女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←片想いのこじらせ方 28 →片想いのこじらせ方 30
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 28】へ
  • 【片想いのこじらせ方 30】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 29

 ←片想いのこじらせ方 28 →片想いのこじらせ方 30
「そんなに驚かなくても。同じ沿線でしょ? 週末の終電間際だし」

クスッと笑うと、しばらくしてから佐倉も自嘲気味に笑みを浮かべた。

「お前……いつもビビらすよな」
「大丈夫ですか?」
「……え?」
「酔ってるみたいだから」
「あ……うん。ちょっと飲み過ぎた」

どんな飲み方をしたんだろうかと思って、そこでやめる。
詮索好きな自分に、気付いて。

「お前は?」
「……あ、ちょっと」

まさか、こんなに人がたくさん居る中で「彼女と別れてきました」なんて口に出来ない。

別れたんだけど、そんなに落ち込んでないんだ。
まだ実感が湧かないんだろうな。

「……デートかよ」

ボソリと小さく独り言のように呟く佐倉の顔は、笑ってはいなかった。

「そんなイイものじゃないですよ」

何となく、言い訳のように北見が言った。

「喧嘩?」

突っ込んで聞いて来るが、ここじゃ言えない。

「……まぁ」
「ふ~ん」

何だろう……機嫌悪い?

佐倉はそこから何も言わなくなった。
北見もあまり深い話は出来ないし、機嫌も悪そうだし……で、黙っていた。

数駅乗ってる間、佐倉はつり革に掴まって時々フラリと揺れるから危なっかしい。


次の駅が北見の降りる駅だ。

「佐倉さん。ほんと大丈夫?」

もう一度、声をかけてみた。

「……大丈夫じゃないつったらさ、お前また送ってくれようとすんの?」

え、何その顔と言い方……。

上目遣いの目と、拗ねたような言い方が……可愛んだけど。

うん……そうなんだよ。
この人、時々可愛いんだ。

男なのに。

この間の、甥っ子のグズりで駆けつけた時の顔が……まだ残ってるんだ。

あの鬼の佐倉主任が半泣きになってる姿など、会社の誰も想像すら出来ないだろう。
ちょっとした優越感のような気持ち。

俺を見た時の縋るような目に……ドキッとしたことは俺だけの秘密。



「えぇ、送りますよ」

あっさりと言えば、佐倉が唇を噛むのが見えた。
いつもなら、ちょっとした冗談や皮肉が飛んでくるのに。

「送ってもらう程は酔ってないし、俺はそんな軟じゃない」

自分から振っておいて、これだから……。
勝手なとこあるんだけど、そこも憎めないんだ。

「いつもより酔ってるように見えますけど」
「営業マン、舐めんな」

舐めんな……で、由利奈を思い出した。
北見は苦笑いして、首を何度か小さく振る。

「今日同じ言葉、二回目ですよ」
「……は?」
「いえ、こっちのこと」

駅に着くアナウンスが流れる。

「送りますよ。もう家も知ってるし」

もう一度言ってみた。

「お……俺を甘やかすなっつってんだろ。調子に乗るから」

ヘラ……と笑って、目を伏せる。

「先輩ですし」

そう口にしたら、佐倉が目を閉じた。
閉じたまま、眉がしかめられている顔が少し辛そうに見える。

苦しい?やっぱり、気分でも悪いのか?

駅に着き扉が開く前に、皆がドアの前に移動する。

「行けよ」
「けど、佐倉さん苦しそうだし」
「だから! 俺は男だし、先輩だし、お前が心配するような相手じゃない」

背中をグイグイと押され、北見は仕方なくドアの方に向かう。

「家についたら、電話して下さい」

ドアが開いた瞬間に、北見が首だけで振り返って言った。

佐倉の目が少し驚きを見せ、さっきの自分と同じように小さく首を何度も振る。

「絶対ですよ!!」

最後にホームに降り立ち体ごと振り返って佐倉に告げれば、佐倉は薄く笑ったままで何も言わずドアが閉まった。

北見が電車の中に居る佐倉を見つめていると、佐倉もジッと自分を見る。

その目は……何とも言えない、不思議な表情だった。

いつもの佐倉の明るい、少しまだヤンチャな部分が残ってるようなのではなく。
やはり年上で、自分より大人なんだと思えるような……そういう目だった。

電車が動き出しても、北見も佐倉も目を合わせたままでいた。

***

こっちをジッと見ていた北見の姿が見えなくなって、佐倉は電車の天井に顔を向ける。

……何なんだ、あいつ。
何処まで……甘やかす気だよ。


『先輩ですし』

あぁ、そうかよ。
……先輩だからって。
それだけで、お前はそんなに親切にするのか。

放っておけばいいだろ。
まぁ、俺だって先輩には気を遣うよ。
サラリーマンやってりゃ、上下関係、人間関係、ある程度は考える。

けど、俺なら少しくらい酔ってたくらいで家まで送るなんて言わない。

大丈夫ですか?
帰れますか?

