女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

「● 龍介と達也☆番外編」
俺の勝ち

俺の勝ち-6

 ←俺の勝ち-5 →俺の勝ち-7☆R15
週末、龍介の部屋に行って先に掃除と洗濯を済ませる。

今日は午前中だけ署に顔を出すと行っていたが、事件が起きればそのまま帰って来ない。
部屋のソファー前に積まれた参考書の山。

勉強なんかする暇もろくに取れず、合間々々にやっているらしい。
本気で昇進したい訳じゃないのは、見ていれば分かる。
まぁ、どっちにしろ何年もかかるって話だから、気長に。


昼前に携帯が鳴り、今から帰ると連絡があった。

冷蔵庫から食材を取り出し、適当に昼飯を作る。
夜は肉系だから、野菜たっぷりのあんかけ丼にしよう。

*

「ただいま」

玄関の扉が開き、龍介の声がする。

「お帰り。もうちょっと待ってろ」
「腹減った」

肩に顎を乗せて、手元を覗き込むのもいつものことだ。
横に並んで見ればいいのに、いつも背後から来る。

そして、次に首筋を匂い出す。

アニマルは、何でも匂いを嗅ぐ。

「着替えて来い」

強めに言うと、すんなりと離れて着替えに行った。

扱いにはもう慣れたもんだ。


丼に盛った白飯の上に、トロリとしたあんかけ野菜をかける。
味噌汁と漬物も一緒にテーブルに置いたタイミングで龍介が出てきた。

手にシャツを持っていて、当たり前のように達也に渡す。

「またボタン飛んだか?」

黙って頷く龍介を横目にシャツを見れば、首元だ。

「何でこんなとこ飛ぶかな」
「掴まれたんだ」

成程ね。
留置中の容疑者か何かか?
……聞かないけど。

まぁ、それも仕事だ。

ちゃんと手を合わせて、昼飯を食べだした。

「そろそろ、シャツも買いに行くか」
「あぁ」
「明日、このまま休みだったら行く?」
「お前、買っといてくれ」
「出たよ……丸投げ」

「分かってんのか」

ニヤっと笑う龍介に、背筋に悪寒が走る。

「先週もお預け喰らったしな」
「それは俺のせいじゃないだろ」

事件が起きれば、休日返上だ。

達也の言葉に答えもせず、龍介は野菜あんかけ丼を黙々と食べる。

「おーい。闘いの前の飯みたいに黙々と喰うな」
「美味い」
「よし!」

満足気に達也が頷いて、一緒に食べ始めた。

*

昼飯を食べ終わって龍介がソファーで横になっている間、達也はキッチンを片づける。
片付けている間手を出すと怒られるのも分かっているから、不貞腐れたように終わるのを待っているのだ。

やっとキッチンが終わったと思ったら、風呂場へ直行した。

あいつ……絶対風呂掃除だ。

龍介がソロリ……と覗きに行くと、やっぱり風呂場を洗い始めている。

落ち着きがない。
いつも、いつも動き回って。

昔からだ。
家の中で、あまりダラダラと過ごしているのを見たことがない。
そういう性分なんだってのは分かっているが、面白くない。

事件が続けば、こうやって部屋でゆっくりできることの方が少ないのに。

「おい」
「何だ?ビールなら冷えてるだろ」
「それ、いつ終わる?」
「え?」

手を止めこっちを見る達也が、不思議そうな顔をした。

「早く終わらせろよ。風呂くらい、俺が洗う」
「お前が洗うと雑なんだよ。見ろ?この水周り」
「…………」

ムッとする龍介に達也が立ち上がった。

「あのな、お前とエロをおっぱじめると俺は後なーんにも出来なくなるんだよ」

低く脅すように言われ、龍介がバスルームに一歩踏み出す。

「ウエイト!」
「俺は犬か」
「近づくな、それ以上」
「何でだ」
「とにかく、風呂洗ったら背中流してやる。それでいいか?」

優しい顔で言われ、龍介も仕方なく頷いてすごすごとソファーに戻った。

積んである本を取り出し、何処までやったかと頭を巡らせる。

集中してやろうにも、事件に追われると間が開く。
そしてまた遡って……となるから、そう簡単には進まない。

堂本は、何かに取り憑かれたかのように署でも時間の合間に勉強していた。

それでも二年間、みっちりだ。

昇進には、自分と同じようにあまり興味が無かったようだったのに。

だがやはり、先輩のそういう姿には刺激を受ける。
普段は掴み処の無い人だが、仕事に関しては徹底していて厳しい。
手を抜かず、どれだけ時間がかかろうと面倒がらず、仕留めるまで追い込む。

