女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

「● 勇次と隼☆番外編」
牧村三兄弟

牧村三兄弟+α-4

 ←牧村三兄弟+α-3 →牧村三兄弟+α-5☆R18
久しぶりに実家で風呂に入って、翔に借りた部屋着を着れば少し大きいことにちょっとムカつく。
リビングに行けば、先に風呂から上がった兄貴がパソコンで論文を読んでいる。
その傍に翔がちょこんと座っているのが可笑しい。
体は兄貴より大きいのに、ちょこん……に見えるのだ。

お前は犬か……と、心で呟いて口元が緩む。

「翔、風呂入れ」
「はいはいー」

ビールを持って兄貴に渡せば、パソコンを閉じて隼を見る。

「……何?」
「いや……。お前が風呂に入ってる間思い出してた」

隼が眉をしかめると、兄がため息を吐く。

「酷い事言ったなと思って」

あぁ……俺が男と付き合ってると聞いてきた後、湯船に入ったかどうか気にしてたことか。

「俺も兄貴もガキだったんだ」
「……ずっと後悔してた」
「俺も……。何で兄貴にバカ正直に言ったんだろうって思った」

けど、学習した。
むやみに口にするモノじゃないってことを。
自分を守るためには、感情のままに口にしてはいけないのだと知った。

「今は?やっぱり偏見ある?」

聞いてみたくなった。
大人になった兄は、どう思っているのか。

「いや……。今の時代は、昔より情報も入って来るし。実際、患者にも居る」
「だよな。医者は、そういうのも知ってた方がいいよ。……親父は、まだ謎だろうけどさ」
「親父の時代と今を一緒にしてやるな」

……そう言われれば、そうだと思う。

「それに、少しは理解しようとしてるぞ?まぁ、頭が固いから簡単に納得……とまでは行かないけど」

隼が、え?と問うと、兄がビールを一口飲む。

「この間、自殺未遂で運ばれた高校生がいたらしいんだ。学校の虐めでな……。理由はホモだっていうことで」

隼は思わず目を閉じて、息を呑んだ。

「助かったよ」
「……そっか」
「俺にそれを言うこと自体、親父も考えるとこあったんだろ」

隼はうんうんと頷き、兄を見る。

「今は医療も一辺倒じゃない。少しずつだけど、時代もマイノリティーを理解しようとしてる。でも、時間はかかる」
「うん」
「先月発表された論文あるぞ。見るか?」
「あぁ」

