女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←片想いのこじらせ方 13 →片想いのこじらせ方 15
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 13】へ
  • 【片想いのこじらせ方 15】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 14

 ←片想いのこじらせ方 13 →片想いのこじらせ方 15
由利奈との待ち合わせのカフェに着くと、まだ来ていない。
コーヒーを注文して、暇つぶしに携帯を取り出す。

――着いた
何となく……昨日の佐倉からのぶっきらぼうな文字を、眺める。

結婚話が流れたという話を聞いてから、更に親近感が増したのだと思う。
今まさに、その結婚話が流れるかもしれない状況だから。

由利奈を好きでも、自分の心には抗えない。
……それは向こうも同じだろう。



「ごめん、待った?」
「ううん」

由利奈が現れて、嬉しそうな顔で前に座る。

アイスティーを頼み、いきなり鏡で顔のチェック。
女は大変だな……と、鏡で目や口元を見ているのを眺める。

俺なんか朝歯を磨く時に見るくらいで、後は意識して見ることなんかないもんな。
それは、デスクワークが多いからだろうけど。

営業の連中は、持ち物や身嗜みには気を遣っている。
一緒に出る時は、さすがに自分もそれなりにチェックはしてる。


「今日はね、この店で食事したい」

鏡をしまって次は携帯で、店のサイトを見せてくる。

「いいけど」
「会社の子がね、彼氏と行ってきたんだって。凄くお洒落で美味しかったって」

女同士、何処が美味しいとかお洒落だとか情報交換するんだよな。


由利奈は結婚話について、今の時点ではしてこない。
会った処でいきなりしたら、空気が壊れるよな。

食事の時にした方がいい。

*

由利奈の服を見に行くのはいいのだが、長い。
これだけはいつも辟易してしまう。

何度も試着してどっちがイイかを聞かれるが、ハッキリ言って分からない。
適当に選ぶと「適当」だと言って怒られる。

結局は店員さんと相談して決めるようだが、女同士で買いに来た方が効率も上がると思うんだけど。

店を出て、思ったことを口にした。

「分かってないな~。彼氏に選んでもらった服って嬉しいのよ」
「そうなの?」

俺、選んだ覚えないけど。

「そうよ」

そうなのか……。
女の子が全員そうじゃないとは思う。
姉の麻由美は、男と服を買いに行くなんて絶対に嫌だと言ってたもんな。

けど、由利奈は何でも一緒にしたがるタイプだ。

「ねぇ、クリスマスなんだけど」
「あ? あぁ……」
「Sホテル空いてたのよね」
「あ……そう」

北見の気のない返事に由利奈がキッと睨んで来る。

「なんで功英って、そういうとこ気がついてくれないのかな?」
「あ……」
「いつも私から催促だもん。友達の彼氏なんか、去年の時点でもう予約してるんだよ?」

由利奈はいつもコレを言う。

「ごめん。俺、そういうの気が回らなくて」

ブーッと膨れた顔は、可愛いんだけど。

「また去年と同じ?」

去年……?
確か食事して、帰りにケーキを買ってシャンパン開けて部屋で過ごした。
あれじゃ不満だったのか。


「あの時はまだ遠慮してたってこと?」
「……功英って、時々無神経なこと言うよね」
「ごめん」

もう、分からない。
女が面倒臭くなる瞬間は、いつも同じ。

そういえばいつもこうやって……女に呆れられて終わることが多いな。

何ですぐに、友達と比べるんだろう。
友達の彼氏とか旦那とか……俺、知らないし。

小さな不満が互いに少しずつ積み重なって、喧嘩へと発展する。
それはどこのカップルだって夫婦だって、同じだろう。

時間をかけて、互いに角が削れて丸くなって……穏やかになるんだって、母はそう言っていた。


「早くしないと、埋まっちゃう。多分、キャンセルが出たんだよ」

よく知ってるんだな……と、変なところで感心する。

俺があまりにも気が回らなさすぎるのか?

