女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←俺の勝ち-2 →俺の勝ち-4
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【俺の勝ち-2】へ
  • 【俺の勝ち-4】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「● 龍介と達也☆番外編」
俺の勝ち

俺の勝ち-3

 ←俺の勝ち-2 →俺の勝ち-4
「あれがユーレイか」

取調室のマジックミラー越しの部屋で見ていると、早川管理官が入って来た。

「はい」
「目撃者はまだか」
「今、こっちに向かってます」

早川が腕を組み、眉をしかめて男を見る。

「手こずらせるな」

やっと逮捕にこぎつけてみれば、黙秘。

上にかなりせっつかれたのだろう。
焦燥と疲労が浮かぶ、管理官の横顔。

そこへドアが開き、堂本が顔を出した。

「着いたか?」
「はい。今、書類を書いてこっちに」
「目撃だけが頼りか」

唇を噛み、イラついたままの顔でため息を吐く。

「生け捕りにしました。後は、物証で持ち込むだけです」
「……わかった。報告してくれ」

堂本の言葉に早川が何度か頷いて、部屋を出て行った。

「どうだ?」
「相変わらずです」
「お前は、あいつがやったと思うか?」

堂本に聞かれ、龍介は迷いなく頷いた。

「現場の写真を見せた時の目ですね」

人を殺めてしまったら、一つのラインを超えてしまう。
どんな事情があっても、どれだけ後悔をしても、そして罪を償ったとしても、もう二度とそのラインを戻ることは出来ない。

普通の神経を持った人間であれば……の話だ。

「分かった。俺は物証をもう一度見て、鑑識に確認する」

堂本が容疑者を見たままそう告げて、部屋を出て行った。

*

翌朝。
目撃情報、鑑識からの足型の一致、防犯カメラの写真、その他全てを突きつければ、すんなりと吐いた。

昨日のダンマリは何かと思うが、人は一晩寝て起きてしまえば気が変わることがよくある。
逃れようのない証拠から、これ以上沈黙を続けても無駄だ。
余程の信念でも無い限り、取り調べのプロの追及を逃れる術はほぼない。

署に戻り課長に報告をして、それぞれに自分の分担の仕事にかかっていく。

定時に上がり、龍介はそのまま達也のアパートに向かった。



「お帰り」

達也の顔を見て、ヤマが終わったことを毎回実感する。
追い込みの時以外、達也はいつもこうやって迎えてくれるからだ。

「ただいま」
「まだ早いから、白飯が炊けてないぞ」
「分かってる」

靴を脱ぎ、達也の後ろをついてキッチン兼食堂に入った。

あぁ……ホッとするな。
こういう場所があることに、堂本じゃないが「有難味」というのを強く感じる。

「お前の好きな豚のしょうが焼きと、里芋のそぼろ煮だ」
「豚汁は?」
「あるよ。後は、辛子醤油のもやしのお浸しに漬物」

達也がどうだとばかりに片眉を上げるから、龍介が満足気に頷いた。

「さすがの野獣も、連日の徹夜で疲れてんなぁ」

達也が龍介の頬に触れる。
その手首を掴み、親指側の柔らかな場所に歯を立てた。

「コラ、熊。噛むな。俺はエサじゃねぇ」

こういう時、押し倒せない場所であることを恨めしく思う。
さっきまで有難味を感じていたというのに……。

この場所は達也の聖域だ。

「今日、家に来い」
「無理」

即答されて、眉をしかめる。

「エロ熊。俺は、仕事が残ってんだよ。どんな目に合うかわかってて行くバカが居るか」
「どれだけ触ってない……」

そこで頭をバシッ!!と叩かれた。

「ここでそういう会話すんな」
「……なんだよ」
「はは……拗ねてやんの」

覚えてろ……。

龍介が奥歯をギリッと噛めば、達也が目を剥いた。

「怖……っ。刺激したら、ヤバイな」

ボソッと呟いて、キッチンでレタスを手で割いて行く。

怒られるのを分かっていて龍介が後ろに立ち、手元を覗き込むような振りをして入口と反対側の腕で達也の腹に手を回した。

「懐くな」
「ケチ臭ぇことばっか言うな」
「だから、部屋行った時にすりゃいいだろ」
「お前、無理っつったろ」
「週末に行く」
「今日、来い」
「仕事残ってんだって」

