女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←片想いのこじらせ方 46 →片想いのこじらせ方 48
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 46】へ
  • 【片想いのこじらせ方 48】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 47

 ←片想いのこじらせ方 46 →片想いのこじらせ方 48
約束した週末は互いに仕事が忙しくて、次の週へと流れた。

佐倉が来るのは夕方。
久しぶりの連休で、溜まっていた洗濯モノやら部屋の掃除をするのだろう。
北見も部屋を片づけたりの用事を終えてから、食材を買いに行く。

肉のコーナーで、バラ肉の脂が良い具合に乗った国産牛をカゴに入れる。
その横にカレー用の肉が並んでいて、思い出した。

そうだ。
佐倉さんに、カレー食わしてくれって言ったっけ。
どんなカレーなんだろ?
今度、作ってくれって頼んでみよう。

北見は口元を綻ばせながら、買い物を続行した。

*

佐倉は目覚めてから、ボーっと天井を眺めていた。

起きて、掃除と洗濯しないと。

今日……行くんだよな、俺。

うん。……行くんだよ。

ガバッと起きて、シーツを剥がす。
いつ洗ったかと頭を巡らせて……やめた。

以前は結構部屋も綺麗だったし、自分でシーツを洗うことも滅多に無かった。
理由は、彼女が部屋に来る度にしてくれていたからだ。

俺、一生自分でこういうことするんだろうな……なんて起き抜けから萎える気持ちを抑え、勢いよく洗濯機に放り込んだ。

誰かを好きになるって、普通は楽しいんじゃないのか?
それがだ……。
相手が男なばかりに、こうやって思考はグルグルとして面倒臭い。



もう変に頭を使わないように、体を使うことにした。

先に顔を洗ってから、本格的に部屋の掃除に取り組んだ。

やり始めると意地になるのか、必死になる。
最後に風呂に入って、全て磨き上げた。
そのままシャワーを浴びて、洗面台の鏡に映る自分を見る。


女を抱き、男に抱かれる……男、の顔を。

自分を客観的に見る。

欲しいモノに手を伸ばさない、男。
欲しい、と口にも出せないし、出す気もサラサラ無し。

……って、どうよ?


怯えなんて可愛いもんじゃない。

その正体は、自己保身だ。


社会のレールから、わざわざはみ出ることなどしない。

鏡の中の自分を見つめて、首を振った。

最近は仕事を詰めまくって追われて、思考がそっちに行かないようにしていたのに。
北見からの電話で、ほいほい「行く」と言った自分に舌打ちが出る。

避けて逃げて、疎遠になればいいと思っていたくせに。
手料理で家に招待なんてされたら、そんなものは簡単にどこかに吹っ飛んだ。


理性より、本能が動いたようになる瞬間がある。

佐倉は髪をガシガシとタオルで拭き、下着一枚でリビングに出た。

時計を見ると午後の三時を半分過ぎていた。

……深く考えるな。


佐倉は携帯を取って、迷う暇を与えず北見に電話をかけた。

『はい、北見です』

声を聞いただけで、ドクッ……と打つ心臓。

「何時に行けばいい?」

平静を装って、聞く。

『いつでもオッケーですよ。下準備も終わりかけてるし』

我ながら愛想のない言い方だっていうのに、にこやかな声にため息が出そうになる。

俺ばかりが一人でドギマギして、バカバカしい。

「じゃ、早目に行こうかな」
『掃除、洗濯終わりました?』
「あぁ、本気になって久々に窓ガラスまで拭いて、ピカピカだ」
『あ~分かるなぁ~。仕事に追われる期間が長くなると、特に』

