女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

片想いのこじらせ方

片想いのこじらせ方 4

 ←片想いのこじらせ方 3 →片想いのこじらせ方 5
納期を間に合わせ、後は現場にバトンタッチ。
初めて自分が責任を持った仕事が終わったことの解放感で、北見はデスクの椅子の背にもたれかけた。

まぁ……自分の担当が終わっただけなんだけど。
それでも、歯車の一つが回った。

そこへ電話が鳴り、反射的に取る。

「はい、システム課北見」
「佐倉だ」
「……何か問題でも?」
「いや、納期の二日前に上げたから、飲みの誘い」

社内の内線使ってかよ……そう思って口元が綻ぶ。
仕事で何度か関って行く内に佐倉への親近感は増していた。

「お付き合いさせて頂きます。えと、井波とか他の……」
「お前だけだよ。他連れてくんな。まずは俺とのペア初仕事の酒」
「あ……はい」
「じゃ、帰りにそっち寄るわ」

え……いきなり今日?
ずっと忙しかったから、久しぶりに彼女を誘って食事に行こうかと思っていたから一瞬躊躇する。

「何、先約?」
「いえ……行きます」
「じゃ」

北見は耳に当てていた受話器を離し眺めてから、元に戻した。

強引なんだよな……何と言うか、空気が。
こっちが躊躇した途端、間髪入れず言葉を発してグッと入って来る。

営業という仕事柄なのか。
それとも、そういう処を見て営業へ配属されたのか。

ま、どっちでもいいけど。
佐倉と話をするのは、嫌じゃない。

まだ仕事でしか関ったことがないけれど、今日はちょっと違う話も出来るかもしれない。

北見は、佐倉と飲みに行くことが思ったよりも楽しみになってきていた。

*

「かんぱーい」

会社の駅近くの居酒屋で二人でビールジョッキを合わせて、乾杯。

「お疲れ様でした」
「お疲れ~」

ビールをグイグイと半分近く豪快に飲み、口に泡をつけたままプハーっと息を吐く。

「…………」
「なんだよ?」
「いえ」
「何か言いたげだ」

煙草に火をつける佐倉を見て、つい吹き出してしまった。

「すいません……。見た目、裏切るなぁと」
「……どういう意味だ」
「いや、どう見たって年よりも若く見えるのに。酒飲むところとか、なんか……結構、オッサンで」

足を軽く蹴られたが、佐倉も笑っている。

決して、顔立ちが幼い訳じゃないのだ。
あっさりとした顔付きで、精悍ともいえる。

「オッサンだよ、もう。二十九だぞ?三十手前」
「いや、見えません」
「それ、褒めてんのか?」
「褒めてます。綺麗な顔してるし」

そう言ってから、自分は何を言ってるのだろうと北見は口を噤む。
男に若く見えるとか、綺麗な顔とか……。
相手が女なら褒め言葉でも、男はそう思う人ばかりじゃないだろう。