それくらいは言うさ。

泥酔して危ない時なら、心で面倒だって思いながらも放っておけないけど。

俺は泥酔まで行ってないぞ。

同じ部署じゃあるまいし。
あいつは俺の部下でもない。
優しくして、一体何のメリットがあるんだ。

……バカだろ、俺。

メリットだなんだ、そういう方に持って行く自分がイタイ。
これも営業マンの悲しいサガか?

北見が後輩としての好意を向けてくれているのを感じてはいる。
あいつ、バンバンそういうの出してくる。
だから心配して「送る」って言ってくれてるのも本当は分かっていて、八つ当たりのようにグルグル考える。

ふぅ……。

扉に寄りかかって、息を吐く。
自分でも酒臭い……ジンの匂い。

今日は失敗だった。

いつものバーに行ったら、営業先の男に出くわしてしまった。
面が割れないようにしていたって、仲間なんか何処にでもいる。
まぁ……仲間ならお互い様だ。

けど、仕事先はダメだ。
個人的な感情が絡まると、駆け引きが出来なくなる。

そう思って酒だけ飲むことにしたら、友情婚だなんて言葉に興味を惹かれて……つい思った以上に飲んでしまったのだ。

送ると言われ、店を出た途端ストレートに……抱いてはダメかと聞かれた。

ハッキリと断ったら、あっさりと引き下がってくれたけど。
熱を帯びた目で見られると、体の芯は疼いた。

どんなSEXをするのか、なんて興味が湧いた。

……面倒な相手は、ゴメンだ。


タクシーで送ると言われ、それも断って駅に向かったらついて来るし。
結局、最後は電車が来るまで付き合ってくれた。

……悪い奴じゃないと思うけど、形式上とはいえ妻帯者だ。

なのに、青木はやたらと口説いて来る。
あの熱を帯びた目は、戴けない。

何よりも俺は、男と恋愛などする気など頭からないんだよ。
そんなもの、俺に求めんな。有り得ないから。
……欲望だけをぶつけ合う関係がいいんだ。

なのに。

俺は……あの北見が気になって仕方ないのだ。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 28】へ
  • 【片想いのこじらせ方 30】へ

~ Comment ~

うずうず…

お久しぶりで~す。

今までのような濃い~恋愛ものもいいけど、今回のお話のような今もどこかで起こってそうなBLもいいですよね、なんだかリアルで(笑)

お互い無意識の恋心…
読んでてウズウズしてます(*´ω`*)

明日も楽しみにしてます~(^-^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ふ~~っ。

青木さん、佐倉さん、北見君。
3者三様のため息が聞こえてきそうです。

ここは佐倉さんの頑固さ、が勝利?した模様。 ふふ

それでも佐倉さんの素を見た二人、色々思う事が出来たよう。
踏み込む勇気は出てくるのかな?
仕事では鬼、プライベートでは・・がんも、じゃなく頑固。  手強いゾー。
その内実は、大学時代に傷ついたまま?

翌日、青木さんは動くのかー?
ただな、青木さん、佐倉さんの会社に電話しないでよ~~。

Re: うずうず…

ちぃこ様

お久しぶりです♪

恋カタの時と比べたら、ほんと普通にすれ違っているようなリーマン2人の日常を綴ってます。
(イケメンなのはBLだからww)

佐倉は一目見た時から、タイプなんですが…。今は中身も知って、更に好意が大きく。
北見はノンケなんで、中々そこに行きつくまで時間を要しますが、入口当たりにたったくらい?
地味なりに、楽しんでもらえたら(*゚ー゚*)