大学時代は剣の道で。
そして今は仕事を通して、目の前にある背中を見る姿勢は変わらない。

何年先になるか分からないが、勉強も悪いものじゃないな……。

そう思い直して参考書を真剣に見ながらラインを引き、ノートに書き込みを始めた。



集中していると、テーブルの上にコトリとマグカップが置かれる。

「俺も、ちょっと仕事する」

達也が頭のてっぺんにキスをして、傍のキッチン前のテーブルに行った。
とは言っても、狭い部屋だ。

少し移動すれば手が届くが、パソコンに向かって真剣な顔をしている横顔を見て、龍介は本に視線を戻した。

*

トントンという音に気付き顔を上げると、達也がキッチンに立って包丁を握っていた。

部屋の時計を見ると、夕方の五時になる処だ。
数時間、二人して没頭していたのだと気づく。

立ち上がり、引寄せられるように達也の傍に行く。

後ろから手を回して、その細い首筋を唇でなぞる。

「うわ……やめろ。ゾクッと来て、危ない」

このまま持ち上げてベッドに連れて行きたいが、それをすると絶対に暴れる。
怒るツボは、もう充分思い知らされている。

「一緒に風呂入るんだよな」
せめて約束は取り付けておこう。

「んじゃ~、飯食う前に入るか?」
機嫌良く返事が来た。

「飯、何?」
「スキヤキ。こういう時は、仲良く鍋だ」
「こういう時?」
「二人でゆっくり出来る日だよ」

達也が振り向いて、頬にキスをしてきた。

「お前……っ」
「唸るな、野獣」
「唸ってねぇ」
「ガルル……って聞こえんぞ」

クスクス笑う声が心地良い。
機嫌の良い達也に、龍介も嬉しくなってくる。

「野菜だけ切って下準備したら、後は飯が炊けるのを待つだけだ」
「早目に食うのか?」
「そうだな」

龍介が堪らない気持ちになって、達也の後頭部にグリグリと額を擦り付ける。

「何やってんだ、クマ」
「クマじゃねぇ」

「……龍介、風呂入れて来て」
お願いするような、ちょっと甘い言い方にドキリ。

「わかった」

ピューっと飛ぶように風呂場に向かった龍介に、達也が蹲って口を押えて笑いを堪えていた。


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ 3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ 3kaku_s_L.png 頂きモノ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【俺の勝ち-5】へ
  • 【俺の勝ち-7☆R15】へ

~ Comment ~

WWW

kiri様。

わらうぅ。熊さんってば

お手っ!待てっ!お座りっ!全部できるジャーン(^w^)。

我が家のワンコは「だっこっ!」が得意です。19キロの巨体でだっこをせがんできます。ふふっ。(///∇///)

明日のたっちゃんの「よしっ!」が楽しみです。

猛獣使い、妙技炸裂~!!

kiriさま

達也、すっげ---!!゚+.(o,,〃ω〃)o スゴォ~ィ♪゚+.*

完璧な猛獣使いだわ~v( ̄Д ̄)v イエーイ
妙技が冴えわたっていて、すでに「俺(達也)が勝って」いますね、わはは💖

>「俺は犬か」
いいえ、「熊です」←キッパリ!!
だから、達也くんはしっかりと躾ているんでしょうが~。


いいですねぇ~、カプが2人一緒にいるのに、それぞれやるべき事に集中してしている姿って💛
共に歩んで行きたい人と一緒にいれるからこそ、個人の人生も豊かにしなくちゃ、片手落ちになっちゃいますから。
この2人だと、このシチュって初めてかな?


