女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←俺の勝ち-6 →俺の勝ち-8☆R15
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【俺の勝ち-6】へ
  • 【俺の勝ち-8☆R15】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「● 龍介と達也☆番外編」
俺の勝ち

俺の勝ち-7☆R15

 ←俺の勝ち-6 →俺の勝ち-8☆R15
風呂に入るなり、あっちこっちを触ってくる龍介の髪を掴む。

「おい、コラ。風呂ではヤんねぇっつってんだろ」
「触るくらいで文句言うな」
「もし、風呂でヤろうとしたら?あ?」

達也が顔を近づけて凄んだ処で、当然効くクマじゃない。
以前風呂場で最後までして、のぼせてしまったことがあるのだ。

「約束は守ってんだろ」

広い風呂場ならともかく、独身用の部屋の風呂は狭い。
一人用の風呂に、デカい男が二人。
それだけでも圧迫感が半端無いのだ。

ユニットでないだけ、まだマシというべきか。

……っていうか、別々に入ればいいのだけれど。

「背中洗ってやるから、大人しくしろ」

達也がスポンジを泡立て、広い背中を力を込めて洗ってやる。
二人で並んで座ると、すぐ後ろが壁だ。

「もっと優しくしろ」

文句を言いながらシャワーで髪を濡らし、シャンプーで洗い始めた。

「……クマの行水」

独り言を言っても、水音で聞こえないらしく言い返してこない。

龍介が頭の泡をシャワーで流す動きで、背中の筋肉が盛り上がる。

惚れ惚れするような男の体だと、同じ性として少々の嫉妬が湧くのも毎回だ。

その硬い筋肉を指でなぞり、手を拳にして叩く。

「お前は……さっきから何やってんだ」

龍介が振り返り、達也を前から抱きすくめて来た。

「待て……待てっ。泡だらけで滑る」
「だったら、要らねぇことすんな」


水も滴る良い男だな……お前は。

達也は興奮してくる自分を感じた。
自分から顔を近づけて、キスをする。

目の前の龍介の目が、ギラリ……と光ったように見えた。

「風呂ではヤんねぇんだろ?」

少しだけ唇を離して、龍介が問う。

「最後まではな。けど、お前のココが育っちゃったし?」
達也が泡のついた手で掴み、ユルユルと扱いた。

「そりゃ、お前が居るからな」

そう答えて、龍介も達也のペニスに触れて来る。

「人のこと言えんのか?」

ニヤリと笑う龍介に、ゾクリ……。

(そりゃお前が居るからな)
龍介と同じ言葉を心で呟き、舌で唇を舐める。

「先に、抜け」

達也が掠れた声で言えば、龍介が抱えるようにして立ち上がった。

「抜くだけだぞ?」
自分から言い出しておいて、念押しする。

「分かってる」

体を風呂の壁に押し付けられ、龍介が髪を掴んで頭を固定される。
達也も抗わず、龍介の首に手を回してキスをしかけた。

龍介の大きな……ゴツゴツとした手が二人分の竿を包み、上下に擦りあげる。

キスをしながら漏れる息は、甘さなどない。
激しい息遣いの獣同士が、内部の熱を吐き出すことに夢中になる。

「はっ……気持ちいい……」

達也がキスの合間に笑って言えば、龍介がまた口を塞いで来る。

龍介の手が早まり、達也の指が龍介の背中に強く食い込む。

「…………っ!!」

先に達也がビクビクと震え、龍介の手が更に速まり喉の奥で唸り声がした。

*

「はー、スッキリ」

龍介が先に湯船に浸かっている上から、達也も入る。

正面で向かいあい、互いに湯船の背にもたれ掛る。

「狭いな」

毎回同じことを言いながらも、時々一緒に入るのだ。

「小せぇ時思い出すな」

達也が言えば、龍介の眉がしかめられる。

「お前ん家でさ、たまに一緒に入ってたじゃん」
「あぁ……小学生の時だろ」

達也の父が出張で留守にする時、龍介の家で何度か泊らせてもらった。
一緒に飯を食べ、風呂も一緒に入り、同じ部屋で布団を並べて寝た。

夏休みなどは泥だらけになって、陽の明るい内に風呂場に二人で放り込まれたこともある。
中学になってからは父が出張でも泊まりに行くこともなくなったし、龍介の母も勤めで忙しくなったけど。

