女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

恋のカタマリ

恋のカタマリ-188

 ←恋のカタマリ-187 →恋のカタマリ-189☆R15
来賓者への持ち帰り用の小さなアレンジメントを男女別に作って、リボンをかける作業を終えると空が明るくなってきていた。

午前中の花以外のセッティング中に、スタッフ皆で仮眠を取らせてもらった。
午後になってから一気に、スタンドとテーブルの花を創り上げて行く。
大量の花も、下準備のおかげでみるみると出来上がって行く。

エステのビルは最上階の一つ下の階が全てホテル仕様になっていて、仮眠もそこでして、セッティングを終えてからシャワーを借り、スーツに着替えた。

パーティーに出席して、来賓の方々への挨拶周り。
名刺の交換をしていると、車椅子に座る婦人が傍に来て拓篤を見上げた。

「拓篤さま」

名前を呼ばれ、眉をしかめる。
さっきも、祖父の古い知り合いである大手の化粧品会社の会長に捕まった。

目の前の婦人は、頭を深々と下げた 。
年配で、祖母の知り合いだろうか。

「御無礼を承知の上でお声をかけさせて頂きました。拓篤様は幼くて、覚えていらっしゃらないと思いますが」
「……はい」
「奥山聡子と申します。拓篤様のお母様とは親しくさせて頂いておりました」
「あ……お花の?」

母となれば花関連だと見当をつけた拓篤がニッコリと微笑んで跪き、目線を合わせる。

「どうか、お立ちになって下さい。拓篤様に、そんな風に……」
「いいえ。私は仕事で、ここにいます。多治見の家は関係ありませんし、見下ろしてお話など出来ません」

一拍置いてから静かに頷き、拓篤と目を合わせる。

「お父様の面影が……」

目に涙を溜めて言われて、拓篤が戸惑う。

「色々有りましたが、今はこうやって頑張っていますので」
「……ご立派になられて」
「まだ駆け出したばかりです」

苦笑いをしていると、女の人が慌てて傍に来た。

「お義母様。急にいなくならないで下さい」
「あ、ごめんなさい。拓篤様、こちらは私の長男の嫁です」

いつまでも拓篤様呼ばわれにどうかとも思うが、訂正できそうな雰囲気でもない。

「多治見拓篤です」
「あ……多治見様?」
「はい」
「奥山江美と申します」

途端に姿勢を正して、丁寧に深々と頭を下げられてしまった。

今も残る……時代錯誤がココにある。
でももう、それを滑稽だとは思わない。

「今日は奥山様が来賓ですので、そのように敬われるとやり難いです」
「いえ。こればかりは……どうか、お許し下さい。お母様には、本当に優しくして頂きました」

母のことを言われてしまえば、拒否も出来ない。

「成金だと陰で言われている私に、分け隔てなく接して頂きました」
「古い考えの方は今も残っていますので。さぞかし窮屈だったでしょう」
「いえ、私共は商人ですので」

あぁ……もう。
これじゃ、どっちが来賓か分からない。

でも、こういう場所に来る機会が増えればきっと、また有るだろう。
多治見の名前が先走ってしまうのは本意ではない……が、これだけは一生ついて回る。
良い意味でも、悪い意味でも。

けど、それを嫌だと思うより、立ち向かってやろうという気持ちの方が今は強い。

拓篤は名刺を取り出して、渡した。

「フローリストとしては、まだまだ無名の新人ですが。どうぞ、よろしくお願いします」

父がしていたように姿勢を正して頭を下げた。
長男の奥方がほぅ……と息を吐いた後、興味津々で名刺を見ている。

「お花の教室も持っておられるのでしょうか?」
「はい。秋からになりますが」
「わたくし、生け花しかしたことが無いのですが、アレンジメントも行ってみようかしら……」
「他にもガーデニング、ハーブ系、ブリザーブ……教室はたくさんありますから、ご興味を持たれたのがありましたら是非」
「そんなにたくさん……」

名刺を見ながら考え始めた奥方に、義母が困った顔をして拓篤を見た。

「江美さん。もっとたくさんお話をしたいでしょうけれど、お忙しそうだから」

引くべき時をちゃんと心得てくれているのは、さすがだと思う。

現に水埜がこっちを見ていて、視線が合った途端手招きされた。
次の挨拶が待っているのだ。

「すみません。呼び出されてしまいました。また、お目にかかれるのを楽しみにしております」
「こちらこそ。お時間を頂きました。よろしければ、家にも遊びにいらして下さい」
「はい、有難う御座います」