「すいません。俺、何か変なこと言いました……よね」
「いや? 嬉しいよ。俺は若く見えて、綺麗。褒めてんだろ?」
「はい」

踵を正して真面目な顔で北見が答えると、佐倉も吹き出した。

「実際、新人の頃はもう、セクハラの嵐だよ」
「え、男の人に?」

北見が大きく驚くと佐倉がまた笑う。

「バーカ、女だよ。可愛い~とか言って頭撫でたりしてくるんだ。ベッタベタ触って来るし、ほんと……参った」

その顔は笑ってはいても、当時を思い出したのか少し苦味が混じっている。

「こりゃ、男のプライドだ何だ言ってたら仕事にならないと悟ったね」

肩を竦めて煙草をくゆらす佐倉にも新人の頃があって、たくさん頭を打ってきたのだろうことが伺える。

「今回、佐倉さんと組ませてもらって色々と勉強になりました」

そのままの姿勢で、頭をペコリと下げる。

「俺、北見の仕事の姿勢好きだよ」

その言葉で、北見がパッと顔を輝かす。

「素直なんだよ。俺の言葉ちゃんと聞いて……」

佐倉が前屈みになって、テーブル越しに手を伸ばして来る。
そして、北見の髪にポンと手を乗せて前髪をサラリと撫でた。

ドキ……ッとするような空気になって、北見は目を伏せてしまう。

「髪も速攻で切ってきて。ウチの課の女連中が、カッコイイとか騒ぎ始めてんぞ?」
「あ……」

それは気付いていた。
けど、冷やかし半分だろう。

「タッパあるし、スタイルもいい。顔もよーく見ればそれなりに男前だし? モテちゃうかもよ」
「いや。俺は、別にモテたいとか無いです」

眉を上げて佐倉がビールを追加した。

「お前、女に困ったことないだろ?」

すぐに来たビールをグビグビと飲んで、佐倉が言った。

「……はぁ」
「いるんだよな。地味目に見えて、実は結構モテるヤツって」

いや、モテるって言う程はモテてない。

「普通ですよ」
「彼女は?」
「います」
「長いの?」
「一年……くらいかな」

乗せられるように質問に答える自分に気付き、又だ……と思い直す。

「佐倉さんはどうなんですか。モテるでしょ?」
「うん」

即答されてしまって、北見は残ったビールを飲み干して追加をした。
次は彼女がいるかどうか聞くと思われてるのかと過って、わざと聞かなかった。

「モテる男が、こうして二人だけで酒飲んでるってのもイイだろ?」
「はぁ……」

佐倉がまたテーブル越しに手を伸ばしてきて、ネクタイを引っ張られ北見も前屈みになる。

間近にある顔にドキリとして目を剥けば、いつもの顔でニッと笑った。

男同士でこんなに顔を近づけることなんか、普通にない。

「また、飲みに行こうな」
「……はい」

ネクタイから手を離して、トン……と突かれ、佐倉との距離が離れて行く。
こっちをジッと見つめる佐倉に、北見も視線を外せなかった。

ふっと先に佐倉が目を逸らし、メニューを広げる。

「ここの地鶏の親子丼美味いんだよ。お前も食う?」

ひょいと上目遣いをされて、北見は操られるように頷いた。

*

「はー食ったし、飲んだな」

帰る沿線が同じだと分かり、二人で駅に一緒に向かう。
今年に入って引っ越したばかりで、念願の一人暮らしに慣れてきて満喫している最中だ。

「腹イッパイですよ」
「はは……っ。お前ってデカいから、食う量も半端無いな」
「すいません。奢ってもらって」
「次からは、割り勘な?」
「はい」

次も……。

ただ飯と酒だけでも、何だか嬉しい気持ちになった。

改札を通って、一緒にホームに立つ。

「一緒の沿線なのに、会ったことないですね。まぁ、俺はまだこっちに来て半年程度ですけど」
「俺ら営業って朝から現場行ったり、直帰も多いから。けど、これからはデスクワークも増えるから会うかもな」
「管理職より、現場の方が好きそうですね」

少し寂し気に見えて、そう聞いてみた。

「うん。俺、現場で働く人達を見るのが好き」

佐倉が爽やかに、そう答えた。


いつも応援、有難う御座います。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【片想いのこじらせ方 3】へ
  • 【片想いのこじらせ方 5】へ

~ Comment ~

(/ω\)

kiri様

たいへんご無沙汰しておりました!
毎日、来てましたよ♡

始まりましたね新連載♪
なんかもう既に、この何気ない日常で息荒げて読んでます(笑)腐腐腐
この居酒屋でバイトしたい。

また顔出しま~す!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: (/ω\)

cally様

お久しぶりですー!
callyも、読み続けて下さってるんですね…嬉しい(´A`*)・゚。

>この何気ない日常で息荒げて読んでます←マジですかww嬉

うん。この居酒屋で「はい、ビールお待たせ!」と持って行きたい!

はい、またお顔出して下さい。待ってまーす♪
有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメno様

はい、もうあのビジュアルで動かして下さい。。。
大御所作家様の絵で、何とも厚かましいですが(;・∀・)BLは妄想!!ってことで^^

今回は普通のリーマンですが、仕事の面のイザコザはあまり書きませんでした。
書いてたんですが、消したので…。やはりココはBLだからあまりリアル過ぎるのもね~。
いつものように、ちょっとリアルを投入って感じです。

>佐倉さんの、何気ない仕草や、何気ない言葉に、色気を感じます。←わー、ホントですか?嬉
彼は男っぽい人なんですが、バイなので。やはり女性とはまた違った色気を少し漂わせられたらなーと。

あはは、そうなの。北見くん、セクハラ被害を「男」だとww確かに、女性から受けるとは思わないもんね。
佐倉さんも全部は言わないけど、色々苦労してると思います。
営業って、他部署より「人」との接触が多いですからね。

