女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←片想いのこじらせ方 54 →片想いのこじらせ方 56
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 54】へ
  • 【片想いのこじらせ方 56】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 55

 ←片想いのこじらせ方 54 →片想いのこじらせ方 56
鹿島工務店に出向き、担当者と打ち合わせをして納期の指示を受ける。
一つのビルが建つには様々な業者が参入する。

建材を扱うのも、佐倉の会社だけではない。
どこかが遅れれば、現場の全ての足を引っ張ることになる。
だから、納期に関してはかなり余裕を持って指示が来る。
余裕を持つ=納期が早いということだ。

社に戻り、各部署に顔を出して指示書を説明して行く。

システムにも行き、ビル担当の主任である北見に直接指示書を渡した。

無言で書類に目を通して、顔を上げる。

「五日」

キツいよな。
分かってる。

「了解です」

北見は指示書を眺め、文句も言わず答えた。
こういう処が、好きなんだ。
恋愛感情を抜きにして、仕事をする相手として。

「よろしく」

北見は今から下の者を、叱咤と懐柔で五日間。

頑張れ。
俺が、必死で取ってきた仕事だ。

*

自分のやるべきことを終え、あとは指示書通りに行くように待つ段階になった。
佐倉は、椅子の背にもたれ首を左右に折ってボキボキと鳴らす。

久しぶりの時間の隙間。
次の本番の戦場を控えて、ちょっとした武者震いの時。

伸びをしていると、高梁が傍に来た。

「主任、手が空いてたら今から後藤商事さんが来られるんですが、同行願えませんか?」
「何で?」
「主任が顔出すと、助かります」

甘えるな……と言ってやりたい処だが、今日はもう急ぎの仕事はない。
ずっと忙しくて、引き継ぎの後はずっと放ったらかしだ。

「もうほぼ終わってるんだろ?」
「はい。次回へ繋げるために」

そう言われたら、断れない。
俺が、そう教えたからな。

答えを待っている高梁の顔は、確信犯。

こいつは、こういう処が上手いんだよ。

「何時だ?」
「五時半です」
「分かった」

*

後藤商事からは、青木が一人で来た。
最終的な打ち合わせも終わり、後半は雑談となる。

高梁の携帯が鳴り、席を外した。

「佐倉さん。今日の予定は?」

すかさず青木が聞いて来る。

「仕事中ですよ」
「硬いな……」
「もしかして、高梁に私を呼んでくれと?」

佐倉の問いに青木が肩を竦めた。

「いいえ。さすがにそれは出来ないでしょう」

なら、いい。

「けど、直接出向けばお会いできるかと期待はありました。何度お誘いしても、断られっぱなしなんで」
「本当に忙しかったんですよ」
「えぇ、存じてます。Sビルでしたね」