二人に丁寧に頭を下げられて、ごきげんよう……と口に出そうになって、自分で驚いた。
流れによって自然に口に出る言葉は、身に沁みているのだ。

危なかった……仕事中だ。

「では、失礼します」

もう一度頭を下げて、水埜の元へ急いで向かった。



「奥山建設の会長と社長の奥様方だよ」

戻るなり、水埜が小さな声で言った。

「あぁ、あの……」

奥山建設は業界でも大手の会社だってくらいは、拓篤でも知っている。

「君は恵まれている。後は、それに伴う力をつけていくしかない」
「はい」
「プレッシャーとの闘いだね」

水埜が日本を発つ時に、闘いだと言った意味。
それは競うというだけの意味じゃないのだと、今日実感した。

正直……多治見の名前が無ければ、楽なんだろうと思ってしまう。
有名でないにしろ、知っている人は知っている。
それも目の肥えた人ばかり。

ふぅ……と、つい緊張の吐息が零れた。


水埜が珍しく微笑むから、拓篤が気づく。

「もしかして、それもあってココに?」
「ビジネスだからね、それは否定はしない。何せ矢倉さんは、上流の方との付き合いが多い。君のことを知っている人が少なからずは居る」
「えぇ……」
「今回の仕事でいえば、作品はさすがだと言える。矢倉社長も満足していたよ」
「有難う御座います」

ホッとした……。
もし失敗すれば発注は来なくなり、会社はクライアントを一つ失う。

「けど、全体を点数で言うと六十点かな。まだまだ問題点はたくさんある」
「はい」
「来週の僕との食事の時に聞かせて」
「わかりました」

そう……つい、自分の世界に入り込んでしまう。
それじゃ、スタッフも巻き添えを食う歯目になるし、花は生き物だ。
時間をかければ、艶や瑞々しさが失われてしまう。

食事の用意が始まるまでのリミットは決まっていた。
水埜が居なければ、間に合わなかっただろう。

「しかし、やり難いだろうね」
「……はい」
「大物の方々から、拓篤様呼ばわりだもの。まだ駆け出しの身で敬われると、困るよね」

自分を見る水埜の目に、拓篤がため息を吐いてみせる。

「面白がらないで下さい」


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-187】へ
  • 【恋のカタマリ-189☆R15】へ

~ Comment ~

NoTitle

拓篤の仕事がこんなに忙しいなんて!
『帰国早々広島って!』って何話か前に思ったけど、今思えば行っておいて良かったんですねえ。
揺らいだ気持ちでビジネスは出来ませんよねえ?
なんか『現実』を読んでいるようですよ、kiriさん。

水埜さん、面白がりながら部下の成長を見守る・・・かな?


~本日の『流涎の館』会報
●仲良きことは>http://ommfsn.tumblr.com/post/119113768305
●ロン毛のモデルさん>http://jesuischeveux.tumblr.com/tagged/christian-navarro
磔が似合いそうだよ…( *´艸`)ムフ
●これはアウトかも…>://wankwoofwimble.tumblr.com/post/112330173246/again-with-the-lip

●ゆるキャラがゆるくない件>https://twitter.com/ysk_oh2/status/599208698192334848
ホラーかwww
●猫漫画>http://grapee.jp/42226
●こんな記事がツイで流れてきて、→http://grapee.jp/40977
ツベで検索してみたらこんなのがあった>https://www.youtube.com/watch?v=CBd10GNqz_s
技名が映画のオープニングのクレジットっぽいという拘り様が◎

では、明日~┏○))ペコ

NoTitle

とっても余談ですが。
私が拍手した時、総合計が  333310! 

何とあと23拍手でゾロ目・・ 333333 !!

すいません、思わず言いたくなりました~~(汗)。 誰が踏むのかな―。
今日中に達成されるだろうな・・・。

また来ます。

Re: NoTitle

トーヤ様

お花屋さんも過酷ですが、現場はもっと過酷だといいます。
こういうイベント的なのは特に…。花は生き物だから、大変!
でも、毎日じゃないからね。講師の仕事も始まるし!

普通ならパーティーまで顔を出したりはしないんでしょうけど、水埜が矢倉に招待されたんでしょう。
こういう所が、矢倉さんのサロン的な処。
昔のヨーロッパスタイル?若く才能ある者を育てる的な意味合いの。
それが「若い男が好き」という噂になってる一部かもしれません…。事実は知らんけど←

あーロン毛のモデルさん…。私、ロン毛無理。漫画だとまだ良いんですが…。
おぉ~~。堂本と久坂の道場での手合せみたいです。いや、もっと激しいだろうな…野獣だもんw
しかし、このライトセーバーをカバンに入れてたら、夜道とか女性にはイイな…。
でも、体に穴開いてるの見て「あ、ダメだ」と思ったw

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

ますみ様

あ、そうなんですか?
私、注意してみていないから…滝汗

キリ番とかも、よく分からない。…(;´∀`)

有難いです!!皆さま。。。泣

ご報告、有難う御座いますーー!

