女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 7

 ←片想いのこじらせ方 6 →片想いのこじらせ方 8
佐倉はあっさりと出て行った北見をガラス越しに、ボーっと見送るように見ていた。

(ビックリした……)

心でそうゴチて、天井を見上げる。

何喜んでんだ?

ただ飲みに誘われただけなのに。

誘うのは大抵自分からだったってのもあるけど、喫煙室にまで来て声をかけるようなキャラかよ……あいつ。
で……、そのことにドキッとしてんじゃねぇよ、俺。

この数か月間、何度か一緒に仕事をしてその度に一緒に飯を食って酒を飲んだ。
普通は組んだSEとそんなことしないんだけど、帰りが同じ沿線ってことで……。

北見が優しい男だということを知っていった。

年下のくせに、何というか……包容力的なのを感じる。
神経質そうに見えて、実は大雑把な処があるのも。
細かなことはあまり気にしないし、とにかくマイペース。

はぁ……これ。
……覚えがある、この感情。

ヤバイよなぁ……。

完全なノンケに、気持ちが惹かれて行くって。

大体、あの見た目がダメなんだよ。
初恋の兄ちゃんの刷り込みともいうべき、俺のタイプ。

小学校の頃、近所に住んでいた大学生。
やたらと背が高くて眼鏡をかけていて、物凄く優しかった人だ。

俺はヤンチャだったようで、親に怒られては拗ねて。
家の外の壁に蹲って泣いていたら、兄ちゃんが頭を撫でてくれて……。
一緒に座りこんで、優しい顔をしてくれた。
たまにしか見かけなかったけど、時々外から居るかどうか部屋を見上げていたっけ。
大学を卒業すると共に、家を出てしまったようだけど。

恋だなんて、その頃は思いもしなかった。
今なら分かる。
あれは……俺の、初恋だ。

あの兄ちゃんのおかげで、俺の好みというのが定まったんだろうな。

高校生になった頃、あの兄ちゃんが自分の家族を連れて帰ってきてるのを見て、俺の初恋は脆くも崩れ……そのまま形となって残っている。

淡い気持ち……。
そんな何処かにしまいこんでいた、煌めきのようなモノを思い出す。

そして大学時代の、トラウマも同時に。
あぁいうのは、しんどい。

見てるだけなら、煌めきのままで残るのに。
なのに……近づこうとしてる自分も居る。

はぁ……。
佐倉はまた溜息を一つ零して、自分の部署に戻って行った。

*

戻ってきた高梁に報告を聞いて、課長へデータ―を送る。

「主任」

データ―を送って、椅子の上で伸びをしていたら高梁が目の前に立った。

「何だ?」
「あの後現場に行った時、作業員の人達が声かけてくれて。上司に怒られて、大変だなって。わざと皆の前で怒ったんですよね」

佐倉が黙ってニッと笑った。

「俺みたいな若造じゃなく、もっと上を連れて来いって感じだったからな」
「主任のこと、見た目によらず怖いなぁ……って評判になっちゃってます」

見た目によらず……ね。
この顔で、結構苦労してるんだよな。
幼い顔だとは思わないのに、何故だか自分でも分からない。

人はまず、見た目の印象で決まる。
男同士だと、自分より上か下かを瞬時に見極める本能的なモノは幼い頃からある。

年よりずっと若く見られるのは、仕事をしていく上で不便なことも多い。
ハッキリと言えば、舐められる要因だ。

「お前は老けてるからイイな」
「え……酷くないですか? それ」
「いや、本気で羨ましい」

冗談とも本気ともつかないことを言って、再び高梁を見つめる。

「現場はあそこだけじゃないぞ。気を抜くな」
「はい」

返事をして去るかと思えば、まだそこに居る。

「何だ? 戻れ」
「いや、あの……。今日、飲みに連れて行って欲しいな……と。いえ、今日じゃなくてもイイんですけど。あ、勿論割り勘で」

なにが割り勘でいいだ。
くっと笑って、高梁を見上げる。

「今日は先約がある。来週ならいいぞ。但し、仕事をちゃんとこなしたらな」
「わかりました」

嬉しそうな顔をして自分の席に戻って行く高梁を見て、パソコンに向かってマウスで来週の予定を確認する。

でも、頭の中ではグルグルしていた。

北見と飲みに行く予定だけど、別に高梁を連れて行っても良かったのに。
高梁と北見も組んで仕事をしたことがあるし、年も近い。
これから先のことを考えても連れて行くことに何の問題もないし、北見だって嫌がることはないだろう。