クリスマス……ね。

靴屋の前でまた止まった由利奈を見ながら、北見は小さくため息を吐いた。

*

「俺、養子には行かない」

食事をしながら由利奈が持ちだしてきたから、先にそう言った。

「え?」
「今日、養子の件を断るつもりで来たんだ」

由利奈の顔が強張る。

「……どうして? ご両親、やっぱりダメだったの?」
「いや、違う」
「どう違うの? すぐに結婚したい訳じゃないって言ってるじゃない」
「うん」
「私を好きなら、親を説得して欲しいと思うのはおかしなこと?」

責められるような口調に、それは違うだろうと思う。

俺の意思は?

いや……俺が悪いんだよな。
最初にハッキリと言わず、流されるようにココまで来たから。

「ごめん。俺が悪い」
「……どういうこと?」
「俺が、自分の意思をちゃんと言わなかったからだ」
「功英の、意思?」

まるで、今気付いたとばかりの顔に、何だか……気持ちが削がれて行った。

「俺、まだ結婚したくないんだ」
「だから何度も言ってるけど、今すぐにしようなんて言ってないでしょ? ただ、養子の件だけ先に親に確認してって言っただけじゃない」

けど、養子にGOサインもらったら、どんどん話は進んで行く。

「まずそこをクリアしてから功英とこれから先のことを一緒に考えたくて、ご両親に聞いてって言ったのよ」

由利奈の言葉は、尤もなのだろう。
けど、俺は親に聞かなかった。
なぜなら、俺自身の意思がそこにないからだ。

「俺の気持ちが、追いついてないんだ」
「私のこと、好きじゃないの?」
「好きだよ」

それは嘘じゃない。好きじゃなきゃ、付き合ったりしない。
大切にしていたつもりだったんだよ……俺なりに。

「嘘。好きだったら、一緒に居たいって思う」

そう思ってない訳じゃないけど、即答は出来なかった。

「私は功英と、ずっとこれから先も一緒に居たいと思った。だから親にも紹介したの」

女側の親からすれば、適齢期の娘の恋人を結婚相手として見るのは当然だろう。
一緒に食事をと誘われて、挨拶を兼ねて会ったのは自分の意思だ。

「……私は、誰とでも自由に結婚できる訳じゃない。でも、ちゃんと好きな人と結婚したいの」
「分かってるよ」

由利奈が俺を好きでいてくれているのは……ちゃんと伝わってるんだ。

「でも。……親を棄てるなんて、出来ない」
「棄てろなんて言ってない」

本当に棄てるという意味じゃないってことは分かる。

「私にとっては、同じことよ。功英と一緒に居る方を選ぶということは……そういうことなの」

由利奈の目が潤んでいる。

そこまで……由利奈にとっては大変なことなんだと、北見は初めて知った。
六人兄弟の三男坊と、一人娘との大きな違い。
でも、それはどっちがどうという問題じゃないはずだ。


ポロリと涙を零す由利奈に、絆されそうになる……。

ダメだ。
流される訳にはいかない。
一生の問題だ。



「正直に言う。養子の件を出されてから……気持ちが引いてしまったんだ」

ちゃんと話さないと。
本当の気持ちを。

「酷い。……時間を返して」

由利奈の顔は、涙を溜めたまま……怒っていた。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 13】へ
  • 【片想いのこじらせ方 15】へ

~ Comment ~

あーあ。

Kiri様。

あーあ。ダメなタイプ。

だいぶ前ですが、同僚に女は男と付き合い始めると頭の中の電卓がものすごい計算をするって言われたことがあります。

その人、医者なんですけど…。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ、当時、付き合ってた女に「冬用のバックが欲しい」と言われて「スーパーの袋なら季節を問わず使える」と言い返して見事に振られました。