学校が終わってからも二人でよく一緒に過ごした。
幼馴染という立場で……。

「中学からお前が剣道やりだして、俺ちょっと寂しかったわ」
「何でだ」
「毎日一緒に遊んでて、帰りも一緒で。当たり前だったことが無くなったから」
「週の半分は部活終わってから、お前の飯食ってたろ」

まるで「行ってやっただろ」とばかりの言い方にムカつき、達也の片足が湯船から上がって龍介の肩をグイグイと押す。

「俺様が飯食わしてやってたんだろ」

まぁ、親父とお前が「美味い」って言ってくれるのが嬉しくて、料理にハマったんだよ。
俺が料理人になったのは、お前が元でもあるな……。

「腹減って、腹減って。お前の元に帰るのが楽しみだったな」

俺は……お前が、凄い勢いで飯を食べる姿を見るのが好きだった。

「お前の母親がたまに、スゲー良い肉とか持ってくてくれてさ。それで、その素材をどうやって生かすか考えるのが楽しかった」
「デパートで社販で買ってきてたな」
「あと、米もいつも貰ってた」

息子が食費を圧迫してるんじゃないかと気にして、いつもたくさんの食材を持ってきてくれた。

「俺が半分以上食ってたからだろ」
「だから、こんな体になったんだ」

達也が手を拳にして、胸板をグイグイと押す。

「お前が作った体だ」
「だろ?成長期に貢献してやったんだ。有難く思え」
「だから戻ってきただろうが」

龍介がニヤリと笑う。

「……結婚したくせに」

つい、ポロリと出てしまった。

龍介の結婚は、ショックだった。
もちろん恋愛感情なんか持ってるつもりは無かった。

先を越されたという気持ちもあった。
でも、俺に何も言わず人伝に聞いたのが半分。
後は……複雑で、よく分からないモヤモヤしたものが残った。

「けど、戻って来た。違うか?」
「あぁ、そーだなっ」

結果がこうなったんだから、大した問題じゃないとばかりの龍介にちょっとばかりのムカつき。
俺はこうやって龍介に一々ムカついては、喧嘩を吹っ掛けていたっけ。

他の奴なら聞き流せても、龍介だとムカつく……。

昔から「特別な存在」であったことは、確かだ。
相手のやることが一々気になって、目で追って……。
さすがに、それを好きだなんて感情と結び付けたことはないけど。

普通に濃い友情でも、そういうのはあるのかもしれない。
でも龍介が歩み寄り、触れて……肌を合わせて俺達は始まったのだ。


……しかし。
こんな狭い風呂の中で、何を昔話に浸ってんだ?

達也は我に返り、立ち上がった。

「熱っつい!!」

ザバッと音を立てて、さっさと風呂から上がる。

龍介もすぐに出て来て二人で体を拭きながら、狭いだなんだと小競り合い。

「飯食って、ゆっくりしよーぜ」

達也が龍介の洗い立ての髪に、チュっとキスを落としてキッチンに向かった。





ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ 3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ 3kaku_s_L.png 頂きモノ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【俺の勝ち-6】へ
  • 【俺の勝ち-8☆R15】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しよーぜっ(///∇///)

kiri様。

飯食ってゆっくりしよーぜ…えええっΣ(Д゚;/)/ゆっくりなにすんのぉ。

(≧▽≦)!きゃー!なんかモゾモゾしてきた。(あっ?私はしなくて良いの?)

我が家の息子の彼女は「ママのおすいとんがばあちゃんの味」と、高校生のときから付き合っていて(ばあちゃん子です。ばあちゃんは亡くなりましたが。)、家に来て私がいると真夏の暑いときでも「すいとん」を作れと言います。もう、24です(^w^)。幼い頃に染み込んだ味って何歳になっても体が要求するらしく、具合が悪くなったり、へこんだりすると食べたいらしいです。他の料理はばあちゃんの味じゃないらしいですけど…。
このばあちゃんの味のおすいとんのお陰で息子とよりも仲良くやってますが…おばあちゃんに感謝してますよ。

りゅーすけってデリカシーがないのか?多少の事は気にしないのか?ほんとに発言が勝手にホジティブって言うか、前しか見てないって言うか、たっちゃんしか見てないって言うか…少ない言葉が全部ツボです。

でも、ズキュンッて来るんだよなぁ?どこかに「拾ってください」って書いた段ボールに「捨て熊」いないかなぁ?

