女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←片想いのこじらせ方 69  
 →片想いのこじらせ方 71
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 69  
】へ
  • 【片想いのこじらせ方 71】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 70

 ←片想いのこじらせ方 69  
 →片想いのこじらせ方 71
部屋の前に戻って待っていると風太の声がして、エレベーターを降りたのが分かる。

廊下に出て来た佐倉と目が合い、風太に何かを言った。

風太は一瞬立ち止まって首を傾げているが、しばらくして走って来た。

「きちゃみ!!」
「こんにちは。風太」

北見が頭を下げれば、風太もペコリと頭を下げた。

「悪いな、休みに」

佐倉がゆっくりと歩いて来る。

「予定もないですし。風太にも会いたかったんだ」

座って風太と目線を合わせて言えば、照れたように首を傾げる。

あ……やっぱり似てる。

可愛くてそのまま抱き上げた。

「北見を忘れちゃったか?」

風太に額をくっ付けていえば、また首を傾げる。
少しだけ、お兄ちゃんになったようだ。
人見知りというか、照れた顔付きにそう思う。

「北見のお家入るか?」
「いいよっ」

抱っこされたままで玄関に入り床に降ろして靴を脱がせれば、すぐに部屋の真ん中にダダッと走って部屋を見回している。

「きちゃみのお家?」
「そうだよ」
「ふーん」

仕草が全部生意気で……可愛い。

小さく笑っていると、佐倉と目が合った。

「何がおかしい?」
「いや、可愛いなと」
「ずっと一緒に居てみろ? ギャングだ」
「ちびっ子ギャング」

笑いながら一緒に部屋に入り、北見がそのままコーヒーを淹れる。

「これ飲んだら、昼飯買いに行きますか?」
「おう」

*

コーヒーを飲んでから三人で家を出て、スーパーには行かず大きな公園まで足を伸ばした。
疲れさせて昼寝させたいという、佐倉の言葉で。

歩いて二十分程度の距離を、歩く。
風太の手を両側でそれぞれに繋いで。

「せーの」
掛け声で二人して同時に風太を持ち上げてやれば、キャッキャッと子供らしい声で喜ぶ。

途中で公園の近くのコンビニに寄って、おむすびやサンドイッチ、飲み物を買い込んだ。
北見が小さなビニールシートまで買い込み、佐倉が目を剥いて見せると「ちょっとしたピクニックですよ」と笑う。

公園の入り口に入ると、風太は繋いでいた手を振りほどくようにして遊具まで一直線に走り出した。

「風太!!」

佐倉が追いかけていく後ろ姿を見ながら、北見も後を追う。

いいなぁ……こういうの。
自分も結婚したら、こんな休日だったのだろうか。
そうは思っても、あまり現実味はない。

風太が滑り台によじ登っていくのを、佐倉が後ろで落ちてこないか見ている姿の方が現実的かな……と思った。

自分はあまり家庭というモノに魅力を感じていない。
振り返ってみてもそれなりに幸せな家庭だったとは思うから、何かのトラウマがある訳でもないのに。

養子の件で色々と想像してみて、どうもしっくり来なかったことからなのかもしれないけど。

けど、佐倉は違うだろう。
いつかこうやって自分の子供を連れて、俺ではなく嫁さんと休日に公園に。
そんな日が、いつ訪れてもおかしくない。
佐倉自身が望めば、そう遠くない未来に叶いそうだ。

その時は俺もたまには呼んでくれるだろうか。
嫁さんが疲れた時なんか、今日みたいに子供を連れて遊びに来てくれたらいいのに。

……何言ってんだ、俺。
そこは普通に、家族ぐるみでの付き合いを考える処だろう。
互いに結婚して家庭を持った上での。

そっちの方が、ずっと現実的だな。

うん……。
会社も同じだし、そうやって長い付き合いが出来たらいいな。

「北見!! お前、前から見ててくれ!!」

佐倉に呼ばれて、北見は傍のベンチにコンビニの袋を置いて滑り台まで走った。

*

散々風太の後ろをついて回って、大人のこっちが疲れてきた。

「風太、お昼ご飯食べよう」
「いや!! こえしちぇからっ」

次は大きな皿か円盤かと思うような中に入って行って、昇ってはズルズルと滑るを延々と繰り返す。

「……すごいな、子供って」

佐倉が呟き、腰に手を当てて呆れたように見ていた。

「子育てしてる女性は、尊敬ですね」
「あぁ……俺なんか、たまに見るだけでクタクタだよ」
「兄弟が居れば、子供同士で遊ぶんだけど」
「……実は、義姉さん妊娠中。本当は悪阻でダウンしてるんだ」