その医者…未だに独身ですが…医者=金持ちと思いきや…そんなでもないそうです。私と飲みに行くのも「割り勘」でいいからだって。

私だって奢ってもらいたいわよ…って言いたいけど、この人話がメチヤメチャ面白いので、一緒に飲めなくなると嫌なので割り勘にしてますけどね。

こーゆー女ダメだわ。

私だったら功英に奢りたい…だから、ダメなのか?1年が終盤に近づいているのにパンツ履いてます( /// ´ิϖ´ิ/// )


NoTitle

彼女は約束を取り付けて安心したいんだよね。
将来、親の面倒を見るのは一人っ子の彼女なんだし。
きっと結婚したら家庭に入って、良き母になるんだろうなあ。

彼氏は社会人とはいえ、まだまだヒヨッ子。彼女のことより仕事に比重が傾くよね。
そして結婚なんて今はまだ考える余裕がない状態。
そういう状態のときにこういう流れに持ってかれると、引くわな~。(^^;

二人のタイミングが一致していない。うーん、若い恋愛だなあ。
・・・と、おばちゃんはせんべいをかじりながら昼ドラ見てる感覚で読んでました(オイオイ…ww)
さて、明日はどんな修羅場が見られるでしょう♪←
楽しみにしてます!←←

それでは~ヾ(^_^)マター


あ、オマケ★

http://synpathetical.tumblr.com/post/126714310205
  ↑
ドヤ顔でしょ?(笑)

トーヤ様。

職場で開けちゃった→きゅうり?ゴウヤ?しかも、立派な…テヘ(´>∀<`)ゝ

Kiri様。ご変換「同僚…同級生」でした。

お返事無用…仕事が残りすぎて「明日!出だよーっ。」って上司の言葉が暑さを倍増させて、昔懐かしのホームランバー食べてる潤でした。

Re: あーあ。

潤様

> あーあ。ダメなタイプ。←笑

普通の女の子なんですけどね、やっぱりBLでは嫌われるww
女って男に「何をしてもらった」っていうのを女同士で報告し合う所あるしね。

BL関係なく、女に嫌われる女ってのをTVでやってたよ。
すぐに旦那や彼氏のことばかり言う子?自慢したいのか、何なのか?
確かに…。居るなぁ…。で、嫌われてるというか、誘うメンバーにはあんまり入ってないな…。
若い内なら良いんですがもうこの年になると、そういうことを自慢されても…と引く(((((°°;)

まぁ、まだ26歳であれば、乙女ですよ…うん。
彼女なりに幸せになりたいから、頑張ってるんだけど…北見がどうも引いちゃって。すまんね…由利奈ちゃん。

お家が裕福だから、逆タマなんだけど。。
北見くんは、そーいうのはあまり魅力感じてないようだし。しょうがないね…。
ちゃんと二人で話合おう!一生の一大事だもの。

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

トーヤ様

> 彼女は約束を取り付けて安心したいんだよね。←ココ!!なんですよ。

養子の件はね、一人娘だからって誰でもじゃないですし。
彼女の背景はBLなので、割愛しておりますので…可哀想なんですが、BLなので(シツコイ
女の子だって、色々背負ってる子はいますもん。

