女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←恋のカタマリ-190 →恋のカタマリ-192
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-190】へ
  • 【恋のカタマリ-192】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

恋のカタマリ

恋のカタマリ-191

 ←恋のカタマリ-190 →恋のカタマリ-192
注文もした覚えがないのに、次々に料理が運ばれて来る。

「CANJA(カンジャ) で御座います。鶏肉と米の入ったスープになります」
きっちりとスーツを着たギャルソンが、礼儀正しく説明をしてくれる。

次々に入って来る客層は年配者が多い。
カジュアルだが着崩しても居なくて、なるほど……と思った。

料理も抜群に美味くて、良い店だと感心しきりだ。

「美味しい?」
「あぁ、最高に美味い」
「良かった。平岡さんの曽祖父が、多治見で料理人してたんだ。その前から、何代にも渡って料理人」
「じゃ、腕は確かだな」
「うん。小さい時から包丁持ってるって、父が言ってた。あの平岡さんは、若い頃ポルトガルに十年居たんだ」

ここにはメニューは無いらしい。
シェフが当日に仕入れた物で作って行くコースのみ。

会員制で、一般客は入れないと分かったのは、ギャルソンが全て名前を把握しているから。
完全な予約制らしいのも、電話の受け答えで知った。

「お前、予約してたのか?」
「ううん。いつもしないけど、平岡さんが俺の好きなのを作ってくれる」

なるほど……。

「あ、忘れてた」

試験や事件に追われて、すっかり忘れていたことを何の脈略もなく突然思い出した。

「え?」
「克哉がな、店に一緒に飯食いに来いって煩いんだよ」
「いいよ」

あっさりと答える拓篤に、堂本が小さく目を剥いた。

「そんな顔しなくても」
「いや……」
「克哉さんも、料理人?」
「そう。まぁ、海外まで行って修行したシェフって訳じゃないけど。ちゃんとプロだぞ」

克哉も親が飲食店をやっていて、自然に料理が得意になって料理人になった。

「何の店?」
「創作料理だ。海鮮が豊富で、色々ある。といっても、俺も二回くらいしか行ったことないけどな」
「克哉さん、今恋人居る?」
「必死で追いかけてる男は居る」

