女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←恋のカタマリ-173 →恋のカタマリ-175☆R15
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-173】へ
  • 【恋のカタマリ-175☆R15】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

恋のカタマリ

恋のカタマリ-174

 ←恋のカタマリ-173 →恋のカタマリ-175☆R15
「何泣いてんだ」
「……美味しい。これ、食べたかったんだ……ずっと」
「泣くほどか?」
「……今日何回も泣きそうになって、我慢してたからかな」

ポロポロと涙を流して、拓篤が野菜をハフハフしながら食べる。

バカみたいだ。
美味しいモノを食べて懐かしくて、感極まって……。
勝手に涙が、出てくるなんて。

皿に入ったしめじを口に入れると、ジュッときのことトマトの旨みが合わさって口に広がる。
目をギュッと閉じれば、また涙がポロリ。

もう、どうでもいい。
その内、勝手に止まる。

「向こうでも、ちゃんと食べてたか?」
「それなりに」

返事をするのも億劫なくらいに、美味しくて。



鍋の半分くらいを食べてから、やっと落ち着いてきた。

「餓鬼が取り憑いてるような食いっぷりだな」
「そう?」
「珍しいモノ見た」

堂本が笑いながら、冷蔵庫から取り出したビールを飲む。

「俺も、頂戴」

ビールの缶を横取りして、喉に流し込む。

「あーーー旨い!!日本のビール、最高!冷たくて、濃くて、苦くて」

堂本が冷蔵庫から、また新たにビールを取り出した。

「俺って、日本人だなぁ……」
「トマト鍋食って、日本人って言われても」
「だって、和の出汁じゃん」
「まぁ……そうだけど」

この感覚は、海外に長い間居ないと分かってもらえないだろう。

「向こうにも、日本食あったろ?」
「あったよ。美味い寿司や、赤出汁の味噌汁とか……おむすびや煮物も」

恭二が作ってくれた、お弁当は和が多かった。
俺の為だったのだと思えば、心の中にちゃんと恭二の存在はある。

あれも、ちょっとした恋だったのだと振り返ってそう思う。

「寿司職人と、デートでもしたか」

堂本が冗談めいて、ズバリと言った。

拓篤はドキリとして、堂本を見る。

「ん?」

促す堂本に、拓篤が口元を引き締めた。

「なんで?」
「寿司のキーワードが二回出た。プラス、お前の表情」

……さすが、刑事。


「したよ。お昼に、一緒にランチ食べたりした」
「楽しかったか?」
「……うん。楽しかった」

そう。
恭二との時間は、楽しかった。

「たくさん、笑ったか?」
「うん、笑った」

下らない話をして吹き出してみたり、声を出して笑った。
自分のあんな楽しそうな笑い声を聞いたのも、久しぶりだった。

「そうか。良かった」

そう言った堂本の顔は、凄く優しかった。
他の男とデートしたと聞いて、何でそんな優しい顔が出来るのだろう。

「……堂本さん、俺のこと好きなのに?」
「好きだよ」
「じゃ、何で良かったって言うんだよ」

俺なんか、堂本が他の人と一緒に居る姿を想像しただけでムカつくのに。

「笑ってるといいなって、そう思ってたんだ」
「俺が?」
「他に誰がいるんだ」
「……」
「何してもいいから、たくさん笑って。最後に俺の処に帰ってきてくれたら、それでいいって願ってたんだよ」

