女性向け創作サイトリンク集B-LOVERs★LINK 人気ブログランキングへ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←恋のカタマリ-171 →恋のカタマリ-173
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-171】へ
  • 【恋のカタマリ-173】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

恋のカタマリ

恋のカタマリ-172

 ←恋のカタマリ-171 →恋のカタマリ-173
格好イイ……。
やっぱり、堂本さんの後輩だ。

拓篤は男として憧れの気持ちで、久坂を見る。


「コラコラ!!」

声がしてみれば、堂本がネクタイをポケットにしまいながらこっちに来ていた。


「誘惑するな、久坂」
「してません」
「拓篤の目が、格好イイって言ってた」
「知りませんよ」

呆れたように答えられても、堂本はどこ吹く風。

「早く帰れ」
「帰ります」

久坂が堂本に頭を下げて、拓篤に目礼をして道場を出て行った。

え……何、この自然な流れ。
自分が見張ってろと言ったのに?

先輩後輩の力関係に、拓篤は目を剥く。


「さ、帰ろうか?」

機嫌良くこっちをニコニコとして見る堂本の変わり身に、拓篤はくすっと笑って頷いた。

自分には特別甘いのだと思って。

そういえば、いつもそうだったっけ。
あの最後の頃だけだ……。
それを、素直に受け入れられなかったのは。

*

署を出る前に堂本が刑事部屋に戻り、少しの間離れた場所で待つ。

しばらくするとさっきの久坂が出てきたから、拓篤がペコリと頭を下げた。

「もうちょっと待ってて」
「はい」
「逃げたら、捕まえる」
「……え?」
「そう言っとけって」

「……はい」

こみ上げる笑いを堪え頷くと、そのまま階段を下りて行った。

後姿というか……体格が似ていて、思わずジッと見る。
頑丈そうな体が羨ましいのは、同じ性として。

フランスに行く前に随分と痩せてしまっていた体も元に戻ったけど……。

拓篤は自分の服の裾を捲って、腹を見る。
花……というか、土が重くてわりと肉体労働もしてきたから筋肉はついてるけど。
薄いなぁ……。

剣道をしたら、なれるのだろうか。
ずっと少林寺やってたけど、途中から喧嘩に使ってたしな。
武術は喧嘩をするためじゃないとあれだけ言われてたのに。

粋がってた自分がよみがえり、喧嘩でここに連れてこられたことも思い出した。
喧嘩をして勝ったら強いと思っていた頃。

はぁ……ガキだったな。

少々の自己嫌悪に浸っていると、向こうから堂本が出て来るのが見えた。

ニッコリと笑ってこっちに来るのを待っていると、堂本が目元に手をかざす。

「眩しいな、おい」
離れた場所からのけ反るようにして言うから、また笑った。

全然変わってない。

堂本と居るだけで、さっきからずっと顔が綻んでいる自分がいる。

嬉しくて、傍に来た堂本の顔を見ると眉を上げる。

「何だ?」
「久しぶりなのに、全然変わってないから。何だか一週間ぶりくらいな感じがする」
「俺は、長かったけどなぁ……」

実感を込めて言われて、目を伏せた。

そうか……。
俺はフランスに再び戻って来るまでは、花のことに集中していたから。
堂本のことはまるで遠い初恋の相手のように、時々取り出しては眺めて……それで満足していた。