優が検索して現れた論文を真剣に読んでいると、玄関が開き親父が帰ってきた。

「おかえり」
声を揃えて言えば、親父は目を向いて立ち竦む。

「……ただいま」
照れ臭そうに言ってソファーの前に座った。

「久しぶりだな……こういうの」
「明日、俺ら休みだし」

頷く親父の顔も嬉しそうだ。

そこへ翔が風呂から上がって来た。

「あ、お帰り~。父さんもそのまま風呂入ったら?」
「う~ん……」
「入って来いよ、親父。上がったら、四人でちょっとだけ酒飲もうぜ」
「そうか?」

親父がそう言って、やっぱり微妙に嬉しそうに風呂場に向かった。

母が居なくて、男ばかりで四人。
全員、酒は強い。

*

次の日起きてから、隼は溜まった洗濯物を洗濯機に放り込み、朝食の準備をする。

昨日は四人で十二時くらいまで飲んだ。
真面目な親父が時計を見てお開きを告げれば、同じく兄貴も。

休日でもいつ呼び出しがあるか分からない仕事だから、深酒もしない。
親父と兄貴は、患者の命を第一に考えるのが仕事。

医者なんか……。昔は反発心で意味もなくそう思っていた。
けど、今は尊敬してる。

自分を律することを当たり前のように生きて、決してハメを外さない。
それを、クソ真面目だとか面白味が無いだとか……そんな風に思っていた。

命を預かる仕事に、ミスは許されないのだ。
親父のそういう背中を、兄貴も見てきた。

「おはよう」
「おはよ」

兄貴が起きて来て、その後で親父も起きてくる。

隼が手際良くパンを焼いてフライパンでハムエッグを作っていると、二人してテーブルに黙って座ってボーっと待っている。
何だか……幸せな気分になった。

勇次と一緒に居る時とはまた違う幸せ。
自分の根本の、家族という絆がちゃんとあるのだと思えたのだろうか。

ハムエッグと焼いたパンを皿に乗せ、コーヒーをカップに注ぐと、兄貴と親父が無言で食べ始める。

いつもこの二人は、あまり喋らなかった。
大抵は、母と俺と翔が喋ってたっけ。

そこへ翔が起きて来た。

「わ、何か……」
「何だ?」
「ちぃ兄が、母さんの代わりしてる」

何言ってんだと無視をして、パンを焼きハムエッグを焼く。

「母さんみたいに、サラダやフルーツなんか無いぞ」

顔を洗ってテーブルについた翔の前に出してやるとコクコクと頷き、手を合わせて食べだした。

「こういう朝、久々で泣きそうなんだけど」
「泣くな。ウザい」

隼に冷たく言われて、唇を尖らせてコーヒーを飲む。

四人でテーブルを囲み、翔が喋ることに隼が答えながら朝食が進む。

食べ終えた父親が席を立ち部屋に入ると、下着が無いだ何だと言い出した。

「何?学会か何か?」
「そうなんだ」
「何泊?」
「四泊」
「海外?」
「香港だ」

「えぇ……っ。俺、一人じゃんっ」

翔が声を上げる。

「……ガキ」
隼が呆れると、拗ねたような顔をする。

「明後日からなんだけどな。明日は忙しいから、今の内に用意しておかないと」

親父はウロウロしてるし……。
もう、本当に勇次みたいだ。

「親父。洗濯機回してるから。乾いたヤツ持って行けば?」

素直に頷く父親を、隼は初めて可愛いと思った。

*

父親が学会の準備に書斎に入った後、兄弟三人でとりあえず部屋の掃除をする。
優は大学病院の寮で一人暮らしをしてる分、手際良い。
けど、翔がもう……見てるだけでイライラする。

「お前、留学したら全部自分でするんだぞ?」
「分かってるよ」
「ったく……どうしようもねぇ末っ子だ」
「ちぃ兄は、普段嫁してるからだろ」

憎まれ口を叩くから、頭をバシッと叩いてやった。

「も~~~。すぐ殴るっ」
「うるせぇっ。ゴチャゴチャ口動かさねせで、体動かせっ」

翔の尻を足裏で蹴った。

「暴力反対!!」

弟二人が喧嘩をしながら掃除をしてる間、優はさっさと自分のテリトリーを終わらせた。

そして翔の傍に来て、黙って一緒に手伝ってる。

「兄貴……甘やかすなよ」
「遅いから苛々する」

隼は口元が綻びながら乾燥機から洗濯物を取り出し、畳んで行った。

*

三人で揃って母親の見舞いに行った帰り、スーパーに寄って男三人で買い物をする。

この中でまともな料理が出来るのはやはり隼だけだ。
翔の我儘で、食べたいモノを作ってやった。
と言っても、キャベツとニラのハンバーグと、菜っ葉と揚げの煮物、カツオのたたき。
味噌汁と、漬物と茹で卵たっぷりのサラダ。

普通に母が作っていたメニューを、三人で騒ぎながら作った。



夕食を終え、明日は仕事だからと優と一緒に帰る時、翔が寂しそうな顔をした。

「飯、食いにくるなら来いよ。次の祝日は居るから」

隼がそう声をかけると翔が嬉しそうな顔をする。

優と門を出る時、クスッと笑われた。

「お前も、大概甘やかしてるだろ」



ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ 3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ 3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ 3kaku_s_L.png 頂きモノ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【牧村三兄弟+α-3】へ
  • 【牧村三兄弟+α-5☆R18】へ

~ Comment ~

あははヾ(@゜▽゜@)ノ

kiri様。

翔ちゃんのキャラ…ないわーヾ(@゜▽゜@)ノ

浩太も子供だったけどしっかりしてたし、甘やかされてなーーーーんも出来ないキャラ…可愛いわぁ。

家の娘も排水溝の髪の毛が掃除できないのと、パンツとブラが手洗いできないので…?家から通える大学に進学したのですが…。

末っ子ねぇ。

あーっ。何だかBL的ホームドラマだ。

明日も翔ちゃんのダメダメぶり…萌えさしてください。


NoTitle

本編より時間が経って成長した3兄弟が実は…
『(; ・`д・´) なんだ、皆マザコンだったのか! (`・д´・ ;)』
の巻だったなあ。(笑)<1~4話

お父さん、喜んでましたね~。息子3人に『おかえり』って言われて。
私もちょっと感動しちまいましたわ。年のせいか涙もろくて…(ノ∇・、)クスン

男4人で酒飲んで、何を話したんだろう?
隼と翔がワイワイ騒いで、優が時々ツッコミ入れて、お父さんはそれ見てニコニコしてそうですね。
男所帯でそういう時間って結構照れくさいって聞きます。『オヤジと?ナイナイ!(//ロ//)』って。(友人談・本人照れてるww)
牧村家は良い時間が過ごせてよかった。(*´ω`*)

朝食どうするんだろなーって思ったら、思ったとおり、隼がママン♪
朝ごはん作って、掃除、洗濯、そして夕飯。まあ、勇次の嫁だしねえ~(笑)
お父さんと優が同じようにボーっとしてるのが可笑しかったww


私は3姉妹の末っ子なので、翔でーす。ヾ(*・ω・)ノ ♪
なんかね、自分ちと重ね合わせてみたら重なっちゃいましたよ。
なんでだ~そんなもんなのか~((└(:3」┌)┘))

箇条書きみたいな感想ですんませんww
今日は読んでて和みました~。
それでは。┏○))ペコ

Re: あははヾ(@゜▽゜@)ノ

潤様

引かれると思いながら、書いております(笑

でも、澪よりマシ?とか思ったり←比べ処がww

同性で3人以上のきょうだいになると、社会が生まれると何かで聞きました。
これ異性とか同性でも2人だと、また違うそうです。
牧村三兄弟の、これが兄弟社会の仕組みでした(爆

