女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←恋のカタマリ-193 →恋のカタマリ-195☆R15
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-193】へ
  • 【恋のカタマリ-195☆R15】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

恋のカタマリ

恋のカタマリ-194

 ←恋のカタマリ-193 →恋のカタマリ-195☆R15
「それでもお前にとっては、浮気なんだろ?」
黙りこんだ拓篤に、堂本が問いかける。

あの時は、心理状態がおかしくて……なんて、言い訳をしたい気もあるけど。
でも、ちゃんと自覚はあった。

「うん」
「じゃ、もうするな。俺に、あんなツラ見せるくらいなら」

俺は一体、どんな顔をしていたのだろう。

「もう、大丈夫」

二度と、堂本を失いたくない。

「信用してるよ。そして、俺も浮気はしない」

余裕のある表情に、ちょっとムッとする。

「浮気したことある?」
「ないな」
「ホントに?」

意外だなんて思ってしまって、目を瞬く。

「何だ、その顔は?俺はちゃんと相手が居る時は、そんな面倒なことはしない」
「面倒だからしないの?」

気になって食いつく。

「男だから誘われたら、一瞬はグラつくさ。相手が好みだったらな」

それは、拓篤にも分かるのだ。
理屈でどうこうではなく。
そういう瞬間まで否定されたら、男としてどうなのかとも思う。
要は、その先だ。

「そのまま流されれば、アウト」
「そこはお互い様だろ」

同じ性なだけに……お互い様な部分。

「フリーの時は、行く。違うか?」
「うん。その気になったら、行くな」

貞操観念というのか何なのか。
恋人が居ない状態で、その気になれば……そんなものが何なのだと思う。
そこは人によって違うから、全部そうだとも思わないけど。

恭二の時がそうだった。
罪悪感の欠片さえ無かった。

今でもそうだ。
水埜とのことは、胸にチクリとする残骸があるのに……恭二のことは、良い思い出になっている。

「でも、今は堂本さん以外はしたくない」
「そうでなくちゃ困る」

SEXなんか、気持ち良いだけだと思ってた頃との大きな違い。
恋愛に一喜一憂している人を、滑稽だと何処か冷めた目で見ていたガキの頃。

恋愛って……特別なんだと今更のように感じた。
自由の幅が狭くなって、色んな制限や面倒なことがあっても、好きな相手だからこそ。

堂本としか恋愛経験の無い拓篤には、そんな当たり前のことさえしみじみと感じる。

「今の俺は、面倒というより……そうだな。お前が悲しむと思えば無理だ」
「じゃ、誘惑されたら、俺の顔浮かべろよ?絶対に」
「ま~た、拓篤くんは偉そうに可愛いことを」
「茶化すなよ。本気で言ってるのに」