そこで拓篤が、ふっと笑う。

「俺も、必死で堂本さん追いかけてたから一緒だ」

いやいや……あいつは、ちょっとでも隙を見せたら襲う勢いだ。
最近、ほんの少し隙を見せて来たんだと電話越しで、前足蹴ってるような声で言っていた。

「あいつは、ハンターだからな」
「俺、今は少し分かるよ」
「何が?」
「堂本さんと克哉さんの、関係」

お?……と思って、顔が綻ぶ。

「でも、二人だけで会うのは駄目」
「はい」
「……飲みに行くくらいはいいけどって言いたいけど、やっぱりヤダ」

可愛い顔して……。

「言っとくけど。どっちかに大事な人がいる時は、絶対に何もない。イコール……この先、克哉とそういうことにはならない」
「……わかってるけど」

堂本は拓篤の方に少し顔を近づける。

「俺とずっと一緒に居るんだろ?」

小さな声で言えば、しっかりと頷く。

別に理解はしなくていいんだ。
俺だって、あの大成とお前がいくら友人だと言ったって、面白くない。

「克哉が言ってた。お前が帰って来る気がするって……。俺の元にな」
「……ほんと?」

今度は堂本がしっかりと頷く。

「そっか……。何か、嬉しい」

そこへ料理が運ばれて来た。

「わ、鱈のコロッケ」

拓篤が見た途端、声を上げる。

「特別メニューです」

ギャルソンが人差し指を口に当てて、小さな声で言った。

「俺、これが凄い好きなんだ」

子供のような顔になり、ナイフで切り目を入れて口に入れる。
拓篤の好きなモノを知っていて、今日のメニューには無い特別メニューで作ってくれているのだろう。

「幸せだ」

くっと笑って、堂本も口に運ぶ。
あっさりとした鱈の風味が衣と共に口に広がって行く。

「確かに……幸せな味だな」

二人で、幸せの味だと呟きながら頬張る。

「食べたら、この先にある酒屋さんでお酒買って帰ろ?」
「いいよ」

車で来たから、食事中も酒は飲んでない。
帰りに運転するから飲めと言っても、家で飲むからいいと言う。
拓篤はこういう時、いつも俺に合わせる。

良家の子女は、弁えるということを自然と学ぶのだと聞いたことがある。

一緒に暮らして一番最初に見えてきたのは、拓篤はとても慎ましいということ。
決して、甘やかされて育った坊ちゃんではない。

「何?」

顔をついジッと見てしまって、拓篤が眉をしかめる。

「今更だけどな。お前は、とても良い場所で大切にされて育ったんだと思って」

堂本の言葉に、拓篤がしばらく固まる。
そして、ゆっくりと頷いた。

「ありがとう」

そう言葉にして、とても……美しく微笑んだ。

*

店を出ると、まだ少し明るい。

二人で大きな酒屋に行ってワインを買い込み、ちょっと高いチーズも買って家へと向かう。
拓篤は助手席で嬉しそうに酒屋の紙袋を少し開けて、中を覗き込んでいる。

まるで宝の箱を覗くような横顔だ。

ただのワインとチーズなのに。

分かってる。
二人で出かけて、欲しいモノを買って、美味しいモノを食べて。
一緒に家に帰る。

そういうことが、嬉しいんだ。

今日は、ずっとご機嫌だ。
元々、一緒に居る時間を不機嫌に過ごすようなことはしない。

二人の時間を大事に思ってくれてるんだと思えば、堂本だって嬉しい。

堂本はハンドルを握りながら、今日のこの穏やかな日が続くように頑張ろうと思う。
色んなことがあっても、時には二人でこういう時間を取れるように。

大切に育てられてきた拓篤を、俺も大切にしようと思う。

多治見がどれだけの家かなど、俺にはそう重要では無い。
拓篤が両親や周りに大事にされてきた。

それが伝われば、充分だ。


いつかは誰かと一緒に。
そう漠然とは思っていたが、事件が始まればいつも相手を放置する癖。

何度も駄目になっても、そんなものだと思っていた。

一人で生きて行く覚悟は、とうの昔にしていた。
母親にもその覚悟だけはしておけと言われたし、それに関しては悲観するような気持ちもなかった。

――正直に生きろ。後はなるように、なる。

親父がそう言った言葉が、自分の中にある。


親父……これって、なるようになったってことだよな。

今度、家に連れて行くから驚け。


「堂本さん」
「ん?」
「今度、お墓詣り一緒に行って」

同じことを考えていたのかと思って、少し驚く。

「そうだな。今度こそ」

前に一緒に行こうと言って、結局事件で流れてしまった。

「今日、行けば良かったな」
「今日は今日で、楽しかった。父さんはいつもそこにいるから、慌てなくていいよ」
「そうか」

もう何か、堪らなく愛しい想いが湧き上がり、信号で止まった時に手をギュッと握った。

驚く顔をする拓篤に手を離して、髪を撫でる。

「早く帰って、ゆっくりしよう」
「うん」
「一緒に風呂入るか?」
「嫌だ。堂本さんと入ったら、のぼせる。ただでさえ、暑いのに」

あっさりと断れてしまった。

ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-190】へ
  • 【恋のカタマリ-192】へ

~ Comment ~

kiri様

やっと落ち着いた?関係って言っていいのかわからないけど、二人が幸せに過ごしているのがいいですね。

もうすぐ終わりなんでしょうか。
本当にこのカプ大好き!
ありがとうございます。

明日も楽しみにしています♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

プププッ(。-∀-)

ま、大成…っていうよりは恭二の方なんですけどね?拓篤にとってのソレは(笑)
恭二と出会って堂本さんたちの関係が理解出来たとこありましたもんね(。-∀-)

それにしても、予約しなくても好きなものが出てくるなんて…拓篤、愛されてたんだね。
やっぱ古巣に戻ると子供にもどるのね~(^^)

幸せそうな二人にこっちまで幸せになりましたよ~( ´∀`)

NoTitle

実は今日で最終回!?

なんて思っちゃいました。てへへ。
でも…う゛う゛…確実にラストに向かってるなあと思うと寂し~(ρε;) クスン

あ、克哉クン、シェフだったんですか。初めて知った。…と思う。
前足蹴ってるって……臨戦態勢なのね?ファイトー!