堂本の手が伸び、拓篤の髪を撫でる。

「お前と最後に会った日の姿が、目に焼き付いててな」

苦そうな顔で、堂本が言った。

「……思い出す度に胸が苦しくなった」

あぁ……そうだった。
あの時の俺は弱って、笑うなんてことも忘れていた。

「怒ってたろ?」
「え?」
「大変な時に傍に居ない俺に」

違う……と言いかけて、開けた口を一旦閉じる。

「うん。怒ってた」
「そうか……」

苦笑いをする堂本に拓篤も微笑む。

「また同じことあったら?」
「仕事に行くだろうな」

迷いなく答えた堂本に、拓篤が頷く。

「それでいいんだ。堂本さんは、公僕で警官だ。仕事放り出す姿の方が見たくない」

キッパリと言う拓篤に、堂本が頷く。

強がりじゃない。
例え、強がりだとしてもそれが何だと思う。

警官と付き合うってことは、そういうこと。
そんなことが嫌だという理由なら、堂本さんの元には帰って来ない。

「俺は約束も守れないし、これからも寂しい思いをさせる。それでも、お前に傍に居て欲しい」

真面目な顔をして、堂本がそう言った。

「……俺がいい?」
「お前がいい」
「いいよ。俺も、堂本さんがいいもん」

拓篤の言葉に、堂本が首を小さく振りながら笑った。

二人で見つめ合ってから、拓篤が目を伏せる。

「報告しとく。今日、日本に着いてからそのまま広島に行って来た」

その言葉で、堂本の目が見開く。

「お前は……時々、大胆なことするな」
「勢いで」

今は、報告だけ。
まだ気持ちにちゃんと整理がついてないから。

「……そうか。で?気は済んだか?」

堂本の言葉で、拓篤は目を瞬く。

そう……気が済んだ。
それだ。

くしゃ……と拓篤の顔が歪む。

「たくさん、辛い思いしてきたな」
「うん……」
「俺に寄りかかりたい時は、寄りかかれるか?」

拓篤は、コクンと頷いた。

あの時とは違う。
足はもう……震えていない。

「お前は男だ……拓篤。これからも踏ん張る時は、踏ん張れ。俺は、傍で黙ってお前を見ててやるから」

拓篤が唇をギュッと引き締めた。

そうか……。
堂本の、あの時の気持ちが少しだけ理解出来た。

「デッカイな……堂本さん」
「あぁ、デッカイぞー。ちんこもな」

最初のまだ恋人未満の頃の会話を思い出して、拓篤がブッと吹きだした。

堂本はすました顔で、トマト鍋を食べる。

「お前が帰ってきたら、コレ絶対食わしてやろうと思ってたんだよ。野望、達成だ」

ブツブツと言いながら、男らしい食べっぷり。
拓篤も負けじと、鍋の中を攫う。

二人で競うように食べて、鍋の中はほぼ空っぽになった。

「まだあるぞ?」
「もう、いい。堂本さん、具入れ過ぎ」
「久々に作ったもんだから、張りきりすぎたな」
「久々?」

その響きが嬉しくて復唱した。

「一人で鍋食っても、しょうがないだろ」
「じゃ、ここで鍋を一緒に囲む人は居なかったんだ」
「ま、鍋は食べてないな」

目が一瞬泳いだのを、拓篤は見逃さなかった。

「鍋は食べなかったけど、連れ込んだんだ」
「連れ込んだって……人聞きの悪い」
「Yes?No?」

「イエス!」

ハッキリと答えられてしまって、拓篤が目を剥く。

「何回?」
「うーーん……」

考え込むってことは、一回じゃない。

「なぁ?何回?」
「また質問コーナーか?」

「誤魔化すな。答えろ、近平」

拓篤が首を斜めに上げると、堂本が指を三本立てた。


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-173】へ
  • 【恋のカタマリ-175☆R15】へ

~ Comment ~

二人のやり取り

久しぶり!!最高~!!
帰ってきたんだなぁーって感じます。
離れてる間は恋人ではないから嫉妬するなんて権利はないけど、嫉妬して欲しい。
だってカタマリなんですから♪

でも、お互い様ですよね。
男ですし、それとこれは別って?!
うちの人も似たようなこと言いますし(笑)
心は動かないって感じですね。
大好きなんですね♪

明日も楽しみにしています!
ありがとうございます。

あっ!やべっ…

kiri様。

でも、一人だけより、三人くらい連れ込んでたことにした方が怒りが分散していいか?

でも、鍋は誰とも食べなかったんだね。

拓篤…それで勘弁してくれよ。

あーっ。でも、拓ちゃんに怒られる気がするぅ。

怒られてニマニマする気がするぅ。

明日も待ち遠しいです。




朝、空輸された
遠く離れた故郷の食べ物を食べて
泣いたことがあるから
拓篤くんの気持ちがよく分かる‥(;_;)

美味しいね…
帰って来たね…
良かった。。。



“「俺は約束も守れないし、これからも寂しい思いをさせる。それでも、お前に傍に居て欲しい」”
それでも、傍に居てくれるか?
と問うのではないところが
堂本さんのカタマリ具合を強く語っていて
惚れ惚れしちゃう…
(//∇//)

そんなふうな
強い愛を注いでくれる人が好きだから。


kiri様の小説は
切なかったりキュンキュンしたり
泣いたり笑ったり焦ったり
私の毎日の憩いです!

kiri様!今日もありがとうございます!