……何で断ってんだよ、俺。

まるで、北見と二人だけで飲みたいみたいじゃないか。

…………。

佐倉は目を一瞬だけ閉じて、仕事中だと戒める。

早く終わらせないと、北見を待たせることになる。

*

居酒屋でビールを一杯飲みほして、時計を見るとちょうど八時半を少し過ぎた。
焼き鳥を口にして、もし佐倉が来られない時は丼でも食べて帰ろうかとメニューを眺める。

う~ん……。
マグロ丼も旨そうだし、佐倉さんおススメの地鶏の親子丼もいいなぁ……。
それか、石焼キムチチャーハン。これは食べたことないんだよ。

メニューの写真を見ながら真剣に悩んでいると、目の端に誰かが立ったのが見えた。

「え、もう飯モノ行っちゃうのか?」

顔を上げると佐倉だった。

「あ……いや。違いますよ」
「悪い。出ようと思ったら、課長に呼び止められて」
「いや、イイですって。佐倉さんが来られなかったら飯食って帰ろうかな~って、メニュー見てたんで」

「待った?」
「そうでもないですよ」

北見が答えると、佐倉はいきなり頭を掻き毟った。

まるで失敗したとでも言うような顔だ。

「どうしました?」
「あ……自分の言葉に、ちょっと」

自分の言葉?
北見が頭を巡らせて見ても、佐倉が変なことを言った覚えがない。

「いや、ほら……待った? とか」
「それの何処に問題が?」
「……もう!!聞き流せよっ」

ちょっと怒ったように言って、店員に大声でビールを頼んでいる。

「腹減った」

そしてメニューを北見から奪うようにして、何を注文するかを見始めた。

「これ、先に食って下さい」

佐倉の目の前に、さっき一本食べて二本残った焼き鳥の皿を置く。

「え……?」
「まだ温かいし。腹減ってるんでしょ?」
「あ……うん」

なぜ、そこで戸惑う?
いつも注文したのは同じ皿に盛ってくる。
それを互いに普通に食べてるから、潔癖症とも違うだろうし。

「俺もまた注文します。どっちみち割り勘ですし」

北見が笑うと、戸惑っていた佐倉も笑った。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 6】へ
  • 【片想いのこじらせ方 8】へ

~ Comment ~

新連載おめでとーございます!
近頃忙しくて読むのが精一杯で、やっとコメント出来ます。
フツーのリーマンいいですねぇ。日常的に見ている会社勤めの人だと思うと妄想も進みます。
まだまだ恋に発展するまで時間がかかりそうですが、サクラさんがひとりでドキドキしてるのが微笑ましいです。好きな人が出来るとその人の行動ひとつひとつに意味があるような気がしたり、変に意識したりしちゃいますよねぇ。
北見君の見た目だけでなく行動がいちいちツボにはまっていくサクラさんが可愛いですね。
これからの展開たのしみでーす。
暑いですが執筆頑張って下さいな。

ついに新連載が始まってワクワクしてます!!

まだドキドキには遠そうですが少しずつ気持ちに気が付いていく日常を見るのも楽しいです(#^.^#)

佐倉さんそろそろ意識しだしていい感じですね(//∇//)

NoTitle

一言でいうと「かわいい」ですな。佐倉ちゃん!
いいですね〜、恋の始まりって。こっちまでドキドキ♡

昨日、久しぶりに37の再会の辺り読んでいてボロ泣き&寝不足。。。でも、37とか特攻とか明良さんとことかは読んでるとがんばって生きようって、毎日の小さな一つ一つをきちんと生きようって、背筋が伸びる気持ちになれます。

Re: タイトルなし

おみち様

お久しぶりですー。ヒマワリは元気に咲いたかな?

ほんと腐ツー(普通)のリーマンです。
あ、でもお仕事はデキル!!(笑)それくらいは、BLで…。
くたびれたオヤジリーマンも、私大好物なんですけどね(笑)
ただでさえ今回地味だし、あまりにも脇道に行きそうなので…w

恋の始まり?まだそういう展開ですが。
自覚し始めると、変に意識しちゃうので。フフ(〃▽〃)

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

ラムまま様

はい、始まりましたね~。

今は夏…。終わる頃には、寒い季節(笑

恋になって行く自覚がそろそろ見え始めました…。
焦れ焦れしながら見守って下さい♪

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

purple_rabbit 様

ちょっと可愛いのがチラリと見えてきましたか?
あー、高校生だったらもっと可愛く書けるのに!!←コラ
30歳手前の大人なんで…引かれないように、それなりに頑張ります~。

え、37の再会を再読…。有難う(/ω\)ヒャ~
結構、読み返して下さる方が多くて嬉しいです。
彼らも頑張ってましたね。。。一生懸命!今は、大事に噛みしめながらも頑張ってます(*゚ー゚*)