「とにかく行こう。ここじゃ、何も出来ない」
堂本がトランクを持ち上げて、階段を下りて行く。

「何する気だよ?」
笑いながら、拓篤も階段を下りる。

「色々とな」
ニッと笑う堂本に、一瞬だけ恭二が重なった。


それは離れていた時期が確かにあったのだと、実感させるには充分なこと。

堂本の中にも、新たな「誰か」が居るかもしれない。
過ぎ去った二年の間に。

何も無かったことにはならないからこそ、今度こそ手を離したくない。
顔を見ただけで、心はこんなにも堂本で溢れている。

「どうした?あんまり見つめるな」
「だって、ナマ堂本がいるから」
「拓篤……それはヤらしいぞ」
「何でだよっ」

拓篤が怒ると、堂本が笑った。

*

署を出て二人で歩いても、もうカメラで撮られるんじゃないかという猜疑心もなくなった。
以前と同じように、距離を保って。

その距離感を覚えてることも、嬉しい。

「俺と堂本さんのこと久坂さんには、オープンにしてる?」
「してる、してる」

知っている人が居るって、ちょっと嬉しくて聞いてみた。

「言ったの?」
「あ、そういや言ってない」
「ツーカーの仲かぁ……」
「いや?そうでもない。話が微妙にかみ合わない」

ますます、分からない。
別にいいけど。

「あいつは大丈夫。余計なことは言わない」
「あ、分かる。そんな感じ」
「まず、興味がないんだな。嫁と仕事以外は」
「ふ~ん」

無愛想だけど、愛妻家なんだ。



駅に向かう途中で、堂本が通りがかったタクシーを拾う。

「何処行くの?」
「俺の家。これ持ってウロつけないだろ」

トランクをタクシーの後ろに乗せて一緒に車に乗り込んんだ。


「何食べたい?日本食か?何処へでも連れて行ってやる」

日本食は、パリでも時々食べてたんだ。

「寿司とかはいい」

また、その話はいつでもできる。

「それより堂本さんの、トマト鍋が食べたい」

「そうか。いいぞ」
「やった」

拓篤が小さくと呟くと、堂本が嬉しそうな顔をした。

*

トランクをスーパーのサービスカウンターに預けて、二人で買い物をして。
堂本のマンションまでの道を並んで歩く。

懐かしい……この道。

ジンワリと、堂本の元へ帰ってきたのだと思う。
二十三歳だった自分が、今は二十五歳。

もう一度、前のようになれるのかな……。

「堂本さん。俺のこと好き?」
「大好き」

即答されて、突っ込めない。

「何だ?」
「普通に受け入れ過ぎだろ……とか思って」
「俺の処に帰ってきたんだ。それで充分」

「嬉しい?」

たくさん……俺を好きだって確かめたくなる。

いきなり堂本がスキップをし始めた。

「何やってんの」
「嬉しいって体で表現したみた」

止まって振り返る。

「やめろよ……おっさん」
「よし。いつもの拓篤だ」

大きな手で撫でて満足そうにニンマリとする。

「それだけ嬉しいってことだ」

素知らぬ顔で前を歩き出す堂本に、拓篤が慌てて付いて行く。

あまりにもあっさりと受け入れられ過ぎて、色々確認したくなる自分もどうかと思うけど。

思えば、堂本はこういう人だった。
気負いなく、自然で……ありのまま。

拓篤は歩きながら、堂本の顔を覗き込む。

「何だ?まだ質問あるのか?」

俺も好きだって言おうと思ったけど、前から人が歩いて来たからやめた。

急ぐことないか……。
これから、いくらだって言える。

「しかし……お前は」

堂本が拓篤の顔を見る。

「何?」
「大人になったけど、その俺の周りをチョロチョロするのは仔猫のまんまだ」
「え?俺、そんなことしてない」
「してた。買い物中もずっとな」
「してないっ」
「ほら、そうやってムキになるとこなんか変わってない」

堂本がくくっと笑いながらも、嬉しそうだ。

「ミャーミャー鳴きやがって」
「はぁ?」
「……堪らんなぁ~もう」

首を小さく振りながら、しみじみと堂本が言った。


ランキング参加中。応援、有難う御座います!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png はじめまして
総もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 視線が追う先に
もくじ  3kaku_s_L.png 溢れる想い
もくじ  3kaku_s_L.png 逢いたくて
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を、くれ。
もくじ  3kaku_s_L.png 蜜月
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛なんぞ、くそ喰らえ
もくじ  3kaku_s_L.png 恋のカタマリ
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 信史と秋也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 勇次と隼☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ● 龍介と達也☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●洋平と明良☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●冬吾と澪☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●内野と浩太☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●堂本と拓篤☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png ●北見と佐倉☆番外編
総もくじ  3kaku_s_L.png シリーズモノ〈番外〉集
総もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
総もくじ  3kaku_s_L.png 頂きモノ
  • 【恋のカタマリ-171】へ
  • 【恋のカタマリ-173】へ

~ Comment ~

可愛い二人

可愛くてたまらないって感じ!
何より一番に会いに行っったんですもんねー♪気持ちを素直に言えるって幸せ。

年が離れてる分、関係性は離れたら年月があっても変わることがないしそれが心地よかったりもしますよね。
胸のうちをゆっくりさらけ出せ~!!(笑)