二人で言い合いをしながらそのままの姿勢でいると、足音がした。

その瞬間、龍介は肘で弾かれて蹲る。

「あ……久坂さん」
「飯、まだだぞ」

達也の涼しい声が頭上から聞こえて来る。
顔を上げれば、杉浦がこっちを見ていた。

「腹、痛いんですか?」
「痛い」

素直に答える龍介を見て、杉浦が達也を見る。

「大丈夫だ。気にすんな。何か用か?」
「あ。俺、今からバイトの助っ人に行くんです」
「あぁ、コンビニか?」
「繋ぎのピンチヒッターなんで、八時過ぎには帰ります」
「了解。頑張って来い」
「じゃ、行ってきます!」

まるで母親と息子だな。
それも、躾の行き届いた。

龍介は脇腹を押さえながら立ち上がり、椅子に座った。

「お前は……そこにずっと居るつもりか?」
「帰るの面倒臭い」
「母ちゃんの飯を待つ、ガキかよ」

龍介が黙っていると、達也がクルリとこっちを向く。

「疲れてんだろ?俺の部屋で寝とけ。起こしに行ってやるから」

首根っこを掴まれて、仕方なく立ち上がる。

「おい、コラ。動物みたいに掴むな」
「アニマルだろ、お前は」
「お前も人のこと言えんのか」

ブツブツと文句を言いながら、達也の部屋に放り込まれた。

「コレに着替えてろ。寝なくてもいいから、横になっとけ。出来たら呼びに来る」

扉をバタンと閉められ、龍介はふぅ……と息を吐き、スーツの上着を脱ぐ。

達也が洗濯しておいてくれた部屋着に着替え、そのままベットに横になった。

達也の匂いのするベッドが龍介の力を抜く。
枕に顔を埋めてクンカクンカと匂いながら、そのまま目を閉じる。

そういや……この部屋でヤったことないな。

まぁ、ここで手を出したら確実にコロサレルな。

週末までお預けかよ。

覚えとけ……。

脳裏に達也を泣かせてやることを妄想している内に、いつの間にか意識が遠のいて行った。

*

「おら、起きろ。がーがー寝てんじゃねぇぞ」

体を揺すられて目を開けると、達也が居た。

「寝てたか……」
「疲れてんだな」

優しい顔に、思わず抱き寄せる。

「おい……」
「何もしねぇから怒るな」

擦れた声が出て、そのせいか達也が黙ってジッとしてくれた。


「二時間は寝てたぞ」
「そうか……」
「腹、減ったろ?」
「あぁ」

龍介が達也の頭を撫でると、達也が顔を近づけて来た。

「明日も仕事だろ?」
「そうだ」
「だったらさっさと起きて、飯食え。で、帰って風呂入って寝ろ。体が資本だろ」
「久々なんだから、もっと俺に構えよ」

達也がクスッと笑って、ブチュッとキスをした。

龍介がすかさず口を開けて、達也の頭を抱え込む。

「んーーーっ」

しばらく離さずに濃いキスをしていると、頭頂部の髪をガシッと掴まれた。

「痛ぇっ」
「調子に乗んな……このエロ熊」
「禿げたらどうすんだ」
「さっさと起きて、キッチンに来い!」

怒ってドスドスと部屋を出て行かれてしまった。


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ 3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ 3kaku_s_L.png 頂きモノ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【俺の勝ち-2】へ
  • 【俺の勝ち-4】へ

~ Comment ~

どいつもこいつも…

kiri様。

学生たちと言い、熊と言い…どんだけ躾が上手いのでしょう…。

今の時点では確実に達也の勝ちですね。

ふふっ。熊さんの形勢逆転劇が見られる?