有難う御座いました☆

NoTitle

佐倉かわいいですね~
ちょっと乙女、でも凶暴?
隼系・・・♪

kiri様~
夫が突然お店するとか言い出したんです。
家の近くなので、しわ寄せが私にくると思ったらぞっとします~
居酒屋?なんですけど、昼もあけて欲しいってご近所からの声もあり。
ワタシ、料理苦手なのに、甘いもの食べられないのに、食べることに興味ないのに・・・
洋平助けて~
本当気紛れな人で、趣味に巻き込まないで欲しい~


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

蝶丸様

恋する男子は、乙女なのです…。
なんせ属性、隼ですしww

お店。
よく聞くな~…それ。私も経験あるよ。
何かしたくなるんですよね…男って。何故かしらないけど。
大、大、大反対!!して、諦めてもらいましたけど(苦笑
えぇ、強気で達也のように「絶対知らん」と言い切りました。
だって、巻き込まれるもん。ヤダ…。

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

佐倉さんの反応が出てきました…。

北見が佐倉へ優しさを出してきてます。
煙たい先輩…だったダケの頃と違って、何度も飲みに行ったりしてる内に親近感も増して。
誰彼構わず優しい…っていうのとも違うんですよね。

こういう処が北見の良いところ。
押しつけがましくなく、普通に気負いなく出来るとこが、佐倉にしたら…ドキッ。

>「何だ? 戻れ」
>て。さすが。直属の部下には雑(笑)  ←でしょ?ww

懐こいでしょ?さすが、営業マン(笑
前へ前へ行く。凹んでも、立ち直りも早いし。

高梁くんも、結構出番あります。北見と組むこともあるし。
彼も主任の背中見ながら、成長していく一人ですね。

普段はクールな佐倉さんが、キョドったり…色々と。恋ってホント、格好悪くなっちゃうのよね。
また色々と、分かってきます。。。フフ

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

kiriさん♪

毎日の更新ありがとうございます♡

1日1話ずつ…
んーーーーーーーっ♡
こんな感覚なんですね(*´∀`)
1日1日が楽しみでたまらないっ!!

三角関係なのか?そうなのか?(笑)
ドキドキそわそわしながら待ってます(^^)

NoTitle

数日前から、「愛なんそ、くそ喰らえ」を、心を決めて、真剣にもう一度、読み込もう、としています。あのときは、私が亨さんの事好きになり過ぎてすごく辛くて、途中でどうしても、飛ばし読みしなければ、心が折れてしまいそうで、怖かったのです。野獣カプのころから、読ませて頂いて、37の頃に、HNなしの、秘コメをkiri様に受け取ってもらい、お返事や私のお名前まで付けて頂き、頻繁にお世話になっていたのに、「愛なんぞ」でマジで主人公を好きになって、その方が辛い恋だと、もう、読めなかったです。という事で、愛なんぞの連載中、ほとんどコメ蘭から、消えていた私に、kiriさまから、「どうしてるの?元気?」って感じのリコメ頂き、うれしかったです。しかし、最近になって、ようやく私の亨様に対する思いが浄化してきたようです。なぜなら、いろんな方と、kireさんが、今もその愛の行方を、真剣に語っているのをみて、自分の小さい考えだけでなく、もっと深い思いを持ちたいという気持ちに変化したからです。で数日前から、一話づつ、再読しています。「片思いの」お二人と共に、もう一度、亨様に会いたいと思っているこの頃です。もう一つの変化。タイピングがカタカタ出来るようになって、公開コメも出来るようになりました。2年近くかかりました。(爆

うはっ!うはうはっ!!!

ヤバいよ、kiriさん!
マジ うはうはうはっ!
て、なる。
いや、たまらん。
やはり、隼属性は好きなのか?!

> まるで、北見と二人だけで飲みたいみたいじゃないか。

まるで?まるで!
いや、違うでしょ!行きたいんでしょっ!
もーね。アラサー男、可愛いやないですか。

こんだけ萌えるには、もちろんアチラの要素もあるんですけど。
なんせ、なんせ!
おお!画がうかぶーー!