拓篤、感動💖の後の・・・( *´艸`)

kiriさま

刑事なのに、思いっきり尋問されてるなぁ~ww
拓篤の突っ込み方も、ちょっとした言葉尻の捉え方も、さすが刑事の嫁になれる逸材だわ❤
いいぞ-、拓篤、やっちゃえ~、頑張れ~!!!(^O^)/

潤さまがおっしゃるように、3人連れ込んだにしておいた方が、絶対に無難だと思うけどなぁ、そうはいかない。
きっと、近平くんは拓篤にうたわされるに決まってる!!!( *´艸`)

でもって、春馬(一人)に3回なんてバレたら、ライオンさんの思惑通りには、事は運ばない可能性が・・・。
「俺は似てるヤツだと、情が移ると思ったから、恭二とは1回だけなのに!!
お前は3回かい!!」てな具合かな?

ああ、秋也が信史に「浮気した」と言い続けているように、これは引きずるかな~?
この二人なら、その話題で喧嘩しているのを見てるのも面白いかも💕
ああ。妄想が頭の中を駆け巡る~~~。(番外編できそう)

離れた時期だから仕方ないのは分かってても、もう手の届く所にいるからね。
それに、拓篤はまだ若いし。頭で理解していても、そこを割り切れない部分だってあるよね💦

でも、ちょい押され気味のライオンさんと、嫉妬メラメラ燃えてくる豹の攻防戦を見るほうが、Rよりも楽しみな感じです、わはははは!!!(≧▽≦)

kiriさま
明日は、美しい豹の爪で、ライオンさんの血の雨が降るのか?降らないのか?
またまた明日が、楽しみで仕方がないです~♪~♪ d(⌒o⌒)b ♪~♪


うるりら

> 「何してもいいから、たくさん笑って。最後に俺の処に帰ってきてくれたら、それでいいって願ってたんだよ」

拓篤が何処へ行っても、彼の幸せを願ってる堂本ったん。
ここで涙がうるりと。・゜・(つД`)・゜・
こんな人いないよなー。
堂本ったん、また人気上昇したね。もうすぐ冬澪に追いつくよ。←そっち?wwww
拓篤にとっての『HOME』は堂本。
彼の元へいつでも返ってこれるなら、自由に飛んでいけますね。
羨ましいですな~~。

恭二とは恋かなあ?
友達以上で恋人未満って、位置付けが難しいです。
身近にそんな人が居たら分かるのかな~? …なんて真面目に考えてしまった(笑

最後の指三本…。
じゃあ、桁は?
百はなくても、十でも一でも拓篤の嫉妬は炸裂するだろうな~。んふふふ♪( *´艸`)ムフ

昨日いただいたコメ返
> Rは、何回か続きます…。楽しみにしててねぇ…腐腐
なっ、なななっ、何回か…… ピルピル…_:(´ཀ`」 ∠):_プルプル…


~本日の『流涎の館』会報
●凛々しい>http://starwalker2510.tumblr.com/post/117780493812
●プロポーズ>http://decisivo.tumblr.com/post/117418827569
・・・プレイヤーじゃないよね?
●Robbie McKinnonというモデルがなんだかkiriさんちの誰かに見える
http://fratsbol.tumblr.com/tagged/Robbie-McKinnon
●うわー、なんかウットリ…(´・`*) ※音楽注意!
http://quarenta-graus-noturnos.tumblr.com/post/75936544606
http://quarenta-graus-noturnos.tumblr.com/post/75936513363


タイトルは聖*子*ちゃんなんですよ。
うーるりら、うるりら~♪か~ぜに吹かれて~♪ ってなww
では、明日~┏○))ペコ

でたでた(笑)

拓篤の斜め上からの見下し(笑)

自分は恭二とのこと"ちょっとした恋だった"とか、しんみり思い返してたくせに(笑)

ま、拓篤とちがって堂本さんは振られちゃったんだから許して上げて~(笑)



Re: 二人のやり取り

ふらわー様

戻ってきてますね。
どんどん…と。
会話をしながら、離れていた時期のこともちょこちょこと出て。
深い話は、またいくらでもこれから先に出来る。

怒る権利は、どっちにも無い。
でも、嫉妬する気持ちはあって当然よね。
堂本だって平気じゃないだろうけど、何より拓篤の最後の姿がもう…堪らなくて。

堂本の方は、互いに割り切ってる相手で、拓篤の方が小さい恋だったのに。
拓篤の方がエラそうですww

しょうがない。大好きなんだもん←

有難う御座いました☆

Re: あっ!やべっ…

潤様

>一人だけより、三人くらい連れ込んでたことにした方が怒りが分散していいか?

