女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 52

 ←片想いのこじらせ方 51 →片想いのこじらせ方 53
大野建設からの依頼で、Mビルに向かう。
来月に退店の決まっている店を見に行くのだが、当然まだオープン中だ。

上のレストラン街のカフェに入って、喫煙の方に入る。
向こうの主任も喫煙者だから、前もココで待ち合わせた。
商談中は吸わないが、終わった後に雑談を兼ねての一服。

コーヒーを一口飲んで、書類をテーブルの上に一揃えにまとめておく。

「お待たせしました」

向井が現れて、立ち上がって挨拶を交わす。

「お久しぶりです。行ったり来たりは相変わらずですか?」
「そろそろ戻る準備中なんですが、まだ残務が色々と」

苦笑いして、水を口にした。

合併に伴う後遺症には時間がかかる。
中堅クラスの社員が、一番キツいはずだ。

少しの雑談の後、向井が大まかな店の配置図を出してきた。
ビル内でも、店舗によって形状が違う。

「次の店も、同じくアパレルになります。ライトの位置はそう大きく変わりません。天井の部分に、埋め込み式のスポットが入ってます」

向井が指し示す箇所を目で追って行く。

「壁や床の色、カウンターなども全て店子さんの方から指示が来ますので、その際はうちの山本から連絡が行くようになってます」
「承知しました」

必要な事項を簡単に打ち合わせて書類をしまい、お互いに煙草に火を点けた。

「Sビルは佐倉さんがほとんと手がけてるとか?」
「あ、そうです」
「こっちのMビルもでしょう?」
「デスクワークが増えて来て、現場に出ないと勘が鈍るんですよね」

向井が分かる……というように何度が頷いた。

煙草を吸い終えて、一緒に席を立つ。

そのままエスカレーターで降りて、店舗に向かった。

佐倉が店の前に立ち、その形状を頭に入れる。
図面は貰っているが、実際に見た方が頭に描きやすい。

「デットスペースがありますね」
「そこを店子さんがどう使うかなんですが、大抵は在庫ストックの場所にするようです」
「分かりました」

まだオープン中の店の前で、スーツ姿の男が二人並んでいると目立つ。
この階はカジュアルラインで、客層も学生や二十代前半が中心だ。

目線を合わせてその場を去ろうとした時、男が二人前を横切った。

「ひゅ~、スーツのイイ男が二人」

自分たちに向かって言われた言葉だと認識し、向井と二人でその男達の後ろ姿を追うと、手を繋いでいるのが見えた。

向井と目を合わせ、フッと互いに笑った。

「大胆ですね」
佐倉が呟くと、向井も頷く。

「けど、微笑ましい」
優しい顔でもう一度振り返って見ている。

普段ポーカーフェイスでクールな印象しかなかった男だけに、佐倉は驚く。

「……向井さん、偏見ないんですね」
「ありません」

堂々と即答されて、佐倉がつい目を剥いてしまった。

「そんなに驚かなくても」
「いや……格好イイなと思って」
「ははっ」

珍しく声に出して笑ってから、向井が目線で行きましょうと示すので一緒に歩き出した。

「さっきの偏見ですが」

向井が歩きながら話す。

「全てに無いと言えば嘘になりますね。生きていれば、先入観や色んなモノが固まって行きますし」
「えぇ……」
「けど、人を好きになる純粋な気持ちは決して悪いことじゃないはずです」

