女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

「● 勇次と隼☆番外編」
牧村三兄弟

牧村三兄弟+α-5☆R18

 ←牧村三兄弟+α-4 →牧村三兄弟+α-6☆R18
母親の見舞いに行ってから三日目の祝日。
隼は少し遅目に起きて、部屋の掃除と洗濯に取り掛かる。

この間の休みは実家に居たから、戻って提出物の仕事にかかりっきりで部屋は手つかずのままだ。

風呂掃除も終えて、とりあえずバスタブに湯を溜めておく。
勇次が起きたら入るだろう。

今日も事務所に顔を出すとか何とか、昨日の夜中に帰ってきて言ってたし。

ソファーの周りの勇次の散らかした雑誌や書類をまとめていると、寝室のドアが開き勇次が出て来た。

「おはよ」
「ん~~」

頭をボリボリと掻き、目を擦る姿に幼い頃を思い出す。

「風呂入るなら湯溜まってんぞ」
「ん……」

寝ぼけたままで、背後から抱き付いてきた。
放置してたら、うなじに頬ずりをしてくる。

「髭がチクチクして痛いっ」
「お前も風呂入るか?」
「いや、今日はいい」

にべもなく答えると、頬ずりする力を強めてくる。

「痛ぇって」

肘で腹をついてやると、変な声を上げてソファーにドサリと崩れた。

「天パがグチャグチャだぞ?C.Cのリーダーも台無しだな」
隼がニヤリと笑って見下ろすと、腕を引っ張られた。

「離せっ。アホっ」

ギューッと手と足で羽交い絞めされて、肩に軽く噛み付かれた。

「お前は……さっきから、痛いって」
「昨日、俺……寝たな」

ボソリと呟く声が耳に届き、隼が笑った。

「寝た」

勇次が夜中に帰ってきては、時々体を弄って来る。
けど疲れてると、そのまま寝落ちしてしまうのだ。
昨日もそうだった。

俺も眠くて、そのまま寝たけど。

「今日、母さんとこ行くのか?」
「いや、今週末親父が帰ってからの退院だから。仕事の帰りに家に直接行く」
「じゃ、風呂入ろう」
「だからっ。俺、週末はまた実家に泊まるんだって。今日やっとかないと……」

そのまま抱き上げられ、風呂場まで強制連行された。

*

結局、風呂場で勇次のボサボサの頭を洗ってやる。
その間勇次は歯を磨き終り、次に体を洗いながら俺の下半身を先に洗い始める。

「上も洗えよ」
「座れ」

風呂場には椅子が二つ。
結構広くて、たまに一緒に入るから。

勇次が首筋を洗ってる間、勇次の泡だらけの髪で遊ぶ。
七三分けにして撫でつけて、隼がゲラゲラと笑う。

いつもこうやって勇次の頭で遊ぶのは童心にかえったようで楽しい。

「銀行マン勇次!」

勇次が曇ったガラスを泡のついた手で拭って自分を映す。

「中々イケてんだろ?」
「いやいや、気持ち悪いから」

笑いながら、オールバックに変えてやる。

「お~、男前」

自分で鏡を見て、色んな顔をしてるのが面白い。
けど、どんどん男臭くなってきてる勇次の顔が好きだ。
昔、好きだった男達とは反対の少し甘めの顔。

けど、この顔でジッとみられると体が熱くなるくらいに……好き。

「銀行マン勇次よりはマシってだけだろ」
「元の顔がイイからな」
「何が。たれ目のくせに」
「たれ目のどこが悪いんじゃっ」
「天パのくせに」
「天パのどこが悪いんじゃ」

バカなことを言い合って勇次がお湯をかけてくるから、隼がシャワーを取り上げる。
そのまま頭からぶっかけてやれば、平然と泡を流し始めた。

大抵のことには動じないとこも、好きだな……。

「ほら貸せ」

勇次がシャワーを取り上げ、隼の体にも湯をかけた。

泡が流れ落ちるのを眺めていたら、そのままチューーっと色気の無いキスをしてくる。

「吸い付くな」

隼が笑うと、勇次が隼の脇下に手を入れて一緒に立ち上がらせる。
湯船に入るのかと思ったら、そのまま勇次の顔が落ちて来た。

え……風呂で?