うん、微妙~なんだけど、一人だけと深い付き合いは嫌だよね…。
自分棚上げですけどww

男同士特有の、割り切った関係。
堂本はそーいう関係の方が長いのですが、拓篤は違うからな…。
克哉や春馬、堂本チームと、拓篤との間にはいわゆる境界線がある…。
ここらへんはもう、しょうがないよ…うん。堂本ったん。

堂本もそこんとこ、分かってると思う(。・w・。 )

有難う御座いました☆

Re: タイトルなし

MOMO様

口に入れて味わって、体の中に取り入れて…自分の一部になっていく「食」
ダイレクトにきますよね…。
日本の冷えたビールも飲んで。
五臓六腑にしみわたる…。
涙流しながら、美味しいもの食べられて、ほんと帰って来て良かったねー。

そう、堂本「傍に居ろ」的な感じです。
拓篤の自分への好きは、本当に何も変わってなくて…。
この自惚れというのとも違う、自分の対のように思う所は男同士ですね。

堂本だって離れて分かったことがたくさんある。
拓篤がどれだけ文句も言わずに、自分に合わせてくれてたのかとか。

だから余計に、愛しさが増えてることだと…フフ~(//∇//)

いえいえ、毎日読んでくれるから、毎日UP出来るのです~!ホントに…。

有難う御座いました☆

Re: 拓篤、感動💖の後の・・・( *´艸`)

みゃお様

気にしてたもんね…拓篤。
堂本に「誰」かいたのではないかって。
まぁ、ココは誰もが思うことなので、普通w

そして堂本は、ちょっとくらい何かあっても、拓篤が笑ってる中の一部だと捉えてる。
嫉妬もあります…。でもそれ以上に、あんな痩せて弱った姿みたら、そうなってもおかしくない。

拓篤…君は信史かい?笑
ここにも自分棚上げ男が、一人発生~!

しかし37とは違うので。
あれは完全に信史に非があったからね…。何も言わずに突然消えたし。
秋也は5年間、一人で待ってた。一生、言われろ…信史(´艸`*)

堂本、そんなに「悪い」とは思ってないと思う。
だって本当に悪くないもん←

仔猫が豹に変身しております…ミャーミャーから、ぐるるる…と唸ってるようですけど。
どうなりますかww

この人、浮気はしない人だし。
問題は、これからよねー。

有難う御座いました☆

Re: うるりら

トーヤ様

克哉に「親か」と突っ込まれてましたね(笑

でもね、最後の姿見たら…私は、おかしくないと思うのよ。
弱って、ヨロヨロしてて、それでも必死で踏ん張ってた。
これが女だったら、抱き寄せてやることも出来たかもしれないけど…。
拓篤はそれさえも、拒絶するようなオーラを放ってたし。

そんな姿がもう、脳裏にこびり付いて離れなかった2年間。
もうちょっとした親心にもなりましょうとも。堂本には、仔猫だしw

恭二とは小さな恋だったんでしょう…拓篤にとっては。
会うのが楽しみだったり、相手の好意を心地よく感じてる時点で。
寝た時点でも、堂本を重ねたりもしなかったし…。
友人だったら…正直、そういうのは考えたくないと思う。大成のように。
だから、ほんと「小さい」と頭につく恋かな~。

Rはね、1回ではないです(笑)ちょっとだけ続く…。
でもそういう描写もあんまり続くと、食傷気味になると思うので程々にw

うっとり…は、やっぱり瀧田さんーん。
あ、この人人物滅多に撮らないんだったっけ…。←自分で書いといて

有難う御座いました☆

Re: でたでた(笑)

ちぃこ様

ここにも…自分棚上げが、一人生まれ出ました。
うちのサイトには、多いな…。←

まぁ、怒る権利ないし、怒ってる訳じゃ~~ないんですよね。うん(笑
でも!!聞きたい!!なぁ、何回?何回?

男は回数に拘るそうですよ…。毎回、このセリフ。

そう、堂本は振られたんだよ…拓篤くん。
そもそも、付き合ってもないんだけどね。あそぼ~…ってノリで(。・w・。 ) ププッ

有難う御座いました☆

懐かしい味に、もう色々こみ上げて涙がこぼれた子猫。
このミャーミャーグズグスも可愛くて、ライオン・堂本さん、なんか必死に食料詰め込んでいませんか?