でもGWの(腐)も楽しみにしています。
ありがとうございます。

ほぇぇ。

kiri様。

朝、久しぶりにベットで寝ている私に九匹の猫がのしっ!と乗っかってました。10時過ぎてるのに飯も要求せず、びったりとくっついてプスプスと寝てました。

猫って飼い主のところが一番なんですねぇ。

…好きな餌くれる、抱いて寝てくれる、気持ちいいところだけ撫でてくれる…そんな飼い主。

拓ちゃん…一杯甘えてね。

はあ。休みって最高。

天気いいからこれからデカイ犬を二匹洗って干します。

拓ちゃんもどーもっちゃんに洗って干して貰えたらいいのになぁ。

ふふっ。明日が楽しみです。明日も休みだよーーーーんっ。


あっ?目次が変わりましたね?


いや~ん(*^_^*)

kiriさま

今日は旦那と映画デートですが、思わず読んで、にやにやしてます!

はあ~、何この二人ってば!!
萌えすぎるでしょ!!

堂本スキップで、ツボ入りました。

では、またあとで~(^^)/~~~

いいわね。

自然に元の仲になる感じが、いいわ~・、さすが、きりさん。
先ずは、腹拵え、ですね。
あとは明日の仕事に響かないようにあんな事やこんな事、するのかな~・

(*ノωノ)キャッ…(*ノω・)ゝチラッ

そうそう、堂本の前だと素直で、甘えて、スキスキ光線だしまくってたなあ。
以前の拓篤に戻ったみたいだ。(*´ω`*)

堂本は……浮かれてる?
30半ばのおっさんがスキップとか。(* ̄m ̄)ププッ
まあ…似合うけど(似合うのか)

二人の『好き』が溢れて、中てられてクラックラしましたわ。
これでお腹いっぱいなんて言ってたら、明日は腹痛おこして、明後日は入院?(オイオイ・笑
そこかしこに隠し味のkiri出汁。美味しゅうございました。
甘デロなGWになりそうで楽しみですよ~♪

ええ、拓篤君、久坂さんは愛妻家なんです。
オクサマに一度お会いしてみれば……会って欲しいなあ……(妄想花畑直行→


失礼して私信を。

>みゃお様
立ちし●んじゃなくてもソレっぽい姿勢ですよね。
イカンかなーって躊躇ったけど、良かった反応してくれて(笑

>ますみ様
何たるツワモノ。読破お疲れ様でした!
まあ、美しき青春愛のお話でしたのね。え、虹を作られたのですか?まああ~~!なんてステキ…ウットリ
…にはならんてwww
私は一日経って読めるかと思って再挑戦したのですが……ダメでした。
生活指導は楽しくww読んだのに、出席取る辺りから怪しくなって、ドッジボールで胸焼けに(笑) イケメン下●とか…食事前に読むものじゃなかった(笑
しかし教科書4545ページって何!?シコシコ??

私はこれくらいがイイ>http://fujo2.com/articles/boyslove/24036.html
前にも載せたかな?グエ…胸焼け治らん。何を想像したんだ私…

~続けて本日の『流涎の館』会報~
●ボンデージ系?>http://u111u.info/kuzD
●宗教画の再現?>://u111u.info/kuA2 ※下の方にポロリがあるので注意です。
●妄想のお助け
http://decabezaapieds.tumblr.com/post/117816810147
http://nubladus.tumblr.com/post/117828527426
http://jonmalfoy.tumblr.com/post/113985947185/showstopper6992

では、明日~┏○))ペコ

Re: 可愛い二人

ふらわー様

拓篤、堂本の前だと一気に仔猫になりますね(笑

昔からそうでした。
もう、態度が全然違うのよね。。。

そう、多分年の差は縮まらないから、こういう処は大きくは変わらないかも?( *´艸`)

お話をしながら、少しずつ戻ってきてます♪
GW中には腐…有るはずだったかと…(記憶が曖昧 汗

有難う御座いました☆

Re: ほぇぇ。

潤様

お休みを、満喫中のようで…♪

>びったりとくっついてプスプスと寝てました←ひゃー!可愛いーーー(≧▽≦)
しかし9匹とな…重そうww

やっぱり堂本ったんは、拓篤にとっての唯一だね。
小さく点った恋心もあったけど(恭二)
もうナマ堂本に逢った途端、全てが堂本色に戻りました。

>拓ちゃんもどーもっちゃんに洗って干して貰えたらいいのになぁ。←妄想した。(≧ε≦o)ぶ!