どうだ……俺は、こんなにも堂本さんに必死だ。
滑稽でも何でも構わない。

堂本の手が伸びて来て拓篤の頬を軽くムギュッと抓り「分かってる」と呟いた。

「大成が好きか?」
「うん…何ていうのかな……父さんの時もそうだったけど。嫌いにはなれないんだ」

それも、分かってるとばかりに堂本が頷く。

「俺がもしダメだって言ったら、お前は言うことを聞くだろ?」
「うん」
「俺はお前に寂しそうな顔をされると、ダメなんだよ。だから、どっちみちいいよとしか言えない」

拓篤の目が嬉しそうな色を成す。

「でもな、もしお前に何かあったらどうなるか。お前もダチが大事なら、ちゃんと考えろ」

怖い……。
拓篤は堂本の目付きに、ブルッとした。

「はい」

素直に頷く拓篤に、堂本が口元を綻ばせる。

「お前は、俺とずっと一緒に居たいか?」
「居たい……。もう、離れたくない」
「俺も同じだ。お前とは、もう二度と離れたくない」

拓篤が少し照れたような顔をしてから、ニッコリと微笑む。

「もうイイ格好もしない。正直に言うから、ちゃんと聞いとけ」
「……何?」


「お前が居ないと、俺はダメだ」

堂本もニッコリ笑って、残りの夕飯をまた食べだした。

拓篤は嬉しさが体中に充満してくる。

どうしよう……凄く嬉しくて幸せだ。

「俺が……必要?」
「あぁ、物凄く必要」

誰かに必要とされている。
それも自分が好きで、ずっと一緒に居たい人に。

「俺がいい?」
「お前がいい」

好きって言葉より、何だか嬉しい。

「俺が居ないと困る?」

まだしつこく聞く拓篤に、堂本が笑いを耐えながら首を小さく振る。

「困るというより、屍になるかもな」

屍……。
拓篤が、しばらく屍になった堂本を想像する。

「ボーっとしてないで、早く食え」
「あ……うん」
「一緒に片づけような」

コクンと頷いて、拓篤は幸せをかみしめるように夕飯を口に運んだ。

*

一緒に片付けて、風呂に入って、拓篤は堂本にくっ付く。
自分でも単純すぎて笑えるけど、嬉しいモノは嬉しいのだ。

ソファーに並んで座って、お酒を飲みながらくっ付いて他愛の無い話をする。

拓篤がさっきの続きとばかりに、今までの恋愛話も突っ込んで聞いてみた。

自分の恋愛経験……といえば、堂本以外は恭二との淡い恋くらいだ。
短かすぎて、偉そうに語る程まで行かない。
けど、堂本はあるはずだ。

「一回だけ、本気になった相手は居る」
「……どういう人?」
「頭脳明晰、剣道も強い。いつも背筋を伸ばして、凛とした男だった」
「いつ?」
「学生時代と……後は、結婚するまでの束の間に少しだけ復活した」
「結婚したんだ」

堂本が頷き、拓篤を抱き寄せる。

「割り切った関係を望まれて、俺はそれを受け入れた」
「そんなに好きだった?」
「あぁ……失恋して、凹んだ」

不思議とそこには嫉妬という感情とは別のモノがあって、大人だな……と思う。
顔も知らない相手だからだろうか。

「凹んで、酔っ払いのヌードダンサーと出会ったなぁ……」
「……え?ヌードダンサー?」

今度は突拍子もない展開に、拓篤が驚く。

「その人も好きになった?」
「なった」
「本気?」
「あぁ、本気も本気。溺れるくらいにな」
「じゃ、一回だけじゃないじゃんっ」

拓篤が顔を覗き込むと、堂本が声に出して笑う。

「まぁ、そうなるな」
「開き直んなよ。……その人は?」
「生意気で、高飛車で、なのに俺にやたらと懐いてきて。会う度に、謎ばっかり残してた男だよ」

拓篤の顔がしかめられる。
何処かで聞いたような……。

堂本が笑いながら拓篤を膝の上に抱き上げ、髪を撫でた。

「お前だよ、酔っ払いのヌードダンサーは」
「え…………」

…………あ。

「思い出したか?男たちを従えて、裸で踊ってたろ」
「……従えてなんかない」

堂本に両手で抱き付いて、甘える。

そうか……あの時、堂本さんは失恋した後だったんだ。

拓篤は堂本の首筋に鼻を押し当ててスリスリとしながら、「帰ろう」と手を差し出されたことを思い出していた。


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-193】へ
  • 【恋のカタマリ-195☆R15】へ

~ Comment ~

NoTitle

屍… になりかけたね…
同僚の方にも心配され。
で 剣道に打ち込んで。

だけどやっぱり堂本さん 強いな~

年の差ももちろんあると思うけど
大人というか…

ヌードダンサー(爆)
確かに脱いでいた!
印象深い人って 心に残るんでしょうね

あと何年後には自分好みって言ってたし。

私 老化現象か 何回も合わないと思い出せない人 多いです…(・・;)
顔より 肉体に惹かれるかも?!

可愛い質問攻め!

>「俺が……必要?」
「俺がいい?」
「俺が居ないと困る?」
拓篤くん、凄く嬉しくて可愛い質問ばっかり並べましたね!

その答えが
物凄く必要!
お前がいい!
そして屍…

はああ~(*^^*)
拓篤くん好かれ過ぎ愛され過ぎですね~

拓篤くんは拓篤くんで俺を思い出せ!ですもんね!