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメg様

佐倉さん、色々心が波風立ったお話の後に、北見くんに遭遇…。
でも、北見はいつもの通りに接して来るし、また優しいもんだからw
またグルグルが始まりましたー。

で、北見くん。お別れしてしまいました。
心が「否」だと思うなら、それに従うのが一番良い……かと。
冷却期間置いたから、互いに痛み分けで終えることも出来ました。

フリー同士にはなれましたね…。急接近って訳じゃないけど、変に女が絡まないだけ読みやすいかも?笑

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

もう寝たかな?ww

はい、青木さんは直球です…。
内野じゃないけど、絶対数の少ない中「タイプ」で可能性のある相手…となれば、ねぇ…w
ま、佐倉さんは仕事関係はNG!!と、頑なでしたけど(´艸`*)

営業マン同士だと、上手く隠すんで…その後、北見の「素」に触れて脱力?
いや、北見の言葉でまたグルグルしておりましたねー。

ちょっと拗ねて(佐倉は自覚無し)みたり…。そういうのって、微妙に伝わるようです(笑
北見もちょっと反応しておりましたね。フフ

佐倉のそういう部分、これから増えて…北見の中で「え?」が増えて行くとイイな。
でもノンケはそう簡単に、そっちに行かないよねぇ…。
これ男女ならピン!と来るんだろうけど。
佐倉は隠そうとするしなぁ~。

って感じで、続きます…w

有難う御座いました☆

Re: ふ~~っ。

ますみ様

仕事が絡んだ相手じゃ、例え男女でも躊躇しますよね。
特に佐倉の場合、仕事が生きがいになってる部分大きいから。
少々のことでは、なびきません。

ってか、恋愛したくないんだしねー。
青木さんは、そっちを望んでるってのをビンビン感じるんでしょう。無理!!←

いえいえ、まだですよ。

ノンケ×バイ それも軽いタイプじゃないので…。
遊んでるけど、軽い人じゃないから面倒臭いのですよ(苦笑

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメt様

はい。期待してて下さい…笑

青木さんは、夢のようだったことでしょう。
あの佐倉さんがサクラちゃんだったんですから。運命…なんて本気で思ってもおかしくない。
友人にも「お前のタイプ」って言われてたしw
青木の視線をスルーした時点で「ノンケ」だと思ってた佐倉さんが!!オーマイガッ
可能性「0」でない相手ですもの。

反対に佐倉は、まず男と恋愛する気が頭から有りません。
ココが北見にどれだけ惹かれようが、発展し難い部分です。体だけならOK!な、人なんです。
でも、北見とはそれもNG(気があるだけに)非常~に面倒な奴です…どうしましょう。

友情婚。ありましたでしょ?
ノンセクの女性が、子供だけは欲しいからゲイの男性と結婚したの聞いたことあります。
体は求められない安心感+ちゃんと夫婦として子供を育てられる。(精○提供で、ちゃんと2人の子供)

色んな幸せの形があるんです…。普通じゃなくても!イイんじゃないですか~♪
それぞれに自分で選択して、逞しく生き抜いて頂きたいものです。

あ、コレ…近平×拓篤?きゃ~♥3回くらいみた←

有難う御座いました☆

きゅーーん

こんにちは。 こっそり、じっくり、毎日読ませていただいてます。
Kiri様本当にブログ続けて下さってありがとうございます!

さて、今日の電車で目が合った場面に、
すっごくきゅーーんとしてしまい、いてもたってもおられなくなったので
久しぶりに出て参りました。
描写がとても素敵で、二人の様子が目に浮かぶようです。
片想い(自覚はないんでしたね。。)の二人、
人を好きになることの神々しさ、神聖さを、感じました。
Kiri様の意図と違ったら、すみませんm(__)m

いつも、本当にありがとうございます。
まだ日本は暑いとのことですが
くれぐれもご自愛してお過ごしください。

Re: きゅーーん

この空 様

こんにちは♪
毎日読んで頂いて、嬉しいですー!

電車の扉が閉まって、見つめ合う…。
佐倉の持って行かれかけてる気持ち&北見の純粋な心配。

まだラブには行ってないんだけど、何かが始まるような…(腐的にw

好きってね、そんなに簡単に認められないですよ…。
絶対にシンドイの分かってるんだもん(経験済だしね)

タイトルの片想いは「今」だけじゃなく「過去」も含めてなんですけど、そろそろ?(´艸`*)
ジンワリですけども、見守って下さいね。。。

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 28】へ
  • 【片想いのこじらせ方 30】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。