>「……龍介、風呂入れて来て」
お願いするような、ちょっと甘い言い方にドキリ。

うわ--っ💦
達也のデレだデレっ。何だかすごーくレアな感じがして、熊さん同様うしし💕とにやけ笑が止まりませんっ!!
いっつも、命令口調だもんね、猛獣調教師の達也くんは(≧▽≦)

しかも、大柄熊さんが、ビューって何?! しかも目に浮かぶ~!!(爆!!)
ツボる所がありすぎですよ、kiriさまったら💖

またまた私信で失礼します<(_ _)>

>はるかぜさま
私もシンクロ、嬉しいですっ💕
ちょうど今読んでいる本に、チューリップの事が書いてありました。
愛する女性を失った若者が身を投げて、その血から咲いた花という伝説から、「愛」「情熱」の花言葉があるそうです。
初めて知りました---(o゚Д゚ノ)ノ


明日は、お風呂シーンからかなっ?
でも、お風呂がご飯の前ならRはどうかな~、ご飯の後かな~。
腐腐❤
楽しみにしています--!!

Re: WWW

潤様

脅し、すかし、ニッコリ…最近では、秘儀の「ほんのり」甘さの混じった口調。
様々に駆使して、猛獣をこなさないと身がもちませんので。

これは自己防衛です!!←

愛しちゃってんのね~。結局は…お互いに。腐腐

19キロのワンコ!!園児か小学生くらい?重い…でも、可愛い❤

有難う御座いました☆

Re: 猛獣使い、妙技炸裂~!!

みゃお様

小学校からの付き合いの2人。
幼少の頃だと、親がかりでも(ママ友付き合い)もうこれくらいの年だと物心もついてるから、やはり気が合う者同士が一緒にいますよね。

この2人は正反対の性格なのに、常に一緒に居たんです~。喧嘩しながらも。。。
あの龍介が、自分から向かう相手なんか…後にも先にも達也オンリー。
小さい時から何も変わってないw

大人になって。ラブに気づいて。姫を待っていた達也くんに、クマさんが戻ってきた(笑

西野が言ってました。「龍介は達也には弱い」って…。
だから、これも変わりないんですよね。
しかし!そこに気付いた達也が、身の安全のために時々は折れて、甘い口調を使うようになりましたのです。
そう。折れてるんですよ…コレでもww(身の安全…シツコイ

大人になったね~。昔だったら、ぜーーーったいしないと思うもん。
それだけ「好き」ってことね…。

ツボる処があって、良かったです……(´▽`*)

有難う御座いました☆

kiriさま!野獣カプのSS~嬉しいです!しかもコラボありな演出にニヤけてます(*≧∀≦*)
達っちゃんのマメな奥様ぶりは尊敬致します。←ダメ不良妻なので(笑)
久々に二人でいる時間なのに仕事や勉強に費やしているのは、幼なじみ(熟年カップル(笑))だからなのか、お互いを尊重しているようでステキだなぁって思いました。

ワタクシ事ですが、最近社内の認定試験を終えまして(警察のような難関ではないですが💦)。休日も勉強している傍らダンナはアプリで遊んでましたが(爆)、無事に合格しました~(*^^*)
これで心置きなくkiriサマの小説を堪能出来ます!
明日はムフフな展開でしょうか。。。
楽しみにしてます💕

NoTitle

昨日は、

うわーい、拓っくーん♥♥♥ヾ(*・ω・)ノ ルンルン♪

な一日で幸せでした❤
優雅な立ち居振る舞いで接客しているそのお姿!拝見したかった~~!(´・`*)ホウ…♥
堂本ったんも2年間、ストイックにお勉強してましたもんね。
(ストイックは語弊があるか…?でも息抜きはしてても精神的にはそうだったもんね?)
後輩君はその姿をしっかり見てますよ、堂本さん!


> ピューっと飛ぶように風呂場に向かった龍介に、
> クマよ……チョロいぞ。(←4話のラスト)

うーん、やっぱ日常は達也が龍介を手のひらでコロコロ転がしてるんかな~?
で、で、で、この後はバトル?(*´艸`) キャ♪
これまでは達也のターン。
龍介さんは素直に(?)コロコロ転がってましたが、そろそろ…?うしし♪


いやー、達也のオカン振りに頭が下がります。
熊さんの靴もぴかぴかに磨いてそうですねー。
踵が磨り減って、土埃まみれで、ヨレヨレなんでしょうね、熊さんの靴…って昭和の刑事みたいだ。(^^;