北見の目が見開く。

「それは、おめでとうございます」
「仕事復帰して、頑張ってたんだけど。風太に兄弟作ってやりたいって思ったらしい」

風太を見ながら、あいつが兄貴になるのか……と感慨深く呟く。

「俺達男って、仕事だけしてりゃ大義名分なとこあるよな……。けど、女の人は仕事だけって訳に行かない」
「そうですね……確かに。俺の姉貴も同じようなこと言ってた」
「俺も協力してやらないと」

北見が眉を上げて問うような顔をすれば、風太を目線でさす。

「義姉さんの実家は遠いし。うちの親ともあんまり仲良い訳じゃないんだ。距離的にも、ちょっと遠いしな。俺の家は比較的近いから」
「あぁ、なる程」
「あいつ……ほんとヤンチャで疲れる」

心からの言葉に、北見がブッと吹き出した。

「笑いごとじゃないぞ」
「俺でよければ、手伝いますよ。たまにはこうして、一緒に子守したり」

その言葉に佐倉が目を剥いた。

「あ、佐倉さんに彼女が出来るまで……いや、出来てもたまにはいいでしょ?」
「いやいや、お前こそ。彼女出来たら、頼めるかよ」

二人で同じことを言い合って、フッと笑う。

「まぁ、今居ないし。当分、予定もない」
「寂しいこと言うなよ」
「俺、楽しいんですよ。今日だって、こうしてる時間が」
「変な奴」
「正直。結婚してる自分より、こっちの方がしっくりくるなって思って」
「……何言ってんだ」

そこへ佐倉の携帯が鳴る。

「兄貴だ」

北見を一瞥して携帯に出た。

話をしている間、二人で風太に視線を注ぐ。

「公園で遊ばせてるって言ったら、喜んでやんの。お前によろしくって。部屋で一人を満喫するんだってさ。誰の部屋だっつーの」
「いいじゃないですか。俺も予定ないし。ゆっくりして行って下さい」
「優しいなぁ……お前」

佐倉がボソリと呟く。

「誰にでもって訳じゃないけど」
「何それ。選んでんのかよ」
「頭で一々選んでる訳じゃない。自然とそうなるだけです」
「俺が鬼でも?」

佐倉がニッと笑う。

「あ、根に持ってますね」

ははっと笑う佐倉に、その笑い声が心地良いと思う北見だった。



いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 69  
】へ
  • 【片想いのこじらせ方 71】へ

~ Comment ~

こーゆー。

Kiri様。

こんな家族もありですよ。両親揃っていても不幸な子供は沢山います。大人って括りで保護者が選べたら子供だってきっと幸せだろうなぁ。

それにしてもきちゃみの天然性の口説き文句…やばくないですか?

はぁ…モジモジする。

まだ?続くんでしょ?モジモジ…。

明日も楽しみです。風太はお昼寝かな?




出しちゃいました。すみません!!

やっと貼り方が分かりました。('◇')ゞ
なにせブログ初心者なもんで・・・教えていただきありがとうございます。
kiri様の小説は、私の生きる活力になっておりますので、今後とも拝読させていただきますぅ。。。
実は、以前から描きたくてうずうずしてました。
また、佐倉&北見描いてもいいですか?
あッ、勝手な私のイメージを皆様に植え付けるつもりはありません!!
そっと、kiri様にのみ  で結構ですので。 
明日も楽しみにしています。

風太くんがお兄ちゃん(*^o^*)

kiri様
10日ほど前に目を痛め画像物(テレビ,携帯,本)が見れなかったのですが、やっとです。そして最初の感想が「風太が兄になる!」です(笑)チビが2匹!お義姉さん悪阻頑張ってね。
北見くんと佐倉氏と風太。なんだかいい感じな夫夫。ありですね。北見くんが随分と気持ちが変化していてビックリしました。佐倉氏はずっと足踏みかな?
kiri様の小説を久しぶりに読んで、風太。風太。とすみません。でもカワイイ~。今日は病院の帰りに早速書店へGO!目に負担をかけないように休み休み読みます。このコメントを書いた後も目を閉じてちょっと安静にしておきます。
明日も風太に会えるのを楽しみにしています。

itti様。

しぇーーーっ!

