女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←片想いのこじらせ方 64 →片想いのこじらせ方 66
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 64】へ
  • 【片想いのこじらせ方 66】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 65

 ←片想いのこじらせ方 64 →片想いのこじらせ方 66
北見がデスクでデーターをまとめていると、キャッと黄色い声が聞こえた。
誰かと思うと、若原だ。

その若原の見る方向に居たのは、佐倉だった。

佐倉はこっちを見ている。
目が合えば、手を上げて資料らしき書類を持って来た。
先週、一緒に打ち合わせした分だろう。

「よろしく」

ニッと笑って手渡された資料に目を通す。

「了解です」
「仕事し過ぎで死ぬなよ?」
「誰のせいですかね」

ははっ……と笑って、首を傾げる。

こういう仕草を見て、いつも思うのだ。
自分の魅力を生かすことを、自然と出来る人だと。

現にシステム課の女子社員は、佐倉のファンが多い。
ひと際、こっちのギリギリのラインを突き付けてくる営業なのに。

反対に井波たちは、煙たがっている。
今も佐倉を見る目は「次は何だ」という構える目だ。
それでも面と向かってニッコリと「よろしく」と言われてしまえば、思わず頷く。

……人たらしだよな、本当に。

見た目も良く、仕事も出来て、独身。
女にはデレないし、皆に平等。

何よりもそのストイックとも言えるくらい徹底した厳しさが女心をくすぐるらしい。

ほら……若原だけでなく、上田、塔尾、東……他の女達も、手を止めて佐倉を見てる。

「何、手止めて見惚れてる? 仕事しろ」

北見が言えば、佐倉の目が小さく驚きに変わった。

「何ですか?」
「いや……お前がそうやって部下に叱るの、初めてみて」

デスク越しに身を寄せて来て、小声で囁くように言う。
そしてその目は何故かキラキラとして見えて……可愛いなんて思ってしまった。

ダメなんだよ。

あれから……。

佐倉に要らないことを言ってから、やけに意識をしてしまう。
気持ち悪いと言われてしまったから余計にだと思うし、あんな過剰に反応されてしまったのも理由の一つかな。
人はダメだと思って抑えつけると、反動が出るのだろうか。

「仕方ないでしょう。甘くしてたら、佐倉さんの持って来る仕事が終わらない」

北見が答えると、そりゃ困る……と、またニッと笑った。

この顔が、好きなんだよな……俺。
自信に満ちていている表情を見ると、男としてもちょっとした憧れに繋がる。

以前はシステムと営業は仲が悪かったし、今も決して良いとは言えない。
けど佐倉は籠城が始まると、時々差し入れを持って来る。
それは俺がココに来る前かららしいけれど、営業の皆が揃って同じことをする訳じゃない。

営業の方がココを煙たがって部下に資料を持たせる人も珍しくない中、佐倉は冷たい視線に晒されるのも気にもしないで自分で資料を持って来る。
俺の取ってきた仕事だと、誇らし気に……。