だってタクマ、一々堂本のボタン押して最後には上から目線で 「何回!?」…。

流石、皇子~。


堂本さん、すっかり白状して(うたって)
心置き無くベッドへ雪崩れこみくださいね~。


あ、もちろん窓際で待機させていただきます♪

そばに居られる幸せ

こんばんは。kiriさま、ファミリーのみなさま。

ぶぶっ・・ほんに拓篤くんは近平くんに強気ですよね~
素の自分で居られるんだなぁ~( *´艸`)
帰ってきた喜びも安心も、謎のオトコの影にどこ吹く風ってな感じ?
クルクル変わる感情・・・さすがネコ科男子だよね、拓篤くん。

いいですよね~こういうやり取り。
今いっしょに居られるからですもんね。離れていたらこうは聞けない。
それが例え別れていた間のことでも、勘付けば平静ではいられなかったでしょう。
それが今はこうして再会できた。だから確かめられるし、嫉妬も晒せる。
近平にとっては、拓篤の取り調べ?も、喜びになるのかな。
取り調べ資格?を取り戻した拓篤。全開です。棚上げ上等!

あまあまな二人だな~と思っていたら・・・
へび子さんの「晴れときどき~まあまあ」を思い出しました。
・・・どうしてもコレを「あまあま」と読んでしまうのは・・ミケリだけ?
何度も何度も~どっちだっけ?と思ってしまうのです。なんでかな~

それではまたきます~
今日の一言・・・思い出しついでに読んだら・・また泣いた。まあまあ。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

ますみ様

懐かしい部屋に、食器や鍋も同じ。
そしてトマト鍋の味…。泣ける…泣けるんだよね、拓篤w
日本に帰って来てから、空港で小さいパン食べただけだったし。
戻って来て、まともな夕食が堂本さんの、トマト鍋。
フランスを出発する時には予想してなかった。

そしていきなり、タカビー拓篤に変身。

聞きたいんだよ…本当に(笑)怒る気持ちより、すんごく聞きたいのww
気になってたしねー。自分が蒔いた種なんだけど(。・w・。 ) ププッ

有難う御座いました☆

Re: そばに居られる幸せ

ミケリ様

そう…拓篤は、いつも強気(笑
甘えるのは近平くんだけなんですが、時々高飛車www
そんな拓篤をも、可愛いと思うのはもう年の差の醍醐味かもしんない。

大成や恭二だと、やっぱり年が近いからね。。。こーはならないし。
経験値も違うんだから、比べるのも何ですが。
まぁ、拓篤も甘えるとしても友情の範囲内でだろうな…。

>今いっしょに居られるからですもんね。離れていたらこうは聞けない。
そうですよ。一緒に居るからこそ!

正直ね、これは浮気でも何でもないんだから、そう大きなことじゃないんです。
(全て37は除外して下さい←)
ただ、2人の間にあった空白にちゃんと他の人(恋愛関係無く)が居てもおかしくないってこと。
離れるってことはそーいうことですから。
最後の日に、近平くんが言ってたでしょ?拓篤くん…。分かったかな?笑

それに対して嫉妬したりできるっていうことが、恋愛のミソじゃないでしょうか。

へび子先生の、わかば荘ツアーに行きたい(無いから
私は幕の内さんに会いたいです!!
そして、わかば荘には居ないけど、はじめちゃん…のような息子が欲しいわー。
イケメンな息子もいいけど、はじめちゃんがイイな…。楽しそう♪
もれなく、怖い先輩(でもカッコイイ)彼氏連れてきてくれるし~(妄想が止まりません

有難う御座いました☆

Re: NoTitle

鍵コメe様

>ですよねーーー!!ビールは日本のものが一番♪
拓篤のビールの感想に、強く共感して頂いて(笑

海外のビールってもれなく、薄いですもんね。
私は、薄い方が良いの…弱っちーので。
あー、ビールの美味しい季節ですよ!!eさん!!(´艸`*)

堂本の愛にも、少々父性が混じっておりますね。
父のことで迷走していた拓篤は、自然とそういう部分も求めてたのかなーと。
大きい愛情で、まるごと抱っこして成長していくのを見守ってる感じ。
ヤンチャな頃を知ってるだけにね。
そして、そーいう子達をよく捕まえる立場なもんで。

そして拓篤の、質問コーナー(笑)
素直だ…素直。ツンデレなのに、時々すごく素直ww堂本、堪らんわー。

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-173】へ
  • 【恋のカタマリ-175☆R15】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。