拓篤が自分に素を見せてくれるから、そして克哉クンとの事でヤキモチ焼いてくれるから、愛おしくて、気持ち的に盛り上がったんでしょうか?堂本っちゃんは。
んで、拓篤はそんなの知らないからスルー?(。・w・。 ) ププッ

タラのコロッケ、食べてみたいです。どんなんだろ?


~本日の『流涎の館』会報
●動画で見たい…'`ァ'`ァ (*´Д`*) '`ァ'`ァ
http://pink-hot-snow.tumblr.com/post/119427637156/roughrider13-emilio-flores-and-gianluca
http://pink-hot-snow.tumblr.com/post/119427618001/roughrider13-adam-prucha-and-kim-dall-armi-by
●うを!野獣!>http://quando2.tumblr.com/post/119215979847/emmett-pugh-by-joe-lally
●GODFREY GAO>http://taiwanesefanatic.tumblr.com/tagged/Godfrey-Gao
台湾の俳優・モデル。なかなかグー?

●ロングバージョンの獣◎>https://www.youtube.com/watch?v=RscapdXADhQ
●モコモコ>https://twitter.com/rui0704/status/600534210957324289


では、明日~┏○))ペコ

Re: kiri様

ふらわー様

帰国してから、忙しい日々の中。
少しずつ自分達のペースが出来上がって行ってる感じですね。

互いの仕事を尊重しながら、一緒に過ごせる時間を大事にしようと思うだけでも違うもんね。

はい、そろそろ…といいつつ、長くなってますが(笑
終焉への香りが漂ってきてるかと…。

有難う御座いました☆

Re: そうかー

鍵コメh様

拓篤…堂本と克哉の関係を、ある程度は分かった「つもり」ww
嫌なんだよね…。2人だけで会うのは、やっぱり。そこを強がらずにハッキリ言いましたw
そういう堂本も、大成には狭量です(笑

鱈のコロッケ。今日はそこに注目が結構~。
私も食べたいな…と、写真見て思った。レシピもたくさんありました。
是非作ってみて下さい!美味しいといいな♪

有難う御座いました☆

Re: プププッ(。-∀-)

ちぃこ様

このね…大成への「特別」感が!!ムカつうようです…。
恋愛って終われば熱が冷めるんですけど。。。

この特別枠の友人だけは、堂本にも手を出せない領域なんでしょうね。
拓篤に怒れないし(友人枠に入ってるから)恭二なら、ダメだって言えるんだよ…多分。
ま、狭量なとこもあってこその人間だわね…。半分、ライオンだけど(違

>やっぱ古巣に戻ると子供にもどるのね~(^^)←うん、本当にw
拓篤の幼い頃を思い起こすような、今日の食事でした!

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

トーヤ様

> 実は今日で最終回!?←そう思った方、結構居ますね。

そう…実は、ここらへんにしようかな~と思って書いた回でした。
でも「はっ(゚д゚)!まだ、回収してないのがいくつかある」と思い直して。
全部は回収できませんが、あと少しだけ。

SSも「絶対」というお約束は出来ないし、いつになるかも分かんないので(*゚ー゚*)

そうです。克哉も料理人。堂本が「食い逃げ」(克哉宅)してました(笑

鱈のコロッケ、美味しそうなんですよ…(写真が
今、お腹すいてるから激しく食べたい。

うぉ~。モノクロになると、本当に雰囲気が…。明良のパンフもこんなかな…(違うか
●ロングバージョンの獣◎>←龍介みたい。クマ(猛獣系)に変換してw
●モコモコ>あぁぁぁ…悶絶。かわいーーーーーーーーー(≧▽≦)

有難う御座いました☆

NoTitle

今回も一人PCの前でめそめそしてました。きり様のお話は心を打たれることばかり。どうしてこんなに描写が凄いんだろ?私、涙腺の決壊・・・もうきり様へは、尊敬の一言です。堂本さんが自分の親に拓篤くんを会せようって思っていたところに、おんなじことを思っていた拓篤君。「今度一緒にお墓参り行って」って・・・私もたまらなくなって、もう涙ポロポロ。堂本さんが手をギュッっと握って、頭を撫ぜる。もうわかります。堂本さんを会わせたくても、父様は、お墓の中・・・でもいつもそこに居てくれるから。父様なら、きっと拓篤くんの、選んだ人を・・・・受け入れるとか、喜んでくれるとか、そんな表現は合わない気がして。どんな言葉が合うのか解らないけど、ただ拓篤君の選んだ道を一緒に見つめてくれる感じかな?ところで、ポルトガルってどこだろ?後でしらべよっと。・・・こうして、きり様のお話を見せて頂くことで、かしこくなっていくのです(笑)。