あ、娘さん…。うちの姪っ子も、母のご飯しか無理!といって、大学を自宅から通えるところに絞ってました。
女の子でも、母ご飯なのか…。結婚してからずっと専業主婦なもんで、牧村母っぽい義妹です。

翔はまだ出ますよー!フフ~

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

トーヤ様

何をおっしゃる…。男は、みーーんなマザコンだよ(笑
その強弱はありますけどね。心の中では、みんな母ちゃん好き。

女の子って父親が苦手な子たまに居ますが、男の子で母親が苦手…って珍しいです。

牧村の男4人、酒強いんです(設定)
でも、もうそこはクドクなるかと思って書きませんでした。一応BLだもんね…笑

あ、照れくさいですか?うちの弟達は、まだ父がもうちょい若い頃はよく一緒に飲んでました。
でも、牧村家は照れ臭いかもですね。父キャラが、堅物なもんでw
長男と父は同じ医者だから、仕事の話はよくしてそうですけど。

母親が家のこと全部取り仕切ってると、男だけになるとダメだねー。
でも隼は嫁やってるんで、手際良いかと…。勇次のおかげだ(。・w・。 )

あ。トーヤさんも三姉妹!私の周りも三姉妹多いんですよ。大抵、真ん中っ子なんですが。
皆、仲良しで羨ましいです…。私も姉妹が欲しかった。

やっぱどこか重なる?末っ子…♪

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

kiri様。

なんか、すっごく嬉しい♡

今回のSSは、全話読み終えてからちゃんとコメしたくなった。
なので、また後日ね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメe様

最近、部屋で一人の時間が多かったから、お兄ちゃん居てくれるだけで嬉しいんだよねw
小さい頃思い出して。優兄は、クールですが邪険にはしないし。

そして怖い次兄は、時々乱暴ですが…実は世話をやいてくれる。
勇次がそういう面ダメダメな為、これもついつい動いてしまう習性?笑
勇次の家に行っては、時々片付けたりしてたもんね…。

兄はやっぱり自分自身の言葉に傷ついてた。隼もそれはあの頃でも気付いてました。
それを全部自分が「普通じゃない」せいのように思ってた思春期。
でも今は正面から「偏見ある?」と聞けました。これ、勇次の存在が大きいと私は思います。
ありのままで昔と何ら変わりなく、今も包んでくれている。ずっと、大好きなゆーじ。
本当に、なーんにも変わらないのね。変わらないって、凄いと思います。何に対しても…。

父も嬉しかったと思います。久しぶりに、長男と次男が居て普通に「おかえり」って。

そして…。家を出てからの、長男&次男の会話(笑
短い中に、末っ子を甘やかしてるのが分かりますねー。

>はぁ。kiri様、毎日楽しいです!!牧村三兄弟~♪
BL?…な展開ですが、特攻スキーさんはきっと喜んでくれると思って書いてます…。

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

優様

愛を、くれ。

読み直してくれてましたよね。
あの頃の辛さとかで胸痛めた後だし。

全てが丸く収まるなんてことは無いし、傷ついた傷痕だって消えない。
無傷な人なんかどこにもいないってこと、大人になった彼らはもう知ってる(*´-`)

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメT様

おぉぉ…綺麗←表現が変?

薄いからでしょうか(何が)ツルツル感がBL…。
なるほど~。そういう意味なんだ(゚Д゚;)でも、ほんとなるほど…。

わー。綺麗なブルーアイ。まさにcoolって感じ。
天然モノだったら、凄い!!お願い…天然でいて下さいm(__)mなに願いだろうw

私が昔好きだった、黒人の俳優さんは目がグリーンでした。
グリーンアイも、何か惹き込まれます…。

良いモノを、お裾分け…あざーっす!!

ちょっと似てる。

私、下 弟2 人の きょうだい なんですが、 一番下が翔にそっくりー!(笑)

長男には逆らわないとこや、甘やかされてるとこ、ばっちりです。
でも、かわいいんですけどね。f(^_^;


牧村家、隼のお陰?で無事皆さま出勤。
前夜の飲み会でも、きっと隼がつまみを作ったのでしょう。

時が経ち、年も重ねて、色んなことが見えてきたから出来る話もある。
家族って…いいよね♪

Re: ちょっと似てる。

ますみ様

男の兄弟が複数いるかたは「有りかな…」って方、いらっしゃるかとw

女同士だと、ここまで無いかな~。
ご飯とか身の周りくらいは有る程度躾けられてるものね。

うちも次男は長男に逆らわないな…。けど、その次男に時々諭される私…一応は一番上なのに(>A<。)
凄く冷静なんで、翔とはまた違うタイプです。

この日は全員、お休みです~。それぞれに、実家で過ごし…夕方に長男&次兄が帰りました。
末っ子、寂しい…。でも、次兄が「来てもいい」って♪

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【牧村三兄弟+α-3】へ
  • 【牧村三兄弟+α-5☆R18】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