女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←片想いのこじらせ方 74 →片想いのこじらせ方 76
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 74】へ
  • 【片想いのこじらせ方 76】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 75

 ←片想いのこじらせ方 74 →片想いのこじらせ方 76
青木の真剣な目に、佐倉が目を逸らした。

「結婚してる奴となんか、恋愛出来るか」
「じゃ、離婚してもいい」

あっさりと告げる青木を見ると、嘘を言っている顔ではなかった。

「何言ってんだ」
「最初に約束をしてたんだ。俺が好きになった相手が、そこに拘る人なら離婚も想定内だって」
「訳わかんねぇ」
「……好きな相手を掴まえるためなら、成り振り構っていられるか」

……何を言い出すんだよ。

俺のために、離婚?
そんなの、この先どうなるかも分からないのに。

「重すぎる」
「ただし、三年後だけど。そういう誓約書も書いた」
「…………」
「彼女が大事な友人なのは、ずっと変わりない」

「あんたの考え方に、俺は付いていけない」

これは正直な気持ちだ。
合理的だとは思う。

けど、俺には……偽装結婚からして違和感がある。

これが、勲が言ったステージの違いなのかもしれない。

「理解なんか望んでない」

そうだったな。
蒸し返してるのは俺だ。

青木が大きく息を吐き出し、顔をしかめる。

「……すまない。ちょっと頭に血が昇った。久しぶりに顔を見たら、呑気に恋愛相談なんかしてて」
「呑気って……っ」
「俺からしたら、そう見えたんだよ。こっちの気も知らないで」
「…………」
「それも、あの眼鏡くんだ」

今度は佐倉が顔を覆って、溜息を吐く。

「北見だよ……北見。眼鏡くんなんて呼ぶな」

顔を覆ったまま告げた。

「仕事したことあるんだから、知ってるよ」

……わざとか。

「思えば、北見くん俺のこと睨んでたな」
「睨むって……」
「彼のちょっとした独占欲に、期待してる自分が居るってとこか」

こいつ……。
どこまで抉る気だ。

「俺も経験有るから」

そうかよ……。

佐倉が煙草に火を点けて、勢いよく吐き出す。

「バカにすんじゃねぇ」
「違う……。気持ちが分かるってことだ」

だけど、無駄だってことを言いたいんだろうが。

ちょっと愚痴を零して、少しはさっぱりした気分になれるかと思って来たのに。
とんだ展開だ。

「佐倉さん。……俺の家で話そう」
「はぁ?」

信じられないとばかりの佐倉に、青木が薄く笑う。

「もっと時間かけるつもりだったのに」

青木の言葉に、佐倉が眉をしかめる。

この間までの余裕がなくなったのは、俺の好きな相手の正体が分かったからか?

「嫌だね」

ハッキリと断った。

「俺の気持ちが邪魔してる?」
「そうだよ。応える気持ちがない相手に、体差し出すか」

もう、部屋にも行かない。

「寝ようとは言ってない」
「目が言ってんだよ。そんなギラギラの目しやがって」

即答すると、はぁ……と息を吐いて、カウンターの椅子の背にもたれた。

「下心つきが見えたか」
「自信家め」
「隙が見えたから、堕ちるかと……」
「俺は堕ちない」

青木がカウンターに肘を乗せて、頬杖をついて佐倉を見つめる。

「……だから惹かれる」
「天邪鬼か」
「男は皆、そういうとこあるだろ」

青木の言葉に佐倉が口元を綻ばせた。

「俺は……やっぱり基本的にゲイじゃないんだろうな。都合良く、男の体目的で欲望を吐き出すSEXを望む」
「ゲイにも居るよ」
「けどさ……恋愛となると、どうしても躊躇する部分が大きいんだよ。例え、好きな奴が居ても……そいつと恋愛出来るとは思えない」

好きな気持ちと恋愛が、どうしても上手く結び付かない。
何度考えても、どうしても……無理なんだ。

「佐倉さんは、まだ本当のSEXの経験ない?」
「……本当の?」
「体だけじゃなくて、心が溶けるようなの」

何だ、それ?