長閑だなあ。

一緒におでかけ。お買い物。ご飯。

いろんなカプがやってることだけど、この二人がやると雰囲気が違う、気が。
才気煥発な皇子と彼を守る野性の騎士(!? 笑)が知る人ぞ知るお店で舌鼓。って~~。

美味しいもの食べると誰でも笑顔になるし、幸せになる。
それが自分達だけのメニューだったりしたらもう・・!
お腹も心も「あったかいんだぞーー」 ですね。

大事に大切に育てられた仔猫を、キュッと抱っこして親に見せに行きたい堂本ったんと、お父さまにライオン・ヒーローを見せたい拓篤。
想い合う気持ちが響き合うのって、良いです・・・・・。


平岡さん、会員募集、やってますかー? 拓篤とおんなじコース、食べたいです。。 

Re: NoTitle

のあ様

わ……(゚д゚)
そんな風に言ってもらえるとは…。恐縮ですm(__)m

そうですね。拓篤の父は、もうこの世に居ない。
でも、拓篤は父の想いの欠片を拾ってそれを受け入れましたね。
何処に居るか分からなかった父が、そこに居れば居る。そう自分に落とした。
人は同じ事柄でも、捉え方が随分と違うモノですもの。拓篤が、そう思えるのならそれはそれ。
タラレバではなく、現実として受け止めて前を向いてるということかな。
堂本の家族に会って、本当の家族のようになっていけたらいいな…と思います。

ポルトガル料理が食べたくて、拓篤と堂本に食べさせてあげようと思って書きました(´∀`)

有難う御座いました☆

Re: 長閑だなあ。

ますみ様

まだまだ対等には遠い感じがしますね…どうしても。
拓篤を見守るという感じが、私も凄くします。

でも、拓篤はそれをもう受け入れてるから、堂々と甘えてゴロゴロww
時間かかるって分かったもんね…。ライオンVSクマの闘いを見て←

小さい時から好きだった物が、そのまんま出て来て。
好きな人と一緒に食べて、美味しい!!幸せの味ですよね…本当に。

お父さんに堂本を見せたいんだよね、きっと。
ここはもう、男同士とか云々は脇に置いてww幸せにしてる姿を見て欲しい。。。

平岡さんのような店は、大抵会員さんが紹介してくれたらOKです!誰か…いないかな(〃▽〃)
「味」を守りたいお店なんでしょうね~。

有難う御座いました☆

ポルトガル料理( ̄▽ ̄)

kiri様。
ちょっとー。食べたくなったやないですか!
ポルトガル料理ーー!
で、検索してみたら。
な、なんと!ウチの家から歩いて10分くらいのトコにあるやないですか!!
知らんかったー。
週3日ランチのみ。それも予約制なんですって。
kiriさん、一緒に行こうかー(笑)
鱈のコロッケの写真もあったよ。旨そ σ(^_^涎

今日の大成くん、すっきり。
仲直りできて?!堂本さんのヒデーこと、拓篤にチクれて2人で大爆笑っ!
良かったね、拓篤♡

kiriさんがトーヤさんにリコメってた
>でも「はっ(゚д゚)!まだ、回収してないのがいくつかある」と思い直して。
てののまず一つ目ですね。
さて、後いくつある?
やっぱ、250話ぐらい行っとこーよー。

Re: ポルトガル料理( ̄▽ ̄)

優様

え、家から10分くらいの場所にある??
それは是非!!行ってみてください。
私も?京に行くことがあれば、是非←

>週3日ランチのみ。それも予約制なんですって。
平岡さんの親類じゃない??予約制だし、週3とか…。商売っ気ないー。そこがイイな…。
関西のはずなのに。大阪とはやっぱり違うのかな…。
>鱈のコロッケ←コレは食べたことないんだ。食べたい。

>堂本さんのヒデーこと、拓篤にチクれて2人で大爆笑っ!
まるで、学校の先生や上司に言われたことを笑い合うようでしたね~。

いやいや、回収はそんなないで?(・∀・)

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-190】へ
  • 【恋のカタマリ-192】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。