キスをしながら隼が目を見開くと、勇次の目がしっかりこっちを見てる。
すぐ近くにある勇次の目が、強い光を帯びているのを見てゾクリとする。

「……な、に」

隼が唇を離して聞けば、後頭部に手をやられて抱きしめられた。

「理由なんかあるか。抱きたいだけだ」
耳元で低い声で囁かれ、それだけで腰に来る。

そうだな……理由なんか、要らない。
傍に居て、そんな雰囲気にならなくったってちょっとしたことでスイッチが入ることもある。

このところ、すれ違いが続いてたもんな……。

「ここでかよ?」
「まぁな」

また口を塞がれ、風呂場の壁際に追いやられて行く。

背中にひやりとした感触がして、勇次の舌が首筋に這う。
まだ泡もちゃんと流れてないのに、気にもしない。

腹に当たる勇次の雄がゴリゴリとした感触になり、それに反応して俺のも……。

勇次の息が荒くなり、体中を舐めまわされて隼が小さく喘ぐ。

オイルを取る手に、隼が勇次の頭を掴んだ。

「おい……?」
「ヤんぞ」

引く気は無いその言い方に、隼の息が上がる。
何度か風呂で発情したことがあるから置いてあるオイル。

後ろを解されて行く内に、隼も抗うより気持ち良さに思考が流れて行く。

体を反転させられて壁に両手を付き、うなじに軽く噛み付かれた。

「ぅあっ……痛、てぇ……」
「ケツ上げろ」

お構いなしに求められ、心が悦ぶ。
腰を上げ、勇次が膝を折って双丘を舐める。

「変態……っ」

舐めては甘く噛まれ、もう立ってるのが辛くなってきた。

「あー……ゆ、じ…………」
声を上げれば、勇次が立ち上がり隼の腰を両手で掴む。

柔らかく解した蕾に、硬い雄を擦り付け誘う。

「……っはやく」

堪らず隼が声を上げれば、そのままグッと押し入って来た。

「あ、あぁ……」
背中が仰け反り、自然と腰を突き出す形になる。
勇次がゆっくりと入ってくる感触に、苦しいのにビリビリとした快感の先走りが腰に走り出す。

「ん、あぁっ……」

ピタリと肉同士が密着し、勇次が隼の背中に胸をつけてきた。

「キツイな」
片手で隼の髪を掴み、振り向かせてニッと笑う。

あぁ……スッゲェ、男っぽい。

俺の勇次は、格好イイ。

隼が口を開ければ、勇次が応えるように唇を塞いで来た。


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ 3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ 3kaku_s_L.png 頂きモノ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【牧村三兄弟+α-4】へ
  • 【牧村三兄弟+α-6☆R18】へ

~ Comment ~

あーるぅ?

kiri様。

あー!ビックリした。

三兄弟で…ええ((((;゜Д゜)))!!!誰と?誰?って思っちゃった。

…そんなあほな潤です。

隼ってほんとに嫁体質なんですねぇ。早起きして、週末のことまで考えて…勇次はなにも考えず、理由もなく…変態に走る。

あははヾ(@゜▽゜@)ノなるべくしてなったカップリングなんですね。

ドキドキするお話も楽しいけどこう言う日常のお話がほんとに大好きです。

明日も楽しみです。


久々

特攻のラブ久々で(^o^)/~~になる。
やっぱり愛あるエチは最高~!!
理由なんかないなんて言われたらホントに膝から崩れ落ちる~。
愛されてるって素敵ですよね。ウフフ♪

今日はいい日だ!
ありがとうございます。

牧村兄弟のお話し、楽しみに読ませて頂いてます。
で、読んでて思ったのですが、R、早くないですか?
私、Rもいいですが、前回までのような、普通の時のお話もすきだなぁって思いまして...。

また、毎日、楽しみに読ませて頂きます。頑張って下さい〜。職場にて。あはは。

Re: あーるぅ?

潤様

ビックリされると思ってました(笑

>三兄弟で…ええ((((;゜Д゜)))!!!誰と?誰?って思っちゃった。←笑

ただ、風呂でイチャついてるだけなんですけどねw

そう。隼はやはり嫁…。
家のことと仕事を両立させてると、自然とこうなる?
ってか、勇次が全くダメなので仕方ないのか?……どっちでもいいか。幸せならw

有難う御座いました☆

Re: 久々

ふらわー様

やっぱり、ラブも少々抽入しておかないとね。
SSで合間に挟みました。

すれ違いが多いので、中々ゆっくり出来ない彼らは彼らなりに。
勇次も隼も、したくなった時にする(笑

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

友弥ママ様

もうSSなので、さくさくと進みます♪
でしょ?さくさく進むと、それはそれで「え?」って思われるんです。
いつも焦らし…や、展開早い…など、色んなお声があります(笑

今回は、わざと早く入れました。2人のラブが主ではないので…。
でも、ちゃんと仲良くラブってるよ~って感じですね(*゚▽゚*)
普段起きたら居ない隼がいて、一緒に風呂入ってイチャツイテ…の延長のRです♪