「……残念ながら」

青木が小さく何度も頷くから、足を蹴ってやった。

「男同士のSEXは、スポーツ感覚って訳だ」

そう……当たり。
侘しいとかもなく、気持ち良さが先に来る。

スッキリとした爽快感。

胸の痛みも何も無い。
だから仕事を取れた時や、訳もなくやりたい時に来る。

最初からそうだったから。

まだ学生で好奇心が強い時、先輩と酒を呑んで何となくそんな流れになった。
相手もバイで彼女持ちで……互いに、やりたい時だけの関係。
その男が「男とのSEXは別腹」なんだと言って、俺もそう思ったのだ。

そこから、男同士の割り切ったSEXしか知らない。
先輩の言う通り、女を抱くのとは完全に別腹として受け止めていた。

適当に遊んだ。

若さ故に、そんなモノだという意識の中で。
ただ気持ち良い行為としての認識しかなかった。

それは今も変わってない。

俺は本当に、同性間での恋愛は望んでないんだ。
それは強がりなんかじゃなく、俺の本心。

「佐倉さん。周り見て?」

青木に言われて、その視線の先を見る。

ココには相手を漁るだけではなく、普通に付き合っているカップルも来る。

「ちゃんと恋愛してると思わない?」

青木に言われて、初めてそういう目で周りを見た。

ベッタリとくっ付いて、その髪に頬ずりをする男。
見つめ合う目が熱を帯びている二人。

勲と由孝が……手を絡ませている。
上目遣いの勲の目は、由孝を好きだと伝えている。
由孝はそんな勲を愛し気にみつめながら、微笑んでいる。

少しだけ、見えていなかったモノが見えたような気がした。
いや、見ようともしていなかったモノだ。

「……本当だな」

ポツリと言って、また元の位置に戻った。

「俺は、あぁいう風に佐倉さんと恋愛したいんだよ」

青木がニッコリと微笑む。

あぁ……確かに。
男と恋愛するのなら、北見よりも青木の方が確率が高い……なんて思ったりもしたよ。

色んな意味で青木の方がすんなりと行く。
既婚の問題も、付き合って行く内にどっちかが歩み寄れる可能性だってある。

男との恋愛に戸惑う俺を、きっと誘導してくれる。

でも……それは違う。
楽な方に流れて気持ちが治まるのなら、誰も恋愛で泣いたりしない。

そうだよ……。

俺は、この恋を叶えたくて悩んでるんじゃない。
程よい距離のラインを、北見が超えて来るから困ってるんだよ。

俺は、ただ北見を好きで……。

眺めて。
ドキドキして。
切ない思いを味わって。
一緒に過ごす時間を、嬉しいと思う。

それが何処まで続くかなど、わからなくても。

俺の中の恋心は、そういうものなんだ。

それを誰かに理解してほしい訳じゃない。

「青木さん。俺は……ただ、北見が好きなんだ。だから、あなたに堕ちたりしない」

佐倉は北見の名前を出して、正直な気持ちを口にした。

いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 74】へ
  • 【片想いのこじらせ方 76】へ

~ Comment ~

わっ。

Kiri様。

さくらちゃん…本気見せちゃいましたね。

ただ好き…片思いでいいってすごーく好きってことですよね。

その点、女は打算で好きも言えちゃうからなぁ。

って、ここからは娘の話ですけど…

ママぁ?ただの美容師と来年銀行に決まった大学4年生…どっちがいいと思う?ってただの…ってついた時点で銀行員でしょ?って言ったら笑ってました。

ただのスポーツ.セ〇.クスの男と思うだけでいい眼鏡くんどっちがいい?と同じか?

隼が昔、たまに飯食って…みたいな事言ってましたけど、あれが失いたくないから究極の好きってことなんでしょうね。

あっ!陸郎通信…全読みしたら誰か?健太郎通信書いてくれないかしら?とか、向井くん通信はどうかしら?あっ!国信通信とか?

第三者から見るイチャイチャって萌えるって思っちゃいました…ふふっ。今日休みでストーブってもんを初購入してご満悦の潤でした。この上で餅焼いて食います。

では、明日も楽しみです。

青木さん、強いわぁ~~

こんにちは。毎日お昼休みのひと時を「片こじ」拝見してほっこり過ごしてます。が、青木さんの攻め丸出しのトコに、私、グッときましたよ。

グイグイ押してください・・・そして、佐倉さんをもっと追い詰めてください。

拒否れば拒否ルほど、北見くんのもとに走りたくなるでしょー??ナンテ.....