kiri様信者の皆様。どこかに落ちていたらご一報下さい。当方で引き取ります。えへへ(〃⌒ー⌒〃)ゞ

はぁーーー。

暑い。
kiriさま、読んでるだけでノボせそうな暑いお風呂抜き。
暑いわー。
今、我が家のお風呂は洗濯物を乾かす為に稼働ちう。
さっき入ったら、野獣 りうすけ家ほど、暑かったです。

> 「……結婚したくせに」
なんでしょうね、この悔しさは。
♂♂なんで恋愛なんて普通に考えないけど、何だかモヤモヤ腹が立つ。
仲の良い男同士の友達で、こんな風に思ったら要注意!かもしれません。
いえ、私ら腐女子には願ったり叶ったりなんですが。
この、トクベツな友情 と 恋情の狭間の揺れ動きが美味しいなー。

で、ですね。
ワタクシ、今朝知ったのですが。。。
kiriさん、皆さん。
【あ/ら/しのよ/るに】と云う、絵本原作のお話、知ってはると思うのですが。
コレは、狼と山羊の種族を越えた友情物語なんですが。。。なのか?そうか?友情か?
この辺の判定はJUNE育ちのトーヤさま、ますみさま、他皆様方に委ねたいと思いますが。
今度、歌舞伎で上演されるようです。
狼のガブ 中/村☆獅/童さん。
山羊のメイ 尾/上◇松/也さん。

。。。人間の♂♂2人で演じると、かなり、濃厚な友情?を感じてしまうのは、私だけでしょうか???

何を云ってる?あんな名作を!暑さでアタマ沸いたか?優!
と。思われた方は、もう一度、アニメーション映画を腐った心と腐った瞳で観てください。
決して、純真な心で観てはいけませんよ。
ええ、今回ばかりは腐パワー100%で、みてください!!

Re: タイトルなし

鍵コメm様

お久しぶりです♪

あぁ……そうだったんですか。
仕事と恋愛。これ、ほんとうに難しい!!
男女でもそうですが、特に同性になると…ほんとうにネックになると思います。
コメントでも、過去の恋愛でダメになったのは「仕事」絡んで小さな亀裂が入って…というお声がたくさん。譲れない部分って、ありますもんね。

弱って、凹んで、自己嫌悪して、突っ伏して。
また力が出るまでは、そのままでもいいと思います。
子供みたいにコケて、全身地面にベッタリして、無駄な足掻きをせず、力抜いて波間を漂う時期。
何か大きな波が起きたら、泳げるようになるまで…。

はい。楽しみにして貰えてると思えば、力を貰えます。
私も陰ながら、応援しております!

また、お顔出して下さいね(*゚▽゚*)

有難う御座いました☆

Re: しよーぜっ(///∇///)

潤様

えぇ、ご飯食べて…色々と❤フフ
まぁ、堂本のようなネチこいのは有りませんけど…。
龍介は力技!!爆

あー「すいとん」!!
私も好きですー。ひゃ~~食べたくなってきた。
アレ、どこの地方のなんでしょう…。
全国区?うちの母は、九州出身で味噌汁に「だんご」だと言ってたまに入れてたな~。

>幼い頃に染み込んだ味って何歳になっても体が要求するらしく←わかる!!

龍介はデリカシーなぞ、有りません…笑
まぁ、言葉はキツいけど、真髄の部分を短く言うので。
うん、発言はポジですね。うちキャラでは、秋也と同じ属性を持ちます(姫と熊

「捨て熊」あったら、約数名の腐女子さんの中で争奪戦?笑

有難う御座いました☆

Re: はぁーーー。

優様

狭い風呂場で、獣共…。ほんと、別々に入ればいいんだよね…。
文句言いながらも、達也はちょっかいかける。で、喧嘩すんの。

書いてても、暑かった…。
湯船のお湯、半分でイケんだろ?とかも思いつつww

龍介の結婚を風の便り的に聞いて、相当ショック受けてたようですが…。
熊さん、戻ってきました。
明確な考えもなく、ただ達也の傍に帰ってきて…このお話がスタートしたんでしたっけ。