真っ直ぐに前を見たままそう言った言葉が、佐倉の胸に響く。

北見を好きになったことに、ずっと負の感情がつきまとっていたことに気付いて。

「そうですね……」
「そうですよ」

ニッコリと微笑まれて、佐倉もつられるように微笑んだ。

*

社に戻って、自分の部署に向かう途中で北見を見かけた。
後輩と廊下で書面を見ながら話をしている。

佐倉が横切る時に北見が気づいたようで、こっちを見た。

表情がパッと明るくなる北見に、佐倉の心は喜ぶ。
相手の小さな動きや言葉で揺れ動く……。

これが好きだという気持ちだと、何度だって思う。

俺が好きになったのは、同じ会社で、同僚で、後輩で、男。

好きになる純粋な気持ちは決して悪いことじゃないはず。
……少しだけ、気が楽になれた。

かと言って現状が変わる訳でもないし、いきなり晴れやかな気持ちになれる程単純なモノでもない。

佐倉はデスクに戻って、パソコンのスイッチを入れた。

「うわ……」

思わず声が出る。
いわゆる、ブルースクリーン。

佐倉はシステムに電話する前に、廊下を覗いてみた。

「北見!!」

階段で自分の部署に戻る途中だったようで、振り返る。

「ちょっと来て」

佐倉が言えば、急いで来てくれる。
来てくれる……って、何だよ。
自分でも少しおかしくなって、口元が綻ぶ。

「何ですか?」
「ブルースクリーンになってんだ。急いでるなら、誰か寄越してくんないかな」
「俺が見ます」

北見がデスクに屈むようにして画面を見る。

「ダンプファイルの削除してみます」
「任せる」

北見が真剣な顔でパソコンを操作する。

格好イイな……こいつ。

その横顔を見ながら、佐倉は見惚れるように見つめた。

「ドライバーソフトによる割り込みが原因みたいですね。治りますよ」

北見が画面を見たままそう言って、ふっとこっちを見た。

まともに目が合って、つい逸らしてしまう。

「……時間かかる?」
「少し」

迷惑そうな顔もせず、笑みまで浮かべる。

「ビール奢るよ」
「待ってました、その言葉」

ははっと笑えば、北見も笑う。

「HDDの障害じゃなくて良かった」

パソコンに向き直り、また真剣な顔になった。

そして佐倉はまた、北見をこっそりと見つめる。

「あ、北見さん!!」

そこに声がして見れば、高梁が部署に戻ってきていた。

「主任のパソコン、調子悪いんですか?」
「ブルースクリーン」

佐倉が答えれば、肩を竦める。

「コレ、結構古いですもんね。会社も経費節減で、部署によって差有り過ぎだもんな」
「いや、多少古くてもメンテしてれば充分使えるよ」
「主任……メンテしてます?」
「してない」

「前に教えたのに」

北見が佐倉を恨めしそうに見る。

「バックアップはあれからマメに取ってるぞ?」
「それしなきゃ佐倉さんが泣きを見るんですよ」
「うわ、勘弁して下さいよ。俺に当たられる」

佐倉が高梁の頭を軽く叩き「仕事しろっ」と怒った。

傍の椅子を反転させて跨いで座り、北見の隣に陣取る。
背もたれに両腕と顎を乗せて一緒にパソコンの画面を見るが、面白いモノではない。

「……もうちょっとかかるから、煙草でも吸ってきますか?」

退屈そうなのを悟られたのか、北見が笑いを堪えるようにして聞いて来る。

「いや、いい」

面白くなくても、お前と並んでこうしてることの方が煙草を吸うよりずっといいんだよ……俺は。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 51】へ
  • 【片想いのこじらせ方 53】へ

~ Comment ~

恋するゆぢゅき~

kiri様
 良いですよね。会社の廊下で片想いの人にすれ違うのって。パソコンのトラブルはあっても北見くんを呼べば来てくれて直してくれて。ゆぢゅきのスーパーヒーローですね。
 他社の男性社員に偏見はないと言われると、ちょっとほっとしますよね。
 北見くんの作業をジッと見つめる乙女な佐倉氏と空気を読まずにやって来た高梁くんのやり取りが可愛い。グラスを買いにいく約束とビールを奢る約束と2つはキープですね。
 11時に読めない件ですがきっと私の携帯がガラケーだからだと思います。スマホはいじらせてもらってみたものの、どうも私の手にはガラケーが馴染むようで。なのでkiri様にも原因を探してもらっていましたがすみません。私のせいです。ご迷惑をおかけしました。

うぎゃーーーっ 出たっっぁぁーーーー!!

kiri様ーーーーー!