Kiri様のみとか言わんとぉーーーーっ。

そこを何卒…_|\○_オネガイシヤァァァァァス!!

Re: こーゆー。

潤様

色んな家庭がありますからね。

北見も佐倉も独身男…。ごく普通の家庭に育った彼らが描く、家族の想像。

休日の公園と、平日の公園はまた違いますもんねー。

え?まだまだですよ?
これくらいですぐくっ付いたら、展開早い…って絶対言う方も出て来る(爆

私なりに…なるべく自然に進めますね!どっちも「恋愛対象は女」な男たちないので…。

有難う御座いました☆

Re: 出しちゃいました。すみません!!

itti様

今日は見れました!!

わー、有難う御座います♪ほのぼの~な休日ってのが、伝わります♪
北見の表情が(〃艸〃)

お話で、こうやって描きたくなる…っていうの、嬉しいんですよね。
頭の中の妄想wを形にしたいって思ってもらえて…光栄です!

また、描きたくなった時はどうぞどうぞ…♪よろしくお願いします。厚

ほのぼのな2人、有難う御座いました!
後でまた見に行きますねー!

Re: 風太くんがお兄ちゃん(*^o^*)

美夕様

ちょっとぶりですね~。あ、目を痛めたんですか(゚д゚)!
いや…私も時々PCやり過ぎると(仕事と執筆)目がチカチカする…。気をつけます。

美夕さんの復活と共に、風太が出てきましたー。ww
そう、お兄ちゃんになるんですよ…風太くん。フフ… 

そうですね。佐倉は「好き」だって認めるまでが時間を要したけど、あとは一貫してます。
見てるだけでいい…ってのは。そりゃ、グラグラ揺れますけどね。
北見がグイッと近づいてきてるんで(笑

目がまたぶり返さないように。ゆっくりと戻って行きますように。お大事に…!

有難う御座いました☆

Re: itti様。

潤様

見れましたか?

分からない方がいるかもなので、ここに貼りつけておきますね。
URLの処、ポチしたら飛びますが。

http://itti.muragon.com/entry/46.html

こちらでも♪

kiri様、潤さま、ありがとう!

そして ittiさま! 妄そ・・、いえ想像をビジュアル化していただきありがとうございますーー!!

今はまだ長閑でおだやかな二人ですが。。 時々一人の時にはむ腐腐なコトを・・きゃー!


ハッ、いけない、風太が居るんだった。
風太クン、ちょっと成長した姿を「きちゃみ」に見せられて、きっと北見ー君も喜んでるはずだよ!
そして叔父さん「ゆぢゅき」もね♡
オトナ二人を振り回して元気いっぱい。 だって遊ぶのが仕事だもんね(笑)。
そーか、もうすぐお兄さんになるのか・・。


そして風太に将来を見る・・・ハズなのに?
少々ズレテマスネお二人さん(にやにや)。  腐女としては大歓迎ですが。


さて、公園外をウォーキングしながら耳ダンボにして3人の会話を楽しもう!

Re: kiri様、潤さま、ありがとう!

ますみ様

素敵絵をまた描いて頂きました^^
優しいタッチで、ほのぼのですね~♪

北見の妄想の切れ端(笑
まだ、ちょっと♂♂には届いてないけど、良い兆候です。腐

そんな北見をヨソに、風太からのラブコール♪(?)
遊んでくれるそうですよ…風太くんがw

そうそう、遊ぶのが仕事。元気いっぱい遊んで、しっかり寝ておくれ…ゆぢゅきの願いw

北見の想いは、まだ佐倉との関係を続けて行きたい…程度ですが。
佐倉の謎の言動に、また「?」が増えてハマって行くのでしょうか…(//∇//)

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 69  
】へ
  • 【片想いのこじらせ方 71】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。