幸せですわ。
あたし、今、すっごく!シアワセ。。。♡

色々、言葉にしたいけど、
それは流石にお口チャック。
ただ、伝えたいの。
あたい、幸せー!
kiriさん!頑張って、ブログ再開してくれて、ありがとーーー(^з^)-☆

Re: NoTitle

鍵コメc様

ですね。もう、好きにさせてあげましょう\(^o^)/

Re: タイトルなし

ゆのしむ様

一気読みとは違って、毎日少しずつ。
リアルタイムで読むのは「今」だけですからね^^

終わってから一気読み派の方も、もちろんいらっしゃいます(*゚ー゚*)

こうやって毎日彼らと数分間を一緒に過ごすのも、一つの醍醐味♪

一緒に楽しんで下さい♥

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

のあ様

なるほど。今から、また亨の軌跡を辿ってくれる決心を!
あの後、結構「亨ショック」現象で「もう読めない」というお声が、半年以上経ってもチラホラと頂いたんです。私としては、申し訳ないやら…でも、そこまで亨というキャラに思い入れを持ってくれた方々に凄く感謝もしてます。
本当に「悪役」のつもりで書き始めた彼だったんですが、書いてる内にだんだん勝手に一人で動き出したような感じで…。嫌われて当然のつもりで書いてたのに、ビックリするくらい愛情を持ってくれる方々にホント嬉しかったです。
まぁ、非難轟々もありましたけどねww

私はあのお話を書く時は「恋が人生の全てじゃない。思いきりぶつけ合って傷つけあって、燃焼させてやろう。そして残ったのが一滴の愛情」それを念頭に描きつづけました!BLにあるまじき?笑
だから亨は恋は成就しなかったけど、愛は手に入れた、幸せな人だと今も思ってます♪

ゆっくりと辿って下さいね。
ほんと、パソコンも買ってくれて、タイピングも上達して、コメントも表に出して下さって。嬉しいです!

有難う御座いました☆

Re: うはっ!うはうはっ!!!

優様

開始早々から、テンション↑↑ですなww
やっぱり、属性隼がツボ&ビジュアル的なモノ?(笑

アラサーなんだけど、時々ちょこっと 隼っぽさを滲ませてます。
ってか、勝手にそうなって行ってるんですけどね。

まぁ、あんな無謀なことはこの年でしたら ドン引きされるのでww

基本、気が強くて。
ちょい我儘で、少々乱暴。
自分が優位に立ちたがるくせに、恋愛系になると結構シャイ。
これが佐倉さんの私のイメージ。(え、隼?爆)

こういうタイプにはやはり…大らかタイプがお似合いじゃないかなー(え、勇次?ww)

とにかく地味なんで、大丈夫かな?と私も手探りで進めてます。
最後まで書けたので、変更は効きませんが←

頑張りますねー!

有難う御座いました☆

全然。

kiri様、地味じゃないですよ――♪

それこそ隣にいそうな感じ、じゃないですか。
仕事して、彼女や仕事の人ゲイ関係・・違うー! 人間関係で悩んでみたり。

佐倉くんにはもう一つの悩みも加わったようですが(腐腐腐)。

一つでも肩書きが付くともう、上から下からのプレッシャーでぐたり~~。
疲れた心にいきなりオアシス出現! ・・そして警報も。。

そうか、初恋を重ねるのね。 じゃあずぶずぶ行っちゃうなぁ。
まして相手は好意がある。今からキツイと思うなんて、今後の予想が。。
私もグルグルしそうです(笑)。


今日のツボ。
「え、もう飯モノ行っちゃうのか?」  です。  むふ。
遅くなっちゃったけど、一緒に飲もうと思って楽しみにしてたのに。
誘ってくれたから走って来たんだぞ。

なんて勝手に心の声(?)をこさえながらこっそりガン見。
え?仲居さんに怒られなかった? って?  もちろん。 「ソコ邪魔ですよ―」と言われましたよ。主腐、小太り・・はァ。
思いっ切り蝉の抜け殻ポーズしてました。。


蝶丸さま。
お店の阻止が出来なくなってしまったら、曜日や時間でご自身の壁を作った方がいいかもしれませんよ!
この曜日はOK、あとは絶対NG! とか、○時~ △時だけ手伝う。  ・・とか。
しわ寄せされて、心身にダメージが来たら一大事ですもの。
自己防衛しましょう!


では、汗ふきタオル持って買い物行ってきますー。

Re: 全然。

ますみ様

>それこそ隣にいそうな感じ、じゃないですか。←コレ、目指した(嬉
前回が、名家・刑事・893…そしてマスコミとか。ちょっと非日常だったので。

居酒屋で周りを見たら、リーマン同士が仕事帰りに2人で飲んでる(BLなのでイケメン設定ですが)
そこに腐女子が居たら、勝手に妄想が始まる…(笑

北見も佐倉に対して、友好的な意味の好意は持ってますね。
仕事は厳しいんだけど、そこはやはり男同士であるから尊敬の念にもなって行くし。

本当に、普通に仕事だけでいいのなら…。

有難う御座いました☆

あ、また前日のコメとは知らず今日のネタバレリコメしてしまいました。
すいません、削除した…涙
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 6】へ
  • 【片想いのこじらせ方 8】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