でもしっかり声に出して言葉で伝えてくれるのって嬉しいことですね!
堂本さんは体でも容赦なく愛を注ぎますけれどね!
こうやってずっとラブラブラブラブしていってくれるのね!本当によかった!



ヌードダンサーって言葉がなんかエロい(≧∇≦)

そういえば大阪の十三にいた時、いわゆるそれ方面の繁華街の方と、住んでいるのは反対側の駅口だったんだけど、すぐ近くの商店街の一番端にス/ト/リ/ッ/プ劇場がありました…近くには小学校があって昔ながらの一軒家が並んでいるような所なんですが、なぜかぽつねんとそこにあって… 不思議な感じでしたね~ 古~い感じで流行ってる風でもなく、でもちゃんと営業されてるみたいな…いつも通り過ぎる時にチラッと見るだけだったのでよくわかりませんが…
ハッ(?_?)関係なさすぎました。ヌードダンサーに反応してしまいました…。

終わりが近づくのは寂しいですが、ハラハラせずに心配なく幸せな2人の姿を読めるのがまた幸せです。

kiri様!今日もありがとうございます!

Re: NoTitle

とおら様

金田さんに、仕事無い時の目が死んでる…みたいなこと言われてましたっけww
どんな状況でも、事件が起きた時はシャッキーン!!となるんですけどね。

堂本はやはり男の性に関しては、直球の考え方。
女性と付き合ったことないし。基本、自由人w
しかし、浮気は別だとちゃんと分かってます。

うん、拓篤上半身裸で踊ってたもん(笑

あ~確かに。もう顔とかはね…あ、男前ね。くらいかな…私も。
ちゃんとしたスタイル保ってたら「頑張ってる」と好感度はUP♪

有難う御座いました☆

Re: 可愛い質問攻め!

MOMO様

出ました。拓篤の質問責めw
浩太も、こういうとこあったね~。
年離れてると凄く大人に見えて「何で?何で?」って聞きたくなるようですw

嬉しい、嬉しい…でご機嫌。
単純なんですが、しょーがない。

大好きな堂本さんに、ちゃんと想われてるって実感する度に、嬉しいよね。

もう、ゴロゴロ…くっ付きまくって懐きまくってます。

裸踊りより、ヌードダンサー(爆

あ、十三に居たんでしたっけ?あそこらへんは、関西でも結構有名です。
キタやミナミとはまた違う、ちょっと泥臭い繁華街的なとこかな?
実際はどうなのか、知らないんですが…(なのに、知ったかぶりすんなw
知り合いが住んでいて、商店街の近くだって言ってた。MOMOさんご近所だったかも?w

有難う御座いました☆

NoTitle

> 「お前が居ないと、俺はダメだ」
じゅてーむとかいっひりーべでぃっひとかてぃあーもとかと同義語ですね!(*゚∀゚)=3 ムッハー

浮気だの過去の恋愛だの、いろーんな話をしながら拓篤は堂本に甘えられる喜びを全身で感じてるんでしょうか。
家のこととか仕事とか、それぞれ重圧や責任はあるけど、そういうのを全て取っ払って堂本にべったり甘えてるようですわ。
うん、安心できる場所を見つけたんですねえ。
ま、堂本おっきいし?体当たりしても受け止めてくれるし?ノリが軽くてリラックスさせてくれるし?
堂本と居るときの拓篤は可愛いでちゅね~♪←可愛すぎて赤さん語にww

ヌードダンサー… (* ̄m ̄) ププッ
じゃ、今夜あたり堂本に乗っかってダンスを披露し…(o゚Д゚)=◯)`3゜)∵
…コホン、失礼いたしました。
ひたすらラブでイチャで平和なシーンが続くので、つい暴走してしまいました(何故・笑


~本日の『流涎の館』会報
●こういう妄想が広がりそうなシーンは好物でございますヲホホホホ♪
http://ommfsn.tumblr.com/post/119603194643
http://decisivo.tumblr.com/post/119644374177(←音楽注意)
●未来から来た人…たぶん?>http://quando2.tumblr.com/post/118225503017/sci-fi-man-by-james-demetri

