の窓に顔を向けた。

仕事中に、佐倉がこういうことを言うのなんて……普通に驚く。
その上、耳まで赤くとか?

何だよ、この人。

めちゃくちゃ、可愛いんだけど。


はー……何かときめいてるよ、俺。

悟られないようにしないと。
せっかく「嬉しかった」なんて言ってくれたってのに。

……気味悪がる処か、嬉しかったって。

北見は口元に浮かぶ、ニヤけるモノを手で覆って隠す。
本当に「気持ち悪い」顔をしている自覚は充分にあるから。

「帰ったら、課長にすぐに目を通してもらうから。見積もり、頼む」
「はい」
「今日中にな」

出た。
鬼の佐倉。

「はい」
「明日朝一に襲撃かけて、何が何でも取ってやる」

ニヤリと笑ってこっちを向く佐倉に、北見も頷く。

仕事はいつも戦闘的なんだよな……。
そういう処が、格好イイ。

何より佐倉が生き生きとして、本領を見せる時。

さっき耳まで赤くして礼を言ったのが……嘘みたいだ。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 75     
】へ
  • 【片想いのこじらせ方 77】へ

~ Comment ~

kiriさんゴメン。ちょっと私信です。

潤さま?
先日より、陸朗を読んでくれてはったとか。
ありがとうございます\(//∇//)\
向井通信!読みたいですよねー!
誰か書いて欲しいわーー。


コッソリ?イラスト描いてはる、鍵T様。
風太、可愛いよ♡
名前、出しても良い?ねーねー、良い?
あいしゅ、買ってあげるからさー。


itti様。
北見ー&サクラちゃんの、ほのぼのお散歩。
ありがとうございます♡
まだまだカプではないけれど、ホンワカで幸せでした。

はぁ~っ!!毎日ドキドキです。
いい雰囲気になってもチョッと踏み込めばシャットアウトされてしまうのが最近分かった北見くん。慎重になろうとしてもついつい言葉に出てしまうんですね。でも今回は嬉しかったと照れながら返してくれた。
佐倉さんツンデレ?
頑張れ北見くん、佐倉さんの頑なな心の蓋を取っ払う事が出来るのは君次第なんだからね!
チョッとずつ近くなっていく(?)二人に焦らされながらもドキドキが止まりませーん。

北見くん♪

kiri様
北見くんが少し少し自覚してきているような、まだ仕事の出来る先輩を慕っている域を出ないような。このジワジワ感がキュンキュンしますね。早く北見くんに「恋心」に気づいて欲しいような、佐倉氏の凝り固まった男と恋愛はないという気持ちがほぐれて欲しいような。成人してもこんな恋が出来るって良いですよね。
関西のABCラジオの番組で今、牛筋カレーうどんがブームです。佐倉氏早く北見くんの為にカレーを作ってあげてね。佐倉氏の作るのは筋カレーだけれども朝ラジオで牛筋カレーうどんと聞くと佐倉氏の事を思い出して11時更新が楽しみです。

Re: タイトルなし

おみち様

このドキドキは、今の内に味わっておいて下さいね…腐

距離が縮まったり、何かの弾みで佐倉がグン!と引いたり。
また、その反対もあったり…。

そんなことを繰り返してます。えぇ( *´艸`)

北見も少し学んだようですが…やっぱり、ノンケなんでついつい無遠慮に踏み込む時もありw

佐倉がデレるなんて!これは、ほんと希少です…。北見にのみですからね…ふふふふ

有難う御座いました☆

Re: 北見くん♪

美夕様

佐倉は最初から、スタンスにブレは有りません。
可能性も頭に描いたけど、一貫して「男との恋愛は無理」から動いてない。

ですが、北見が随分と変化してますねー。
尊敬や憧れ。普段厳しい人なだけに、こうやってたまに見せるシャイな部分に……ふふふ、です♪

佐倉の頑なさを打破するのは、やはり北見本人でなきゃ無理ですよね~。

スジカレーうどん。聞いただけで、美味そうなんですけど。
はー食べたい!!(作る気はない)

有難う御座いました☆

鍵コメT様?