少しでも楽しんでもらえたら。。。(´∀`)

有難う御座いました☆

NoTitle

kiri様。

ぐふふ。。。
ぐふっぐ腐っっ♡

ええ。踊ってますよ、かのキャラ画で、佐倉くんと北見さんが(^ω^)
じわじわと。。。じーわじわと、ですね。
ええ、ええ。良い感じです。
少しずつ、知っていけばよいのです。
自分とは違った仕事への姿勢、を魅せられて、格好良い!と、知っていけば良いのですよ。
ええ、じわりじわり、と(笑)


あ、ちょっとkiriさん!10分ほどで太陽さんに負けるやなんて、あきませんて!
私、7/18頃から、毎週 土、日。時には平日まで、ほぼ一日中、外にいますよ!
台風で一日潰れましたが、その分、超過密に試合です。
流石に試合以外の時間は木陰で休んでますが、(ずーっと外に居ると、木陰で風が吹くとむちゃくちゃ心地よいのですよ)、応援中は、影が無ければ炎天下です。
もっとも、コートの中で試合してる当人達は、もっと暑いですから。
昨日は、あの炎天下に2時間弱の死闘が繰り広げられてました。
もう、終わった時は感動でしたよ。

そしてーーーー
軽い熱中症で倒れて冷やされる子供、10人弱。
救急車搬送の保護者、1人。

無理は禁物ですぜ。


私信です。
ゆうキリンさま!
カツオくんの、大切な方を紹介してもらえたんですね!
良かったですね!まず一歩。
まだまだ長い人生。カツオ君にも色んな事が起きるでしょう。
だけど、最後に大切な方に辿り着ければよいのですよ。
どうか、皆様、お幸せに♡

Re: NoTitle

優様

ふふふふ…。踊ってますか?いっぱい、踊らせてください。
ついでに、あんなことやこんなこと(何?
まだ始まったばかりだっつーにw

いや…もう、暑いよ。日中で外で…そんな…そんな…(@_@)←想像しただけで無理‥。
しかし、この炎天下で頑張ってるんですよねぇ。
クーラー1日ガンガンかけてる室内にいても、バテてるって、何だ自分!

うおー。軽い熱中症&救急車搬送の保護者…。
ほんと、無理は禁物ですね。
私は坂道を自転車で(買いました)上がる時、毎年この季節「ここで死ぬかも」と思います。

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメe様

そう、キャラの同級生ってのも何か面白いですよねw
メインでの最年長は、堂本と亨で、次の年代が佐倉さん達ですから…。
一番ちびっ子は、やっぱり今のとこはまだ浩太(笑

リアルでの会社勤め、色々ストレス過多だと思います…皆様。
だから、仕事の後のお酒が美味い?(´艸`*)

>しかも注文後すぐくるビールっ。
>ここ大事ですよね!飲み物は素早く!! ←酒好きの発言だww
とにかく、お酒が遅いとイライラするようです…(私の周りw

2人だけで、仕事終わってからの飲み♪は、初。
一回行けば、また機会があったら次も…ってなるものね…フフ腐

有難う御座いました☆

美味しいんだろうなあ・・。

下戸の私にはアレですが、飲める人はタイミングが大事なよう。 いい居酒屋さんですね♪

内線使ってのお誘い、とはいえ楽しみにしてた北見くん、どうでしたー?
ギャップ萌えは、恋愛の第一歩♡ でも、先は長いし徒歩のスタートっぽい(笑)。

佐倉くんにしても、言う事守って納期を仕上げるとか、髪を切って来るとか。北見くんかわいー。 でしょうね。
そのせいか、自分もあまり喋らない過去(?)をポロリ。
さらに近付き。。ついでにお顔も 腐。

今度は、上手くいったら電車でツーショット(きゃあ)!

Re: 美味しいんだろうなあ・・。

ますみ様

やはりビールは特に、早く来ないとね~!
酒好きさんは、まず一口飲んでから箸を持つw

北見は最初の印象から、少しずつ良い方へ変わって行ってますね。
男は仕事ぶりで語る…と言いますから。
まだ恋愛感情には程遠いですけど(そりゃそーだ。ノンケくん

佐倉は素直な北見に、元々タイプなもんで更に好印象…♥

どうなることやら…(〃▽〃)

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【片想いのこじらせ方 3】へ
  • 【片想いのこじらせ方 5】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