「じゃ、よろしく」

佐倉が北見に頭を軽く下げ、向きを変えて部屋を見渡す。

「おーい。油売ってんじゃねぇぞ、営業。さっさと外回り行って、仕事取って来い」

向こうから倉科主任が佐倉に声をかけた。

「住宅の営業取って来ようか?」
「お前は一課だろーが。余計なことすんな」

同期同士で言い合って、佐倉が部屋を出て行った。

「はー……カッコいい」

若原の声が聞こえて、ジッと見ると視線を感じたのかこっちを見る。

「……すいません」

ペコリと頭を下げてパソコンに向き直る若原を一瞥し、資料をデスクの上の積み重なった「未」の場所に置く。

「四時からミーティングに入るぞ」

自分の前にいるチームに声をかけ、席を立って休憩室に向かった。

五分だけ息抜きしよう。
仕事が詰まっているのもあるが、佐倉とのあの一件以来頭の中がゴチャゴチャする。
本人と会うと余計にだ。

北見は喫煙室の前を通り反対側のベンチに向かおうとすると、そこに佐倉が煙草を吸っているのが見えた。
あれ?いつもなら、自分の階の喫煙所を使うのに。

壁にもたれ目を閉じて、ガラス越しに見える表情にドキリとして足を止めた。

その時、佐倉が目を開けてこっちを見た。

うわ……っ。

しっかりと目が合ってしまった。

北見が慌てて目を逸らすと、佐倉がドアを開けて顔を出す。

「何? 休憩か?」
「あ、はい」

開き直って喫煙室の方へ入った。

「コーヒー奢るよ」

佐倉がポケットから小銭を出して、いつも飲む銘柄のブラックのボタンを押す。

「あ、コーヒーで良かったっけ?」
「ボタン押してから言います?」

可笑しくて笑ってると目の前にコーヒーを差し出された。

「先輩からだ。文句言わずに飲め」
「有難う御座います」

礼を言って受け取った。

「仕事、随分溜まってんな」
「まぁ……」
「机の上、書類が山積みだ」
「…………」

しっかり目に入る……よな。

「納期は守りますよ」

仕事が出来ないなんて思われるのは嫌だ。

「そこはよろしく」
「ほんっと容赦ないな」

呆れて言えば、ははっと笑う。

「今の激務が終わったら、楽しみにしとけ」
「……何を?」
「待望のスジカレー、作って招待してやる」
「え。マジですか?」

それは、嬉しい……。

「あぁ、時間かかるからな。まぁ、俺もお前も今忙しいし。まだ先の話だけど」
「ですよね。今、家帰って寝るだけですから」
「俺も、接待シーズンで毎晩夜中だ」

そういえば、ちょっと痩せた?
元々細いけど、時計をはめた手首が細く頼りなく見える。

「佐倉さん、痩せた?」

思わず目の前の手首を持って言ったら、素早く手を引かれた。

え……?

あぁ……そんなつもりじゃなかったのに。
気持ち悪いこと言った後だし、まずった。

「体重なんか量ってない」

佐倉は俯いてそう答えただけ。
変に謝るのも余計にダメな気がして、北見は自分の腕を並べて見せた。

「俺の方がずっと太い」
「はぁ? お前、それ自慢か?」

佐倉がクスッと笑った。

「飯、食ってますか?」
「食ってるよ」

忙しくなければ飯に誘えるけど今は自分の飯を食べるの精一杯で、それさえ仕事をしながら。
人のことは言えないし、約束なんかも出来ない状況だ。

「ちゃんと食べて下さいよ。佐倉さん、細いから」
「お前もヒョロっちぃくせに」
「あ。言いましたね? ぬぼーっとしてると思って」
「実際、そうだろ」
「いやいや……これで結構それなりに」

何がそれなりだと、佐倉がまたくっと笑う。

「見たことないくせに」
「お前もな」

二人で笑って、チラリと合う視線。

ほんの一秒か二秒……止まる。

そして先に、佐倉が逸らす。

そうやって逸らすから、追いたくなる……って言えば、またおかしな風に取られるんだろう。

「じゃ、俺は行くわ」

佐倉が立ち上がって、さっさと部屋を出て行ったしまった。

その後ろ姿を見ながら少しぬるくなったコーヒーを急いで飲み、北見も自分の部署に戻って行った。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 64】へ
  • 【片想いのこじらせ方 66】へ

~ Comment ~

ああ。

Kiri様。

ソフトタッチとかね?やばいやつでしょ?

あーあ。北見ちゃん。悶々悶々モンモンでしょぉ。

溜まるわー。これ。さくらちゃん…イケずっヽ(*`д´*)やわ。

ふふっ。スジカレーの日、私の方が楽しみデース。カレー食ったり、彼くったり?なーんてね。

美味しく食われろー(@♡▽♡@)


さっき、リアル椅子ごとコケるおばさん見ました。笑っちゃいけないと思うとツボって笑いが止まらなくなるって私…何とかしたい。笑いすぎて泣いちゃいました(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒゴッ!!!ゴホッ!ゴホッオエェェェー!!!

Re: ああ。

潤様

佐倉さんの手首掴んじゃったよ…北見。
過剰に反応する佐倉さんw

不可解な部分が接するごとに増えてきてます…。
こんな風に反応されちゃうと、気になりますよねぇ。
佐倉だけでなく、北見もだんだんグルグル~。

あー。私も駅の階段で踏み外して二段ほど落ちた時、JKに笑われたことある(爆
何か一緒に笑えて、恥ずかしいのが救われた気がしたわ。
手を振ってバイバイしたなーww

>リアル椅子ごとコケるおばさん←吉本?w
笑っちゃいけないと思うと、余計にクるんだよねー。

有難う御座いました☆

佐倉さん、北見君に時々見せちゃってますねー、隙を。
まるで銀色の狐がチラチラこっちを見ながら
「ここまでおーいで」
と誘っては逃げていくようです(笑)。
そんなことされたら、北見君、俄然ハンターになっちゃいますって!

逃げるのを追うのは男の本能。
だって、佐倉ちゃん(?)たまに可愛いんですもんッ❤

いきなり握られた手首。
佐倉さん、今頃顔が赤かったり…(きゃーっ!って、私がときめいてどうする)。

北見君、各階に喫煙コーナーがあって良かったね🎵

Re: タイトルなし

ますみ 様

こんな佐倉だったら…青木なら、一気に攻め込むよねw
北見はそこらへん分かってないし、もし気づいてもゲイじゃないから即!って訳にもいかない。

この戸惑いが好きでBL書いてます…笑
思うように素直に。
そんな甘いことで、社会は生きていけない。
葛藤があって当たり前!無ければ、この世のモラルも全て総崩れ…。
そこのラインを考えて考えて、でも踏み込む瞬間もある。

過去キャラたちは「踏み込む」方を選択した少数派なのでした…。
キタミんとサクラんは、どうするかなー(分かってるけどね フフ

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 64】へ
  • 【片想いのこじらせ方 66】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。