楽しみです。

こんにちは。

kiri様

毎日、野獣カプのSS、楽しんでます!
昨日は、堂本さんのあまりのデレッぷりに、にやにやが止まらず、
でも確かに、こんなヤツが目の前にいたらキモチワルイだろうなとちょっとだけ龍介に同情し、
だけど達也の弁当を抱え込むように食べていた頃の龍介も、負けず劣らず不審人物だったに違いないと思いました。

そして今日、無事事件解決!
クールなナルちゃんでさえ、かなりのお疲れモードだったようなので、ずるずると長引かなくて良かったです。
でも、せっかくいそいそと帰ってきたのに、達也にちゃんと触らせてもらえなくて、龍介かわいそ~~。
週末までって、後何日?
この日が月曜だったりしたら、かなり辛いぞwww

あっ、杉浦くん、まだ春風荘にいたんですね。
フフッ、彼が腹痛で蹲る龍介を見るのは何回目?
久しぶりの春風荘、ちょっと懐かしい感じがします。

Re: どいつもこいつも…

潤様

達也は厳しいけど、根が優しい人なので…。
やっぱり、そこのとこアパートの皆が懐くよね。
親元離れての暮らしで、温かいご飯もあって。

うん。龍介が勝てるのは、野生化した時?笑
普段は嫁の手の平の上でコロコロ…ww

有難う御座いました☆

Re: こんにちは。

Luna様

堂本、気持ち悪がられてるのも知らず、デレまくってましたねw
仔猫がまだ慣れてない手つきで、作ったお弁当…。
いつも後輩のをブン獲っていただけに、感動モノですよ(多分)
龍介もいつの間にやら…ブン獲られに慣れてきました。そりゃ、一人で食べるのは無理な量だし。
そこはさすが、虎嫁!!多めに作ってるとこが、達也です。

やっと達也の顔を見て…ドサクサのように触っても、冷たい。。。
でも、めげないのが龍介。「覚えてろ」と、闘志を燃やす。ここが野獣カプ❤

杉浦くんは当時ピカピカの1年生。
今…成人したかしてないかくらい?まだまだカワユイ時期ですねぇ。。。
明日も春風荘でお送りします!

有難う御座いました☆

NoTitle

冒頭から犯人との駆け引きを匂わせる緊迫した状態ですけど…でも…

> 堂本の言葉に早川が何度か頷いて、部屋を出て行った。

この行間で堂本さんは絶対に早川管理官の腰辺りをチラリと見てるはずなんだよな~、とww

> 「どうだ?」

そして龍介さんは龍介さんだから、堂本先輩の目線に気づかないんだろうな、と
そう思ってしまいましたですよ~(笑)


ラストの“達っちゃんが龍介さんを起こすシーン”で…

『あなた時間よ、起きて』
『寝てたか…』
『お腹すいたでしょ』
〈離れようとする妻(達也)の手を引っ張る夫(龍介)〉
『明日も仕事でしょ?早くご飯を…んっ…』
『久々なんだ。俺に構えよ』
『ンン~~❤』

なんで昼ドラ化してるんだ…なんで達也が女性化してるんだ…
しかも新婚風でノーマルで野獣カプじゃないじゃんか~~。
こんな妄想、面白くなーーい。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`) ウワァァァン


失礼いたしました。m(_)m
ヘンな妄想劇おっぱじめちゃって、私ったら。
野獣カプは野獣カプらしいガウガウ(=イチャイチャ)が一番ですね!

それでは、明日~♪ ┏○))ペコ

楽しみに待っていました(-^〇^-)

kiri様
龍介&達也のカップルぶりはてっぱんですね。
2人の会話に安心感と愛情があふれています。
熟成された夫婦ですね。
達也くんは堅実な嫁です。何かと熊の龍介を飼い慣らしているんですからね。
達也くんちのアパートのシーンは好きです。熊は嫁にてが出せなくて欲求不満でしょうけれども、テンポのいい会話が心地よいです。明日も楽しみです。

Re: NoTitle

トーヤ様

> この行間で堂本さんは絶対に早川管理官の腰辺りをチラリと見てるはずなんだよな~、とww

当たりです(笑)その描写書いてたんですが…。
コレ、野獣メインだし?龍介がそんな細かなこと気付くのも何かと消しました。あはー
好みの腰&尻を見ずにはいられない、堂本ですもの!