来ましたー。

社会って、上に行けばいくほど狭くなる。
会社でもそう。肩書きが付いて、偉くなるほど人数が少ない。
つまり、知り合いが増える。 ということ。  良くも悪くも知られちゃう。
庶民でもありますが。。田舎ほど、「おまえの祖父ちゃんは子供の時これこれの悪さをしてたんだ」 が。 はい。


上流社会ならよけいでしょう。
歴史の長短があるだけで、最初はみんな成り上がり、ですけど(苦笑)。
でも、拓篤のお母さまは人を見てお付き合いなさっていたのでしょうね・・。
それが今になってこんな実を結んでいた。

奥野建設のご婦人二方、その前の化粧品会社のお方よりは弁えているように感じました。
ご縁って不思議ですねェ。


初仕事、どうやら合格点をもらえたよう。  よそながらホッとしました。
60点とは厳しいですがこれからですもんね。
人に見せる。もしくは対価を受け取る作品は、受け入れてもらわないとどうにもならない。 
勇次も言ってましたね。 「自己満足な作品はいつでも出来る」。

個展を開くようになったら自分の好きなものを好きなように出来るのかな?
日々変わるお花相手の仕事、想像力も必須でしょうね。


堂本さんが見たら、どんな感想を言ってくれるんだろう・・・?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 来ましたー。

ますみ様

ヨーロッパで2年、花だけに打ち込めた時間があったから…。
こういったイベントにも物怖じなく、プロとしての「仕事」は出来ましたね。
もちろん、一人じゃまだ無理…。水埜さんが居てこそですけども。まだまだ、今から…。

成金。嫌な言葉ですが、奥野建設の奥様は、内助の功。
色んな場所に顔を出して、交流を持ってきた人だと思います。
陰でたくさん色々と言われてきても、腹を括って。祥子さんは、そんな母を見て育ってる人。
会社という組織を「裏側で守る」ことには長けてます。

歴史でも、戦国武将などになると割と庶民から…成りあがった方も多いですもんね。
華族(貴族)という身分を、お金で買ったというのもあったそうですし。
しかし多治見は公家出身ですから…。位的には皇寄り…。本物の名家なんですよね。
そりゃ、神道の千、いや二千年くらい?を超える血。拓篤様…と呼んでしまうのも、分かります。
その血を重く感じてたけど、力となって行きますように…。

そう。明良も言ってましたね。商業と芸術は違うって。
明良母は、そこを明良パパに指摘されて…バイヤーに転向したんでした。

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

そう。花屋さんにいたら「イケメンのお兄さん」なんですけどw

水埜「拓篤様」呼ばわりに、面白がってます。ちょっとお茶目な処も♪
普段、能面なのですが(笑)こういう場所では、ちゃんと表情を作ります。

思わず出そうになった「ごきげんよう」

そういう学校に取材に行った大物作家さんが言ってました。
ゴツイ男達(剣道とか柔道部)の皆が、野太い声で「ごきげんよう!!」というそうですよ。
みーんな「ごきげんよう」と挨拶してくるそうです。気持ち良かったって。
やっぱり普通の小金持ち私立(酷い言い方)とは全然違って、別世界だったそうです…。

有難う御座いました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 今頃申し訳ないです( ̄∀ ̄;)

鍵コメk様

あ、ほんと?←コラ  得意の凡ミス(プラベでもよくあります^^;

今、訂正しましたー。
自分でちゃんと調べろ…っ、ですね。
冬澪の時も、ちょい出したんですよ。間違ってないかな…。後で探さないと(涙

いつもほんと有難うm(__)m

All Titlelistで検索したら、調べられるの?知らんかった…。

そして。それはね、ここがBLだからです。
女性キャラってダケで、攻撃される場所…。

だから、なるべくは女性そのものは書かないようにしてます(笑
ストーリーに必要な場合は書くけどね(明良に対する最初の祥子さんの態度とか)

リアル過ぎると、ダメみたい。
BLはファンタジーであるべきだと、時々訴えられますので・・・(・∀・i)タラー・・・
でも、自分が萌えないと書けないので、そこはそれなりにw

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-187】へ
  • 【恋のカタマリ-189☆R15】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