●ユニークなペン立て>http://pen4l.com/omoshiro/pencil-shaving-desk-tidy
●NEW!アイドル>https://twitter.com/nagaomaru/status/601804677483606017
表情もステキ♥>http://karapaia.livedoor.biz/archives/52084208.html


昨日はURL1個消すの忘れてしまいました。ヒャー
では、明日~┏○))ペコ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

トーヤ様

ひらがなフランス語(笑

年離れてるから、堂本の過去に競う気持ちはなく、嫉妬というのでもなく…
その恋愛経験(結婚云々)が、凄く大人に見えるんだね…。
9歳の差も、だんだん違和感なく縮まって行くんでしょうが、もう今はこんなもんかな。

エラそうにしたり、ゴロゴロくっついたり、やりたい放題ですがw
もう堂本はヤニ下がってるので、これも当分このままかな。
拓篤が仕事でどんどん力をつけていけば……やっぱり2人だと一緒かな…(何だそれ

そう、何かデカいんで体当たりしても丈夫そうって安心感あるよね。←

ヌードダンサー拓篤。本当は語呂良く、ストリッパー的に書きたかったんですけど。
上半身脱いだだけだし、ちょっと違うな…と我慢w

お!このペン立て欲しいな…。色々ブッ込んでしまうので、お目当てのペン探すのに面倒。
整理すればいいんですけど、そのまんま。

この小っこくて丸いのって、何でも可愛いよねーー(≧▽≦)
ずっとこのままで居て欲しいな…って、人間はすぐ勝手なことを思うのです…反省

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

好きとか、色んな言葉があるんだけど。
必要だって言われるのも、また嬉しいんだよね拓篤。

堂本と再会した頃は、孤独でずっと一人で過ごしてきてて。
借金も無くなったし、自分なりに贅沢しなければ生活できる状態。
それはそれで、淡々と拗ねることもなく生きてたんだよね。

いつも何処かで自分の存在価値を求めてるような部分があった拓篤も
堂本の言葉一つで、もう大変~!しつこく質問しておりましたww

>同じ質問に何度も答えてあげる堂本さんもなんてステキな(/_;)
オッサン、仔猫が可愛いんだろうな…♪

そう。堂本から「帰ろう」と言われて、拓篤は素直についてきたんだよ。
そこから始まって、今に至る…フフ~

有難う御座いました☆

戻ってきました。

探しに行ってみつけたヌードダンサー、No30あたりからでした。
喧嘩して、火が付いてお出かけの仔猫。
失恋して、連れ出されてヌードダンサー(半裸だけど。笑)発見のライオンさん。
運命の輪が「ガチッ! 」と音を立てて噛み合った?瞬間でしたー。
私、壁の花でガン見してただけですが(踊ったら地震が起きて床が抜ける、と断言)。

今から思えば、「お手」「にゃん(手のせ)」 だったんですね・・・。


そしてひッ付きながら恋愛経験を質問攻め。
仔猫のミャウミャウにライオンさん、ベローッと舐めては返事。

はいはい、ブラックコーヒーとエスプレッソでその甘さに対抗しますから、どうぞお続け下さいませ。 腐腐っ腐ー



ト―ヤさま。
マリモに色々貼り付けたらあんな風になりますかね?
そう言えば、ドライフラワーにした薄でフクロウ作ったのもカワイイですよね。

Re: 戻ってきました。

ますみ様

あ、探しましたか!
私もどこらへんかな~と思いながら…そのままでした。
時々、記憶が曖昧になって凡ミスします。だ、大丈夫かな‥(;´∀`)
やっぱ、メモ取りながら書かないと!←毎回、思う

>今から思えば、「お手」「にゃん(手のせ)」 だったんですね・・・。
あはは!本当!びったり♪

そういえば「兄」とか言ってたような気がします。全然似てねぇ…w

もう、拓篤は嬉しいからミャーミャーと纏わりつく。
大人になっても、堂本の前じゃいつまでも仔猫だね…。躊躇もなく←

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-193】へ
  • 【恋のカタマリ-195☆R15】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。