>なんで昼ドラ化してるんだ
いやね、実際そうなのよ。BLという括りで見て、キャラをある程度掴んでるからこそ!
これが男女だったら、ほんと普通の日常だなーと思いながら、時々書いてるよw

>こんな妄想、面白くなーーい。
うん。ここで男女のお話をされても…「ふーん」だけで終わりますもんね(爆

BLマジック!ほんと、BLじゃなかったら普通にある恋愛話が多いんです。
♂♂だからこその葛藤とかね、意地とかね、それがプラスされて萌えが生まれる~。

そう。野獣カプのイチャイチャは、ガウガウ…と聞こえるww

有難う御座いました☆

NoTitle

kiriさま

今日は、なるちゃん登場で~💕
堂本さんが、舐めるように見つめる腰つきを想像して、にまにま( *´艸`)

本日のツボ
>「禿げたらどうすんだ」

え”っ、野獣熊さんでもそこ気にするんだ--っ、と何故か一人で爆笑!!
そんな事には頓着しそうにないのにね、ぶぶっ💦
かえってスキンヘッドの方が、凄味が増すわね-。
あ、でも達也が龍介の髪が大好きだから、やはりスキンヘッドはダメだわ。

日曜日、息子が受けた模試の統括主任さんのお名前が、な、な、なんと!! 「龍介」さんっΣ(゚Д゚ )
しかも、身長が190cm近くあって(そばで話すと首が痛くなる)、体つきもゴツイ!!
おおっ、ここまでは完璧じゃ~!!!と一人で興奮状態。

しかしお顏はっ!!
「熊さん」には違いないが、どちらかと言うと野獣ではなく、プーさんでww。
ちょっと残念・・・←息子がお世話になるのに、オイコラの母です💦

トーヤさま
昼ドラ野獣カプ、面白かったです~(≧▽≦)
冒頭の達也のセリフで、本当に言ったら龍介どうなるのかな?と想像したら、
一人で笑ってた~💦
でも、綺麗系のお顔の達也くんが、フリフリエプロン姿で・・・と考えたら、ありかも💕 わは( *´艸`)

kiriさま、龍介くんはもう飢餓状態ギリですので、早くお腹満腹にして上げてくださいませ~(≧▽≦)



Re: 楽しみに待っていました(-^〇^-)

美夕様

この2人は、しっかりと大人になってからくっ付いたので。
もう、安定感ありますね~。
互いのことをしっかりと知ってるので、今更幻滅するようなマイナス要素もないし。

達也はキャラの中でも、最強の嫁ですもんねw
仕事が在宅ってのもありますが、世話焼き体質なので苦にならない。

明日もアパートのシーンの続きです♪

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

みゃお様

おぉ…だてに200話近く、連載してなかったですね。
堂本の特徴を、皆さま…行間だけで感じて頂けてる…。消したのに(笑)ヤホー!
コレ、達也だったら絶対気付いてるよね。
「あ、腰見てる」と。そして、更に煙たがられる堂本。でも、平気ww

>「禿げたらどうすんだ」
これはね、禿げるんじゃないかと思うくらい強いんです…達也の力が(爆
容赦ないですよー。龍介には!だって、優しい力でクマが怯みますかいな…w
体が鋼鉄だと、半分本気で思ってる節も…。
しかし、怪我して生身だと気づいたよう(-.-)でも、容赦無し←
これが野獣カプです。

おー、名は体を表す…ですね。
私、龍介って名前は一瞬で閃いたもの。

>「熊さん」には違いないが、どちらかと言うと野獣ではなく、プーさんでww
じゃぁ、裕理の旦那さんだ!!