優様。

本体の陸通はすっ飛んでしまったそうな…。・°°・(>_<)・°°・。それは世界遺産が吹っ飛んでしまったくらいの損失ですよ!御本人が一番ショックでしたでしょう…。

陸通…読み直すと本文読みたくなって、本文のそこ読んでいると、陸通のそこ読みたくなって…エンドレスぐるぐるに陥ります。ふふっ。気付いたら三時間くらいたっててびっくりしちゃいました。タブレット持つ手がブルブルしててヤバかったです。

鍵コメT様…アイスでいいなら私も買います。ハーゲンダッツでどうでしょう?是非!拝見したいものです。

そして!

Kiri様。

サクラちゃん。ついに素が出て来たの?素の心がありがとうって言わせたの?

ああ。ホントはどこか男らしいサクラちゃん。惚れるわー。そう言えば秋ちゃんも絶対男ですもんね。信ちゃんに甘えていても男は捨てない…そーゆーところが(♥ω♥*)キュンキュン♡*゜するんだろうなぁ。

はっ!陸通…読み直しのおかげですっかりドツボにハマっている潤です。

今夜も酒飲みながら…陸通。ふふっ。では、明日はそろそろスジカレー?楽しみです。

仕事の時は、必要なら色気だって使いそうな佐倉さん。
高梁くんはきっと気がついて無いかもしれないけど、北見君は気付いちゃった〜(笑)。
だって好きなんだもんね🎵

背中を追いかけてる尊敬の主にゲスなことされてるの見たら、 やっぱムカつくよ。
北見君、キミは正しい。

そして私は、
『尊敬は、いつか愛に変わる』
と信じてタクシーで追いかけるのでした〜〜〜。 腐腐


Kile様ごめんなさい。ちょっぴり私信。
優さま。
陸通の消失、ショックでしたっ!
ショック過ぎて即コメ出来ず。。スミマセン😢
あの…、ですが、お待ちしますので、陸郎クンが『書いて〜!』と訴えてきたらその時には復活なさってくださいませ。


鍵Tさま。
私は雪〇だいふく箱詰め、をお送りしたいです。


あー、早く自宅で読みたい!

Re: 鍵コメT様?

潤様

はい。佐倉は男っぽい方です。
北見も言ってましたよね…。ガッツリと男だって。
どこにも、儚げさはないと(笑

中身も、色々とグルグルしてますが、基本的には攻撃タイプなんですよねー。
ただ、恋愛に関しては得意ではない。

やっぱり、根源は初恋のお兄ちゃんくらいからキてる気もします…。
子供心に、あれ?…って思うとこあったのかも。佐倉の恋は、三度目の正直?w

>タブレット持つ手がブルブルしててヤバかったです。 ←爆!

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

ますみ様

佐倉は、仕事は正面から獲りに行くタイプだと思います(笑
でも、やっぱり何処かで色気が漏れてるのかもしれないですね…。
隼もそうでしたが、明良タイプよりも男にモテる?
そういや明良や秋也って、ゲイよりバイやノンケが興味持つタイプだって言ってし。

佐倉だけでなく営業やってると、外で色んな言葉を浴びせられるから(内からも煙たがられ~のw
高梁くんも、青木さんも、ここらへんは北見より理解あるかなー。

北見は憤慨してましたが、佐倉さんはあっさり。それが結構「え?」みたいでしたけど。
上手くかわすのも、仕事の内!ですからね。でなきゃ、続かないもん。

憧れから、色々と移行していってますね…。可愛いと思うこと自体(//∇//)

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメT様

そりゃ、わかりますよ…。
私のリコメで、常連様は何となく察しがついてしまうww

私も勝手に出来ないし…。どうしましょー。
機会があったら、その時に…。
あ、そうだ!この2人を新たに!!←厚
イメージのがあるんで、なんだったら送ります←更に厚

何のアイスでしょう。風太のお気に入りの一口アイシュ?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメT様

> いいよっ!(`・ω・´)ノ ←吹いたww

え?マジですかー。
じゃ、明日…会社PCから←どこに保存しとんねんっ

スマイル(爆
こういうムクムク…っての見ると、自分が無いもんで一回つけてみたくなる…。
女子の心理?いや、腐女子? (どっちでもいい

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 75     
】へ
  • 【片想いのこじらせ方 77】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。