でも、それを彼が納得してくれるかどうかだよね。好きだから納得するってもんでもないし。
もう少し時間かけて進めて行けばいいんだろうけど…親も、煩いんだよ…(苦笑

>うーん、若い恋愛だなあ。←だね。それも適齢期という、まさにヤヤコシイお年頃。
何も悪いことしてないもんね。大抵はお互い様でしょう…恋愛って。

いや修羅場は書いてないよww

ドヤ顔、危なくR18…だな(爆

有難う御座いました☆

Kiriさま、今晩は。
最後の「時間を返して」は衝撃的でした。。。
冒頭は可愛い女の子の一人の行動(私個人はイラ(笑))として読んでいたのですが、何だか彼女は「結婚相手」イコール「自分の思うがままになる相手」と感じられました。
一人娘の重圧や焦りもあるのでしょうけど、最後のセリフは北見くんの彼女を好きで大切にしていた想いを全否定されたようでショックでした。
まだ、26。されど26。
まだまだ大丈夫だよって無責任に言えないのは、考えたらこの歳にはすでに結婚していたので。(当時の自分は棚上げですが(笑)。人の出会いは縁だとおもっています。
彼女には悪いけど、このまま佐倉さんとの距離がどんどん縮まってしまえ~✨と念を送るばかりです。
と言うか、実はお昼12時の出勤前に勢いのまま慌てて投稿したハズなのにされてなかったようです。。。(ToT)今、帰宅してビックリ。あの時間こそ返して←自分のせいです(爆)
次回も楽しみです♪

Re: タイトルなし

てらぴぃ様

あはは、この「時間を返して」で、余計に由利奈ちゃん…印象悪くなった方多いだろうな~。
私はあえて、よくぞ言った!!と思ってるんですけど…。←絶対に少数派w
私、いつもそうなんです。皆で喋ってても、一人だけ違うこと言ったりする(汗

勿論、何でも言えば良いとは思わないし、今までの2人の恋愛をそういう風に言うのは違うとも思います。ここはもう正誤ではなく……感情論ですね。

彼女も悪いし、北見も良いとは言えない。結局、恋愛は片方だけが悪いってことは無い(場合によりますが…。彼女を甘やかしてきたのは北見くん。
事勿れ主義であった彼が、彼女を「私の言うことを聞いてくれる」と思わせた部分は否めない。女は優しさにつけあがるんだぞ…(おぃ

今回のことで、彼女も気づいたことがたくさんあると思う。
頭打って、一つ成長出来たら良いな~と、おばちゃんになったら思うんです(笑
どっちも反省点はあって、そうやって角が削れて行くことで、成長へと繋がって行けば儲けモノ。

失敗したら、一人で苦しむことも大事な時間だと思います。若者よ~頑張れーー!!

さて、このことで佐倉さんとの距離が縮まることを願いましょう…腐腐

あ、再チャレンジしてくれたんですね。アレ…結構ショックですよね(> <。)

有難う御座いました☆

NoTitle

まあ、コップの水を掛けられんかっただけでも良かったのかも( いや、ドラマじゃないし)。


私も、お見合いした事あるんですよ。
した翌日にお仲人さんから「どうだった? 次に会うのはいつ? 」 など。
向こうは本気。こっちは・・半分興味。 悪かったな、と反省しました。


由利奈ちゃん、同級生が次々結婚したり、恋人(北見君)は何も言わないからもうOKなんだと思ってたり(?)。
けど、真逆の答えが返ってきてショックだったんだ。


そばで聞き耳立てていた主腐の耳には、炭坑節のBGM。
♪あなたがその気で 言うのなら (ヨイヨイ)
思い切ります 別れます
元の娘の 十八に
返してくれたら 別れます (サノ ヨイヨイ)  ♪

。。 時間は巻き戻せないからね。 話し合い、出来るの?

Re: NoTitle

ますみ様

あ、お見合い経験有りですか(〃▽〃)
仲人さんが張り切るイメージがあります(ドラマの影響…

北見もキツいこと言ってるでしょう?
正直に言ったら、正直な答えが返ってきた。
こういう時にBLなんだな…と実感する書き手で御座いますww

男と女。それも恋人。言ってはいけないことでも、口に出ちゃうこともあります。
大事なのは、口に出した言葉は消えないってことですね。あっちゃー(>_<)って(苦笑
そこから彼らも相手のことを掘り下げて考えられるようになってくれたら「ヨシ」

>炭坑節のBGM←初めて知りました!!時代は巡っても、女心は同じなんですね…。

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 13】へ
  • 【片想いのこじらせ方 15】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。