…息子さんの模試の統括主任さんを弄る腐女子連…スイマセンww

有難う御座いました☆

NoTitle

kiri様。
おはよーございます。
なんかスゴい雨降ってますね。
緊急車両が走ってるけど、どこか崩れたかしら?

なんて時にコメしてんですが。
> 顔を上げれば、杉浦がこっちを見ていた。
寮生。みんな知ってますよね。気付かれてないと思ってるのは達也さんだけなんでは?(りうすけさんは、そんなんどうでも良さげ
でも寮生みんな納得(笑)
料理美味いし優しいし(たまに)、禿げ、あいや。励ましてくれるし叱ってもくれるし美人さーん♡
何なら俺の嫁さんに欲しいわww
しかーし!
今どきよ若いもんにこんなバイオレンスなカップルに挑む勇気などある訳もなく。
ましてや、割り込む余地もない。
そんなやけど、達也の聖域やもんね。
ここは我慢の熊さんです。
ちょっとぐらい匂い嗅いでもええよねー。

懐かしの。

春風荘の下宿大学生・杉浦くん、久し振りーー♪
アナタや、ほかの子たちが出てくると、ああ、達也のいる場所だ―って思います。

そこへのしのしと帰って来るクマ(笑)。
ヤマを下りてきたから疲労と空腹感がピーク。それ以上に、達也餓えが限界だったんではないでしょうか。

晩ご飯の匂いを纏った虎嫁さんに、即行、
「今日家に来い」 
わー、野獣フェロモン発射。。。  浩太だったら、「する? 」なんだけど。腐
でも、相手は大人の虎。 残念でした。


その分はしっかり週末に上乗せしたみたいだけど、肘鉄食らう程度に大人しかったのはココが達也の大事な場所で、一国一城の主なのを知ってるから・・。
ま、コロサレルかも、だしねっ♪

事件の記憶も切り離し、手荒に(適切に?)起こされたあとは、目覚めのちゅう、で気分をなおして。
ご飯、いってらっしゃ~~い!


堂本ったんも、早川管理官のボディーを眺め愛でて気力回復(?)、事件解決のあとは仔猫時々・豹な新妻とご飯食べてるかもしれません♡


Re: NoTitle

優様

目が覚めたら、雨がやんでました…。
そして窓の隙間から、雨が入り込んでベッチョーとなっているのに気付いた昼下がり。。。
達也が嫁に来ないかな…。←

寮生の中で、杉浦は全然気づいてなかったんです…よ(笑
本編では当時、まだ入ったばかりで。
今は…どうなんでしょう?先輩たち、誰もが口を閉ざすので(爆

>でも寮生みんな納得(笑)
そう…みんな達也みたいな嫁さん欲しいんだよねー。
怖いんだけど。家をガッツリ守ってくれる力強さ!!←ソコ?w
何より毎日、美味しいご飯が待っている~。……男なんですが。

思えば、龍介。幼い頃から、当たり前のように世話やかれてたんだよね。
時々蹴られ、殴られ、やり返し…成長して、立派なバイオレンスカプに!!笑

有難う御座いました☆

Re: 懐かしの。

ますみ様

こんな管理人さんが居るなら、親だったら…お世話になりたい場所ですよね。

ご飯、食べさせてくれるし。
勉強しないで留年したら、退去!なもんで、胃袋掴まれた店子たちは、頑張るさー。
女人禁制だし?…クマさんは来ますけど。なんせ、警官。
警察立ち寄り所かいっ…ってくらい、来ますww

互いにキッチンで、野獣フェロモンまき散らながらも…そう甘くもなく(笑
うん。浩太だったら、危ないwってか熊に潰されそうだ…。

チューだけで、とりあえずは終わり…。
そうよ、ココではダメなの。学生たちにシメシが付きませんからねぇ…。
彼女連れ込めないのに、熊さん連れ込みはOKなんですか?って言われたら←

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【俺の勝ち-2】へ
  • 【俺の勝ち-4】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。