♪ 流涎の館 がっつりver. ♪

達龍に重なる♥>http://lovehouse.tumblr.com/post/119441631483/just-gay-couples-lovehouse
エロちゅー♥>http://lovehouse.tumblr.com/post/93389513652/lovehouse
♫♩ノリノリ♬♩>http://bymstf.tumblr.com/post/121540951428
 ↓ ヤバイの ↓
ソレで遊ぶんじゃありません!>://tissysstuff.tumblr.com/post/121614858462
赤毛さんズ>://guyscandy.tumblr.com/post/123081752962
ねーねーみんなー、赤毛さんは下も赤いよー♪(コラコラコラッ)

kiriさん、ごめんなさい。┏○))ペコ

よっしゃ!

kiriさま。

晩ご飯は、野菜たーーっぷり、エビ、イカ、ブタ入り中華丼にしました♡
ーーーーーええ。晩ご飯はコレだけ。


今夜のメニュー、決めさせてくれてありがとうございました。←

Re: タイトルなし

てらぴぃ様

野獣は、ラブコメ要素入れておりますので…。
一瞬でも(。・w・。 ) ププッ、となって頂る箇所があれば本望で御座います…。

この子達は書いてて楽しいです。
対等なだけに、一々バカバカしいことで競う部分とか(笑

達也はこんなんだから…独身だったんですよ。(多分
これはもう性分なので、ヨシ!クマさんには、ちょうど良いかと♪

あ。合格、おめでとうございます!!
大人になっても、勉強して手応えがあるって良いことですよね。本当に。
心置きなく、腐を…wwこれからも頑張って下さいーーー!!\(^o^)/

有難う御座いました☆

NoTitle

日常だ、日常だ―!
猛獣と猛獣使いのベッドゴングが鳴るまでの平和(?)な日常。

勉強や仕事には立ち入り禁止でもキッチンの背後抱きつき・匂い確認はオッケーなんだ。
そしてお互い゜思い知って’るから・・、ガマン(ププpー)。


部屋も綺麗になったし、ご飯の支度もできたし、・・・お風呂もピカピカv-352

第1ラウンド、お風呂? だけど、格闘技っぽいからなー。浴槽壊さない程度だといいな~~。



関係無い事だけど。    kiri様。
今とあるTV番組でが・く・と さんの抱き枕を見ましたっ。
なんと、着ている皮ジャン、ファスナー開けられて、その下綺麗な肉体美上半身が丸見え^^^。 腐
目の保養ーー。

Re: NoTitle

トーヤ様

拓篤登場に、皆さんが喜んでくれて私もウレシーです(*゚ー゚*)

立ち振る舞いが美しい…。私、昔出張で海外に行った時。
☆5つのホテルで、たまたま商談。周りは白人さんのバリバリビジネスマンの中…
小汚いデニム履いたアジアンな私達。(明らかに場違い

しかし!そんなことはどうでもよく。そこに居るホテルマンさん達の立ち振る舞いの美しさに目を奪わました…。
もう、それだけで満足して帰ってきたのでした←
拓篤もきっと、あんな感じ?…と脳内で再生しつつ書きました。

なんかRの期待が凄いんですけども。
堂本のようなエロさは有りませんので…。皆さま、悪しからず(>_<)ひぇ~~

主婦の鏡!な達也はもう動かないと死…。ってくらい、動きます(笑
そういう性分なんですね。決して神経質じゃないんですが、クマさんが大雑把すぎるのでw

エロちゅ~♥こんなちゅーは、どのカプかな…。
堂本かな…やっぱり(エロではすぐに浮かぶキャラw

有難う御座いました☆

Re: よっしゃ!

優様

充分ではないですか!!←
エビ、イカ、ブタ入ってんだもの♪

はい、お役に立てたようで…BLも役に立つ!!←

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

ますみ様

はい。本当に日常をお送りしてます…。

野獣たちは、こうやって日々を重ねて行くんですねぇ…。

うん。達也も、龍介の部屋ならくっ付いてもOK!
匂いを嗅がれても、ダイジョブ(笑

やっぱり、好きだったらくっ付きたいよね…お互いに。
そういう言葉も出ませんが…野獣だけにw

Rは、ライオンさん比較ではそう濃くないです…。お許しをば(>_<)
野獣は野獣なりに♥

あ、が/く/とさん。究極のナルなので、そりゃもう…美!!ですよね。
凄い抱き枕だな…しかし(* ハ)

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【俺の勝ち-5】へ
  • 【俺の勝ち-7☆R15】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