そう……こういう声とか、柔らかな話し方が好きなんだよ。

「酒、買っていく。何がいい?」
『うちにも焼酎とかありますけど』
「いや、何となくワイン飲みたいから」
『白なら前に貰ったのありますよ』

誰に貰ったんだよ?……なんて、思うんだぞ俺。
そんなの女とは限らないのにさ。

「赤がいいから、買って行くわ」
『了解。いつでもイイんで、待ってます』
「おう」
『あ、駅について電話くれたら迎えに行きます』

だから……何でお前は、そうなんだ。

「お前、ダチが来る度に迎えに行くの?」
『え、まさか……』

まさか……なんだよ、その先は。

『……変かな』
「変」
『変か……』
「お前、男相手にそんなこと言ってたら、その内襲われんぞ」

冗談交じりに言ってやった。

あんまり俺を甘やかすと、襲うぞ。


『……は? 何で、襲われるんですか』

クスクス笑う声が、残酷だ。
考えたこともないんだろう。

……分かってるよ。

「じゃ、家出る前にとりあえず電話する」
『わかりました。待ってます』

佐倉は携帯を閉じて、顔を覆う。

待ってます……ね。

そんな一言で、仕事の忙しさで疲れた心が弾む。

駅まで迎えに行くってよ。
ダチにはしないってよ。

深い意味もなく言った言葉に、一々探りを入れて。

自分がイタイ。

*

赤のワインを二本買って、ついでにサラミの上等なのも買った。

この間みたいに飲み過ぎないように、早目に帰ろう。

駅について、覚えた道を歩き出す。

心はやはり、浮いている。



イタイぞ、弓槻。



そんな風に自分に言いながらも、この浮かれは鎮まらない。

だって手料理なんて、滅多に食べられないし。
後輩の家で飯をご馳走になるってだけでも、普通に嬉しいよな?

佐倉は部下の顔を浮かべる。
高梁や、百済やら、その他。

……そうでもないな。


角を曲がると、向こうの方で手を挙げる男が居た。

は……?北見?

「佐倉さーーん」

大きな声を出して、大股でこっちに向かって来る。

何で?
……迎えに来たのか?

いやいや、何か買い忘れでもしたんだ。

「何やってんの?」

顔がハッキリと分かる位置に来て、佐倉が呆れたように聞いた。

「え? 迎えに来ました」

事もなげに言って、佐倉の抱える袋を横取りする。

「ワインですよね」

ニコニコして佐倉を見る。

「あ……うん」
「見てもいい?」

佐倉が頷くと、袋を開けて最初にサラミを見つけた。

「うわっ。クラテッロのサラミだ」
「あ、知ってる?」
「家にお中元で送ってくれた人が居て。もう、皆で貪るように食べたシロモノです」

シロモノ……というのが可笑しくて、佐倉が笑う。

「いや~また食べられるなんて」
「大袈裟だな。一本、二千円で釣りが来るぞ?」
「でも、自分で買って食べるとか普通ないでしょう」

まぁ……そうだな。
俺だって、自分一人で食べるためならそこらへんの安いので充分だ。

「楽しみだな~」

嬉しそうな北見を横目で見て、佐倉も嬉しかった。
サラミ一本で、テンション上がっちゃって……。

北見の家に着くまでのほんの数分間。

休日に並んで歩く歩調も、ゆっくりで。

いいな……こういうの。
ノンビリしてて、隣には嬉しそうな北見が居て。

北見だからこそ味わえる幸せなんだな。


そうか……。

これが、好きな人と一緒に居る幸せってヤツなんだ。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 46】へ
  • 【片想いのこじらせ方 48】へ

~ Comment ~

好きな人ができるとすぐにドキドキしちゃいますよね。相手の何気ない言葉や行動に。
好きな人が自分のためにご飯作ってくれるなんて舞い上がっちゃってもイタくないぞ、佐倉さん。
深く考えずにモリモリとオッサンくさい食べっプリで北見君のハートを掴んでくださいな。
ほのぼのドキドキ、萌えます!

らぶらぶ

kiri様
佐倉氏も北見くんも片想い中の仲で会えて嬉しい~みたいな状態。勿論佐倉氏は男との恋愛はなし。を貫いてるし(今の所は)。北見くんは佐倉氏の事を考えてうふふ、と思っているのにまだ、自分の気持ちに気付かないおとぼけ天然ノンケさんだし。佐倉氏を駅まで迎えにいくのなんか、すでに恋仲(そんなドラマありましたっけ?今期はドラマ見てないけどなんか聞いたような?)恋人一歩手前のドキドキ感がキュンとしますね。
高いサラミ2人で分けあいっこして食べてください。私もサラミ好き。だだ、噛んでいると飲み込むタイミングがよくわからないんですよね(笑)
佐倉氏と北見くんの間に流れる時間は幸せです。佐倉氏、青木さんに体だけでも持っていかれないでね!北見くんの為に取っておいてね。