有難う御座いました☆

Re: いや~ん(*^_^*)

みゃお様

あ。今日は、映画の日(1日)でしたよね!

堂本が拓篤に萌え萌えしております。
スキップしたオッサンに、拓篤は少々引き…笑

仲良しこよしで、お家までの道をラブっております…❤

有難う御座いました☆

Re: いいわね。

ピンクリリー 様

懐かしい道を歩いて、少しずつ「帰ってきた」ことを2人で実感…。

そう。まずは「腹ごしらえ」をせねば。
中途半端に襲うよりも、闘いの前に、しっかりと食べさせる←

食べたかった。
食べさせたかった。
トマト鍋を、堪能しましょう♪

有難う御座いました☆

Re: (*ノωノ)キャッ…(*ノω・)ゝチラッ

トーヤ様

拓篤の堂本への「好き」は、もう全身から溢れ出てるんですよね…いつも。
電話口からでも、伝わるくらいに。
最後の日も、拓篤の顔みて分かったもんね。
それがあったから、堂本は待てたんだと思います。
器用な子じゃないし。警戒心強くて、簡単に心を許さない子だってことも知ってる。

帰って来ても、スキスキ大スキ光線、出まくり…笑

ライオンさんは、みゃーみゃーと質問責めの仔猫さんに、スキップして「嬉しい」を見せてやりました。

バカっぷるですね…帰ってくるなりw

久坂さんの奥様には、いつか…。
♂だって知らないもんね、今は(笑

宗教画…の画像は見えなかったんだけど、横手のどっかポチしたら、瀧田さんかとww
エロさよりこーいう感じの方が、やっぱ素敵ですね~。

有難う御座いました☆

仔猫が帰ってきた~

kiri様
いい感じの距離感のバカップルですね。
イチャイチャが止まらない。私的にはRシーンよりも、こういうお話のほうが萌えちゃいます。
拓篤君が可愛い。堂本さんといるとすべてが許されて愛されるから素の自分が出せるのですね。それに悩んでしまった時期もあるのですが。今は受け入れて堂本さんの周りを仔猫のフミフミ状態。
いつか久坂さんと達也くん夫婦とトマト鍋会なんてあったら良いのになぁ。

舞い戻りーの (ノ^o^)ノ'''∞ チョウチョマテー

つい戻ってきてしまいました。
宗教画、コレです。
  ↓
http://ih0.redbubble.net/image.3894847.4332/flat,1000x1000,075,f.png

Re: 仔猫が帰ってきた~

美夕様

仲良しで、ゴロゴロミャーミャーとジャレあってますね。

そう。Rシーンより、こっちの方が好きって方も結構いらっしゃるんですよ~。
Rシーンは飛ばして読む人も居ますww
BLは萌え処がそれぞれで、それも面白い。
まぁ、基本は「好き同士」がイチャついてるシーンを読むのが楽しいんですよね~。
私も読み手の時は、そうです(*゚ー゚*)

>堂本さんの周りを仔猫のフミフミ状態。←ぎゃー!妄想したら、可愛い~。あの肉球で…(〃▽〃)

いつか。クマ×トラ ライオン×豹(堂本にだけ仔猫)のお話も浮かんだら…。
全員、獰猛系(>A<。)

有難う御座いました☆

Re: 舞い戻りーの (ノ^o^)ノ'''∞ チョウチョマテー

トーヤ様

そうそう、コレが小さく見えたのよ!
まるで瀧田の世界だな~と…。秋也の、ミカエルとルシファー思い出した♪
ありがとーー!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメe様

いっぱい、いっぱい語りたくなって頂き、嬉しいですー。

堂本のどのセリフにも「拓篤、可愛い」を感じてもらえて❤
見張っていた後輩にまで、八つ当たりー。
まぁ、これはいつものことなので龍介も普通に(笑

外だし。
格好イイという目で見られて、ちょっと格好つけてる堂本さん。
でも、心の中は拓篤が目の前にいることに、やっぱり平気じゃないよね。
遠い場所に居る時はまだ余裕を持って待てたかもしんないけど、手を伸ばせば触れられる位置にいる。

格好つけて、ナンボの男の世界。全部曝け出すなんて、男がすたる!
でも、チラリと見せる本音とかね…。
拓篤、ちゃんと感じられるかな?苦笑

有難う御座いました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋のカタマリ-171】へ
  • 【恋のカタマリ-173】へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。