有難う御座いました☆

勇次のスイッチ

いつどこで入るのか分からないから、隼もドキドキの勇次とのエチ。

今回は嫁・隼の後ろ姿がスイッチだったのでしょうか〜〜(エプロンしてたら違ってたかも。笑)。

いつもは我が儘になる王子も、お風呂では勇次の天・パに注意が向いて…。
ま、翔がくる前に部屋を汚さないから、イイではありませんか(^o^)v


二人の日常が変わってなくてホッとしてます。
隼の、一人言のような呟きが、可愛い❤

NoTitle

ゆ、勇次が隼不足で暴走したか…_:(´ཀ`」 ∠):_
下半身洗うとか!ソノ気じゃん!キャー♪♪

いやー、Rにびっくりしました。今回のSSには無いだろうと思ってたので。
昨日は家族団欒にほんわかして、隼の件では皆が当時は傷ついて、それを経た現在は成長したんだなあ、強くなったなあ、kiriさん読ませるなーとぐしぐし(ノω・、`)して。
んで、今日はドキドキさせられました。
勇次ってこんなに野獣だったっけ?って記憶を手繰り寄せながら読みましたです。

しかし、良いなあ~、お風呂広くて。
浩太も内野の頭でイタズラしてましたね~。腐腐~、読みたくなっちゃった。(*^^*)
椅子、2つあるんですね。
所謂ス●ベ椅子とかいうやつですか? ヘ(。。ヘ)☆パシッヽ(^^;)コラッ
なんてことを聞くの私…。Orz


で…では(汗)┏○))ペコ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 勇次のスイッチ

ますみ様

そうなんです。

勇次のスイッチは、ちょっと他キャラとは違う。そこ、気付いて頂いて嬉しいですー。
一応ね、勇次なりに有るんです(笑 なのでいつも、突然。
そして隼も「ん?」と思いながら応えるパターン。

隼の頭は、休日の用事優先(まるで嫁)だって、今日しとかないと…。
そして勇次はそんな嫁に構って欲しい旦那…。普通のどこにでもある、カプww

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

トーヤ様

皆さん、いきなりのRに「え?」でしたね。でも…流れはそんな突飛ではないはずです。

昨日の夜中に、中途半端に寝落ち…。そして休日だからこそ、隼が居て。
裸でイチャつく、休日の午後…。そりゃ、男なら!でしょう。普段、すれ違いが多いんだしね。
これが特攻の日常とも言えます♪

昨日までの、牧村兄弟が印象に強く残ってただけだと思いますw実家から帰る=自分のお家
場面展開は、いつものことだよ~(´艸`*)

勇次はいつもこんなんです。でも、このカプは隼が襲う方が印象に強いかも?笑
「やんぞ」←勇次、いつもコレ

うちのサイトで一番の野獣は、龍介さんです。相手がグラディエーター達也なので(何、それ

お風呂の椅子は普通だっ(爆)例の椅子って売ってるのかな?
ってか、そんなの置いてたら、誰も風呂に入れられないな…(。・w・。 ) ププッ

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメT様

ま、ツルツルスベスベ…で、綺麗(〃▽〃)
若さって凄いわー!

内野が浩太の肌に、ビビってた気持ちがわかる←

やっぱり、ケがあると ゲ/イっぽいのに、無いとBLっぽい…。(勝手なイメージ

下が写ってなかったら、もっといいのに(笑
ドリーム!!で、妄想力が更にかきたてられるってもんです(*°∀°)=3

有難う御座いますー!

Re: NoTitle

鍵コメe様

>疲れて帰ってきて。愛しい人がスヤスヤ寝てたら。
>最初はおでことか頭にキスぐらいだと思うんですよ。でもほら。可愛くて仕方ないし、愛しいものだから。
>ほらほら。触りたくなりますよねぇ。

勇次の、眠いのに隼触りたい…気持ち、解説有難うございます!
そう…もう、グーグー寝てるのがまた…。疲れてるんだよ、自分も。
なのに、ちょっと触って…で、隼はエロなのですぐ反応して(爆)でも、どっちも眠い…(。・w・。 )
何やってんだ、君達。

>そんで。そんな童心に帰ってはしゃぐ隼を見ると勇次は嬉しいし、幸せ。
>隼が無邪気に笑う姿。きっとスイッチはそこだゼー隼ー。

そう!私的にそう思って書いたのですが、そこはもうどう妄想して頂いてもOK!なんです。
勇次スイッチ、分かり難いんですよ…。いつも。でも、それが勇次くん!
さすが、勇次スキーさんだわ…。。。

理由なんか、別にないんですよね。笑ってる顔や、触れてる肌、そして昨日の中途半端w 色々と。
もうくっ付いた2人ですから。そこらへんはストレート♥

>よし。落ち着くのはムリだ。諦めよう。←爆!!

明日も勇次は出るし、その先も出るよ。出っ放しじゃないけど(笑

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【牧村三兄弟+α-4】へ
  • 【牧村三兄弟+α-6☆R18】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