向井やーーっ!!!
また、格好良い役で (●*>凵<p喜q)*゜・。+゜
はあ。この向井君に何人の人が背中を押してもらったでしょうか。
嗚呼、素敵です。
サクラちゃんも、北見を好きになった自分を否定しなくて良いんだよ、て云われたんですよね。
誰にも相談出来ないサクラちゃんにとって、どれほど心強い言葉であったか。。。
ほら、隣に並んで見惚れながらPC修るの待ってても、心苦しくなくなったよね。
ビールだって奢るの躊躇せずに誘えるようになるよ。
向井ーー♡ホンマに君は素敵な人や。
レオさまーーーレオ様!貴方の向井さんが素敵登場されてますよーー!

あ、失礼。向井=レオ様になってる私デス。

さあ、サクラちゃん。これで貴方は堂々と片想いできますね。
そう、人を好きになった自分を恥じないで。否定しないで。
想いが叶う叶わないはわからないけど、どうか心まで否定しないでね。
そして、呼べば大型ワンコな北見ーは走って来ますよ(笑)
ほーら、千切れそうな尻尾フリフリが見えますやん(爆笑)
いいよー、いいよっ。メンテなんか北見ーがやってあげますから、いつでも呼んでくださいな♡
そして、真剣表情の北見ーにまた恋をするサクラちゃん♡
何度でも恋をするサクラちゃん♡♡♡
そんな熱い視線に又又翻弄される北見ーであろう事を願いながら、今日のコメは、さようーならー。。。

こういうのって

片想いしてた学生の頃思い出す。
些細なことで喜んだり凹んだり、ドキドキしたりフワフワしたり、懐かしい♪
佐倉も乙女ですよね。
合間に自分で乙女思考を訂正したり(笑)
かわいいですよね♪

なんか懐かしく感じながら楽しんでます。
毎日の更新ありがとうございます。

Re: 恋するゆぢゅき~

美夕様

思わぬ所で姿を見かけて、その相手がパッと顔を輝かせてくれたら…嬉しいよねー!
北見も、すぐに飛んできてくれて「俺がやる」と。。。佐倉さん、目が💙

自分の苦手分野を難なくやってのける(それが北見の分野w)って、カッコよく見えるもんです。
逆に北見も、佐倉の営業の仕事はリスペクトしてるし…。
イイですね。大人の仕事をしてる者同士。

あ。ガラケーなんですね。ガラケー → スマホ → ガラケーに戻す
コレ、結構聞きます!私の周りにも2人程。やっぱり、自分に合った方が使い易い。
ガラケーの方も、公式のテンプレなんですよ…。何ででしょー!
信史…、教えて!!あ、北見でもいいし、冬吾でも…(←)

有難う御座いました☆

Re: うぎゃーーーっ 出たっっぁぁーーーー!!

優様

出ました。ココゾ!の向井ww

いや、何も凄い事は言ってないんですけども。
特に今回は、仕事中だし…プラベのことは何も知らない者同士で。
でも、たまたま受け取る側の心情にサクリ…と(*゚ー゚*)

佐倉と向井を見れば「偏見」持ってるのは、佐倉さんですね…どう見ても。
結構ね、ノンケさんの方がそういう垣根低い人いるんです(勇次とか
当時者の方が、色々と思う処はある。

で、向井さんはきっと…堂々と手を繋いでる♂♂たちに、明良を重ねたかな。
学生時代から、色々見てたもんで。
その隣に誰がいようとイイんですよ。向井さんは(笑)親友の明良が幸せならば。

あ~本当ですね。レオさん、頑張ってられるかな…。


>サクラちゃん。これで貴方は堂々と片想いできますね←そんな単純なww

少しは気持ちが軽くはなったけど、やはりそんな簡単には行きません…人の気持ちって。
別にネガることはないし、佐倉もそこは分かってる。

この人の問題点…分かりますか?今までのゲイの引け目とは「違う」部分です…。
隼や内野、明良…彼らが相手に思ってたのとは別の場所。
そこを見間違うとお話が全然違ってくる。明良や隼が嫌ってた種類のバイですから(苦笑
彼らから見ると「イイとこ取り」になるもの。