お茶を口にして、佐倉を見つめる。

「今日、直帰なんです。帰りに商談成立の食事に行きませんか? 今月の接待費、少し余裕あるんで」

ストレートに目の前で誘われて、佐倉はふっと笑った。

「もちろん、高梁さんも一緒に」
「なら、いいでしょう」

俺もタイミング良く、時間がポッカリ空いてる隙間だ。

そこに高梁が戻って来た。

「主任」

高梁の顔色で、クライアント先へ行くのだと悟る。

「行って来い。青木さん、よろしいですか?」
「えぇ、もうこちらは終わってますので」

ニッコリと笑う青木に、高梁が頭を下げて会議室を出て行った。

「食事……二人になっちゃいましたね」
「それ、行く必要あるのかな。俺は担当者じゃないのに接待費使う訳には」
「じゃ、接待費は使いません。ただの飯のお誘いです」

ここまで来て、頑なに断るのも何だ。

「分かりました」
「良い店、ご案内します」

***

北見がエレベーターから降りて廊下を歩いていると、会議室から佐倉が出て来た。

隣には、後藤商事の青木が居る。
商談?担当外のはずなのに……。

青木が佐倉に向ける目を見て、北見はざわめく。

二人で親し気に話をしていて、高梁の姿を探すが居ない。

ジッと見ていると、青木が先に北見に気付いた。

「北見さん」

呼びかけられ、北見が頭を下げる。

「今日はうちで商談ですか?」

青木に言いながら佐倉を見れば、複雑そうな顔……に見えた。

「はい。商談成立したので、お食事のお誘いを」
「青木さん。違う部署に余計なことを言わないで下さい」

佐倉に咎められて、顔をしかめて額に手をやる。

「すいません……佐倉さんと一緒だと思うと、浮かれて」
「青木さんっ」
「ウチの女性社員にも佐倉さんのファンが多いんで、自慢してやろうかと」

ニコニコと悪びれず青木が言う言葉に、北見はジロリと見た。

「北見は、私が取って来た仕事で今から籠城なんですよ」
「あ……それは浮かれて申し訳ない」

本当に悪いと思ってるようには見えず、北見が苦笑いをした。

佐倉と目が合ったが、思わず逸らしてしまう。

「いえ。それまでは、営業が大変な思いをしてますので。私たちは、それを今から形にしていく段階です」

四角四面の言葉……。

「チームワークですね」

青木がまだ嬉しそうに答える。

「はい。では、これで」

頭を下げ、佐倉を見もせずにその場を去っった。

「北見!!」

後ろで佐倉の声がする。

少し躊躇してしまう自分がいたが、振り返った。

「頼むな」

あぁ……納期ですよね。
分かってますよ。

「了解です!!」

声を上げてそのままシステム課の部署に向かった。




自分のデスクに着き、書類を叩きつけるように置くと目の前の井波が目を丸める。

「主任……?」

目を瞬かせたまま問う井波に、我に返る。

「あ……いや。すまん」

「珍しいな。お前が感情的になるなんて」

二課の倉科まで向こうの席から聞いて来る。

「すいません。何でもないです」

椅子に座って、深呼吸を一つ。

……俺は何を苛立ってるんだ。

キツイ納期を平気な顔で提示する営業の佐倉に?

そんなのは、今日に始まったことじゃない。

こっちはこれから当分は、飯を食べる時間も惜しんでデスクに貼り付いてるというのに……自分は食事?

いや。それだって、ここに来るまでの過程でどれだけ頑張ってるかも分かってるんだよ。
俺達はその頑張りを次のステップへと繋いで行くのが仕事だ。

…………。

青木の……あの満面の笑み。
佐倉を見つめる目。



北見は首を振って、息をフッと吐いた。

営業は横の繋がりが多い。
取引先との食事だって、仕事の内だ。
そのために「接待費」という名目が、営業の連中は各自持たされている。

どこをどう探しても……佐倉に腹を立てる自分がおかしい。



自分だけ仕事で、向こうは楽しく食事をするということを拗ねているのか……俺は。

まるで子供じゃないか。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【片想いのこじらせ方 48】追記に「クッション抱っこして、北見をこっそりと見る佐倉さん」を頂きました♪
描いて下さったのは、萌様です。鉛筆画でサラサラ~っと描いて下さいました!
お時間ある方は飛んでみて下さい(〃艸〃)
※追記なので、かなり縮小してます。
関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 54】へ
  • 【片想いのこじらせ方 56】へ

~ Comment ~

NoTitle

嫉妬している北見が可愛い~と思うのは、私だけでしょうか?腐腐腐~~~

片思いのこじらせ方では、北見のファンです♪

NoTitle

こんばんは。

青木さんとサクラちゃんと北見くんのスリーショット。(≧∇≦)
以前ホームにいたのが青木さんだよ気づくのかしら?
北見くん完全に嫉妬ですよね。自覚がないけどね〜。可愛すぎ。
キャーどうしよう。毎日が楽しみです。*\(^o^)/*

Re: NoTitle

メイ様

本人は、まさか嫉妬とは思ってもいないんでしょうね…( *´艸`)

同性間でも、こーいう嫉妬は有ります…ラブでなくてもw
まだ、高校生のような可愛いジェラシー♪

お、北見ファン♥貴重です…これからもよろしくですー!

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

まなちゃん様

> 青木さんとサクラちゃんと北見くんのスリーショット。(≧∇≦)
今日は、スリーショットでしたねー。束の間ですが…北見的には、青木の印象が微妙~にw

顔見てないんですよね…駅のホームでは。
ずっと頭の片隅には有るんだろうけど…。気づき難いからこそ、モヤモヤ?笑

北見、珍しく ムッ…な回でしたw

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメe様

だいぶ、お疲れモードですね。わかりますよー、わかります。
もう、全部放りなげて何処かに走って行きたい(どこに)
しかし、大人になっちゃうと…それも出来ず。
ガンバレー!!ささくれ大いに結構!!ではありませんか。そうやってまた日常に戻って行くもんですw

さて、青木氏。
そりゃ、行きますよね。こんなチャンス逃しちゃ~男ではない!!
この浮かれ具合が単純で、男の可愛さを感じます。

その青木氏の浮かれ具合に、北見(`ヘ´)
珍しく、感情的に。この人、過去にこーいうのあまり経験ないような気もする。
自分から好きになって、ドキドキして告白して…。そんな想いも経験無しですからね。

48話の佐倉さん御覧になってくれたようで♪
そうです…シャーペンでサラサラと描いて下さいましたの♥

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 54】へ
  • 【片想いのこじらせ方 56】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。