>いえ、私ら腐女子には願ったり叶ったりなんですが。←大好物です…腐

>【あ/ら/しのよ/るに】
うん、うん。うろ覚えですが、なんとなく…。

ちょっと後で検索かけてみます。ジュル
それは美味しいお話を…。腐でしか見ることが出来ませんよ、そんなのっ

どんな普通(ノーマル)なのを見ても読んでも、アンテナはいつも作動中ですもの…。

有難う御座いました☆

NoTitle

> その硬い筋肉を指でなぞり、手を拳にして叩く。
> 「俺様が飯食わしてやってたんだろ」
> 「……結婚したくせに」

そのほか抜粋したいところはありますが、
体をいじったり、料理に関しては得意げだったり、ちょっと嫉妬もしたりと、
龍介から見た達也は可愛いくて仕方ないんじゃないかなあと。
龍介さんが可愛いと思うのかどうかも怪しいけど。


~流涎の館 プチ♪
●ステキ写真サイト>http://gayspree.tumblr.com/
以前も紹介したかもしんないです。もうワケわかんない~(^^;
●ショートムービー(17分34秒)>http://fujo2.com/articles/wadai/foreign/32909.html
字幕プリ~~~ズ!(ノω・、`)

では~~♪┏○))ペコ

あらしのよるに

皆様。

あらしのよるにです。

http://www.dailymotion.com/video/xq31qy_%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%AE%E3%82%88%E3%82%8B%E3%81%AB-%E6%98%A0%E7%94%BB-1-2_shortfilms

http://www.dailymotion.com/video/xq31kn_%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%AE%E3%82%88%E3%82%8B%E3%81%AB-%E6%98%A0%E7%94%BB-2-2_shortfilms

見れたら良いなぁ。

感想はそれぞれで…ふふっ。(///∇///)

何でも腐っちゃう潤は…そーゆーふうに見ちゃいました。

潤様。

それでこそ!
ええ、鑑ですっ!!
私、朝から涙溢しながら、腐目線でツッコミ入れて見てました。

kiriさま。
完ぺきな私信、ごめんなさいー

Re: NoTitle

トーヤ様

達也の場合、エロで触るというより「ちくしょー」と思いながら触る(笑
ご飯は、龍介の食べっぷりが見たくてハマった処もありますしね。
結婚は…本当にショックだったみたいです。
まさか、それが!!ラブになるとは、思いもしなかったようですけどw

うん。龍介は達也を「可愛い」と思ってるんですよ。
キラキラした目で、ご飯をかっ込む自分を見つめていた頃から。
龍介に喜怒哀楽をバンバン出してくるのなんて、多分達也しかいないと思う(´艸`*)

ショートムービー。なるほど…。反対の視点ってヤツですね。
しかし♂♀というだけで萌えない、この腐脳…。どうしたものか(マジでw

チューいっぱいの写真で萌えました♥

有難う御座いました☆

Re: あらしのよるに

潤様

わー。改稿してから、ちゃんと観よう!!

有難う御座いますm(__)m

駆け引きのない、ホント直球なクマさん。🐻
まるでストラックアウトばりに達也の心めがけてブンブン‼

でも達也だって負けてない。
受け入れることは許しても、それ以外は…勝負!
なにせ龍介の体は自分が作った、って自負がありますもんね♪


幼なじみだと歴史も長い。
場所や時間でふと思い出すこともたくさん〜。
油断できないけど。腐腐。

さぁ、ご飯食べて、力つけて、あとは出たとこ勝負だーー⁉

私信です。ご指名があったので(^-^)/

優さま。
うろ覚えだったので、潤さまの貼り付けから再読〜

…うん、確かに濃ゆい友情。
出だしが嵐の夜、お互い一人(?)、怖くてくっついていた。。
温もりを分け合うと、親近感が育つ。
それが喰うもの食われるものでも。


私は、同族に逆らって相手を選んだ時から友情以外のものが芽生える〜、と思うのですが、如何でしょうか?

最後には、二人で旅立つんですもんね…。

Re: タイトルなし

ますみ様

やはり年の差と、同い年との違いが日々現れてますね。

龍介も達也も、幼い頃から何が変わったわけでもないんですが…。
一番近い処にいたお互いが、いつも競う相手だしたから。

俺の勝ち……そんなことを、何百回言ったり心で思ってきたんだろうww

そこにラブが入って、さらに密度が濃くなったクマトラでしたww

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【俺の勝ち-6】へ
  • 【俺の勝ち-8☆R15】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。