ある意味、物凄く我儘だし勝手な部分。でも、それがバイセクシャルの辛いとこかな…と思います。
恋する佐倉…。頑張れー!!と、応援よろしくです(。v_v。)

有難う御座いました☆

Re: こういうのって

ふらわー様

思えば「片想い」って純粋に「好き」じゃないですか。
色々心で、どれだけ汚い想いが湧いてきたって…。
純粋に「好き」だけが、ポッカリとそこにある。
恋愛になっちゃうと、そこに色々と加味されて行くんですけどね…。

だからこそ、佐倉は片想いを楽しもうとも思ってるんです。
…が、北見くんがやたらと近づいてくるから(笑

乙女ですよ~。片想いなんて、ほんとそれのカタマリです。

懐かしさを楽しんでもらえたら、嬉しいです!

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメs様

そうです。仰る通り!!

内野が言ってましたよね。
口説けることの悦びを、隼に感じてた。それを今、青木が同じように感じてるかも…。

好きだって堂々と本人に言って、こっちを向かせることに必死になれる。
これって、男としての本望じゃないでしょうか…。結果はどうであれ…です。
ここは男性特有の心情なので、女性読者様対象のBLではあまりピンと来てもらえない部分でもある。(分かっててかいてる私も何だけど 苦笑)

隼のお話を書いてる時、バイを嫌ってましたよね…。それは、どっちも選べて良いだろ?的な…。
で、当然「そうじゃないのよ」ってお声もあって、皆さん 苦しみってそれぞれなんだなと。
これは女性でも凄く悩むそうですから。男女関係ないよね。

普通の道を選べる人が、わざわざそっち?ってなると、悩んで当然だもの。大人なんだし。

この「普通」ってのも、ヘテロからすれば「普通って何?」っていう。
これがゲイの方達からすれば「は?普通の場所に居るヤツに何が分かるんだ」って思ったりも。

隼や明良たちもある意味偏見持ってるし、固定観念もある。どっちも、あるんですよね。
でもそれも否定しないよ。みんなそれぞれ、あるよ…という向井が一番フラットなのかも?

色々相容れない部分もあって、自分で色々グルグルしながら…答えを見つけていくんだよね。

「素直になって」とか、そーいう簡単に恋愛には行けない部分だよねー。
そういう感じで「どれどれ?」って感じで、見ててあげて下さい~。

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

はい、向井さん登場!!でした。
この2人は同じ年で、同じ肩書…。そう思えば、明良と佐倉さんも、同じ年だったw

そう、向井は仕事の時はクールでポーカーフェイスなの。営業泣かせな方。
あの明良を高校時代から叱咤してた方ですしね…。女王様が懐く方(笑
傅かれて当たり前の女王も、置いて行く(愛なんぞ…で洋平の店にて 

彼はいつも言葉がストレートなんで、刺さりますねー。
これも明良との長い付き合いで培われてきたのかな。世話かかるもんでw
本当に、ありきたりの言葉を言ってるだけなんですけども。

そして、北見。出来ないことは出来ないので、頼ります。ま、仕事ですしw
仕事してるだけなのに「カッコイイ」と思う、佐倉さん…恋ですねぇ💙

カレー、グラス、ビール奢り…。例え口約束でも、距離はまた縮まってます…♪

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 探しました😅

鍵コメm様

良かったです……(´▽`) ホッ
ネットの繋がる処を探して読んでもらえて。
何より、コメントまで!(拍コメも見ました♥)

順調そうで、ほんと嬉しいです(´A`*)・゚。

今は何より、ゆっくり休みつつ…しかし体力を戻しても行かなければならないだろうし。
私もゆっくりお待ちしてますので!!

再読開始早々、向井の登場でしたもんねー。

メインの2人も、ゴニャゴニャとしつつ…距離がちょい縮まり?笑

まだお話は続きますよーww大丈夫^^

待ってますね~!

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 51】へ
  • 【片想いのこじらせ方 53】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