女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←片想いのこじらせ方 52 →片想いのこじらせ方 54
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 52】へ
  • 【片想いのこじらせ方 54】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 53

 ←片想いのこじらせ方 52 →片想いのこじらせ方 54
正式に主任の辞令が出た。

嬉しいとか重荷とかそういう意識もあるが、佐倉と同じ位置に着いたということを思った。

勿論、課も違うし、部下の数も違う。
名刺に刷る肩書だけが、同じということ。

そのうち、佐倉は課長へと躍進するのも時間の問題。
俺はまた、その後を追う。

それでもどこかで仲間意識のようなくすぐったさがあった。

課長に挨拶をして、デスクに戻る。
春までは、デスクの位置もそのままだ。

「昼飯、一緒にどうだ」

同じシステム課で、同じ主任の倉科に誘われ、北見は頷いた。

*

倉科と一緒行ったのは、あのレトロなお店。

ナポリタンを二つ頼んだところで、倉科が煙草に火を点けた。

「今日からは、同じ位置だ。前も言ったけど、俺とお前の二人で若手を動かす」
「はい」

社内でプログラムを組むようになってまだ十年にも満たない課だ。
今から自分達が構築して行く土台になるのだと、北見は倉科の顔付きを見てそう思った。

「まず、先輩として。ラインと業務知識。そこ徹底しておいてくれ」
「わかりました」

今までとは違うのだと頭では分かっているつもりでも、改めて言われるともう自分の仕事だけをこなすということじゃないのだと腹に響く。

「あとは、上と下からの板挟み。言い方は悪いけど、そこは適当にこなせ」
「はい」

そこにナポリタンが運ばれてきた。

「この間、佐倉さん連れて来たんですけど。懐かしがってましたよ」

北見がフォークで麺を絡めながら言うと、倉科がふっと笑う。

「あ~……昔、一緒にココに来たなぁ」
「新人の頃ですよね」
「そう。佐倉、可愛かったぞ?」

思いだしたようにくくっと笑う倉科に、なぜか良い気がしない。

可愛いかった、か。
……今でも、あんなに若く見えるってことは、新人の頃はもっとだよな。
本人はどうやったら老けて見えるのか、真剣に悩んでたっていうけど。

「今じゃ、鬼軍曹みたいだけどな」
「見た目が可愛くても、仕事は出来たんですよね」
「うん。あいつの場合は、能力と見た目のギャップが大きくて。学生上がりホヤホヤだって、舐められる処からスタートするのが何年も続いた。だから必死だったと思う」

自分が入社した時には、既に名前は聞いていた。
仕事を取ってくる営業は花形だ。
その分他の課との軋轢もあるし、嫌われることもある。

佐倉だって、どっちかというと煙たがれていた。
それは押しが強く、強引に持ち込んでくるからだ。

でも……そうしないと仕事は取れないし、可能だから押してくるんだってことは、今は分かる。
そこからだ。
煙たいと思っていた佐倉の仕事に、尊敬するような気持ちが芽生えて……。

時折見せる表情や仕草に……好感をもった。

「どした?」

黙り込んだ北見に、倉科が問う。

「あ……いえ。最初は煙たかったなぁ……とか思い出して」
「ははっ」

声を上げて笑う倉科が、分かる……というように頷く。

「絶対引かないだろ? あいつ」
「はい。最初は何て強引で、我儘なんだと腹立ちました。納期もしつこく確認してくるし。強気で押して来るから、下の者は皆ビビるし」
「あいつ、一部では相当煙たがられてるからなぁ」

呑気な言い方に、同期としての余裕まで感じる。

「でも、一緒に組んだら分かりました。勿論、無理させられることも多いですけど、間に合うんですよ。絶対無理な訳じゃない、微妙なとこを突かれるんですよね」
「あ~それ。俺も思ったし、笹本も同じこと言ってたわ」
「こっちの仕事、実は見えてるのかと思う時ありました」
「あいつパソコン音痴なのにな」