昼休みに夢腐腐と、妄想広げるわたくしでした。

明日もほっこりじりじりさせてください。( *´艸`)

ありがとうございました。

kiriさま、こんばんは。

昨日はいきなり質問すみませんでした。そしてご回答くださりありがとうございました。
自己流でここまで描けてしまう・・・才能ですね。
学んでも描けるモノではないですよね・・・。
火車読んでみようと思います。(*'-'*)



「体だけじゃなくて、心が溶けるようなの」
ここのセリフはドキっとしちゃいます。
青木さんグイグイきますね~。

でもそれで北見さんへの強い気持ち再確認しちゃったかな・・・。

ただ~好きなんだ。
何かを求めていない。ただ好き・・・。

今後どーなるのか楽しみです。
いつもありがとうございます。

Re: わっ。

潤様

片想いだからこそ、何の計算もなく「好き」なのだと思います。

恋愛になってくると、それも大人の恋愛となると、色々と(笑
ま、こっちは♂♂なんで、また男女とは違う部分も多々(〃艸〃)

好きなくらい、勝手にさせてくれ。

佐倉にしたら、青木にも北見にも言いたいことなんじゃないかなー。

でも、これが北見となるとついコロンと転がりそうになる(爆
それが「好き」なんだろうなーとも…。

うん、娘さんとの会話、めっちゃ分かるww

陸通から新たなる通信?サブ、モブ…色々と(笑

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 青木さん、強いわぁ~~

itti様

今のこのお話は、あまり受け攻めらしい部分がまだ出てないですもんね。
なんせ、Rシーンが全くない(笑
前回が堂本で濃かったので、今回はそこには力入れずに書いております…。
最近のBL本でも、仄かに…ってのも多くなってきてるので有りだと思って(オィ

そんな中、攻めで来る青木ですので…そう言って頂いて♪
この方が出ると、ちょいそっちを期待される方もいるでしょうねー。

でも、佐倉のこの頑固さよ!!爆

有難う御座いました☆

Re: ありがとうございました。

みっぺん様

私、あまり高尚な文学的なや情緒的なのは読んでないので、文章についてはもう…(;・∀・)
思うままに書いてるだけなんで、そんな風に言って頂くと滝汗が流れます(笑
火車はかなり古いですよ…。クレジット社会になってきた頃のお話。
今とは随分社会情勢も違いますが、私は好きで何度か読み返した作品です(私的には読み返しはまれw
また、何か思い出しておこう…。

佐倉は、本当にただ好きなんですよ。
学生時代に、片想いの相手を見かけると嬉しかったり。
話すことがあったり、目が合ったりしたら舞い上がったり。

この人の恋心は、ソコで止まってるんです。なので「こじれ」というタイトルを使いました。
まぁ、基本大人しい方ではないので、ついつい自分から誘ったりしちゃって…今の距離に。
でも、これでも結構喜んでるんですよねー。

中坊のようなアラサー男子の、恋…💙

有難う御座いました☆

Re: お久しぶりです

鍵コメS様

お久しぶりです^^

青木さんも良いですか?この 当て馬的なキャラは大抵ブーイングがあるもんなんですけどねw
でも、そう言って下さる方もいて、嬉しいものです…。

今回は悪人も出ないし!皆、それぞれの自分なりの思いを持った男達です♪

有難う御座いました☆

NoTitle

こんばんは。
昨日から北見くんが出てこないので、愛なんぞ〜を高校生編から読んでいます。『始動』からが好きで何回も読んでいたのですが、最初からジックリ読みたくなって読み始めました。(2回目)
明良と亨と洋平の想いが切なくて‥‥。
佐倉と北見と青木さんの想いはどうなるのかしら?
社会人編へ突入で〜す。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

まなちゃん 様

今、「愛なんぞ~」読み返し…って方が、他にも…。

「始動」からガラリと雰囲気を変えようと思って書いたのを思い出します。
太陽な洋平の登場で、暗雲から彷徨って…雲の間から光が射しこんでくるようなイメージで。

色々と何度も読み返してもらって、ほんと嬉しいです!

こっちはなるべく、泣いたり腹立てたりしないように…と思って書いたので、淡々ですね~。
それも「味」ってことで、楽しんで下さい^^

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

あ、もう帰っちゃったんですねw ←仕事あるってばw

私はもう、有名処はあまり行かないですねー。なんせ、ちょっと歩いたら近所にもあるんで(笑
でもやっぱりそれぞれに違うから、気に入ったとこばかりになりますが。

あ、グラン○ロントの紀/伊/国/屋は行ったことなーい!
そりゃ充実だろうな…。うちの近所なんか、棚の隅っこの一角。
だからもう、最近じゃネットでばかり買ってる。。。

ほのぼのピクニックから、ちょっと変な空気になって帰っちゃって…佐倉、バーに行く(笑
青木に会って、色々お話もして…。

青木と佐倉のズレ。
恋愛というステージにも立ってないので、口説き落とすにはかなりの高度さが…(;・∀・)

でも少しだけ視界が広がったようですし!また、ちょっとは進んだかな…w

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 74】へ
  • 【片想いのこじらせ方 76】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。