Re: タイトルなし

おみち様

好きだって思って…それを、内緒にしてる時が一番ドキドキしそう。
そーいう感情自体が忘却の彼方のため、忘れましたが。

北見は本当に、邪気無し(笑
ちょっとくらい「意識」してくれたら、お話も進みやすいんですが…ダメだな、この人ww
でも、そこが佐倉にとっては「好き」な処なんですよねー。

有難う御座いました☆

Re: らぶらぶ

美夕様

佐倉は、北見が好き。これはもう、恋愛感情としてハッキリと。
でも、男との恋愛は本当に考えてない人なんです。
ある意味、とっても勝手なバイセクの考え。隼が怒ってましたよね~。そのタイプです。
バイでも洋平のようなタイプも居ますし、色々と…。

そんな完全割り切り方タイプだった佐倉さんが、北見の素の接し方や、青木の色んな言葉で少しずつ変化して行きます。。。

北見もまだ恋ではないです…。男が男に好意を持ってる状態。←コレ、女より男の方が有るそうですよwラブではなく、強いライクですね!それが、どこで転がるかなぁ…♥

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメg様

ちょっと良い感じですね~。2人で休日に、のんびり過ごす…なんて。
男女だったらもう、既に恋がすぐ間近!

しかし男同士で、片方はノンケで有り…片方は男と恋愛する気無しのバイ。

すぐにくっ付くなんてことは無いけど、距離はまた縮まってますよー!

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

え?(゚д゚)!
何事??…と思ったらば。

なるほど。勇次、10000票行きましたね(今、見ました!)
毎日、ポチ!そしてちょうど10000、get!!おめでとうございます!!
祝いに休肝日返上で、乾杯(笑)いいじゃないですかー!毎日、頑張ってるんだもの。

佐倉さん、北見にはチョロいねー。
何だかんだ言ったって、好きなんだもん…しょーがないよ。

そして色々言い訳をしながら…高梁くん達にお呼ばれしても
「そうでもない」そうですから(。・w・。 ) ププッ

>難しいこと置いといてとりあえず楽しんじゃったらいいんじゃないかと思いますー。
うん、私もね同感!

色々何処かに「理由」探しちゃうのが人間ってものですが。
そんなもん、取っ払ってとりあえず楽しみましょう。

こういう何でもない日々が、とっても大事。。。
淡々と続く中で、気持ちが少しずつ動いていく。

たくさん問題はあるだろうから、まずは…幸せを感じる時間を大事に!ですね(*^^*)

有難う御座いました☆

こじらせる喜び

こんばんは。kiriさま、ファミリーのみなさま。

そうそう!こうゆう時期ですよぉ~♡
想いを確認しあったわけではないけど、お互いの態度が視線が、何故かうれしくて。そしてグルグル・・想いは巡ってドキドキしたり、がっかりしたり。

この時間がすごく大切だと思うのです。恋ともなんとも言えない時間。
正直な感情だから、いつでも誰にでも感じられるわけではなくて。
たとえ心にそっと仕舞うことになっても、それはそれで。
会いたい人がいるってだけで幸せだね!もっとこじらせるといいとおもーよ!

それではまたきます~
今日の一言・・憂鬱/な朝6がもうすぐ発売。CDも続き出て欲しいっす←切実




Re: こじらせる喜び

ミケリ様

ですよね。今!!しかない、この何とも言えない…浮いたままの気持ち。
まだ着地地点が定まってないので、ウロウロ~ww

北見も、まだ恋心までは行ってませんけども。
自分に構って欲しいっていうのが、前に前に出てます。この時点で、特別枠ですよ。
佐倉さーん!とお迎えに行くほどには…。まぁ、邪気な無いからこそって部分も大きいんですが。
佐倉はそれに翻弄される(〃艸〃)

以前の片恋では、2人で遊ぶこともなかった。でも、今の片恋は…お家にお呼ばれまで進んでます。
同じ片恋でも、相手は違うんだもん。

>憂鬱/な朝6←あま/ぞ/んで予約済~♪
ユギ先生も久々に新刊が出ます!!(もち、予約済)もう、ウキウキww
大好きな先生方&気になる新人作家さんも続々で、どれにしようかな…なんて、ニヤニヤしてますー!

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 46】へ
  • 【片想いのこじらせ方 48】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。