倉科が語る佐倉は、そこかしこに対等であるのだと感じる。
同期だからという気安さも。

「あぁいうのを、天性の営業マンって言うんだろう」
「そうなんですかね」
「気負ってないし、本人は仕事を取りに行くことに喜びを感じてる」

倉科が、手でおしぼりをギュッと掴んだ。

「こうやって捕まえて、ゾクゾクしてんだよあいつ」
「あぁ……分かります」

仕事を取りに行く時は同行はしないが、契約が取れた時の顔は知っている。

「普段爽やか~なくせに、物凄い野性丸出しになってんだろ? うわー、こいつオスだって改めて思うような」

その言い方があまりにも的確で、北見は瞬きして深く頷いた。

「さすが同期ですね」
「おう。二十二から知ってるしな。もう八年だ」

そうか……。俺なんか、親しくなってまだ二年弱。
俺の知らないことを倉科主任は知ってるのだと思いながら、ナポリタンを口に運ぶ。

「……そういや、そういう佐倉を見て変な気になるとか言う男がいたな……誰だったっけ」
「え? 誰ですか?」

北見の勢いに、倉科が驚いて体を引く。

「……何? お前」
「あ……すいません」
「う~~ん……。あぁ、同じ営業に配属されたヤツだ。もうとっくに辞めていない」

辞めてもう居ないのか……。

「……というか。俺ら、何で佐倉の話ばかりしてるんだ」

我に返ったように倉科が言って、マスターにコーヒーを二つ頼んだ。

「佐倉に憧れるのは分かるけど、あっちは体育会系のノリだ。少々の罵倒や、蹴りもある。けど、こっちは別だぞ?」
「はい」

佐倉が部下にしていることを、こっちですれば……間違いなく、辞めて行く。

「今はパワハラとか色々あるからな。叱り方も、コツがいる。上に行く程やり難い」

そこから休憩時間いっぱい、システム課について二人で色々と話しあった。

*

社のビルの入り口に入る直前、横を歩く倉科が「痛っ」と声を上げて前のめりになった。

驚いて見れば、そこに佐倉がいた。

「……お前っ。不意打ちで蹴るなっ」
「あの店行ったのか?」

ニッと笑う佐倉の顔が得意気で、少年のようだ。

「行ったよ」
「俺なんか飯まだだぞ」
「早く食えば?」
「それが今から、アポ。じゃな」

敬礼をするようにして、慌ただしく社に戻って行く。

「噂をすれば何とやら……だな」

倉科が呟いて、佐倉の後ろ姿を見る。

「あれは契約取れたか、取れそうか、だな」
「えぇ、そんな感じ」
「しっかし……細いくせに、バイタリティーあんなぁ」
「ですよね」

昼飯も食べずにアポか。
よくあることだろうし、俺だってそういう時もある。

「今年は春から新人が入って来る。その時にチーム編成も変わるから、頼むぞ」
「了解です」

後で佐倉にメッセージを送ろう。

北見は主任の辞令が下りたことを口実に、飯に誘うつもりだった。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 52】へ
  • 【片想いのこじらせ方 54】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: (*´∀`)

鍵コメR様

11時を楽しみに待って下さってる方がいると思えばこそ!
夜中にシコシコと改稿できるのです(笑
この「待ってくれてる」っての、ほんと大きいんですよねー(*^^*)

あ、佐倉可愛いですか?倉科さん、蹴ったけど(笑
うん。もう、契約取れたか、取れそう感が滲んでるようですもんね。ザ・少年w
こんな人が片恋隠すの…結構、大変だわ(〃艸〃)

有難う御座いました☆

Re: デジャヴ(笑)

鍵コメs様

あははー。確かにw
話題にしやすかったもんね(爆

なぜ、私が北見(笑)謎…(。・w・。 ) ププッ

ですねー!タイミングが合えば、是非!!

え?遠い…私には、遠い…ヽ(´Д`;)ノアゥア…

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 52】へ
  • 【片想いのこじらせ方 54】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。